「ねぎしきょうこ」タグアーカイブ

身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年5月刊。
本編が完結した身代わり伯爵シリーズ待望の後日談外伝集。
本編完結巻は2015年11月発売だったんですよね。えらく時間かかったなぁと思っていたら清家さんが体調不良だったとのこと。どうぞご自愛くださいませ・・・。
肝心の内容は相変わらずの楽しい身代わり伯爵ワールドでした。
リヒャルトとフレッドの馴れ初め話もよかったけれど、団長のクズ野郎っぷりに憤慨するエピソードが割と衝撃だったかもw

☆あらすじ☆
お待たせしました! 大人気シリーズの「その後」の物語が登場!!
大公夫婦に第三子誕生!……そのとき何が起きたのか?(「身代わり伯爵と終幕の続き」)、変人揃いの女官見習い一同が、若手騎士との集団お見合いを実施!?(「令嬢たちのお見合い大作戦」)、華麗なる恋愛遍歴を持つ第五師団長・ジャック。ついに彼に恋の女神が振り向く――か?(「身代わり伯爵と忘れじの恋の約束」)他、リヒャルトとフレッドの出会いを描いた非売品小冊子掲載の中編も収録! あの人もこの人も登場する幸せいっぱいの短編集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
子猫のような女子高生と愛想のない鍵師の鍵屋物語完結巻。
色んな人間関係にきっちり決着がつく良い最終巻でした。

☆あらすじ☆
テストに文化祭、修学旅行と高校生らしい行事を終え、鍵屋へ顔を出したこずえ。祐雨子との関係は気になるものの、ひさびさに淀川と会えてうれしい。和菓子屋から来た客へお茶を出し、時々は淀川の助手として駆り出される―平凡な日々が続くかと思いきや、淀川の元カノが現れる。過去に苦しむ淀川、そして、そんな彼を見守るこずえは…?人気シリーズ、完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

桜乙女と黒侯爵4 つながる過去と迫る闇/清家未森

桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇 (角川ビーンズ文庫)
桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
約1年ぶりの新刊だったので内容がうろ覚えすぎて不安でしたが、読んでみるとしっかり面白かったです。
物語は、いよいよ有紗と京四郎の過去へと迫っていく展開へ。ぼんやり見えていたあれこれがクリアになってスッキリしました。
まぁまだ謎は色々残っているのですが・・・・・・。
ていうかまたこんなところで終わるんですか! 鬼だ!!

☆あらすじ☆
明らかになる、有紗出生の秘密――。そして京四郎と有紗の関係は……?
京四郎を襲ってきた死んだはずの兄・朔。行方不明になった叔父の馨。めまぐるしく事態が動く中、有紗はついに自分の出生の秘密を知ってしまう。混乱する有紗を京四郎は優しく支えるが、伏見が京四郎に接触してきて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 桜乙女と黒侯爵4 つながる過去と迫る闇/清家未森

身代わり伯爵の結婚行進曲6 光と歩む終幕(下)

『身代わり伯爵の結婚行進曲Ⅵ 光と歩む終幕(下)』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
ついに迎えた「身代わり伯爵」シリーズの最終巻。
読んでいる間はずっと「ああ終わるのか」と切ないような幸せなような気持ちで胸がいっぱいでした。
寂しいけれど、この結末を読めて本当に嬉しかったです。
清家先生、素敵なシリーズをありがとうございました。

☆あらすじ☆
8年半に及ぶ大人気シリーズ、ついに完結!!
夢のような再会も束の間、海に消えたリヒャルト。フレッド、フィデリオ、そしてミレーユは必死に彼の姿を探すが……。様々な困難を乗り越えてきた二人に待ち受ける終幕とは!? 感動のシリーズ本編完結巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵の結婚行進曲6 光と歩む終幕(下)

身代わり伯爵の結婚行進曲4 裏切りと婚約解消

『身代わり伯爵の結婚行進曲 Ⅳ 裏切りと婚約解消』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)

ミレーユ誘拐に続く最終章第4巻。
この長寿シリーズもいよいよラストスパートです。
本編はシリアスなんだけど、それでも相変わらずなミレーユに癒やされます。
糖分補給のために書き下ろし短編もついてる安心仕様です。

☆あらすじ☆
ロジオン、ダラステア皇帝(とその小姓)と共に誘拐され、囚われの身となったミレーユ。リヒャルトを蹴落とすために動いているというフィデリオの真意が見えないまま、ついにミレーユは、リヒャルトに婚約解消の手紙を書くことに…。一方リヒャルトは、ミレーユ奪還のため策を練るのだが―!?
「ミレーユ ―俺を見てください」
待つのは幸せな未来か、それとも…?
物語は最高潮へ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵の結婚行進曲4 裏切りと婚約解消

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱

『身代わり伯爵といばら姫の憂鬱』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)

短編集です。
今回はいろいろと懐かしい時間軸の短編が入っていたりして、「この話、待ってたんだよ!!」というのもあって個人的にびっくりしました。具体的には2巻のあのふたり。

☆あらすじ☆
幼いリヒャルトと第五師団団長ジャックがかわした約束を描いた「身代わり伯爵と遠い日の約束」や、ミレーユの計らいで実現した、リヒャルトとキリル兄弟の絆を描く「身代わり伯爵とはじまりの旋律」をはじめ、ミレーユの第五師団時代の奮闘を描く「身代わり伯爵と開かずの間の謎」、シルフレイアの結婚を描いた表題作「身代わり伯爵といばら姫の憂鬱」など、超豪華書き下ろし100ページ以上!
ファン必読、珠玉の短編集!!

以下、各話の感想です。

続きを読む 身代わり伯爵といばら姫の憂鬱

身代わり伯爵の結婚行進曲3 再会と宣戦布告

『身代わり伯爵の結婚行進曲Ⅲ 再会と宣戦布告』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)

身代わり伯爵シリーズ最終章第3巻。
婚前旅行からやっとシアランに帰ってきました。お久しぶりの新キャラに、誰だっけ?と戸惑ったりしたりしなかったり。
「最後の冒険」とのあおり文句の通り、いよいよクライマックスに向けたラストスパートの様相を呈して参りました。今回はその序盤ということで、前半は割とのんびり。
かなり気になるラストで次巻に続きます。うう・・・・・・この生殺し感。

☆あらすじ☆
「あなたが着て初めて完成する衣装なんですよ」婚前旅行を終え、シアラン国へ戻ってきたミレーユとリヒャルト達。ミレーユはお妃として認められ、宮殿は二人の結婚式準備に追われていた。花嫁衣装も出来上がり華やかな日々が続くと思われたが、ミレーユが何者がに捕らえられ、ロジオンも負傷してしまう!!さらに、第五師団に銃口を向けたのはフィデリオで!?裏切りか忠誠か!!かくして身代わり伯爵の最後の冒険がはじまる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵の結婚行進曲3 再会と宣戦布告

身代わり伯爵の結婚行進曲2 決意と別れの夜

『身代わり伯爵の結婚行進曲Ⅱ 決意と別れの夜』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)

リゼランド編はここまで。パパの隠し子騒動は解決しますが、不穏な空気がただよってます。

☆あらすじ☆
パパの隠し子騒動でテンパりまくりのミレーユ。追い打ちをかけるがごとく、ミレーユの理解者であり、リヒャルトと強い絆で結ばれていた従兄・フィデリオが不穏な動きをしーー!? 急展開の最終章第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵の結婚行進曲2 決意と別れの夜