「お仕事もの」タグアーカイブ

千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト /山本風碧


千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年9月刊。
面白かった!
疲れ果てた社会人と謎の美青年と謎のしゃべる猫。
主人公の祖母の店で出会った三者がカフェ経営に乗り出す物語です。
夏目漱石をテーマにした喫茶店ものですが、これはもう表紙にドアップで映る猫のキャラクター勝ちでしょう。
この黒猫が素晴らしく可愛かったです。
ごはんは美味しそうだし、恋愛要素もジレ甘で良し。ところで薄幸美青年はお好きですか?こちらの彼はとても美味しいですよ!
ストーリー的にも緩急ほどよく楽しい1冊でした。

☆あらすじ☆
猫に転生した文豪・漱石がカフェ指南!? ほっこり美味しい人情物語!
社畜生活に疲れ果て、会社を休職中の亜紀。そんな彼女の元に祖母が倒れたとの一報が入る。急ぎ見舞うと、祖母から「店を守ってくれ」と頼まれてしまう。ひとまず千駄木にある店の様子を見に行くことに。すると店の前に見知らぬ美男子が行き倒れていた! その上「何も食べていにゃいから食事を二人分作ってくれ」とお願いされ……いや、お願いしてきたのは、男の側から現れた、立派な口髭を蓄えた黒猫で!?
文豪が愛したごはんを通し、悩みを抱えた人々の心を癒やしていく、ほっこりおいしい人情物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト /山本風碧

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録3 終末少女たち、または恋愛心中論 /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(3)終末少女たち、または恋愛心中論 (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年10月刊。
アンティーク椅子工房のオーナーとバイト女子高生が遭遇する謎と恐怖を描くオカルトミステリー第3弾。
相変わらず怖いです。怖いんですよ・・・!もう!!!泣
心霊現象の渦中にあって、椅子談義で現実逃避するヴィク杏コンビが可愛いのも平常運転。
今回も緩急と飴鞭の使い方が最高にキマっていました。

ところで3巻サブタイ、語感の妖しさがとても良いですね・・・(うっとり)

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は、バイト先の椅子工房「TSUKURA」のオーナーであるヴィクトールとはるばる北海道白糠町を訪れた。望月晶の願いどおり彼を見つけた後、二人は当地のホテル三日月館に宿泊。例のアレも出るそのホテルで、杏はゴスロリ衣装に身を包む二人の少女と出会う。心中願望を抱く少女たちに、杏は『毒薬』ーー小瓶入りのピンクの粉末を預けられるが……? ついに杏がヴィクトールへの恋を自覚したり(他の工房に)浮気したり、ふんわりオカルティック・ラブ第三幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録3 終末少女たち、または恋愛心中論 /糸森環

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 3 /のの原兎太


生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 03【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
うわああ・・・・・・えー・・・・・・?
そうくるかぁ。。。

☆あらすじ☆
「私は戦えないからーーだから、ポーションを作るよ」
『迷宮討伐軍』の迷宮攻略は、ポーションによって劇的に前進した。
『迷宮都市』に広められた知識は、街の薬師の在り方を変えていった。
錬金術師・マリエラの存在が街に影響を与え始めた頃、彼女を取り巻く人々の想いにも、少しずつ変化が訪れていた。
Aランク冒険者を目指し、さらなる力を求め始めるジークムント。
マリエラに対する愛情に気付き、決意を新たにするリンクス。
そんな二人の気持ちをよそに、うっかり食べ過ぎてしまうマリエラ。
ーー陽だまりでまどろむような日々。それが、いつまでも続くはずだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 3 /のの原兎太

【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙


暗黒騎士斉藤くんの業務レポート(カクヨム)

『夜猫ジュブナイル』に続いて、こちらもオススメされたので読みました!面白かった!!

心に負荷がかかった結果として発症するストレス性変異脳症。
その『病者(ペイシェント)』となった人は、通常ではありえない異能を持ってしまう。

辛い現実のなかで心を潰され、現代社会で生きるには厄介な異能を抱えた「病者」たち。
彼らをサポートし、時にトラブルに対応するのもまた「病者」であり、本作はそんな「病者」たちが集う「トカノ特殊業務社」の日常を描いていきます。

もうね、優しいんですよ、このお話・・・!

