「かやはら」タグアーカイブ

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!/飛田雲之

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位! (ガガガ文庫)
《このラブコメがすごい!!》堂々の三位! (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
ライトノベル系まとめサイトを運営する男子高校生と、炎上騒動に巻き込まれたネット小説家の女子高生の物語。
マーケティングの話がメインの業界モノという感じの作品でした。
最初はクリエイター系の青春小説だと思っていたのだけど、創作にかける熱い想いとかは重視されないんですよね。
むしろ「何が売れるのか」「どういうものが受けるのか」という話が延々と語られていくんです。
個人的に引っかかる部分もあるけれど、フィクションと割り切って読めば面白い話でした。
面白さ不要論はラノベ好きとしてとても寂しい気持ちになるけどね!(泣)

☆あらすじ☆
「面白い=売れる」なんて幻想だ――。
大手ライトノベル系まとめサイト「ラノベのラ猫」の管理人をしている高校生、姫宮新。
彼はとある記事作りをきっかけに、最近行われたネット小説賞《このラブコメがすごい!!》で三位に輝いた小説の作者が意中の少女、クラスメートの京月陽文であると知ってしまう。彼女の投稿作品は厳密な意味でのラブコメではなかったが、ネット民の悪ふざけで炎上気味に盛り上がり、三位に押し上げられてしまったのだった。そして、その悪ふざけを煽った張本人は「ラ猫」管理人の新。だが、それを知った陽文は怒るワケでもなく、こう言った。
「わたしにラブコメの書き方を教えてほしいの」
新は陽文にドギマギしながらも、自分の考える「売れるライトノベル」の条件を示し、陽文が次の《このラブ》に向けて小説を書くのを手伝うことになる。陽文が書いて、新がまとめサイトで宣伝する。そうすれば、話題作になること間違いなし、と。ついでに陽文との距離も縮まれば言うこと無し。だが、青春&恋愛偏差値ゼロの新は、陽文と距離が近づくほどに自分は陽文にはふさわしくないと思うようになってしまい……?
まとめサイト管理人と作家志望の少女が紡ぐ青春サクセスラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!/飛田雲之