「くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ」タグアーカイブ

くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子

【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)
【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
コバルト文庫の電子オリジナル作品。
客人と魂を繋ぎ、危険な神域へ侵入する彼らの命綱となる魂緒姫。
なかでも最上の魂緒姫と言われるヒロインが客として迎えたのは、家臣すら恐れる狂気の武人。その男は最奥にある宝を求めていた。
共に他者からは「情がない」と蔑まれる二人の出会いは、やがて二人が抱える不遇の運命を変えていくことになるのです。
設定もストーリーも余すところなく描かれていて、1冊で綺麗にまとめた作品だと思います。良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
情を持たない魂緒姫と、人の心を持たない鬼将軍。二人が出会ったとき、その絆は愛に変わる。
瘴気に満ちた「神座の森」には、人に益を与える「神世草」が生えている。それを求める貴人たちのため、彼らと「魂緒の糸」を繋ぎその身を守るのが、魂緒姫と言われる娘たちだ。
中でも「最上の魂緒姫」と称賛される紅。常に心を鎮め強固な糸を紡ぐ彼女は、一方でその情のなさを人々に罵られてもいた。
ある日、紅は新たな貴人の相手を命じられる。その人とは「母殺しの鬼将軍」と、誰もが恐れる武人・五条隆光。
常に不機嫌で、気に入らないことがあるとすぐに刀を抜く隆光を、家臣たちはひそかに恨んでいた。
だが紅だけは、隆光の暴挙の裏に秘められた孤独に気づいてしまった。
二人が心を通わせるとき、運命が大きく動き出す……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子