「★★★☆☆」タグアーカイブ

和桜国のレディ 淑女は一日にしてならず /冬村蜜柑

和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~ (ビーズログ文庫)
和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
貧民層の少女が貴族の手によってレディへと育てられていく様子を描いた和風ファンタジー。
「マイ・フェア・レディ」系のお話ですね。
粗野で無教養な少女が少しずつ「淑女」へと変わっていく様子がじっくりと丁寧に描かれる作品でした。
明治期の日本を彷彿とさせつつ、「魔法が存在する女王の国」というファンタジーが光る舞台の華やかさも素敵だと思います。
ただ、個人的に引っかかるところもあり、構成が上手いところと粗いところの落差が気になる作品でもありました。
すごく綺麗に終わっているのだけど、これって続くのだろうか?続くなら、女王様をどうか・・・・・・

☆あらすじ☆
桜の化身とされる女王が治める和桜国。
いろははその日が女王の観桜会と知らず、桜の枝を切ろうと騒ぎを起こして捕らえられてしまう。
罪を償う代わりに「女王に謁見できるようなレディ」となるよう告げられたいろはは、宮廷魔術師である強面の男・紫乃宮圭人の邸で淑女教育を受けることに。
まずは読み書きからいろはのレディへの一歩が始ま……る!?

以下、ネタバレありの作品です。

続きを読む 和桜国のレディ 淑女は一日にしてならず /冬村蜜柑

霊能者のお値段 お祓いコンサルタント高橋健一事務所 /葉山透

霊能者のお値段 お祓いコンサルタント 高橋健一事務所 (幻冬舎文庫)
霊能者のお値段 お祓いコンサルタント 高橋健一事務所 (幻冬舎文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
お金にシビアな霊能者。彼に依頼を持ち込んだ霊が見える少年。テレビで活躍する芸能人霊能者。
この3人が心霊騒動に挑むオカルトミステリーです。
真ん中のメガネスーツの男性、金にがめつい系霊能者かと思ったらマトモすぎる自営業者でした。ド正論すぎてひれ伏したくなる感じ。ただ、正論だけではもどかしくもあったり。
こういうキャラだと「実力が伴わない正義漢」という主人公とは好相性(?)なのかもしれません。彼は彼で無謀すぎてハラハラするんだけども。
まぁでも私は表紙で変なポーズを決めてる芸能人霊能者が一番好きでした!笑

☆あらすじ☆
友人の除霊のため高校生の潤が訪れたお祓いコンサルタント事務所。
高い見積もりに驚く潤にスーツにメガネの所長・高橋は「これはビジネスだ」と言い放つ。依頼を断念し霊能番組に出演した潤だが、イケメン霊能者ハルトのミスで霊に憑かれてしまう。ハルトに連れて行かれたのはまたまた高橋の事務所だった――。
彼の高額な請求は正当か否か。
霊と人の謎を解き明かすエンタメミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 霊能者のお値段 お祓いコンサルタント高橋健一事務所 /葉山透

聖女様を甘やかしたい!ただし勇者、お前はダメだ /戸津秋太

聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ
聖女様を甘やかしたい! ただし勇者、お前はダメだ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
教会の最強戦力として酷使されていた神官と、教会に監禁されていた聖女。
惹かれ合う二人が手を取り合って教会から脱走し、逃げ延びた小さな村でのんびりと暮らす物語です。
純愛甘々という謳い文句に釣られて読んで、実際それは嘘ではないのだけど(鈍感両片想い系バカップル)、どちらかというと主人公と勇者の関係性の方が強く印象に残ってしまったような?
この男二人、なんでそんなクソデカ感情を向け合ってるの??(正直好き)
続きがある内容だし、主役カプの掘り下げもほしいので続刊に期待します。勇者の再登場も何気に楽しみw

