「★★★☆☆」タグアーカイブ

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)
楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
前世の記憶があり楽観主義を強制された少女と、営業スマイル全開で腹黒な守銭奴王子の出会いから始まる中華ファンタジー。
楽観的かつ行き当たりばったりなノリで進みつつ、裏に隠された事情は意外とホンワカしていなかったりする本作。
とはいえ、我鳥さんらしいハイテンション&ハイテンポなラブコメだったと思います。
個人的には王子のキャラが好みだったかな〜。最後まで徹底した守銭奴で面白かったです。
ちなみに前世持ちヒロインではあるけれど異世界転生モノではありません。
あと「天都宮帝室の然々な事情」シリーズと繋がりのある世界観らしいのだけど、そちらは未読なんですよね。
特に問題なかったので、この作品から読んでも大丈夫だと思います。

☆あらすじ☆
三人の姉と王位継承権を争う王子・果潤は、自他共に認める筋金入りの守銭奴だ。半面、自分の益になりそうな人物には支援を惜しまないとも評判だった。そんな果潤のもとを、楽花という商家の娘が訪れる。楽花が言うには、彼女は「楽観国」という亡国の王女の生まれ変わりらしい。かつての王国を取り戻せば大金も手に入るからと、王国再興のために力を貸してほしいと頼まれた果潤だけれど…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)
クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
クリエイティブにオタ活する「創造部」に、オタク知識ゼロの転校生が入部希望者として現れたことから始まる黒歴史生産系青春小説。
クリエイターの悩みと業の深さを感じる作品でした。そもそもオタクという存在自体、業が深いのか。
それにしたってこの主人公は恥が多い人生を生きてる感がすごい。
積み残しがあるのが気になったので続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
衝動だけで突き進め! 漆黒の青春と創作!
小説、イラスト、CG、動画……。クリエイティブに関わる活動なら何でもありの「創造部」。
「俺たちはアマチュアだ!クオリティなど気にするのは百年早い!大切なのは衝動だ!」
湊介をはじめとする部員たちは、ただ好きなものへのあこがれと、情熱と、そして衝動に突き動かされ、純粋な創作活動をめざしていた。
しかし「自称ハイパークリエイトプロデューサー」「真性サブカル女」「クリーチャー好きの3DCGクリエイター」等、こじらせまくっているオタク部員ばかりの創作部は、生み出す作品がことごとく黒歴史に。
そんな中、新入部員募集のために創った自主制作まる出しのドB級ショートムービー「終末怪獣クソフラシツボドリル」が、オタク文化にまったく触れずに育ったお嬢様の転校生・比香里の心を掴んでしまって……。
「感動しました!私に色々教えてください!」キラキラと目を輝かせる比香里に、いい気になって創作論を説く湊介。しかし、いざ比香里との創作活動を始めようとするも、プライドや見栄、自意識が邪魔してドツボに嵌まってしまう。
黒歴史を恐れてはならない――でも、俺には才能がない!?
痛くも恥ずかしい、むき出しの青春群像劇開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲

世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
天空国家から調査のために地上に派遣された二人組を通して、様々な世界の不思議を描いていくファンタジーです。
同じ地上とは思えないほど文明レベルの差が激しいこともあって、闇鍋のような趣のある作品でした。そこが面白かったけれどw
規則に縛られない自由な女上司と、彼女をフォローしようとする青年部下の関係も良し。そもそも男女バディものってだけで好みです。
全ての謎を綺麗に解き明かすわけでもない不思議な読後感ですが、人が世界を知ろうとする事自体が無謀なのでしょう。壮大に広がりを持った世界観が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
世界を知りたいヨキと、世界を愛するシュカ。二人が織りなす、少し不思議な物語。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。調査官であるヨキとシュカは、多大な個人的興味と、小指の先ほどの職務への忠誠心を胸に、様々な調査をする。これは二人が世界を巡り、人々と出会い、(時々)謎を解き明かす物語である。
「――とかいって、なんか凄く良い話みたいだね、ヨキ」
「どうでしょうね。僕はシュカ先輩が真面目に仕事をしてくれるなら何でもいいですけど」
凸凹調査官コンビによる、かけがえのない時間をあなたに。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

