「しらび」タグアーカイブ

りゅうおうのおしごと!10 /白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
小学生たちの友情が試されるJS研回。
幼いながらも、いっぱしの棋士として戦う彼女たちの勇姿に胸を打たれました・・・
そしてその影に入るかのように、暗闇の中を佇む姉弟子の姿に心が死にました・・・

☆あらすじ☆
竜王、遂に小学校の教壇に立つ!
「澪たち、くじゅるー先生に鍛えてもらいたいんです!」
小学生の将棋大会『なにわ王将戦』で優勝を目指すJS研。
しかしあいの新しい担任にJSとの同居を問題視された八一は、自らの潔白を証明するため小学校で将棋の授業を受け持つことに。
一方、女流名跡リーグ進出を目指すあいの前には謎の女流棋士が立ちはだかり、そして銀子は地獄の三段リーグで孤独な戦いを始めようとしていた――。
それぞれの戦場で繰り広げられる魂の激突。決意と別離の第10巻!
小さな背中に翼が生えたとき、天使は自らの力で羽搏き始める!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!10 /白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!9/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
天衣ちゃん回。
幼い心に負った傷が大きすぎて、なかなか心を開かなかった天衣の力強い成長を感じる第9巻でした。
今回もとても面白かった!
まぁラストはとても不穏でしたけど!!泣

☆あらすじ☆
夜叉神天衣。
わずか十歳にしてタイトル挑戦を決めたシンデレラは、両親の墓の前で誓いを立てていた。
「お父さま、お母さま。必ず女王のタイトルを手に入れます……私たちの夢を」
しかし彼女の前に立ちはだかるのは、史上最強の女性棋士にして師匠の姉弟子――空銀子。
二人が争うのは女王のタイトルだけなのか、それとも……?
≪浪速の白雪姫≫と≪神戸のシンデレラ≫が遂に激突!
アニメ化も果たしますます過熱する盤上のお伽話、家族の絆と感動の第9巻!
シンデレラの頬を伝う一筋の涙を、若き竜王の飛車が拭い去る――!! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!9/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!8/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!8 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
史上最年少竜王を中心に棋士たちの戦いを描く将棋ラブコメ第8弾。
今回はほとんど短編集的な構成でした。が、感想戦の二人が衝突する山城桜花戦は安定の熱量。やっぱり「りゅうおうのおしごと!」は面白い!

☆あらすじ☆
山城桜花戦開幕! 秘手繚乱の第8巻!!
「そうだ。京都へ行こう」
順位戦が終わり、プロ棋界は春休みに突入した。八一はあいを伴って京都を訪れるが、しかしそれはデートでも慰安旅行でもなかった。
『山城桜花戦』――女流六大タイトルの一冠を巡る戦いを見守るため。
挑戦者の月夜見坂燎と、タイトル保持者の供御飯万智。
「殺してでも奪い取る」
「……こなたはずっと、お燎の下なんどす」
親友同士の二人が激突する時――八一とあいは女流棋士の葛藤と切なさを知る。
春の京都を舞台に、華よりもなお華やかな戦いが繰り広げられる秘手繚乱の第8巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!8/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!7/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!7 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
アニメ絶賛放送中の将棋ラブコメ第7弾。
今回は清滝師匠の挫折と再起、そして勝負を描くストーリーでした。
おっさんの格好良さと家族愛に泣いた・・・・・・

☆あらすじ☆
「文句があるならかかってこい! 八一!!」
清滝一門の祝賀会。師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその言葉に、八一は衝撃を受ける。
順位戦――名人へと続く階段で、昇級のチャンスを迎えた八一と、降級の危機にある清滝。師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信じて破竹の進撃を続ける。
一方、棋力のみならず将棋への熱をも失いかけていた清滝は――
「衰えを自覚した棋士が取れる手段は二つ……」
残酷な運命に抗うのか、従うのか、それとも……?
笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋ラノベ、号泣必至の第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!7/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!6/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
最近の将棋ブームにうまく乗れそうな素晴らしいタイミング。良いアニメ化になることを期待したいです。
それはさておき、第6巻は表紙通りの姉弟子回。
なんというか・・・・・・「つらい」以外の語彙が消え失せた回でした・・・・・・

☆あらすじ☆
「重度のロリコンですね。治療法は死ぬしかありません」
竜王防衛を果たし、史上最年少で九段に昇った八一。二人の弟子も女流棋士になれて順風満帆……と思いきや、新年早々問題発生!?不眠症や変な夢に悩まされ、初詣で怪しげなおみくじを引き、初JS研では小学生全員に告白され、弟子の棋士室デビューは大失敗。おまけにあいはロリコンを殺す服を着て既成事実を作ろうと迫る。殺す気か!!そんな中、銀子は奨励会三段になるための大一番を迎えるが――
新キャラも大量に登場! 熱さ急上昇で新章突入の第6巻!!
新時代の将棋の歴史は、ここから始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!6/白鳥士郎

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家/望公太

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家 (ファンタジア文庫)
ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
ラノベ作家とアシスタント幼なじみのラノベ作家ラブコメ第2弾。
副題通りに「打ち切り」を扱った話なのだけど、予想外の方向から私までメッタ刺しにされました。なぜ。
主役カップルの甘酸っぱすぎる純愛ラブコメにはローリング。
とっても楽しかったです!