☆あらすじ☆
教皇国で最強の暗殺者として恐れられている神官ベイル。彼は普通の穏やかな生活への憧れを胸にしまい、心を殺したような日々を過ごしていた。
そんな彼を変えたのが癒しの聖女ルナ。明るく可憐な彼女に一目惚れしたベイルは、囚われの身である彼女を連れ出して片田舎の教会に身を隠すことに。
このまま二人は結ばれるのか?――と思いきや、お互い初恋の二人はヘタレて恥じらってばかりで距離は一向に縮まらない。
更にはルナを狙う教皇国の追手や女好きの勇者が次々と現れて、二人の恋路を邪魔する。
聖女様の平穏な生活を脅かす奴は容赦しない! 不器用な神官と聖女様の逃避行の行方はいかに!?
叛逆の純愛甘々ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女様を甘やかしたい!ただし勇者、お前はダメだ /戸津秋太

花婿、略奪されました(男に) 性転換でハーレム達成が目標です! /鳴澤うた


花婿、略奪されました(男に)性転換でハーレム達成が目標です! (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
結婚式当日に花婿が男と逃げてしまったため、「女なんて損ばかり!」と悟って性転換を目論む貴族令嬢の奮闘を描いたラブコメディ。
タイトルと発想のぶっとび具合に惹かれて読んでみました。これはなかなかネジを飛ばしたヒロイン。
彼女が受けた仕打ちは酷いものだし、そこから出てくる主張も分からなくはないのだけど、これに「わかった・・・」と頷いてしまった周囲は落ち着け??と思いました。
いやほんと落ち着こう??
「男になってハーレム作る」なんて宣言を受け入れちゃって良いの??
個人的にはもう少し「女性から男性への変化の中で生まれる混乱」を掘り下げてほしかったものの、騒がしくも陽気で、意外とシリアスも楽しめる作品だったと思います。

☆あらすじ☆
結婚式当日、花婿は王子と逃げて行った――。こんなことってある!? もはや女としての幸せは望めないと思い詰めたステラは、幼馴染の薬術師・レノンに頼んで『男になる薬』を作ってもらうことに。止めないでレノン! いい男になって、女性をまんべんなく愛す! これは私なりの「ざまあ」なんだから! ところがこれがとんでもない事態を引きおこして……?
結婚式当日に捨てられた令嬢が、天才薬術師を巻き込んで大暴れするラブファンタジー☆

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花婿、略奪されました(男に) 性転換でハーレム達成が目標です! /鳴澤うた

ローランシアの秘宝を継ぎし者 往け、世界はこの手の中に /橘むつみ


ローランシアの秘宝を継ぎし者 往け、世界はこの手の中に (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
異能者だけで閉じこもった島国を舞台に、開国派と鎖国派の政争に巻き込まれた盗賊の少女が、自分を襲った悲劇の真相を知っていく――というファンタジー。
設定は好きな部類です。色々と粗い部分はあるものの、心に傷を抱えながら弟を盲愛するヒロインと彼女を利用しつつ理解を示す大人なヒーローの関係性も良かった。糖度は薄いのだけど、少しずつ信頼が芽生えていく雰囲気が素敵でした。
ただ、ちょっとネーミングに理解できない点が多いかな。うーむ、こういうのって一度気になると読んでてすごく引っかかるんですよねぇ。

☆あらすじ☆
運命に牙を剥け。贖罪と希望へ至る、第16回小説大賞奨励賞・受賞作!!
魔導結界(アルス・マグナ)により国交を断絶する島国・ローランシア。アルメリアは弟と二人、盗賊として隠れ生きてきた。だが忍び込んだ屋敷の主・イーディスに捕まってしまう。弟を人質に「第一王子を盗み出せ」と命じられ、王宮へ潜入するアルメリア。それは、五年前に殺された両親の事件と国を巡る陰謀に繋がっていて!?
「今は殺されてやらねえよ」
運命の船出へ誘う男・イーディス。彼は敵か、それとも……? 

