「ふゆの春秋」タグアーカイブ

聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵

聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)
聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
これ、めちゃくちゃ好きです!!面白かった!!
乙女ゲーム転生モノの様式に沿いつつ、主人公本人は非転生者という設定が絶妙なファンタジーでした。

ゲーム転生モノって、ストーリー進行上の目的がハッキリしているところが好きなんですよね。
その良さを取り入れつつ、非転生主人公の一人称視点で語られる本作はメタ的なノリが最小限に抑えられているのでファンタジーの世界観を壊しすぎないところが個人的には高ポイントでした。ハイファンタジーとゲーム転生モノの長所を両取りした感じかな。

主人公の女騎士は格好いいと可愛いのバランスが素晴らしいし、脇役たちも魅力的に生き生きしていて素敵。
恋愛要素も私好みで大満足です。
主人公と、彼女を振り回す冒険者の関係性には萌え転がった・・・!

内容的にはまだ序章といったところ。続きがすごく楽しみです!

☆あらすじ☆
王国魔法騎士団の女騎士ニア・エウクレストは、その美しさとは裏腹に、女である自分を封じて生きていた。
そんなニアは、立ち寄った魔法具店で男に声をかけられる。「あんた、エルティニアだろ!?」。
それは、五年前に死亡したとされる少女の名前。悲劇の美姫と謳われた伯爵令嬢エルティニアは過去を捨て、今や女騎士ニアとして生きていた。
その男アルンバートは自らを転生者だと主張し、エルティニアこそ前世で見た物語の「ヒロイン」だと告げる。信じがたい話に半信半疑の日々を過ごすのだが、ある日、魔法騎士団に視察に訪れたクレイグ王子が誘拐されてしまう。ニアは独断で王子奪還へ向けて動こうとするのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵

世界の終わりの世界録9 絶望の始祖/細音啓

世界の終わりの世界録<アンコール>9 絶望の始祖 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>9 絶望の始祖 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
王道冒険ファンタジー第9弾。
いよいよ物語はクライマックスへ。
あとがきを見るに、次巻で完結なのかな?

☆あらすじ☆
伝説の英勇(えいゆう)エルラインが遺した至宝「世界録(アンコール)」。その在り処の衝突から世界が終わり始めた時代――海底神殿の探索と激闘の末、ついに神性都市の入り口にたどり着いたレンたち。だが、思わぬトラブルにより秘境の砂漠地帯に飛ばされてしまい、その矢先に天使や悪魔を捕らえた水晶(クリスタル)の監獄の存在を知る。いまだ消息の掴めないフィアもそこにいると推測した一行は、残る仲間の手がかりを求めて探査に乗り出す。一方、シオンやエリエス、ゼルブライトや沈黙機関といった面々は神性都市へ。
「一人ではあるまい? お前も精霊(わたしたち)も」
終極に向かう追走曲(カノン)を超え、偽英勇は、かけがえのない仲間と決戦に赴く――いま、最も「王道」を行くファンタジー、集結と決戦の第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録9 絶望の始祖/細音啓

霊感少女は箱の中/甲田学人

霊感少女は箱の中 (電撃文庫)
霊感少女は箱の中 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
個人的にはお久しぶりの甲田作品。
得意の「学園メルヘンもの」ということで、ちょっと懐かしい気分になりつつ普通に怖かったです。流石すぎ・・・・・・。
でも予想よりはグロくない?と思いながら読んでたせいで終盤に不意をつかれました。やっぱり痛いぃ・・・・・・!
内容的にはシリーズの序章という感じでこれから更に面白くなりそうな予感。怖いけれど続きが気になります。

☆あらすじ☆
心霊事故で退学処分となり銀鈴学院高校に転校してきた少女・柳瞳佳。彼女は初日から大人しめの少女四人組のおまじないに巻き込まれてしまう。人が寄りつかない校舎のトイレにて、おそるおそる始めたおまじない。人数と同じ数を数え、鏡に向かって一緒に撮った写真。だが皆の画面に写っていたのは、自分たちの僅かな隙間に見える、真っ黒な長い髪をした六人目の頭だった。そして少女のうちの一人、おまじないの元となる少女が忽然と姿を消してしまい…。少女孫踪と謎の影が写る写真。心霊案件を金で解決するという同級生・守屋真央に相談することにした瞳佳は、そこで様々な隠された謎を知ることに―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 霊感少女は箱の中/甲田学人

