「★★★☆☆」タグアーカイブ

デスニードラウンド ラウンド1/アサウラ

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
これはまた色々とギリギリな感じですね。
傭兵稼業をすることになった女子高生の所属するチームが、某ハンバーガー屋の人気キャラクターをもじったピエロの抹殺以来を引き受ける、というお話。傭兵のお話なので銃器火気が盛りだくさんで展開もシビアです。ホラーテイストもあったりして、マッドピエロがかなりグロく蠢いちゃったりしています。私、昔からあそこのピエロ怖くて苦手だったんですが、こいつよりはマシですね。マッドピエロ怖すぎる。
そして、食事シーンにめちゃくちゃお腹鳴りました。

☆あらすじ☆
多額の借金を背負う女子高生のユリは返済のために銃を持ち、己の命をリスクに晒す…そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。「こ、これ、ヤバくないですか!?超ヤバイですよね!?」ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!不可思議な仕事依頼を切っ掛けに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる―ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?
『ベン・トー』のアサウラが描く衝撃の新シリーズ。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む デスニードラウンド ラウンド1/アサウラ

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱

『身代わり伯爵といばら姫の憂鬱』(清家未森著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)

短編集です。
今回はいろいろと懐かしい時間軸の短編が入っていたりして、「この話、待ってたんだよ!!」というのもあって個人的にびっくりしました。具体的には2巻のあのふたり。

☆あらすじ☆
幼いリヒャルトと第五師団団長ジャックがかわした約束を描いた「身代わり伯爵と遠い日の約束」や、ミレーユの計らいで実現した、リヒャルトとキリル兄弟の絆を描く「身代わり伯爵とはじまりの旋律」をはじめ、ミレーユの第五師団時代の奮闘を描く「身代わり伯爵と開かずの間の謎」、シルフレイアの結婚を描いた表題作「身代わり伯爵といばら姫の憂鬱」など、超豪華書き下ろし100ページ以上!
ファン必読、珠玉の短編集!!

以下、各話の感想です。

続きを読む 身代わり伯爵といばら姫の憂鬱

斯くして歌姫はかたる1

『斯くして歌姫はかたる』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)

なかなか良かったです。
2巻表紙のイイ笑顔の男性キャラに心を奪われて気になったので、読みそびれていた1巻を読んでみました。
魔物に歌声を奪われ音痴になってしまった歌姫が主人公。思いっきり高飛車キャラですが、彼女の誇り高さと反骨精神、努力を惜しまない姿勢は嫌いじゃないです。むしろ好印象でした。
ストーリーそのものも悪くなかったです。少しラストの急展開な感じが微妙でしたが、新人賞受賞作品だし、荒削りな感じは許容範囲です。2巻も楽しみ。

☆あらすじ☆
歌で自然を操り魔物から人々を護る“楽師”。中でもエルネスティーヌは誉れ高き“歌姫”として君臨していた。しかしある日、魔物に歌声を奪われてしまった上に反逆の疑いをかけられた彼女は、事件解決まで聖フィデール楽院に身を隠すことに!なのに、超堅物優等生のオリヴィエに「音痴は今すぐ退楽しろ」と脅されて―!?
不協和音が奇跡を起こす?第15回えんため大賞特別賞受賞作登場!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる1

キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚

『キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚』(松田志乃ぶ著/コバルト文庫)★★★☆☆

キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚 (コバルト文庫 ま 10-26)
キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚 (コバルト文庫 ま 10-26)

「悪魔のような花婿」の松田志乃ぶさんの新作。
異母姉から逃げるために各国を流れてきた王女が、互いの利害の一致から王様の求婚を受け入れるお話なのですが、割とミステリー風味かな。
ヒーローもヒロインも知的キャラという珍しい組み合わせ。ちょろすぎず、じれすぎないふたりの関係の深め方がとても良かったです。シリーズ化してほしいなぁ。

☆あらすじ☆
ヴァージニアは第二王女だ。しかし、母親違いの姉に目の敵にされ、姉のさしむける暗殺者の追跡を逃れながら、数々の国を渡り歩いてきた彼女についた愛称は漂流王女!
数年前、ようやく田舎町に落ち着いたが、そこへ突然、青年王カルロス三世がやってくる。目的は、求婚!!お互いの抱える事情を理解し合ったふたりは、友情結婚を謳歌することにしたのだが・・・・・・!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚

封鬼花伝3 春に恋う咲きそめの乙女

『封鬼花伝 春に恋う咲きそめの乙女』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)

鬼の片腕問題解決編です。
刀火と千樹の関係も動きました。動いたんだけど、そこで止まっちゃうの!?ってところで固定されてしまいました。残念。
ただ私は、色気担当の刀火よりも弟王子のほうがだんだん好きになってきました。

☆あらすじ☆
「おまえは、仮妻にしない」
一之御子・刀火のため、成る絵を操る絵師となる決心をした千樹だが、それも束の間、彼から宮入の儀を無期延期にすると言われ、曉宮を追い出されてしまう。刀火の真意がわからず苦しむ千樹だったが、そこへ「わたしと浮気をして頂きたい」と二之御子・綾峰が迎えにきて!?一方、刀火に異変を生じさせた原因が「鬼の成る絵」だったことが判明し、千樹が犯人として疑われてしまい!?
緊迫の第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 封鬼花伝3 春に恋う咲きそめの乙女

棺姫のチャイカ4

『棺姫のチャイカⅣ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)

本題に入っていったのかな?
ここまで幾度となく触れられてきた何人もの「チャイカ」の1人と接触する回でした。紅チャイカも可愛いけど、やっぱり私は白チャイカが好きです。アホ可愛い。

