「おにロリ」タグアーカイブ

十三歳の誕生日、皇后になりました。6 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。6 (ビーズログ文庫) 【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
皇位簒奪から始まる、国の立て直しを目指す皇帝夫妻の物語第6弾。
今回も安定して面白かったです。莉杏は本当に魅力に溢れたヒロインだと思う。愛されている余裕たっぷりだった暁月が段々と不穏な未来を予測しているのが楽しいです。早くそうなりますよーに!笑

☆あらすじ☆
「だってわたくし、稀代で傾国の悪女ですもの!」 夫婦の絆が深まる第六弾
冬――赤奏国のかつての皇帝や妃たちがそうしたように、莉杏と暁月も温泉がある『睡蓮宮』へ行幸することに! 
ところがその前に暁月は側近を集め、この冬の間に解決しろと各々に問題を渡す。
そして莉杏には、皇后として『相談される』仕事をしろと告げるのだった。
その意味を考えるなか、先の皇帝時代にとんでもない約束をしていたことがわかり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。6 /石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。5 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。5 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年7月刊。
暁月の嫁自慢が止まりません。
それだけ莉杏の皇后としての成長が著しい。
夫婦二人で国を統治する姿は、まさに比翼連理。
終盤の奮闘は二人の絆を強く感じさせました。まぁこれは自慢しちゃうよね!!

☆あらすじ☆
――見ろよ!これがおれの皇后だ! 夜毎に夫婦の絆が深まる恋愛物語第5弾
後宮のお手紙箱に、新たな『謎』が投函された。
真相を探るべく河川の街を訪れた莉杏は、異国の青年が“生贄”にされかけていたところを助ける。
実はその青年は、叉羅国のヴァルマ家当主ラーナシュだった!
莉杏はラーナシュと交流を図りながら、生贄騒動の真実、そして自ら見つけた新しい問題『民が安心を得るための方法』に暁月と共に向き合うが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。5 /石田リンネ

鬼恋語リ /永瀬さらさ


鬼恋語リ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
鬼と人が争う世界で、和平のために鬼の頭領へ嫁ぐことになった幼い少女。
兄の首を落とした男の妻となった主人公は、兄の死を巡る陰謀を探っていくことになります。

なかなかにサスペンス要素の強い和風ファンタジーでした。
全体的にダークな雰囲気なのだけど、主人公の夫である鬼の天然具合が可愛くてシリアス中にもふふっと笑えることが多々ありました。
キャラがとにかく魅力的な作品だと思います。
おにロリならぬ鬼ロリ・・・とかくだらぬことも考えてしまった。

心に棘を残すような終わり方も良かったと思います。
ただ、もう少し掘り下げてほしかった部分や、世界観・設定が掴みにくいところがあったので、続刊があればそのへんにフォローがあれば嬉しいかも。
期待します。

☆あらすじ☆
泥沼化した鬼と人間の争いに終止符を打つため、戦の最前線を担った椿ノ郷の郷長の妹・冬霞は、兄を討った鬼の頭領・緋天へ嫁ぐことに。兄は以前、「自分の首を取る者がいたら、それは親友だ」と語っていた。その死になにか秘密があると感じた冬霞は、自分がしあわせになるためにも真相を探るべく奔走する。少しずつ真相へ近づく中、冬霞は緋天の心にふれ――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼恋語リ /永瀬さらさ

やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ


やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
とっても面白かった!

婚約者に殺される瞬間、なぜか6年前に戻っていた主人公。
身体は10歳の幼女。中身は強大な魔力を操る「軍神令嬢」。
そんなギャップありすぎる存在となった彼女は、本来あるべき未来を物理で捻じ曲げ、人生のやり直しを目指すのです。

その鍵を握るのは、勢いで夫婦になった敵国の皇帝。
乙女ムーブが可愛い皇帝と、匂い立つ幼女趣味疑惑に戦慄する主人公。
この二人の攻防が楽しすぎました。なんて癖が強いラブコメ!

自分は恋に落ちたくないが、相手は落とす!という強い覚悟と甘い罠。愛は戦争。女は度胸。
それぞれの思惑が交錯する中で、果たしてジルは未来をやり直すことができるのか。

武闘派ヒロインならではの格好良いアクションも大満足でした。これは続きも期待できそう!

☆あらすじ☆
人生2周目は、10歳の竜妃サマ!? しかも敵だった陛下に求婚してました
婚約者の王太子から処刑を言い渡された令嬢・ジル。だけど死ぬ間際に、6年前婚約が決まったパーティーに時間が戻る。
破滅ルートを避けるべく、とっさに後ろにいた人に求婚すると最大の敵だった皇帝・ハディス!? 彼が闇落ちする未来を知っている……慌てて撤回するも、喜んだハディスはジルを城へ連れ帰り、ごはんを作る始末。胃袋をつかまれたジルは決めた。
「あなたを必ず更生――いえ、しあわせにします」 いざ、人生やり直し!
累計550万PV突破! WEBの超・話題作!
強すぎた少女×孤独だった陛下の、年の差ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ

ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 /師走トオル


ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
2年後の魔王再臨を前に、団結を目指して奔走する戦記ファンタジー第4弾。
今回はずっと人類最強切り込み隊長のターン。ほんとめちゃめちゃ良いキャラしてますね、このお兄さん。

☆あらすじ☆
女神の巫女は国の救い手となり得るか——
コルネリウスに届いた縁談のため、内乱中のヴィエレヒト司教領を訪れたカレルたちは、婚約者である少女ヘンリエッテと出会う。わずか十一歳ながら大司教になりたいという彼女は驚くべき秘密を抱えていて……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 /師走トオル

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。9 /CHIROLU


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 9 (HJ NOVELS)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
「大人の事情」で出ることになった短編集。
これで最後かー。なにやら寂しくなりますね。
内容は前日譚と後日談。ある夫婦の馴れ初め話がお気に入りです。

☆あらすじ☆
幸せに包まれた結婚式の後、新婚旅行に出かけたデイルとラティナ。海辺ではしゃいだり温泉に入ったり、ケニス推薦のレストランで食事を楽しんだりと非常に充実した旅行を満喫する中、普段わがままを言わないラティナが思わずデイルにお願いしてしまう、とある事件が発生し――!?
他にも、15歳のデイルがケニスと冒険者パーティーを組んでいた時の話や、ちいさなラティナが牧場見学に出かける話など、ここでしか読めない珠玉のエピソードが盛りだくさん!
過去、現在、そして未来へと紡がれていく『うちの娘。』シリーズ第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。9 /CHIROLU