「すみ兵」タグアーカイブ

マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?7 マイラブ (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
3巻2006年8月刊。4巻2006年12月刊。5巻2007年7月刊。6巻2008年2月刊。7巻2008年8月刊。

富士見ミステリー文庫版『マルタ・サギーは探偵ですか?』、全て読了しました。
最高でした。最ッッッッッ高だった・・・!

鷺井丸太という日本の少年が異世界でマルタ・サギーとなり、『名探偵』となって助手と共に怪盗に立ち向かい、そして一つの街を救うまでの物語。

全ての謎や問題が綺麗に解決される話ではありません。
それでも、運命とカードに振り回された「マルタ・サギーの物語」として、文句のつけようもなく素晴らしい内容でした。

特に4巻以降は、マルタの内面に深く静かに潜り込むような心情描写が秀逸でした。
マルタが積み重ねてきたもの、選んできたもの。そこから生まれる心の機微に軽やかに触れていく。その触れ方の優しさよ・・・・・・

あれだけの感情をストレスなく読者に受け止めさせるのって凄くないか。
ありったけの言葉を尽くさずとも、シンプルな言葉の裏にたくさんの想いが詰まっているのが伝わるんです。
だから読み口は軽いのに読み応えがある。こういう文章とても好きです。

いやぁ、本当に面白かった。この満足感と喪失感。紛うことなき名作の読後感です。
何度でも言いましょう。最高でした!

☆あらすじ☆
いつでも、愛を返して欲しかった。だから、誰かを嫌いになったりしないようにしてた。でも、もう僕はこどもじゃないから知ってる。自分にとって大事な人は、選べる。自分を軽んじない、無視しない、蔑ろにしない、尊敬できる人―好きなひと。そのひとと一緒に、僕は僕を幸せにしていいんだ。そのために、マルタ・サギーは走っていた。暗い山道を、ぼろぼろになりながら。大好きな家族のリッツを助けるために。親しくなった隣人がいるオスタスを、死の都市にしないために。そして…最愛のバーチを守るために。暗躍していたデアスミスが、ついに動き出す。リッツをさらい、『賢者の石』を手にするために、オスタスでの大量虐殺を計画するのだが!?名探偵マルタ・サギー、最大の事件簿は彼の“愛”をかけた物語―。

4巻以降の展開は絶対にネタバレを踏まずに読んだほうがいいです。
そして以下の感想はネタバレを大量に含みます。ご注意ください。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス』2005年3月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2』2006年4月刊。

少しずつ読み進めています、マルタ・サギー。
この作品の醸し出す空気、最高すぎません?
異世界の街にひとり、馴染みつつあっても、溶け込むまではいかなくて。
楽しくやってるんだけど、どこか寂しそうでもあって。
なんだか胸がしんみりしつつ、ふわっと包まれるような温かさも存在するんですよ。その感覚がとても心地良いんだ・・・・・・

☆あらすじ☆
大人気ファンタジックミステリー、お待たせの長編第二弾!
舞台は異世界、霧の街・オスタス。スレイリー・ドラゴン誘拐事件で一躍その名をあげたはずのマルタだったが相変わらず貧乏だった。そんな折、オスタス市民に愛される、怪盗ドクトル・バーチが突如消息を絶った……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?』2003年12月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s. 』 2004年7月刊。

野梨原花南先生といえば、私にとっては『ちょー美女と野獣』。
愛嬌たっぷりでクセが強いキャラクターと、ほどよい抜け感と優しさのある台詞回しが魅力的で、大好きなシリーズでした。

だから『マルタ・サギーは探偵ですか?』もいつか読みたいとは思っていたんですよね。
でもズルズルと積んでいたので、Twitterでオススメ本を交換する話がなかったら、また後回しにしていたかも。良い機会をもらえました。

でも、でも、もっと早く読んでおけばよかった・・・!

