「えいひ」タグアーカイブ

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん Disc2 /恵ノ島すず


ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん [Disc 2] (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
実況と解説でお送りする、ツンデレ悪役令嬢の(周りの人々による)破滅エンド回避物語。
全2巻で綺麗に完結しています。間延び感もないし、この作風なら丁度よい分量ではないでしょうか。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
破滅の元凶と直接対決! ゲーム実況が導くエンディングの行方は……!?
現実世界のゲーム実況が神々の声として聞こえるようになったジーク。神託を通じ婚約者リーゼロッテが【ツンデレ】だと知った彼は、その可愛さに悶え、誓った。
——彼女の命を奪う元凶【古の魔女】を許さない。
しかしその討伐のため、神託に従い国の最高戦力を集めたはいいが、婚約者本人まで戦う気満々なのはなぜなんだ……?
遂にバッドエンドの黒幕と直接対決! ゲーム実況が導く先に不遇な悪役令嬢のハッピーエンドは訪れるのか……!?
大人気WEB小説が、大幅改稿&新規シーン追加でついに完結!! このエンディングを見逃すな!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん Disc2 /恵ノ島すず

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん /恵ノ島すず


ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年4月刊。
楽しかったー!
「神の声」という名目の実況と解説を手がかりに、ツンデレな婚約者の可愛さに目覚めていく王子。
乙女ゲームの中のキャラクターに声が届いたことに驚きながらも、ハッピーエンドを目指して実況と解説に励む2人の高校生。
乙女ゲームの世界と現代日本の世界が不思議な形で繋がったことから始まる、最高に可愛いツンデレ悪役令嬢を愛で倒すラブコメディです。
悪役令嬢本人ではなく「婚約者の王子」の方に解説が届く、という設定が絶妙でした。
こんなの一緒になってニヤニヤしちゃうに決まってるじゃん〜〜!

☆あらすじ☆
隠したい本心がゲーム実況のせいでダダ洩れ!? 今最もカワイイ悪役令嬢!
王太子であるジークは突然聞こえた神の声に困惑した。
神曰くジークの婚約者・リーゼロッテは【ツンデレ】で、【破滅】を迎える【シナリオ】らしい……?
彼女のキツめの言動は、全て照れ隠し!? 神が解説する彼女の本心が可愛くて一人悶えるジークは、知る由もなかった。
実は神の正体が、ゲーム実況をするただの高校生だと……。
神託(※ゲーム実況です)を頼りに婚約者を救え! 隠したい本音がダダ洩れな悪役令嬢、バッドエンド回避なるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん /恵ノ島すず

勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん


勇者の君ともう一度ここから。 (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
一度は諦め、逃げ出してしまった、最愛の少女との未来。
後悔の涙に濡れる日々は突然終わりを迎え、主人公はやり直しのチャンスを得ることになります。
これは勇者が世界を救った、「その後」のお話。
そして、救われなかった勇者を救うために立ち上がった男の物語です。
甘くてほろ苦くて美しい純愛ファンタジーでした。もうねぇ、こういうの大好き!

☆あらすじ☆
勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。
一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。──たかが腕を切り落とされた程度で。
そんなジャンの下へ現れた王都からの使者が告げる。
「勇者はまだ生きている。世界と彼女を救いたければ私たちと共に来てほしい」
「……どうして俺なんだ?」
「キミに伝えたいことがあるようだった。もし会わないというのならば、聞くべきではない。恐らく、その言葉を永遠に背負うことになるだろうから」
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。
今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。
狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。
未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて。
──勇者の君ともう一度ここから。
今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん