「★☆☆☆☆」タグアーカイブ

かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き /鶏卵うどん


かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★☆☆☆☆
2019年11月刊。
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞受賞作。
ごめんなさい、途中でリタイアしました。
ストーリー自体は割と好きな感じだったのだけど、ギャグや文体の相性が合わず・・・・・・

☆あらすじ☆
片想い中の陸上美少女・大空真森を恋人にする為、嘘つき妖精デビと契約した誠斗は「嘘をついてUP(ウソポイント)を貯め、貯めたUPを消費して願いを叶える」というUPキャンペーンに参加する。だが、大空を恋人にするのに必要なUPはなんと100万! 大量のUPが必要な誠斗が目をつけたのは隣の席の小動物系女子・春霞陽だった。誠斗の嘘をなんでも信じる春霞に嘘をつき続ければ大量UPゲット間違いなしだけど、どうも彼女は誠斗を好きらしい。自分の恋を成就させるために自分を好きな女子に嘘をつくって、いくらラブコメでも倫理的にどうなの!? コンプラ的にも大丈夫!? はたして誠斗の青春の行方は?

以下、ネタバレありの感想です。
途中までしか読んでないので参考にしないでください(ただの記録です)

続きを読む かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き /鶏卵うどん

聖女と王様

『聖女と王様』(かなざわありこ著/ビーズログ文庫)★☆☆☆☆

聖女と王様 (ビーズログ文庫)
聖女と王様 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
「闇の皇太子」シリーズの金沢有倖さんが別名義(になるのか?)で出した勘違い系溺愛ラブコメ。
誤字脱字が本当に凄まじく、面白い面白くない以前の問題です。
私は小説の誤字脱字をあまり気にしないタイプの人間だと思っていたのですが、ちょっと認識を改めないといけないのかもしれません。脳内補完が追いつかないレベルってどういうこと。
文法もなんだかおかしくて、書いてある日本語の意味を理解するところから躓くという・・・・・・。
そうして読んだストーリーもあまり好みじゃありませんでした。残念。

☆あらすじ☆
絶対的王者が恋をすると──!? 強力タッグで贈る胸キュンラブ登場!
世界を統べる頂点──有能だが冷酷と評判の王帝の即位承認式のため、聖域から出てきた世間知らずの翡翠。ちょっと(シスコンの)国王の兄のところへ行こうとしたら、いつものように迷子になってしまった! 実は翡翠は王帝すらも跪かざるをえない【聖乙女】。周りが捕獲に走る中、翡翠は美貌の男と出逢う──が、それは何か誤解だらけの出逢いで!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女と王様

彼と彼らと《m》神々の日常

『彼と彼らと《m》神々の日常』(汐見まゆき著/ビーズログ文庫)★☆☆☆☆

彼と彼らと《m》神々の日常 (ビーズログ文庫)
彼と彼らと《m》神々の日常 (ビーズログ文庫)

表紙に釣られて買ったのですが、正直、私には合わない作品でした。
日本の神さまたちが出てくる作品は結構好きなものが多いので、残念です。

☆あらすじ☆
憑いてる主人公、部活はじめるってよ!男子高校生の“非”日常系ラノベ登場!
後ろ向き男子高生の土門チヒロは、転校先で出会った美少年・鷺ノ宮郁から“やお部”に入らないかと誘われる。
『厄病神』に取り憑かれ、生まれながらに「祟り」と遭遇してきたチヒロは、全力で人と関わりたくない。
そもそも“やお部”って何だ。だがその部には、祟りにまつわる曰くがあり……!?
チヒロを愉しげにおちょくる厄病神と、変人部員揃いの男子高校生を描く“非”日常系ラノベ登場!

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。

続きを読む 彼と彼らと《m》神々の日常

贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

『贅沢な身の上 ときめきは遙かなる河に乱されて』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★☆☆☆☆

贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

よし、もう切ろう。と前回も思ったような・・・
全く面白くないわけじゃなく、途中で読むのを断念するレベルでもない。なんとも微妙なシリーズ。
だらだらと11冊目?うーん。

☆あらすじ☆
稜王夫妻が誘拐された。関係者が一様に「めんどくさ…」と思っているところへ、稜王を解放する条件を記した文が届く。要求は金ではなく、意味不明な珍品。花蓮は、きっと犯人はただの河賊ではないと興味津々。そんな時、天綸に懐いている羽竜という美少年と出会う。初めは女の子だと思った。以前は、天綸と美少女が並べば、楽しく妄想していたのに、それが出来なくなっていることに気づいて…!?

以下、感想(書くことあるかな?)

続きを読む 贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

ノーゲーム・ノーライフ1

『ノーゲーム・ノーライフ1』(榎宮祐著/MF文庫J)★☆☆☆☆

ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

「このライトノベルがすごい2014」で上位ランクインしていたし、ストーリーが気になったのでとりあえず読んでみました。
うーん、苦手。微妙。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった――そう、国境線さえも。
他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?
――“さぁ、ゲームをはじめよう”。

以下、だいぶネガティブな感想です。


続きを読む ノーゲーム・ノーライフ1