「くろでこ」タグアーカイブ

小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる /藤井論理


小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる (ポルタ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
告白させるために「しもべ」にしたい魔女と、恋人になりたいから「しもべ」になりたくない少年。
ポンコツで鈍感な二人の高校生が、期限を1年に区切り、両片思いの攻防を繰り広げる青春ラブコメです。
嗜好がおじいちゃんっぽい園生くんも、魔法をかけようとして尽く失敗する小戸森さんも、どちらも相手のことが好きすぎて可愛い。思わずニコニコしてしまう。
超至近距離ですれ違い続ける焦れったさが最高でした。とても好き。面白かったです。

☆あらすじ☆
草食系を通り越して老成した趣きのある高校生・園生くんは、ふとした偶然から、非の打ちどころのない美少女で学校一の人気者・小戸森さんが魔女だと知る。おまけに小戸森さんに「魔法でしもべにする」と宣言されてしまい、眉唾な魔法をいろいろ使われる羽目に。しかし、“しもべ”なんかではなく、小戸森さんの“恋人”になりたい園生くんとしては、なんとか小戸森さんの魔法に抗いたい。とはいえ、園生くんの前ではなぜか素が出てしまう小戸森さんは、今ひとつ魔女として本領発揮ができないようで!?
超ド級の鈍感男子と超絶奥手魔女による、じれじれ“両片想い”ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる /藤井論理

悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい2 /はいあか


悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい(2) (女性向けMノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年7月刊。
悪役のレッテルを貼られ追放された伯爵令嬢と、「沼地のヒキガエル」と呼ばれるほど太った公爵。
公爵のダイエットを目論みつつ、自分への偏見に立ち向かう主人公の奮闘を描いた物語の第二弾です。

1巻ではカミラの不器用な真っ直ぐさを気に入ったのだけど、この2巻で更に彼女のことが好きになりました。
ああ、これは「失恋」から始まった物語なんだよなって。それを、改めて強く意識する第2巻でした。

☆あらすじ☆
第二王子の婚約者戦争で敗北し、国民から嫌われた悪役令嬢のカミラは、罰として『沼地のヒキガエル』と称されるアロイス公爵に嫁ぐことになった。この結婚を心底嫌がっていたカミラだったが、アロイスと一緒に過ごすうちに心を許し始める。アロイスもまた、不器用だけれど感情豊かなカミラに惹かれていき……
「正式に、私と婚約していただけませんか」
カミラのために半分まで体重を落としたアロイスに言われたのは、まさかのプロポーズ!さらに色男の料理人クラウスの猛アピールで、三角関係に発展してしまう――!?
小説家になろう発!大人気悪役令嬢ストーリー、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい2 /はいあか

悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい /はいあか


悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい (Mノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
王子を巡る恋の争いに破れ、「悪役」のレッテルを貼られた伯爵令嬢。
嫁入りという形で辺境に追放された彼女を待っていたのは、肥え太った公爵と自分を蔑む領地の人々だった。
しかし気の強い主人公は「負けるもんか!」と声高に吠え、バカにした奴ら全員見返してやろうと公爵のダイエットを目論むのです。

別に性格が良いわけではないけれど、こき下ろされるほどの悪人でもない。
偉そうだし癇癪持ちでだけど、裏表のない真っ直ぐさは嫌いになれない。
そんな主人公の人物像が好きです。曲者な公爵との関係の変化もよかった。

間もなく2巻が発売されるので、続きがとても楽しみです。
ちなみに本作は転生ものではありません。

☆あらすじ☆
第二王子の婚約者戦争に挑んだ、気が強くまっすぐな性格の伯爵令嬢カミラ。しかし王子は別の令嬢を選び恋に破れたあげく、婚約者の手によって悪役に仕立て上げられた。国外追放は免れたカミラだが、その罰として醜く愚鈍で『沼地のヒキガエル』と噂される辺境の領主・アロイスと結婚させられる羽目になり――!?
小説家になろう発!不器用で感情豊かな悪役ヒロインが奮闘する、大人気悪役令嬢ストーリー、書き下ろしたっぷりで待望の書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢は旦那様を痩せさせたい /はいあか