すごく好きです、この設定!
推理はできない『名探偵』が、人間以外にも様々な種族が存在する街で、神出鬼没の怪盗に立ち向かう。
決してミステリーではありません。推理をすっ飛ばして事件を解決するのでロジカルを求めてはいけない。
それでも、独特な語り口が楽しいし、異邦人マルタをはじめとするキャラクター陣の魅力が素晴らしくて。

あとなんだか昔のコバルト文庫っぽいんですよね。個人的に。
初めて読むのに懐かしい気持ちになる。そりゃそうか野梨原花南先生だもの。

ラブコメパートもばっちり好みです。探偵と怪盗の絶妙な距離感が最高!

続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時にまったく探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」

以下、ネタバレありの感想です。本編1巻と短編集1巻の感想をまとめて書きます。

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南

東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
お久しぶりの新刊。
私にしては珍しく前巻を再読してから臨んだのだけど、ちゃんと準備して読んで本当に良かった。
在りし日の夜光と飛車丸を描いた過去編のクライマックス。中盤以降はボロボロ泣きながら読みました。
やはり東京レイヴンズは最高だった。どれだけの乙種をこの物語に込めていたのか。
そしてあざの先生の幼馴染属性はガチだと思いました。ここに至高の幼馴染が誕生した・・・!

☆あらすじ☆
お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で――
土御門夜光と相馬佐月。陰陽の道を歩む二人の運命的な出会いにより、呪術は黄金時代を迎えた。けれど無情にも『その時』は確実に近づいてくる。敗戦の色濃くなる帝都で、夜光が、そして飛車丸が下す決断は……。

以下、ネタバレありの感想です。興奮してます。ご了承ください。

続きを読む 東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
待望の東京レイヴンズ最新刊。
14巻(2015年12月刊)から数えると約2年ぶりの本編です。長かった(T_T)
そして今回から過去編がスタート。
夜光や飛車丸がメインのお話に入ったことで、キャラや時代背景がガラリと変わりました。新鮮で面白かったです。
この巻では話が終わらないのだけど、次巻で現代に話が戻るだろうとのこと。
その次巻はいつ出してくれるのでしょうか・・・・・・ずっと待ってるけどね!
ちなみに今回の表紙は10巻表紙と対になっているとのこと。なるほど!

☆あらすじ☆
時を超え、いま語られる――土御門夜光が辿った激動の運命
やがて呪術界に変革をもたらす伝説の陰陽師・土御門夜光。没落してゆく宗家の当主になった彼の前に、呪術復権の野心を抱く青年・相馬佐月が現れて――。これは転生した夏目の魂が体験する、過ぎ去りし日々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平

東京レイヴンズEX4 twelve shamans/あざの耕平

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
十二神将だらけの短編集。
といっても鈴鹿と大友先生のエピソード以外は掌編集という感じでしたが、個性豊かすぎる十二神将達が生き生きと描かれていくのを新鮮な気持ちで楽しめる1冊でした。

☆あらすじ☆
『神童』『黒子』など十二神将の知られざる一面が明らかに!
天才美少女陰陽師、『神童』大連寺鈴鹿が禁忌に手を染めた悲しい理由。陰陽塾の食えない講師・大友陣、かつて『黒子』と呼ばれていた呪捜官時代の一大事件。国家一級陰陽師たちの語られなかった日々を綴る短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズEX4 twelve shamans/あざの耕平

廃皇子と獣姫の軍旗

『廃皇子と獣姫の軍旗』(田代裕彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

廃皇子と獣姫の軍旗 (ファミ通文庫)
廃皇子と獣姫の軍旗 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
政争に負けて国を追われた主人公が、亜人の国に流れ着いて祖国と対峙するファンタジー戦記。
主人公の底知れない雰囲気がとても好みでした。
こいつは何をやらかしてもおかしくないと思わせると同時に、きっと何とかしてくれるに違いないという安心感を与える主人公って良いですね。
ストーリーも面白かったし、今後ますます面白くなりそうな予感!
期待しています(*゚▽゚)ノ

