「やすも」タグアーカイブ

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
辺境で恋人とイチャイチャしながらスローライフする物語第3弾。
季節が冬だからなのか・・・バカップル度が増してません?糖度が高すぎて読むの大変だったんですけど!(興奮)
また、前々から胡散臭さを感じさせていた「加護」の問題に話が進み、ファンタジーとしての面白さも増していると思います。
やっぱり楽しいなぁ、このシリーズ。続きも期待しています。

☆あらすじ☆
愛しい人の温もりで幸せいっぱい――超人気・辺境スローライフ第3弾!!
温暖な地域である辺境ゾルタンにも、冬の寒波がやってきた。
「寒い日だからこそ来たくなるような薬でもあればいいのに」
リットのそんな提案から、レッドはかつての冒険で得た知識を駆使し新商品の開発に取りかかる。やがて、ゾルタンでは珍しい雪が降り始め、夜の森で雪を眺める二人は肌を寄せ合い暖め合う――
「あなたの身体って暖かいねぇ」愛しい人と温もりを分かち合う二人の生活は幸せいっぱい。
一方、””勇者の加護””による衝動から解き放たれる為、ルーティは暗殺者ティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かうのだが……!?
WEB発大ヒット作、3万字超大幅加筆による新規書き下ろしエピソードを収録。
加護によって引き離された兄妹、二人の運命が交錯する第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん

白翼のポラリス2/阿部藍樹

白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)
白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
空と海とボーイ・ミーツ・ガールの物語第2弾。
1年以上間があいたので少し諦め気味だったのですが、続刊が出てくれて良かった。
更に世界観を掘り下げるストーリーと、緊迫した空戦の駆け引きがとても面白かったです。
この引きは続刊前提かな?刊行ペース遅めでも、続きが読めるならずっと待ってます。

☆あらすじ☆
遠く遠く北の果てから、強力な海流を引き裂いて、戦船がやってくる。この星の真実と、災厄を載せて。ヴェセル・バトー会戦終結の立役者となったスワローのシエルとヴェセル王女のステラは、会戦時に垣間見た自走する船と伝説の大陸国家ボレアスの情報を集めるべく奔走していた。ある日二人の元に依頼が舞い込む。依頼人はボレアス軍人と名乗るシエルの父・アカーシャだった。蒼い空が汚される時、少年は何を想い、何を掴み取る?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白翼のポラリス2/阿部藍樹

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2/ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2 (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
実力不足により勇者パーティーを追い出され辺境に流れ着いた男のイチャイチャスローライフを描いたファンタジー第2弾。
リアルが充実していくレッドに対し、彼を失った勇者パーティーのギリギリ具合が怖すぎます。
本当にいつまでスローライフができるのか。
それはそうと、照れ照れしながら大胆に迫るくせにやっぱり照れちゃうリットは可愛すぎではないでしょうか。

☆あらすじ☆
追い出された英雄・レッドは、魔王軍との戦線を離れ辺境の地で薬師として幸せな新生活を営んでいた。
「薬屋って案外、暇なのな―」「それじゃあ仕事のことは忘れて、のんびり遊びましょ!」
そんなリットの提案から、二人は店に本日休業の札をかけ走竜に乗り川辺でデートをする事に――。
「ね、早く泳ご!」
水着姿のお姫様との甘い時間は英雄の心を潤していく。
一方、レッドの離脱により混乱する勇者達は遺跡に遺された先代魔王の飛空艇をめぐり更なる激戦地へと向かうのだが……!?
世界に何があっても、2人の幸せな時間は揺るがない――。追われた英雄による大人気スローライフ・ファンタジー第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2/ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました/ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
RPGに登場する「途中で離脱する仲間」を主人公としたスローライフ・ファンタジー。
勇者パーティーを追い出され辺境にやってきた主人公が、元ツンデレお姫様と一緒に薬屋を開業する物語です。

もうね、この作品の主人公とヒロインの関係が好きすぎて好きすぎて好きすぎて・・・!(震)
ツン期の終わった元ツンデレヒロインが可愛すぎました。
押しの強さがツンではなく素直なデレ方向に発揮されると愛しさしか生まれない(拝)
このカップルの「互いの気持ちを理解した上で、あえて遠回しな表現で今の距離感を楽しんでいる」雰囲気に、私はどこまでも転がり続けるのであった・・・・・・

幕間で描かれる「勇者パーティで戦っていた頃」のエピソードも面白かったです。
スローライフものってあまり読んだことがなかったのだけど、この幕間のおかげで予想以上に物語に緩急があったんですよね。楽しかった〜
ほのぼのした日常の影に描かれる殺伐とした世界観も気になるところ。
今後も期待したいシリーズです!