Hello,Hello and Hello/葉月文

Hello,Hello and Hello (電撃文庫)
Hello,Hello and Hello (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
「彼」が失った二百十四回に及ぶ1週間の恋と、「彼女」が手にした4年に及ぶたった一度の恋。
何度も出会いを繰り返す二人の日々と、その意味を描き出す青春小説です。
出会いと別れの季節である「春」のイメージにぴったりの作品だと思います。
儚く散るから桜は美しいように、今この瞬間だけ繋がる二人の想いの鮮烈さに胸が苦しくなりました。
ただ、結末がちょっと・・・・・・なんというか・・・・・・消化できない・・・・・・

☆あらすじ☆
「ねえ、由くん。わたしはあなたが――」
初めて聞いたその声に足を止める。学校からの帰り道。中学のグラウンドや、駅前の本屋。それから白い猫が眠る空き地の中で、なぜだか僕のことを知っている不思議な少女・椎名由希は、いつもそんな風に声をかけてきた。笑って、泣いて、怒って、手を繋いで。僕たちは何度も、消えていく思い出を、どこにも存在しない約束を重ねていく。だから、僕は何も知らなかったんだ。由希が浮かべた笑顔の価値も、零した涙の意味も。たくさんの「初めまして」に込められた、たった一つの想いすら。これは残酷なまでに切なく、心を捉えて離さない、出会いと別れの物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Hello,Hello and Hello/葉月文

雪華後宮記 宮女試験とユーレイ公主/在原小与

雪華後宮記 宮女試験とユーレイ公主 (富士見L文庫)
雪華後宮記 宮女試験とユーレイ公主 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
宮女試験を受験中に、殺されて幽霊になった公主と出会った(目をつけられた?)(取り憑かれた?)少女が、幽霊と協力したり皇子に協力したりしつつ、様々なトラブルを乗り越えていく中華ファンタジー。
幽霊やら殺人事件やらの物騒な事情に巻き込まれて冷や汗を垂らす一方で、なにげにマイペースなところが光る主人公でした。なかなかに肝が太くて素敵。
物語的に少し中途半端なところで終わっている点が気になったものの、キャラも展開も面白かったので今後に期待できそうな予感。続刊が楽しみです。

☆あらすじ☆
宮女試験で待っていたのは無理難題と幽霊公主? 後宮謎解きファンタジー!
亡き母によく似た貴妃に会うために宮女を目指す見習いの雪。挑んだ宮女試験で待っていたのは、匂いのしない香の落ち葉探し。戸惑う雪の前に、更に半年前に亡くなった公主・リィリィの幽霊も現れて――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雪華後宮記 宮女試験とユーレイ公主/在原小与

一華後宮料理帖 第六品/三川みり

一華後宮料理帖 第六品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第六品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年2月刊。
うーん、うーん?
なんだか良くわからない事態になってきました。
正ヒーロー(だよね?)がすごい勢いで好感度下げていってるような??この先に一発逆転の目はあるのでしょうか。
相変わらず理美よりも朱西よりも祥飛の成長が著しく、少年皇帝成長物語としては抜群に面白いです。
ただ、これ、三角関係的にはどうするんだろう・・・・・・

☆あらすじ☆
おいしさとせつなさ絶好調! 大人気の「食」を巡る中華後宮記・第6弾!!
朱西が皇帝・ショウ飛の側を離れ、敵対する鳳家当主となった。そのため立后式は延期。理美は己にできることをしようと、食学を引き継ぐと決める。だが突然、地方県吏が一斉に徴税を拒み、宮廷は激震! 反逆罪で捕らえられそうになる県吏を庇ったのは朱西だった。ショウ飛と真っ向から対立する姿に、戸惑う理美。「食」と向き合い、本当に守るべきもののため理美が選ぶ道とは……!?  「俺はあなたの敵です」真の決別が近づく第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第六品/三川みり