世界の終わりの世界録8 慟哭の神霊/細音啓

世界の終わりの世界録<アンコール>8 慟哭の神霊 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>8 慟哭の神霊 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
世界の危機に立ち向かう王道ファンタジー第8弾。
今回すごくRPGを読んでる気分になったのはタイミングの問題かもしれませんが(P5プレイ中)、それはそれとしてダンジョンで少しずつ仕掛けに挑んでいくこの感じ、ゲーム化したらすごく面白そうだとか思ってしまいました。

☆あらすじ☆
偽英勇は英勇を超える――いま、最も王道を行くファンタジー、第8弾!
再会したキリシェらと共に復活した古代の敵を撃破したレン。エルラインの遺志を継ぎ英勇としての戦いを続ける彼は、次なる目的地として失われた神聖都市を目指すことに――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録8 慟哭の神霊/細音啓

世界の終わりの世界録7 神代の暴君/細音啓

世界の終わりの世界録(アンコール) (7) 神代の暴君 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録(アンコール) (7) 神代の暴君 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
新章開幕。
レンにとっての新たな冒険のプロローグとなる第7巻でしたが、また面白い旅路になっていきそうな予感。楽しみです。

☆あらすじ☆
新章突入――いま、最も王道を行くファンタジー、第7弾!
終わり始めた世界を救うべく、一人での冒険を始めたレンが訪れたさきで出会ったのは、あの人物で――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録7 神代の暴君/細音啓

世界の終わりの世界録6 終焉の精霊

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉6 終焉の精霊』(細音啓著/MF文庫J)★★★★☆

世界の終わりの世界録(アンコール) (6) 終焉の精霊 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録(アンコール) (6) 終焉の精霊 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
なるほど、ここまでが序章だったと。
様々な真実が明らかになり、物語は次なるステージへ。
かつてない素晴らしいファンタジーが生まれつつある高揚感にワクワクします。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
世界録を巡る衝撃展開――いま、最も王道を行くファンタジー、第6弾!
悪魔法印を沈黙機関に奪われたレンたちは、各勢力が集いつつある終焉の島へと向かうために禁じ手を使うことに――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録6 終焉の精霊

世界の終わりの世界録5 降魔の大皇

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉5 降魔の大皇』(細音啓著/MF文庫J)★★★★☆

世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年10月刊。
レンの旅はついに冥界へ。
これまでの伏線も回収され始め、物語が最高に盛り上がってきました!

☆あらすじ☆
プロジェクト・アンコール展開! いま、最も王道を行くファンタジー第5弾!
覇都エルメキアで新たなる「英勇」への道を明らかにしたレンたちが向かうのは、エリーゼの弟である魔王が治める冥界。沈黙機関の存在が、ただでさえ緊迫した状況をさらにヒートアップさせることに――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録5 降魔の大皇

知らない映画のサントラを聴く

『知らない映画のサントラを聴く』(竹宮ゆゆこ著/新潮文庫nex)★★★★★

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)
知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)

ああああああああああああ!!!
えぐってくる!なんかすごくえぐってくるよ!!
喪失と再生を、ぐるぐるぐるぐると回転しながら綴っていく物語。
私にとっては触れないでほしいところを的確にえぐってくる、読んでいて本当にしんどい作品でした。
なのに読後感が最高すぎて、もう!
無職の女と、コスプレ男。共通の喪失感を抱えたふたりの出会いが何を生み出すのか。
「とらドラ!」の竹宮ゆゆこさんが描くちょっと壊れた大人のボーイ・ミーツ・ガールです(ボーイ?ガール?かどうかはおいといて)。

☆あらすじ☆
錦戸枇杷。23歳。無職。夜な夜な便所サンダルをひっかけて“泥棒”を捜す日々。奪われたのは、親友からの贈り物。あまりにも綺麗で、完璧で、姫君のような親友、清瀬朝野。泥棒を追ううち、枇杷は朝野の元カレに出会い、気づけばコスプレ趣味のそいつと同棲していた…!朝野を中心に揺れる、私とお前。これは恋か、あるいは贖罪か。
無職女×コスプレ男子の圧倒的恋愛小説。

こんなにカオスなのにあらすじ通りの物語でした(((( ;゚д゚)))
以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 知らない映画のサントラを聴く