「あやかし」タグアーカイブ

浅草鬼嫁日記8 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
こ、これは・・・・・・凜音人気爆上げ回なのでは??
茨姫と凜音の関係性を紐解く第8巻。今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
千年の忠誠と思慕を胸に秘め、吸血の鬼と「最強の鬼嫁」は競い合う!
茨木真紀は、かつてあやかしの国を治めた鬼姫“茨木童子”の生まれ変わり。前世の夫“酒呑童子”だった天酒馨らとともに暮らす浅草で、毎年恒例のお祭り行事を心待ちにしていた。
しかしその喧騒の裏で、吸血鬼による事件が見え隠れしはじめる。前世の眷属で吸血の鬼である凛音を心配する真紀だが、その凛音に真紀自身が攫われてしまった。
浅草に帰るため、在りし日の仲間と刃を交える真紀。それはやがて、茨木童子と凛音が出会った千年前の勝負の日々を、二人に思い起こさせて——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記8 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 /友麻碧

モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子


モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚― (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年2月刊。
これはやばい。やばい小説が出てきたぞ・・・!

怪奇現象を引き起こす妖怪画を探しだし、その憑き物落としを行う男女を描いた現代ファンタジー。
妖怪退治系のお話としても面白いのですが、本作で何よりも推したいのは「主人公二人の関係性」です。

過保護な兄と世話のやける妹のような「幼なじみ」の二人。
一見すると優しくて穏やかな雰囲気なのに、その奥底には荒れ狂うような執着と情念が秘められているのです。

誰よりも近くて、もどかしいほど遠い。そして遠いからこそ執着する。
届きそうで届かないものにこそ、人は必死に手を伸ばすのかもしれません。なりふり構わず、本音を隠して。

二人の関係に隠された業の深さを知れば、その運命的なしがらみに、読者はときめきが止まらなくなることでしょう。
はぁ、もう、どうしましょうか。私の胸の動悸がやばい。

あまりにも性癖に刺さる作品でした。
求める女と、つれない男。焦がれる男と、気づかぬ女。
そういうのお好きな人、ぜひ読みましょう。

☆あらすじ☆
江戸末期の絵師・月舟が描いた妖怪画には、本物が封じ込められているという。そして現代。月舟の子孫・詩子は、美大に通う学生だが、もうひとつの顔があった。散逸した月舟の妖怪画を探し、憑きものを落とす家業を継いでいたのだ。幼馴染みの青年・七森が持ち込んだ情報によると、月舟の絵を所有する画廊のオーナーが足を火で炙られるような痛みを訴えているらしく?
【目次】一 猫又/二 ろくろ首/三 面霊気/四 鬼女/結 無題

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子

大正浪漫 横濱魔女学校1 シトロン坂を登ったら /白鷺あおい


シトロン坂を登ったら (大正浪漫 横濱魔女学校1) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
『ぬばたまおろち、しらたまおろち』の白鷺あおいさんによる、新たなる魔女学校三部作がスタート!
とても楽しみに待っていました。そして今作も面白かった!

時は大正。舞台は横浜。そして今度の主役は魔女学校に通う3人娘。
レトロでモダンでとびきり可愛い大正女学生の魅力が詰まっていました。こういう雰囲気大好き!
物語は意外な方向にすっ飛んでいくのだけど、そこもまた味があって良し。
続きもとても楽しみです。

ちなみに前作と世界観は一緒だけど(時代は違う)、前作を読んでなくても問題なさそうですよ。

☆あらすじ☆
わたしは花見堂小春、横濱女子仏語塾の3年生。うちの学校はちょっと変わっていて、実は魔女学校なの。創立者のマダム・デルジュモンが魔女で、おかげでわたしたち女学生はマダムの母国語フランス語だけでなく、薬草学や占い、ダンス(箒で空を飛ぶことを、そう呼ぶ)も学んでいる。本当はもうひとつ大きな秘密があるんだけど、それはおいおい話すとして。そんなわたしのもとに、新聞記者の甥っ子が奇妙な噂話を持ち込んできた。横濱に巨大な化け猫が出没しているんですって。しかも学校の近くに……。大正時代を舞台にした魔女学校3部作開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 大正浪漫 横濱魔女学校1 シトロン坂を登ったら /白鷺あおい

絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず


絶対城先輩の妖怪学講座 十二 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
古今東西の妖怪の正体を、独自の視点から新たに描き出す妖怪学シリーズ第12弾。
まるでシリーズの軌跡を振り返るような展開で、最終巻にふさわしい内容だと思います。
派手に盛り上がっていた前巻ではなく、身近な存在である「猫」をテーマにした話がラストだったのは、『妖怪』という存在に向き合ってきた本作らしいなと思ったりして。

☆あらすじ☆
傍若無人な黒衣の妖怪博士・絶対城の活躍を描く伝奇譚、第12弾!
『真怪秘録』をまとめる中で、妖怪学の限界を感じたという絶対城。熱意を失った彼は、文学部の非常勤講師として妖怪学を教えてくれないか、という織口からの誘いも断ってしまう。
そんな中、礼音が何者かに狙われていることが発覚。大切な人を守るため、事件の調査に乗り出す絶対城だったが、一方で、その一件の解決をもって妖怪学徒を廃業するとも宣言し——。
猫また、猫ばば、五徳猫。事件の鍵を握るのは『猫』!?
絶対城阿頼耶、最後の事件!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず

京都府警あやかし課の事件簿3 清水寺と弁慶の亡霊 /天花寺さやか


京都府警あやかし課の事件簿 3 清水寺と弁慶の亡霊 (PHP文芸文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
現代の京都を舞台に、あやかし専門の警察チームが大活躍するお仕事ファンタジー第3弾。
今回は清水寺での集団戦を描くド派手なアクションが見どころでした。すごく楽しかった!
主人公の成長と恋の行方も楽しみな本作。まだまだ楽しませてくれそうです。

ちなみに、「アニメ化してほしいライトノベル・小説19下期」というアンケートで『薬屋のひとりごと』『86-エイティシックス-』に次ぐ第3位にランクインしたそうです。めでたい!
袴姿に刀を装備して京都の街を駆け抜ける『あやかし課』はアニメ映え間違いなし。本当に実現したらいいのになぁ。

公式PVもあるよ!

☆あらすじ☆
第七回京都本大賞受賞で話題のあやかし警察小説シリーズ、待望の第三弾!
伝説の太刀に封印されし「亡霊」が放たれた時、清水寺での激闘が幕を開ける――。
化け物や神仏に関する事件を専門に扱う警察組織「京都府警あやかし課」の隊員・古賀大のもとに、ある大男が現れた。その男の正体は、源義経に仕えたかの有名な豪傑「弁慶」。謎の僧兵集団に追われる弁慶の警護を請け負った大達だったが、その過程で『義経記』の裏に隠された衝撃の事実が明らかとなって……。大達は、強大な敵から弁慶を守り切れるのか?
今冬一番熱いお仕事現代ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 京都府警あやかし課の事件簿3 清水寺と弁慶の亡霊 /天花寺さやか

おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 /仲村つばき


おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
激重感情をぶつけてくる病的な男子が好きな人、読もう?

父の失踪によりあやかし専門運送会社を引き継ぐことになった女子大生が、父を探しつつ、アヤカシたちに届け物をしていくお仕事ファンタジー。
様々なおとぎ話がモチーフとなっていて、お仕事を通して自分を見つめ直す主人公の変化と成長を描くお話です。

そしてこれ主従モノなんですが、従者となる犬神くんがネガティブ方向に面倒くさい人(ぶっちゃけメンヘラ)だったので、そういうのお好きな人にはぴったりだと思います。私はお好きなので大変楽しかったです。