⚠以下の感想では物語の展開や結末に言及する場合があります。ご注意ください。

続きを読む ローランシアの秘宝を継ぎし者 往け、世界はこの手の中に /橘むつみ

剣影に誓う未熟な革命 令嬢だって騎士になりたい! /夏樹りょう

剣影に誓う未熟な革命 令嬢だって騎士になりたい! (角川ビーンズ文庫)
剣影に誓う未熟な革命 令嬢だって騎士になりたい! (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
かつて助けてくれた騎士に憧れ、自分も女性初の騎士になろうと奮闘する令嬢の物語。
読みやすい文章で構成もキャラも悪くはないし、丁寧な心情描写へ良いと思います。ただ、個人的にはもう少しインパクトのある何かがあれば更に良かったかな、とも思う。王道設定・王道ストーリーをそのまま綺麗にまとめた感じというか・・・・・・
掘り下げると面白くなりそうな設定が残っているので次巻以降に期待します。

☆あらすじ☆
伝説の“剣影の騎士”に憧れ女人禁制の騎士を目指す男爵令嬢のリシュア。
でも幼馴染みでお目付け役の騎士・ジュリアスは大反対。
「どんなときでも、心だけは共にある」幼い頃にそう約束したのに、本心を明かさないジュリアスに反発したリシュアは、怪しい事件に首をつっこみ大ピンチに!
貴方の心も、未来も守る。私の剣にかけて――!!
第16回角川ビーンズ小説大賞<読者賞>&<奨励賞>W受賞の王道ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 剣影に誓う未熟な革命 令嬢だって騎士になりたい! /夏樹りょう

多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う /花果唯

多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う (ファミ通文庫)
多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年11月刊。

黙ってた方がいいと思う(怯)

勇者に選ばれた(気がする)少年が、幼なじみの彼女を怒らせないように真実を隠そうとするラブコメファンタジー。
これは近年稀に見るレベルの恐妻家ではないでしょうか。
恋人が怖くて怖くて仕方ないけどめっちゃ大好き!!っていう主人公のデレっぷりが楽しいお話でした。どえむー
ただ、ヒロインは暴力系で口が悪いタイプなので好みが割れそう。可愛いところもあるんだけど・・・あるんだけどね・・・!
私的にはアリ寄りだけどもう少し可愛げ方面で頑張ってほしかったかも。いやそうすると話が成り立たないか?
カップリング的にはすごく良かったのでシリーズ化するなら読みたいです。

☆あらすじ☆
――僕は、魔王より怖い存在を知っている
「貴方こそ勇者様です!」
王都から来た聖女はそう決めつけてくるし、聖剣を名乗る棒きれの声も聞こえてくる。けど僕は単なる村人で、僕のことを常に気遣ってくれるけど魔王より怖い幼馴染みのアリアと幸せになるのが人生の目標なのだ。それなのに聖女と聖剣は強引な手段で僕を勇者にしようとするし、神託を聞きつけた魔物まで村に押し寄せてきて――!?
幼馴染みのために勇者になりたくない少年は幸せを掴めるのか!? 希代のファンタジーラブコメ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う /花果唯

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

元の世界に帰るための奮闘を描く異世界トリップ 『帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります』/真弓りの

帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)
帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
異世界から召喚され、お役目も全うしたのに、「帰れないからこの世界で結婚しろ」と理不尽を突きつけられた元OLな聖女の物語。
とても胸クソな設定ですが、「帰してくれないなら自分で帰るわ!」とキレながら帰還方法を探す旅にでるヒロインの不屈の精神のおかげで楽しく読めました。
ちなみに1冊で綺麗に終わっています。ただ、色々と駆け足でキャラも掘り下げきれていない感じが気になりました。

☆あらすじ☆
聖女としての役目を終えたら絶対結婚――!? そんなのムリです!
光の聖女として異世界にトリップしたキッカ。魔を浄化する長い旅を終え、やっと元の世界に帰れると思ったのに、待ち受けていたのは旅をともにしたパーティのうちの誰かと結婚しろという命令で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 元の世界に帰るための奮闘を描く異世界トリップ 『帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります』/真弓りの

世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
天空国家から派遣された二人組の調査官が、広大な世界を旅しながら未知を解き明かす『世界の果てのランダム・ウォーカー』の続編。第2巻です。
今回も様々な文化や文明や不思議を抱えた場所が登場し、作風の多彩さにワクワクする1冊でした。
短編形式も面白いのだけど、この作家さんの長編作品も読んでみたいなぁ。

☆あらすじ☆
凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