☆あらすじ☆
「本物―私!偽物―白い方!!」
突如あらわれた真紅の少女は、そう言い放った。艶やかな銀髪と円らな紫の瞳を持ち、自分も“チャイカ”だと名乗る少女―チャイカ・ボフダーン。紅の彼女は、亡き『禁断皇帝』の遺体を探す『棺担ぐ姫君』チャイカ・トラバントと乱破師のトールたち一行に、蛇咬剣を振るい襲い掛かってくる。
「父様の遺体。完全回収。そして―父様殺した奴等、皆殺し」
紅のチャイカは自らの目的を告げ、トールたちの持つ『遺体』を力ずくで奪い取ろうとするのだが…。
紅と白の“チャイカ”。宿命の二人がいま、巡り会う―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ4

壊滅騎士団と捕らわれの乙女1

『壊滅騎士団と捕らわれの乙女』(伊月十和著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)
壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)

やたらテンションの高いラブコメでした。ラブコメといってもラブは薄め?
ヒーローはヒロイン大好きなんですが素直じゃないんで絶対にそれを認めようとしません。
想いが暴走した行動でバレバレなんですが、その行動自体がとてもシュールでした。
絵が綺麗なだけにシュールさが際立ってる・・・・・・。

☆あらすじ☆
田舎貴族の娘フィーリアは、姉を捜しに王都へ来た途端に牢屋へ!?その窮地を救ってくれたのは、黒十字騎士団の団長で幼馴染みのヴィンセント王子だった。意地悪な彼に助けられても嬉しくないと思っていたけれど、姉捜しを手伝ってくれるヴィンセントを見直すことに。ところがある日、彼の異常な本性を知ってしまい―。私が誘拐されたからって、犯人全員始末してやるってどういうこと!?
一途すぎる王子の大迷惑な溺愛ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 壊滅騎士団と捕らわれの乙女1

妖精国の恋人1 黒馬の王子様と暁の娘

『妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★☆☆

妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘 (コバルト文庫)
妖精国の恋人 黒馬の王子様と暁の娘 (コバルト文庫)

2か月連続刊行の1作目ということで、前編。この巻だけでは話が終わりません。
帯に「自由すぎる野生の娘」と書いてあったヒロインですが、うーん、確かにその通りかも。
異性相手でもあまり何も考えていないヒロインが、徐々に女の子らしく恥じらいを持っていく(?)様子はこそばゆく可愛らしかったです。
色々と仕掛けがあるストーリーはなかなか面白かったのですが、今巻だけでは評価しづらいかな。
ふわふわと童話的な世界観で黒いエピソードをさらっと持ち込んでくる姿勢は嫌いじゃないです。

☆あらすじ☆
馬の気持ちが誰よりも分かる不思議な娘、ケイトリンの住むモルガンウッグの農地に、ロウランド王国の第二王子エリスが訪れ、ケイトリンに突然のプロポーズをしてくる。エリスの領地で妖精が棲むという「虹の島」ネイヴァロンに、人々が獣になってしまう「呪い」がかかっており、それを解くためには、ケイトリンのことが必要だと言うのだが・・・!?
ときめきのもふもふ♡妖精ファンタジー! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人1 黒馬の王子様と暁の娘

鳳龍彩華伝1 見知らぬ婚約者と初恋の庭

『鳳龍彩華伝 見知らぬ婚約者と初恋の庭』(九月文著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

鳳龍彩華伝 見知らぬ婚約者と初恋の庭 (一迅社文庫アイリス)
鳳龍彩華伝 見知らぬ婚約者と初恋の庭 (一迅社文庫アイリス)

つい最近完結した「銀の竜騎士団」(角川ビーンズ文庫)の九月文さんが描く中華風ファンタジー作品。
「銀の竜騎士団」のほうは3冊くらい積んだまま放置しています・・・
世界観やストーリーそのものは悪くなかったのですが、全体的にどうにも薄味な感じがぬぐえませんでした。もうちょっとヒーローのキャラづけが濃いほうが好みだったかもしれません。むしろ皇帝がヒーローのほうがよかったかも?

☆あらすじ☆
刺繍好きの貴族の姫・ユァンの夢は“彩師”になって、皇帝に贈る作品を作ること。そのために結婚なんてしていられない。そんな彼女の前に現れたのは、見知らぬ婚約者・流星だった。宰相家の跡取りで幼なじみだという彼を、ユァンは全く覚えておらず…?
流星から好意を伝えられて戸惑いながらも、夢を諦められないユァンは、作品を納めるために訪れた宮で、偶然出会った皇帝・月渓に気に入られ、宮廷に来いと誘われてしまい―!?
運命の糸が絡み合う中華ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 鳳龍彩華伝1 見知らぬ婚約者と初恋の庭

乙女☆コレクション5 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト―乙女☆コレクション (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト―乙女☆コレクション (コバルト文庫)

たとえがことごとく食べ物のせいで、読んでいるとお腹がすきます。
今回のを読んで初めて気づいたんですけど、このシリーズって毎度誰かがコスプレしてるんですね。
蛍のコスプレに腹筋よじれました。ブレない!!

☆あらすじ☆
スズメと結人は初詣の帰り道、レイモンドという名の英国人美術商と、その妻である妖艶な美女の花蓮に出会う。 初対面のはずなのに、なぜか結人は花蓮を見て「悪寒がする」と不機嫌顔に。それもそのはず、なんと花蓮は遊佐中尉の姉で、弟とスズメが恋仲だと勘違いしてしまい・・・結人と蛍の嫉妬が爆発!?
そんな中、帝都では妖刀による辻斬り事件が・・・。
怪盗レディ・キャンディは新年早々大忙し!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション5 怪盗レディ・キャンディと愛しきナイト