「さとやす(TENKY)」タグアーカイブ

EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔


EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈上〉 (DENGEKI EDGEシリーズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻「僕と先輩の惑星クラフト」(上)2019年8月刊、(下)同年9月刊。
2巻「僕と先輩のウハウハザブーン」(上)2020年5月刊、(下)同年7月刊。

最近、川上稔作品を読み漁ってるのだけど、最新シリーズもすごく面白いですね!
これは世界各地の神話や伝承が好きな人にはたまらない作品だと思います。特に神話の成り立ちを考察するのが好きな人とかね。
人類史と神話の交錯に思いをはせつつ、元気いっぱいな主人公たちの馬鹿騒ぎに終始笑いっぱなしでした。
テラフォーム系SFとしても楽しめるし、90年代のレトロな空気も面白く、そして先輩と主人公のラブコメは可愛くてにっこり。
各種要素を並べると闇鍋のようだ。それらが上手くまとまっているところも凄いです。
そしてこういう知識量で殴る系の物語大好き!
まじで神話好きは読んだらいいですよ。これは楽しいぞ・・・!

☆あらすじ☆
『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る待望の新シリーズが登場!
境界線上のホライゾンでたびたび言われる“神代の時代”。人々が天上にいたとき、何があったのか……、というか、その前提?
気づくと現場は1990年代。広大な学園都市の中で、僕は馬鹿なダベりをしつつ、巨乳の先輩に縦方向の盛り上がりをしていたのだけど、何か没入系ゲームで即死したりといろいろありましてね……。
チョイと気軽に天地創造。つまりこれは「神話再現」だ……!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔

AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔


終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

総評:★★★★★
2003年6月刊 〜 2005年12月刊。
おッッッッッッッッッもしろかったーー!!!

かつて存亡をかけて10の異世界と戦い、その全てに勝利した世界。
しかし世界は再び滅びに向かっており、滅亡を防ぐためには「戦争が残したもの」を清算をしなければならない。
そうして戦後処理を任された少年少女は、異世界の生き残りたちと戦い、交渉し、その過程で戦争の真実と世界の謎に迫るのです。

各異世界の人々が持つ様々な「概念」、様々な戦闘スタイル、様々な事情、様々な信念。
新たな異世界と対峙するたびに物語の雰囲気が変わり、章ごとに新鮮な楽しさを感じるシリーズでした。
生身の肉弾戦、巨大ロボット、戦闘機による高速空中戦・・・・・・バトルパートだけでも多種多様な趣向が用意されていて、途中で飽きる暇もなかった。ずーーっと楽しくて夢中になって読みました。

4組の男女を中心に置く、群像劇的なストーリーも最高。
カプ厨に大変美味しい構造なんですよね。みんな魅力的だから全てのカップルが推せる。
変態彼氏とツッコミ彼女とか、変態彼氏と暴力彼女とか、変態彼氏と天然彼女とか、変態天然彼女と巻き込まれ彼氏とか・・・・・・・・・・・・変態多くない?多かったなぁ。
でも決めるべきところでは鳥肌たつくらい格好良いのがずるいんだ・・・!

☆あらすじ☆
かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔

川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年9月刊。
電子書籍限定の川上稔先生のラブコメ短編集第2巻(1巻と同時発売)

1巻が最高すぎて短編1本読むごとに撃ち抜かれて召されていたのですが、なんとびっくり2巻の方が面白いという!!

短編1本1本が年間ベスト級に好きなのに、それが×10
やばいです。こんなのってないよ。どうしたらいいか分からない。
ここに収められた全ての恋が尊すぎて死ねる。全ての恋が美しくて可愛くて甘酸っぱくて素晴らしい。

まだ9月なのに2020年の新作ラブコメ私的ナンバーワンが決まったような気がします。
全人類、パワコメを読んでくれ・・・・・・頼む・・・・・・
だって私は3巻以降も続いてほしいのです。たくさん摂取したいんだ・・・!

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『幸せの基準』
「意地汚い豚です私……!」弁当を、つまらなく食うヤツがいるんだなあ、と、そう思った。そんな“ウマメシ”少女と“マズメシ”少年の弁当交換会。
・『星祭りの夜』
「女のプライド一本勝負です」彼は気付いていない。いやホント、困っちゃうくらい気付いてなくて困る。想い人に別の女性との恋愛相談をされてしまった家業が神社の私。得意の占いで彼の恋愛成就を手助けしようとするが……?
・『鍵の行き先』
「……うわあ生々しい……」本を読んでいる間は、他を気にしなくていい。自分のことも気にせず、心に鍵を掛ける。そんな少年“俺”は、入部した文芸部で、風変わりな先輩に出会うが、彼女もまた心に鍵を掛けていた。
・『自由の置き場』
「弟! 今、エロ本落ちてた!」自由ってあるじゃん。まあノーパン未満の自由ってのに、不意に気づいたんだ。元秀才女子と才覚男子の勉強攻略。
・書き下ろし短編『再会の夜』
「お前はモブの自覚あんの?」夜の町で会ったら告白しようと決めた。何の話だっけ。ああ、ゴリラ女子の私と、オスの人類のちょっと恥ずかしい昔話をしようか。
川上稔が贈る、最高にハッピーでキュンとくる珠玉のラブコメ短編集、第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