「わけあり聖女の受難」タグアーカイブ

わけあり聖女の受難 正妻か愛人か、それが問題です!

『わけあり聖女の受難 正妻か愛人か、それが問題です!』(めぐみ和季著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

わけあり聖女の受難 正妻か愛人か、それが問題です! (一迅社文庫アイリス)
わけあり聖女の受難 正妻か愛人か、それが問題です! (一迅社文庫アイリス)

2016年1月刊。
罠にかけるのが得意な王子にハメられて愛人になった聖女が、正妻の座をかけて王子に挑むラブファンタジー。
男嫌いな聖女のキョドりすぎる言動が面白かったです。
色々と伏線を張った構成は良かったのですが、途中の逆ハー展開が必要だったのかどうかは疑問。
もっとも聖女と王子の恋物語としては綺麗にまとまっていて、甘い読後感が楽しめる作品でした。

☆あらすじ☆
男嫌いの聖女・リズは、政略で敵国に人質として預けられることになってしまう。これも試練、と敵国に向かったけれどなぜか『罠王』と悪名高いディルク王子と結婚する契約になっていた上、リズの役目は正妻でなく愛人!?しかもディルクは、リズを男嫌いにした張本人で…。「聖女の面目躍如のため、私、正妻になってみせます!」いろいろたくさん“わけあり”聖女が、腹黒王子と紡ぐラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わけあり聖女の受難 正妻か愛人か、それが問題です!