自身も弱さを抱えた人たちが、他人の弱さに寄り添う。
自分も苦しんでいるから、相手の苦しみが理解できる。
理解できるから、助けてあげたいと必死で手をのばす。

その姿はヒーローのように強く優しくて、その背景にある傷に切なくなって、ただただ胸がいっぱいになりました。

「暗黒騎士」の青年と、彼の「侍女」になった少女の関係性もすごく良かった。
長年連れ添った主従のような距離感で、ゼロから絆を育てていくふたり。
現実と空想を頻繁にスイッチする描写がとても可愛らしくてキュンとしたし、やっぱり切なくなって無性に泣きたくなりました。

いや〜〜〜、本当によかった。すこしふしぎ青春小説が好きな人は絶対に読むべきです。
課金したいから書籍化してほしい。『夜猫ジュブナイル』もね!

☆あらすじ☆
家出をして地方都市・瑞野を訪れた少女は、突然の危機を自称・暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードと名乗る青年に救われる。彼女は成り行きでリーゼロッテと名付けられ、どう見ても普通の日本人なその青年の職場である零細便利屋・トカノ特殊業務社で働くことに。少しおかしな従業員たちと送る、日常九割、戦闘一割の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太


生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻 2017年9月刊、2巻 2017年12月刊。

200年後の世界で目覚めた錬金術師が、錬金術師が存在しない街で「薬屋」として静かに暮らしていく物語。
回復アイテムを必要とする迷宮攻略、回復アイテムが貴重な環境、そして回復アイテムを量産できる主人公。
3つの要素が様々な形で絡みつつ、のんびりとした日常が描かれていく物語です。

細部の設定に凄まじいこだわりを感じる作品でした。
本筋はスローペースだけど設定資料集とかファンタジー事典を読んでるようなワクワク感があります(ただ設定を語りすぎに感じる部分もある)
あとダンジョンの描写がとても良い。アイテム屋を中心に描かれるダンジョン攻略パートすごく楽しいです。

のほほんとした主人公と、彼女を護衛する奴隷の青年の関係性も好き。
信仰みたいな恋情と命がけの打算による執着心という、なんとも言えない生々しさよ・・・・・・

全6巻で完結済みのシリーズで残りも買ってあります。続きを読むのが楽しみです。

☆あらすじ☆
200年後の世界で、自分らしく生きていく。
エンダルジア王国は『魔の森』のスタンピードによって滅亡した。
錬金術師の少女・マリエラは『仮死の魔法陣』の力で難を逃れたものの、
ちょっとした「うっかり」で眠り続けてしまい、目覚めたのは200年後。
――そこは錬金術師が死に絶え、ポーションが高級品と化した別世界だった。
都市で唯一の錬金術師になってしまった少女・マリエラの願い。
それは、のんびり楽しく、街で静かに暮らすこと。
ほのぼのスローライフ・ファンタジー、ここに開幕!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太

こちら黒宮警備、オカルト対策班 /八巻にのは


こちら黒宮警備、オカルト対策班 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
オカルト専門の警備員が様々な幽霊案件に挑むお仕事もの。
お金に困っている女子大生が、高待遇な仕事内容に釣られ、無愛想な上司とともに幽霊を浄化していく物語です。
おばけに悲鳴をあげつつも、バイトで培った多種多様なスキルを発揮する主人公の活躍ぶりが良かった。
あと、ホラー×ラブコメ×お仕事FTということで、前作の『こちらは、国内ワケアリ旅行代理店です。』が好きだったので新作も読んだのだけど、前作読者へのファンサービスもありました。嬉しい。
・・・・・・前作はもう続きが出ないのでしょうか?
それなら絶対にこちらの新作はシリーズ化してほしい!!