☆あらすじ☆
国を追われた王子と獣の姫、宿命の出会いから始まるファンタジー戦記!
《黒狐》と怖れられるアルガンド帝国の皇太子ウィルフレド。獣の半身を持つ亜人族との一戦に勝利した彼は、唯一人、人の姿をした《獣姫》を捕縛し帰国する。しかし凱旋した彼に《偽嫡》の嫌疑がかかり、喝采から一転、ウィルフレドは罪人となってしまう。そんな彼の前に現れたのは《獣姫》ククル。先んじて解放していた彼女に救われたウィルフレドは、彼女と共に亜人達の元へ身を寄せるが――。獣の姫と大帝国に牙を剥く、本格ファンタジー戦記登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 廃皇子と獣姫の軍旗

東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

『東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
難産だったらしい第14巻。それも納得の濃厚な1冊でした。
読み応えも抜群で、終盤あたりは涙ぐむ一幕も。
大変動というべき転換点を迎え、一体どんなクライマックスを迎えるのか続きが楽しみで仕方ありません。
が、それはさておきシリーズを最初から読み返したい。これを踏まえて読み返さねばならない!

☆あらすじ☆
カウントは、ついにゼロへ――
示された相馬の悲願と多軌子の力。春虎に語りかける祖霊の導き。敵の手に落ちた『月輪』。仲間と共に策を練る夏目。動揺にざわめく十二神将。すべては上巳――運命の日に向けて、収束していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

東京レイヴンズ11 change:unchange

『東京レイヴンズ11  change:unchange』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ11change:unchange (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ11change:unchange (富士見ファンタジア文庫)

いよいよ第2部本格始動。
あれから1年半が経ち、何が変わり何が変わらないのか。
あの人もこの人も出てきますが、肝心のあの人は出てきません。
目まぐるしく視点が移動し情報も大量に出されるのに、どうしてここまで分かりやすいんだろう。ほんとに素晴らしい。
そしてラストの展開に鳥肌がたちました。仲間って、いいですね。

☆あらすじ☆
新年、東京。春虎を追い続ける夏目は、久しぶりにこの街に帰ってきた。呪術界を揺るがしたあの夜から一年半。かつての仲間たちの現状が気になりながらも、会えば迷惑をかけると己を律する夏目に、秋乃の素朴な言葉が突き刺さる。
「夏目はいいの?友達に会えなくていいの?」
一方、夜の東京の片隅で、陰陽庁の仕掛けた「餌」に大きな獲物が食いついた。始まる激しい呪術戦。出動した『十二神将』と対峙するのは―。
変わりゆくもの、変わらないもの。呪術と陰謀渦巻く東京で、再び運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。興奮のまま書いているので長くなるのはご容赦ください。

続きを読む 東京レイヴンズ11 change:unchange

東京レイヴンズEX2 seasons in nest

『東京レイヴンズEX2』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズEX2 seasons in nest (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX2 seasons in nest (富士見ファンタジア文庫)

待ちに待って待ち焦がれた東京レイヴンズの新刊!!
短編集ですけどね。でも良い。読めるだけで幸せ!そして面白かった!!

アニメのほうはいよいよ「あのクライマックス」に向けてラストスパートに入っていますね。春虎覚醒回があんまりな出来だったんで涙を禁じ得なかったのですが、来週放送の8巻ラストは1巻ラスト回(アニメ第3回)並の力が入っていることを祈るばかりです。

☆あらすじ☆
クリスマス、節分、入塾式に三者面談。普通の学校とは少し違う陰陽塾にも、四季折々のイベントが訪れる。ただ勿論、一筋縄ではいかなくて!? 大友・木暮・すず――『三六の三羽烏』始まりのエピソードも明らかに!
BOOK☆WALKER限定版は、文庫未収録のショートショート「なつめ日記」ほか、あざの耕平の「アニメ制作ここだけ話」も特別収録!!

以下、各話の感想です。

 

続きを読む 東京レイヴンズEX2 seasons in nest