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)
後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年2月刊。
中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「花」をテーマとする謎解きと、初恋の人に嫁いだ異国人の姫の健気な恋心を描くストーリーでした。
このシリーズは後宮のドロドロ愛憎劇が面白いのだけど、それが強すぎると胸焼けするなっていうのを再確認してしまった・・・・・・

☆あらすじ☆
“聖女の箱庭”を意味する瑠弥麗火宮で園林の花々と共に隔離されて育てられた泥蝉王女、朶薇那。後の名を戻露珠は、凱の軍兵に襲われそうになった折、助けてくれた異国の皇子・高透雅のことを片時も忘れることはなかった…。紆余曲折の末、透雅の妻として迎えた初夜。二人の想いはすれ違って―!?愛を信じることのできない透雅を、露珠は愛する花に想いを託し解きほぐしてゆく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ!/くりたかのこ

瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ! (ビーズログ文庫)
瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年12月刊。
前作「瑠璃龍守護録」の約20年後を描いた新シリーズ。
あとがきには「瑠璃龍」の外伝を大幅改稿した新作とありますが、個人的には完全に瑠璃龍の外伝(もしくは続編)では?という印象です。
次世代編だし前作の話が結構多いし、終盤の展開を見ても完全新作として前作未読者が読むと厳しいものがあるような・・・・・・あくまで私の印象ですけどね。
逆に言えば前作読者にはとても楽しくニヤニヤできる内容となっていました。
キツネ系ヒーローとウサギ系ヒロインの関係が可愛かった〜〜。本能に抗うのって大変ですね!

☆あらすじ☆
落ちこぼれ少女と半妖青年。主従となった二人の中華ラブコメファンタジー!
龍神の守護を受ける歳国。落ちこぼれ道官の少女・月英は、とある事情から狐の耳を持つ青年・景将に護衛されることに。景将はいわば下僕。なのにどちらが主か分からない彼の言動に振り回されて? 逆転主従ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 瑠璃花舞姫録 召しませ、舞姫様っ!/くりたかのこ

花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇/長月遥

花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇 (ビーズログ文庫)
花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
花粉症の姫君の辺境弱小国の王太子の政略結婚から始まるラブロマンス最終巻。
嫁入りから始まって結婚式でフィナーレというのは王道中の王道ですが、ここまでたどり着けたことに感無量。
個人的にはもう少し掘り下げてほしい部分もあったけれど、綺麗な大団円を迎えていると思います。最後までイスカのキャラがブレなかったのは褒め称えたい。
長月遥先生の次回作も楽しみに待ってます!

☆あらすじ☆
花粉症姫、アレルギーの出ない理想郷でついに涙と鼻水の結婚式――!?
ようやく元のさやに戻ったイスカとフローレンス。これで結婚できると思いきや、挙式には正教会の聖王も出席を表明。これは、何かが起きる予感しかない……!? 花粉症姫の涙と鼻水の奮闘記、堂々完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花冠の王国の花嫌い姫6 祝福の赤薔薇/長月遥

男装王女の久遠なる輿入れ/朝前みちる

男装王女の久遠なる輿入れ (ビーズログ文庫)
男装王女の久遠なる輿入れ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年11月刊。
ツンデレキラーな脳筋男装王女の政略結婚ラブコメ完結巻。
リュカリスの人たらしぶりが極まって、アルトゥールのツンがご臨終でした。良き。

☆あらすじ☆
男装王女、全国民をたらしこみ大団円!? 勘違い輿入れラブコメ完結!!
アルトゥールとの距離も縮まり、婚礼式の準備を進める男装王女リュカリス。そこへ帝国嫌いの兄王子ゼノンが訪れる。彼はリュカリスに「全帝国人に受け入れられなければ婚約は白紙だ」と無理難題を突きつけてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装王女の久遠なる輿入れ/朝前みちる