「きみがその群青、蹴散らすならば」タグアーカイブ

きみがその群青、蹴散らすならば わたしたちにはツノがある /山本瑤

きみがその群青、蹴散らすならば: わたしたちにはツノがある (集英社オレンジ文庫)
きみがその群青、蹴散らすならば: わたしたちにはツノがある (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2018年11月刊。
とても面白かった・・・!
相反した感情にさいなまれる少年少女の感情を、鏡写しの「鬼」を通して繊細に描きだす青春ファンタジーです。
自分に対する潔癖なまでの罪悪感。それが生み出す「鬼」という悪夢。
閉じられた世界で苦しみ、暗い憎悪と自己嫌悪を濁らせる彼と彼女たち。しかし同時に、彼らはとても純粋で綺麗な存在に思えるのです。
だからこそ胸が痛くなるし、彼らの行く末から目がそらせなくて・・・・・・。
こういう青春ファンタジーほんと好きです。山本瑤さんが描く孤独で繊細で優しいキャラクター、本当に良いなぁ。

☆あらすじ☆
「私たちは十五歳で、一緒に死ぬ約束をした……」
「キスをしても、抱きしめあっても、わたしたちはやっぱりバケモノだった…!」
容姿端麗、成績優秀、ピアノも上手…と、どこをとっても非の打ちどころのない月島桜子。そして誰もが振り向く美少年でサッカー部、成績も学年上位の周防紫生。いわゆる普通の女子で、クラスの女子の一軍グループから外されまいと必死の土田知香。野球部出身でクラスのムードメーカー的存在の門倉翔平。
この4人には秘密があった。それは鏡に写った自分にツノが生えはじめていること…。4人は誰にも言えず、それぞれひた隠しにしていたが、ある日転校してきた水瀬和葉に見破られる。そして4人は和葉に呼ばれ体育館建設予定地に集められて…!?
傷ついた15歳たちの、戦いが始まる!青春幻怪鬼譚!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む きみがその群青、蹴散らすならば わたしたちにはツノがある /山本瑤