「しぐれうい」タグアーカイブ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
三角関係というより、もはやハーレムっぽくなってきましたね。幼なじみがいっぱいだぁ。
白草のターンは嬉しいし、今回は特に心情描写が良かったと思います。もうそのまま突き進んでも良いんじゃないかな??

☆あらすじ☆
海だ! 水着だ! 逆襲の白草だ!! 混迷を極めるヒロインレース第3弾!
沖縄でMV撮影ってマジ!? 女子たちの水着姿を見るチャンス到来か……! ヤバい、ハンパじゃないラブコメの波動を感じるぜ……! って、空港に現れた白草の雰囲気がいつもと違うんだけど!? ダメだって。節操なさすぎるって。私服姿を見ただけでトキメキすぎだろ俺。
でもでも? 黒羽とは喧嘩中だしー? またしても俺に嘘をついた黒羽が悪いんだしー?? いや、分かってるんだ。きっと何か事情があったんだろう。だけど、今回、俺は悪くない! 黒羽から謝ってこない限り、絶対に許さないんだからな!
海で、水着で、白草の逆襲が始まる!? 先の読めないヒロインレース第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一

幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 (電撃文庫)【Amazon】/【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
あ、なんか私が好きな感じの方向に入ってきた気がする??
何らかの目標に向かって皆で団結して走り出す青春ものって良いよね。
読み口も相変わらず軽快で、すごくスラスラと一気に読めました。
しかしこれ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」としては、面白いんだけど、面白いんだけど、「嘘つき・・・!」という気持ちが膨れ上がるばかりだ(面白いんだけど!)(ギリィッ)

☆あらすじ☆
幼なじみはやっぱり負けない!? まだまだ続く予測不能なヒロインレース!
幼なじみの黒羽に告白し、見事玉砕した俺。死にたい。フラれるってこんなに辛かったのか……っていうか、あそこまでいったら普通OKするだろ! 笑顔で「ヤダ!」ってなんだよ! マジで女子の気持ちわかんねー。でもまてよ、白草は俺のことが好きなんだよな……今ならイケる……?のか……いやいやいや、ダメでしょ。もしまたフラれたらと思うと怖すぎるし。
そんなモヤモヤ爆発の俺のもとに、子役時代の後輩にして理想の妹、桃坂真理愛が襲来! 玄関開けたら1秒で「おかえりなさいお兄ちゃん!!」っていったいどこのラブコメだよ!?
末晴に芸能界復帰の話が持ち上がり、ヒロインたちの思惑が交差する、先の読めないヒロインレース第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一

天才少女Aと告白するノベルゲーム /三田千恵


天才少女Aと告白するノベルゲーム (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
高校でゲーム制作を行う少年少女。
彼らのもとに届いた1本のノベルゲームが、彼らの過去を暴いていく―― という学園ミステリー。
青春ミステリーとして面白かったです。
「もしもあの日、こういう選択をしていたら」という、誰もが思うifをゲームの形であぶり出す構成がよかったし、そこから再び人間関係を修復していく物語には青春を感じました。
個人的には引っかかる箇所もあったけれど、仲間たちの物語としては良かったと思います。

☆あらすじ☆
バッドエンドの先は優しく、せつない——。
大好きなフリーゲーム制作者Aに会うため、桜山学園ゲーム制作部に入った水谷湊。しかしAと思われる部長の菖蒲は不登校になっていた。彼女の幼馴染みで学園きっての変わり者由井と、菖蒲が学校に来るよう企画をたてるも不発に終わってしまう。大人しくゲーム作りに励む湊のもとに、ひとつのノベルゲームが送られてきた。『バッドエンドを探せ』と題されたゲームには菖蒲と部員のトラブルが綴られてゆく。これは告発? それとも——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才少女Aと告白するノベルゲーム /三田千恵

幼なじみが絶対に負けないラブコメ /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫) /【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年6月刊。
面白いです。うん。面白いと思います。
ポンポンと弾む青春真っ盛りの掛け合いに、「初恋」の甘酸っぱさ、「復讐」というネガティブな感情を勢いよく混ぜ混ぜして一気にラストまで読ませてくれるラブコメでした。ヒロインたちもかわいい。
だが!
しかし!
一介の幼なじみラブコメ好きとしては解せぬ・・・!

☆あらすじ☆
幼馴染みが負けフラグの時代は終わった? 予測不能なヒロインレース開幕!
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ!
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ /二丸修一

彼女のL 〜嘘つきたちの攻防戦〜/三田千恵

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)
彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
面白かった!そしてこういう青春ミステリーを待っていた・・・!
嘘がわかる少年、嘘をつかない少女、嘘ばかりつく少女、そして謎を残して死んだ少女。
様々な「嘘」を解き明かすなかで、傷つき、苦脳し、それでも前に進む少年少女の物語です。
「嘘」というテーマを、ミステリーにも青春にも恋愛にも余すところなく使い込む丁寧なストーリーが素晴らしい作品でした。
思春期特有の潔癖さを抱え、様々な形で「嘘」に振り回される少年少女の心情描写もすごく良かった・・・・・・本当、こういう作品好きなんだよなぁ

☆あらすじ☆
遠藤正樹は嘘がわかる特異体質で、川端小百合は決して嘘をつかない少女だった。そして学校のアイドル佐倉成美は、常に嘘をふりまく少女だった。
ある日、川端と佐倉の共通の友人が亡くなってしまう。自殺という噂だったが川端は「彼女は殺された」と言い、佐倉も「彼女を追い詰めたのは私」とうそぶく。
真相を知りたいと川端に頼まれた正樹は、その力で誰も知らない佐倉の心の内を知ってしまい――。
願いと嘘と恋が交錯するトライアングルストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女のL 〜嘘つきたちの攻防戦〜/三田千恵

不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓

不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)
不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
死なない身体をもった少年と殺人衝動を抱えた少女の奇妙な日常を描いた物語。
デスゲーム要素は期待から外れてしまったけれど、ボーイ・ミーツ・ガールな青春小説としては悪くない作品でした。
綺麗に終わっているから読み切りかな?

☆あらすじ☆
臥宮生斗は、三年前に結んだ『契約』の代償として何度も死のリセットを繰り返し不死身の身体を持つ、平凡な高校生。
いつもと変わらぬ放課後、その子は突然現れた。
「彩夢咲レオナです。わたしのために、死んでくれますか?」
両親を早くに亡くし、幼いながらも暗殺を生業とした一族の当主となったその少女は、先祖の代から続く『呪い』によって日常生活に支障が出るほどの殺人衝動に悩まされており「不死身」の生斗に依頼をしたらしいのだが――!?
『契約』によって数奇な運命を辿る二人の、殺し殺され合う禁断のデスゲームラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