「あくまで悪魔!」タグアーカイブ

あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる

『あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! 〜おまえに最初で最後の恋を教えてやる〜 (コバルト文庫)
あくまで悪魔! 〜おまえに最初で最後の恋を教えてやる〜 (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから
あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない | 晴れたら読書を

「贅沢な身の上」の劇中小説の書籍化シリーズでしたが3巻完結。
林檎の王子様と不幸娘の魔界ラブコメという一発ネタっぽい内容で3冊も続けられるのか最初は疑問だったのですが、予想以上に綺麗にまとめて終わったのでとても満足です。

☆あらすじ☆
魔王の邪気を吸い込み、“聖憐の乙女(仮)”の身の上になってしまったディオナ。ナハトへの想いも告げられずにいた。そんな折り、天界から大物天使「通称デュー」が年末監査にやって来た。ディオナの存在が問題となるが、デューは、刻印が復活してから一ヶ月の間に、魔界で最も不幸な悪魔を救うことが出来たなら、魔界に“聖憐の乙女”が存在する意義を認めるという条件を出してきて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる

あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない

『あくまで悪魔! おまえにこの腕から逃れる術はない』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! 〜おまえにこの腕から逃れる術はない〜 (コバルト文庫 わ 5-24)
あくまで悪魔! 〜おまえにこの腕から逃れる術はない〜 (コバルト文庫 わ 5-24)

前巻の感想はこちらから
あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う | 晴れたら読書を

悪魔の花嫁になってしまった善行貯め込み娘・ディオナの物語第2巻。
今回は里帰り編です。あと、たぶん上下巻?

☆あらすじ☆
魔王のとんでもない命令のために、トレンドが林檎作りとなった魔界。王子・ナハトに攫われ、花嫁となったディオナだが、今までの「不運」がドジとなって表れるようになってしまう。それを見て、ドジっ娘萌えが開花するナハト。一方、ディオナは「ナハトを人間に戻したいなら好きになるな」というザジルの言葉に戸惑っていて…!?驚くべき真実が明かされる、魔界ラブコメディ第2巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない

あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う

『あくまで悪魔! おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫
あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫

前作「贅沢な身の上」の主人公の愛読書がほんとに本になりました!という異色作。
贅沢は途中までは読んでたんですが・・・・・・。
それはともかく、本作の内容は嫁入り途中に悪魔の花嫁として攫われてしまった不運ヒロインが主人公のラブコメ。
来世のために善行積み立てをするって何なんだww
悪魔ヒーローの事情に少しシリアスが入っているものの、全体的には軽く笑って楽しめるお話でした。

☆あらすじ☆
「不運な家系」で有名な家に生まれたディオナ。今生での幸せは諦め、来世のための善行積立が趣味という風変わりな美少女である。17歳のある日、貧乏貴族のお決まりで借金の形に政略結婚することになるが、奇妙な三人組が現れ、見知らぬ世界に連れ去られてしまう!彼女を待っていたのは、眩しいほどに美しい青年ナハト。彼は自分を魔界の王子だと言い、ディオナを「花嫁にする」と宣言して…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う