☆あらすじ☆
追い出されたから辺境でスローライフを始めよう!
「君は真の仲間ではない――」
最前線での戦いについていけなくなってしまった英雄・レッドは、仲間の賢者に戦力外を言い渡され勇者のパーティーから追い出されてしまう。
「はぁ、あんときは辛かったなぁ」
レッドが抜けた事で賢者達が大パニックになってるとは露知らず、当の本人は辺境の地で薬草屋を開業しようとワクワクした気分で過ごしていたのだが……
「私もこのお店で働いていいかな? 住み込みで!」
突如かつての仲間であるお姫様が自宅まで訪ねてきて!?
追い出された英雄は第2の人生で報われる――。お姫様との幸せいっぱいな辺境スローライフ開幕!!
レッドとリットの出会い、そして二人の新たなスローライフを描いた大ボリューム45000字の【書き下ろしエピソード】を新規収録!
「小説家になろう」四半期累計総合1位の超ヒット本命作が、大幅加筆にて遂に文庫化!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました/ざっぽん

君と四度目の学園祭/天音マサキ

君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)
君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
学園祭が迫るなか何度も死の危険に遭遇していく主人公と、彼を助けようとする幼なじみのヒロイン。
仲良しで両片思いのふたりがすれ違いに苦しみながら想いを伝えようとするタイムループ青春小説でした。
構成が好みじゃなかったり終盤のご都合主義が気になったものの、幼なじみ特有の至近距離恋愛が堪能できたところは良し。
綺麗に終わっているから単巻ものかな。次回作に期待します。

☆あらすじ☆
このままの関係が続けばいい。そう思ってた――。
高2の秋。5日後に迫った学園祭の練習の帰り道、刻谷結羽太はトラック事故に遭いかける。傍らにいた幼馴染の少女・新都久遠がわがままを言って引き留めなければ、大事故になっていたかもしれない。九死に一生を得た結羽太だったが、その後も何かとトラブルに見舞われるように。そんな折り、久遠が学園祭で誰かに「告白」するという噂を聞く。はっきりと彼女への想いを認識した結羽太は久遠に想いを伝える決意をするが……。今日の「告白」を忘れてしまっても、明日君が「思い出」から消えても、必ず伝えにいくから。だから、どうか学園祭で待っていて――。恋と焦燥と疾走が胸を焦がす、青春エンターテイメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と四度目の学園祭/天音マサキ

白翼のポラリス/阿部藍樹

白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)
白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年4月刊。
第6回講談社ラノベ文庫新人賞「佳作」受賞作。
こういうの好きだなぁ。
陸地のほとんどが海に沈んだ世界で、人々を繋ぐ飛行機乗りの少年とワケあり少女のボーイ・ミーツ・ガール。
二人の出会いは、やがて彼らの「小さな世界」を救う冒険へとつながっていくのです。
ヒロインとの甘酸っぱい距離感も良かったけれど、主人公自身の成長譚としても素敵な作品でした。
戦闘機との戦いもなかなか激しくて良し。やっぱり後座の女の子には銃把を握ってほしいですよね・・・・・・ロマン・・・・・・。
物語は綺麗に終わっているけれど、もしシリーズ化するならぜひ読みたいです。

☆あらすじ☆
はるか昔に陸地のほとんどを失った蒼き世界、ノア。人々は巨大な船に都市国家を作り、わずかな資源を争って暮らしていた。飛行機乗りの少年・シエルは、そんな“船国”を行き来し、荷物を運ぶ“スワロー”。愛機は父の遺した白い水上機“ポラリス”。彼は無人島に流れ着いた少女・ステラを助ける。素性も何も語らない彼女の依頼で、シエルはステラを乗せて飛び立つことに。その先には、世界の危機と巨大な陰謀が待ち受けていた。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白翼のポラリス/阿部藍樹