☆あらすじ☆
【御曹司だけど無感情な上司とともに、あなたを悪霊から守ります!?】
有望な柔道選手だったが、不幸が重なり引退した凛子(りんこ)。堅実な道が一番だ!と、就活とバイトの日々を送っていた。おかげで色々な職業知識は豊かになったけれど、やっぱり優良企業に就職したい!!
そんなとき無表情な御曹司・七々瀬(ななせ)と出会い、警備会社にスカウトされる。幸運と思いきや、配属先は悪霊対策をこなす班だった!
凛子は怯えながらも、持ち前の機転と柔道技で悪霊の成仏に一役買う。さらに、七々瀬が感情を失ってさえ悪霊浄化に打ち込む事情を知り――。過去の自分に重なる彼のため、凛子は現場で奮闘する。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む こちら黒宮警備、オカルト対策班 /八巻にのは

宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ


宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
『わたしの幸せな結婚』の顎木あくみさんの新作中華後宮ファンタジー。

後宮で起こる怪異現象を解決するため、平民のまじない師の少女が「偽りの妃」として悪戦苦闘する物語です。
劣等感を抱えた主人公と、自信満々な皇帝陛下の掛け合いが良かった。
正反対に見えて通じ合う部分を持つカップルは好きです。

この大変な時期に発売されたにも関わらず、速攻で重版を決めたようだし、これはシリーズ化するんじゃないか?
身分差のある二人の関係の行方が気になるので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
白髪と赤い瞳の外見から鬼子と蔑まれてきた、まじない師・珠華。 皇帝陛下からの依頼を受け、偽りの妃として後宮へ――。 彼自身にかけられた呪いと、宮廷で起きた怪異事件の謎を解くために、愛憎渦巻く闇へと足を踏み入れる……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ

薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに


薬師の受難は、だいたい自分のせい (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
うっかり惚れ薬を作った薬師と、うっかり惚れ薬を飲んだ騎士が織りなすお仕事ラブコメ。
悪くはないと思いつつ、私とは微妙に波長が合わない部分もある作品でした。特に前半。
何かがダメと言うより、ひとつひとつの要素が私の好みと少しずつズレていく感じかなぁ。
でも後半は面白かったです。お仕事もラブコメも後半に入ってからは楽しく読めました(惚れ薬ラブコメなのは前半だけども)

☆あらすじ☆
ある日、騎士団一の堅物なスタッグ隊長の甘い言葉を聞いた薬師のアルカは、途方に暮れることに。それは自分がうっかり作ってしまった惚れ薬を、彼が誤って飲んだせいだと分かったからだ。しかも、惚れ薬には解毒剤がないばかりか、とんでもない効果があり――。隊長が私に甘く囁いたり、私のそばから離れられなくなったのは、私のせいです。でも、そのせいで四六時中一緒に過ごすことになるなんて!?
うかつな薬師と、不器用で恋に鈍感な堅物隊長のお仕事ラブファンタジーが、書き下ろし中編を収録して書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
椅子を愛して人類を憎む変人オーナーと、霊感持ちバイト女子高生。
そんな二人が、椅子にまつわる幽霊騒動に巻き込まれるホラー・ミステリー第2弾。
相変わらず怖かった・・・!ぶるぶる震えるような怖さじゃなくて、ぞわっと瞬間的に鳥肌が立つ感じ!
でも面白いです。1巻に続き、椅子薀蓄と謎解きに読み応えがある作品です。
そしてヴィクトールと杏の関係が本当に楽しい。
糸森環印のヒーロー、「気にするのそこ!?」っていうズレたヤキモチが可愛すぎてときめくんですよね。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……?
バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環

茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ


茉莉花官吏伝 八 三司の奴は詩をうたう (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
表紙の茉莉花の衣装が可愛すぎる・・・!
火種を抱えた異国を舞台にして、新章がスタート。
これまで様々な経験を積んできた茉莉花が、天性の記憶力と観察眼を駆使して次なるステージへ進むようです。
その様は控えめにいって怪物。そこにとてもゾクゾクしました。
本当に楽しいシリーズだ!

☆あらすじ☆
あるときは間諜、あるときは学者、あるときは愛人(候補)!? 茉莉花の立身出世物語(シンデレラストーリー)叉羅国編スタート!
叉羅(サーラ)国の高貴な客人ラーナシュに、王の証(コ・イ・ヌール)というとんでもないものを押し付けられた茉莉花は、視察と称して叉羅国に返してくるよう珀陽に頼まれる。
ところがその道中ラーナシュが命を狙われ、辛くも逃げ出した茉莉花は、あろうことかラーナシュと敵対中の家の当主シヴァンに助けを求めてしまう。
しかし、連れて行かれた邸でなぜかもてなされて——!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