☆あらすじ☆
ラノベ作家のプロポーズによって、二人の関係は急速に動き出す。
「俺と、結婚してくれ」幼馴染みの結麻へ思いの丈をぶつけた、意識高い系作家の神陽太。突然の関係性の変化に、いつもの日常もどこかギクシャクしてしまう。そんな中、小太郎のデビュー作にトラブルが発生して!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家/望公太

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家/望公太

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家 (ファンタジア文庫)
ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
最近流行りの(?)ラノベ作家モノ。個人的には恋愛小説として面白かったです。幼なじみ+純愛とか好きなやつ!
ラノベ作家モノとしてはプロとしてのスタンスの話がなかなか面白かったです。シビアなお金や売上の話と譲れないプライドの天秤に揺れるところが特に。この人間くさい主人公好きだなぁ。
ラストはキターーー!!って盛り上げておきながらすごいところで終わったので2巻が楽しみです。

☆あらすじ☆
「俺より売れてる作家の初動に貢献してるんじゃねえぇぇ!!」
アニメがコケた超絶売り豚思考のラノベ作家・神陽太の年収は2500万円。そんな彼は税金対策として雇った幼馴染みの希月結麻と共に、『ある野望』実現のため業界のシビアな金銭事情に真っ向勝負を挑む! 執筆で!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家/望公太

りゅうおうのおしごと!5/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
あああ、熱い・・・!
「神」からタイトルを守らなければならない防衛戦。
八一本人の戦いはもちろん、彼を支え励ます周囲のキャラも物語を素晴らしく盛り上げていて、ただただ最高でした。
あまりにも最高すぎて「え、最終巻!?」ってドキドキしていただけにあとがき一行目に冷や汗でた〜。続くようでなによりです。

☆あらすじ☆
将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻!
「アーロハ―♪」
遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!?
おまけに銀子と夜の街でデート!? そんなんで名人に勝てるのか!?
あいと天衣、そして桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々。誰もが傷つき、疲れ果て、将棋で繋がった絆は将棋のせいでバラバラになりかける。……だが、
「もう離さない。二度と」
一番大切なものに気づいた時、傷ついた竜は再び飛翔する――!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!5/白鳥士郎

86 ―エイティシックス― /安里アサト

86―エイティシックス― (電撃文庫)
86―エイティシックス― (電撃文庫)

評価:★★★★★
2017年2月刊。
第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
素晴らしかった・・・!
もう最高すぎて泣きながら読了しました。
先の見えない末期的な戦争、苛烈な人種差別、恐ろしく強力な敵の兵器と無様で頼りない自国の兵器。そして、死地にある少年たちに寄り添い、やがて真実を知っていく無力な少女――。
波状攻撃かってくらい絶望的な真実が次々と襲ってきて、途中で投げ出しそうになるほど辛く苦しい物語だったけれど、最後まで読んで良かったと心から思います。
帯に書いてある「ラストの一文まで文句なし」って、まさにその通りすぎて引用せざるを得ない。

☆あらすじ☆
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。“存在しない“第86区””。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた―。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遙か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる―!第23回電撃小説大賞“大賞”の栄冠に輝いた傑作、堂々発進!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― /安里アサト

りゅうおうのおしごと!4/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと!4 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!4 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
小学生×将棋ラブコメ第4弾。
今回もとても面白かった!
そして第28回将棋ペンクラブ大賞を受賞されたとのこと。おめでとうございます!

☆あらすじ☆
「わたし、もっともっと強くなって……絶対に勝ちますっ!!」
小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。目的は――最大の女流棋戦『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』。女流棋士やアマチュア強豪がひしめくその大会を、あいと天衣は破格の才能を武器に駆け上がって行く。一方、その師匠はというと……弟子に隠れて美人女流棋士と将棋番組でイチャイチャしたかと思えば、その翌日は別の女の子と原宿で手繋ぎデート!? しかもそのお相手は……銀子!?
将棋に全てを捧げた女性達が織りなす灼熱の祭典を描いた第四巻!
人生で最も熱い夏が今、始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!4/白鳥士郎