思わず変な勧め方してしまったけれど、あやかし系お仕事ものとしても面白かったよ!シリーズ化してほしいなぁ。

☆あらすじ☆
「今日から僕は、あなたの従者です」犬神が押しかけ従者になりまして。
父が失踪し、母は倒れ、どん底の年末を迎えた桃華。さらに父の経営する「よろずお届け処」は、あやかし相手の運送会社だった。残務処理を手伝う桃華はあやかしに襲われて、成り行きで犬神と契約することに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 /仲村つばき

レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの


レベル98少女の傾向と対策 (講談社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2014年10月刊。
謎多き魔法少女(!?)のオカルトな日常を描く現代伝奇第2弾。
1巻に続き、内容的にも視覚的にも圧倒される薀蓄の量でした。
たまに勢いで目を通してしまうときもあるけど(情報量に酔いそうで)、とても面白いです。わけわかんねぇ!って思うことも多々あるけど、それも含めて好き。
そして市子は俗世から超絶した最強の美少女だけど、あまりにもピュアすぎて愛さずにいられません。あと心配なんだよ、色々と・・・!

☆あらすじ☆
国を護るため生まれ、能力を磨いてきた出屋敷市子。しかし中学生になり、その役目を終えた彼女は、護法である妖怪たちと共に父親の元へ。魔法力は、衰えつつあっても並のものではない彼女に持ち込まれるのは、難題ばかり。世間知らずの市子は、友人たちに呆れられながらも事件を通し、少しずつ成長していく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの

陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍


陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年10月刊。
男装陰陽師と検非違使がバディを組んで怪異に挑む平安風ファンタジー。
暗い感情に澱む人の心に切り込んでいく二人の活躍を描いた物語です。
主役二人の心情描写が少し粗く感じたかな?
1冊できちんと終わっているけれど、いまひとつ楽しみ方が掴めない作品でした。

☆あらすじ☆
あやかしがはびこる都を守るのは、凄腕の男装の陰陽師——
幼い頃に呪いをかけられた鶴丸は、男と偽り、陰陽師となる。出向先の検非違使庁で、鶴丸は少将の孝行を相棒にあやかしの事件に挑むことに! 女に戻れば死。陰陽師として競り負けても死。平安風陰陽伝記、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍

ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの


ただし少女はレベル99 出屋敷市子シリーズ (講談社ノベルス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年2月刊。
『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫刊)が面白かったので他の作品も読んでみようということで、読んでみました「れべきゅー」シリーズ第1作。
不思議な能力と存在感を持つ女子中学生・出屋敷市子を中心に、彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いていく連作短編。
実在の人物・作品名が怒涛の如く垂れ流される天狗の早口オタトークに思わず笑い、サブカル薀蓄で殴られつつも異様に分かりやすい例え話に思わず身体が前のめり。夢中になって一気読みしました。
てかこの妙ちきりんな中毒性、まんま五位鷺の読み味じゃん!すごい!同じ作者だ!(当たり前の感動)
これは他のシリーズも追いたくなりますね。とりあえず「れべきゅー」を読破しよう。

☆あらすじ☆
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。だからカッパー、デビッド・カッパー・フィールド。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐ほかも登場するオカルティックファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの

浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
最強鬼夫婦の転生ファンタジー第7弾。
馨の里帰り回です。
真紀に馨にしてあげられること、してあげられないこと。その両方を通して「真紀は本当に良い嫁だな・・・」と感動してしまうお話でした。
馨には真紀しかいなくて、真紀にも馨しかいなくて。
でも、それじゃあ、あの人の想いはどこにいくのかな・・・・・・
今後の展開がちょっと怖くなってきました。楽しみです。

☆あらすじ☆
そこは御伽噺の隠れ里。「最強の鬼嫁」夫婦を、幾つもの想いが待ち受ける。
狩人たちとの騒動を退け、無事に新学期を迎えた少し後。馨の祖父の訃報を受けて、真紀は法事へついていくことになる。訪れた九州の実家で、二人は地域にまつわる伝承と、夜毎屋敷をさまよう不穏な存在に遭遇し……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