「れい亜」タグアーカイブ

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)
リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
めちゃくちゃプロローグなのにどうしてこんなに面白いの!
異世界から現れた異邦人。突然の事態に戸惑う現地の人々。
中世的FT世界と未来SF世界が交錯するとき、そこに何が起こるのか。
壮大なスケールの物語が幕を開いてしまいました。ここから更に面白くなるのは間違いない。
この期待感だけでも本作は推せます。続きが楽しみ!

☆あらすじ☆
“世界が替わる”運命を――キミと変えていく。
リオランド王国の若き天才騎士・ミカドが戦場で出会ったのは、《科学》の異世界の姫・エチカ。
監視役となったミカドとエチカは互いの信念に惹かれ合うが、リオランド皇女・“予言姫”リューリリリィにより、《科学》世界の王国侵攻が示され――!?
「オレはこの国とリューリ姫をお護りする。手を貸してくれ」
「私はこの戦いを止めて故郷に帰りたい。お願い、手伝って」
リューリへの忠誠、エチカとの約束のため、ミカドは戦場でその真価を示す。その先には別れがあることを――そしてリューリリリィの紡ぐ予言(コトバ)が、大陸を禍乱へ導くことを知りながら。
「ムシウタ」「東京侵域:クローズドエデン」著者・岩井恭平最新作は、魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。 続きを読む リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

オー・ドロボー!2 探偵令嬢は恋きに暴く?

『オー・ドロボー! 2.探偵令嬢は恋きに暴く?』(岬かつみ著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

オー・ドロボー! (2) 探偵令嬢は恋きに暴く? (富士見ファンタジア文庫)
オー・ドロボー! (2) 探偵令嬢は恋きに暴く? (富士見ファンタジア文庫)

ファンタジア大賞金賞受賞作第2弾。
世界各地の泥棒さんが一斉終結した前巻に引き続き、今回も名前だけみると異常に豪華な冒険活劇となっています。舞台は日本。ターゲットは「天下五剣」。
時期的に偶然なんでしょうけど、なんてタイムリーな・・・・・・あの刀剣の名前が出てくるだけで審神者の私はソワソワしてしまいましたw

☆あらすじ☆
五右衛門と共に世界大泥棒選手権を制したアルは、大阪にいた。日本に伝わる名刀「天下五剣」を奪うという予告事件の捜査依頼が、ルパンの探偵事務所に舞い込んだのだ。「なぁんで貴女がここにいるのかしらぁ、ミス・ルパン!」そこに現れたのは、因縁の好敵手シャーロック。そして、もう一人は「ボクは明智小五郎。この国を代表する名探偵ですよ」美少女3探偵が一堂に会し、ついに捜査開始!しかし、件の予告状を覗いてみると、差出人には“アルセーヌ・ルパン”の名前が!?(そ、そんなはずありませんわ!)アルは自らの名を騙る真犯人を捕まえるため、初めての探偵業に乗り出す―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オー・ドロボー!2 探偵令嬢は恋きに暴く?

オー・ドロボー!1 怪盗淑女は恋きに盗む?

『オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む?』(岬かつみ著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む? (富士見ファンタジア文庫)
オー・ドロボー! 1.怪盗淑女は恋きに盗む? (富士見ファンタジア文庫)

ファンタジア大賞の金賞受賞作。
世界の名だたる悪党たちの子孫が集まり、世界一の大泥棒を決定する選手権に参加することになったアルセーヌ・ルパンの子孫の少女と、とある大泥棒の14代目の少年の冒険活劇です。
肝心の選手権自体はさくさくと進んで行ってしまうために物足りなくも感じたのですが、ストーリー全体をみると怪盗ものらしく小粋な仕掛けのある良作だったと思います。
あと、ヒロインのアルが可愛すぎでしたヾ(´ω`=´ω`)ノ

☆あらすじ☆
「ボンソワール、わたくしアルセーヌ・ルパンと申します」
大泥棒の末裔である少年の自宅に、ある日突然、金髪碧眼の少女が訪れた。なんでも彼女はドロボウの技術ゼロのくせに、かの「世界大泥棒選手権」に参加し、さらには優勝しなければならないというのだ!?美少女の頼みを断りきれず、少年は何とも頼りにならない“怪盗淑女”をパートナーに、会場である地中海の島「悪党の楽園」に乗り込んだ―!各国代表の大ドロボウたちが、一つの秘宝を奪い合う―持ち前の大胆不敵さと推理力でライバルたちを出し抜け!?前代未聞のスティール・ロワイヤル・ラブコメディ参上…!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オー・ドロボー!1 怪盗淑女は恋きに盗む?