「★★★☆☆」タグアーカイブ

朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 /柾木政宗

朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 (新潮文庫)
朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 (新潮文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
「もたれ体質」の探偵と彼に付きまとうストーカー美少女のラブコメミステリー。
探偵が語り手&助手役で、探偵役がストーカーのヒロインの方です。その事実にちょっぴり切なくなる主人公が面白かったり。
ミステリーではなく、ラブコメとして楽しい作品でした。ロジカル推理がうさぎのように飛び跳ねていくのは、すべて愛ゆえに。
ていうかストーカーだなんだと騒いでるけど、主人公、満更でもないんじゃん・・・!

☆あらすじ☆
探偵の迅人は、ストーカーに悩まされている。とてつもなく可愛い朝比奈うさぎに。彼女は「迅人は私が好き」ということを証明する時にだけ驚異的な推理力を発揮する。行く先々で遭遇する謎多き殺人現場でも、いつも彼女の妄想錬愛術が炸裂して副産物的に犯人が判明してしまう。
残念イケメン探偵と偏狂ストーカー美少女(自称婚約者)の助手による、新感覚ラブコメ本格ミステリ、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 /柾木政宗

ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男 /水守糸子

ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男: 夢視捜査官と顔のない男 (集英社オレンジ文庫)
ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男: 夢視捜査官と顔のない男 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
2018年ノベル大賞佳作受賞作。
モノや人から記憶を読み取り、それを夢に見ることで犯罪捜査を行う夢視捜査官。
夢視捜査官である友人の失踪から始まる事件は、思わぬ再会と予期せぬ真相へと繋がっていくのです。
夢視というファンタジー要素が面白いサスペンス。
悲壮なストーリーの中で、懸命に前を向こうとする気丈なヒロインが素敵でした。

☆あらすじ☆
夢で他人の記憶を見る異能を持つ“夢視者”の笹川硝子は、特殊捜査官として京都府警に勤めていた。
遺体に触れるとその者の死の瞬間を追体験できる能力を活かし、事件を解決に導いている。
そんな中、同じ特殊捜査官で先輩でもあった川上未和が、硝子に「ナイトメアはもう見ない」という謎のメッセージを残して行方不明になってしまう。
さらに未和の汚職疑惑が発覚し…?
2018年ノベル大賞佳作受賞!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男 /水守糸子

ばけもの和紙庵の花嫁さん /糸森環

ばけもの和紙庵の花嫁さん (メゾン文庫)
ばけもの和紙庵の花嫁さん (メゾン文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年3月刊。
「ばけもの」と呼ばれる人外のものと人間が共存する世界を舞台に、お見合いで出会った二人の恋と日常を描いた物語。
現代日本でありながら不思議と隣り合わせな世界観がとても素敵でした。
「紙」にまつわる様々な謎や、そこに絡めて語られる日本文化のお話も面白かったです。
肝心の仮夫婦関係は適度な甘さと距離感が良かったものの、終盤が少し駆け足気味に感じた点が惜しい。本当に惜しい・・・・・・
もしシリーズ化するなら続きも読むと思います。

☆あらすじ☆
心に傷を負い、故郷の函館に戻ってきた桃子のお見合い相手は、烏(からす)の<ばけもの>の青年だった!?
お見合いの席に現れた烏、元親に驚きつつも、桃子は互いの見極め期間として「お試し夫婦」になることを提案。結婚に夢は見ない。たとえ相手が烏でも相性がよければいい。烏姿の元親とのお付き合いを開始した桃子だったが、ある日青年姿の元親に遭遇して……!?
和紙屋の店主のばけものの青年との、ほっこり系お見合いラブ

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ばけもの和紙庵の花嫁さん /糸森環

悪役令嬢らしく、攻略対象を服従させます 推しがダメになっていて解釈違いなんですけど!? /時田とおる

悪役令嬢らしく、攻略対象を服従させます 推しがダメになっていて解釈違いなんですけど!? (角川ビーンズ文庫)
悪役令嬢らしく、攻略対象を服従させます 推しがダメになっていて解釈違いなんですけど!? (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年3月刊。
大好きな乙女ゲームの世界に召喚されたオタク女子高生。
しかしそこは彼女がまだプレイしていない「続編」の世界だった。
混乱する彼女の前に現れた男は、彼女に推しキャラとの敵対を唆してくる—— という異世界召喚ファンタジーです。
いわゆる「悪役令嬢もの」で、ゲームの推しキャラの更生を図るお話です。
オタクムーブ激しい主人公のクセの強さを堪能しましたw
どんなに怖くても推しのために頑張るけれど、推しを前にすると平常心でいられない。このオタク女子、昂ぶりすぎである。

☆あらすじ☆
続編で『推し』がキャラ改悪!? こんなシナリオ、絶対変えてみせます!
「星の力を奪い、彼ら全員を倒しましょう」プレイ直前、乙女ゲーム『星の聖騎士2』の世界に召喚された女子高生のサヤカ。執事のジルが言うには、攻略対象を倒す悪役令嬢ポジションらしい。断固拒否しようとするが、ジルに連れて行かれた先には最推しキャラの聖騎士レオが。「同じ次元に推しが!?」と喜ぶも、彼はすっかり落ちぶれてしまっていて……!? こんなシナリオ認めない! 推しキャラ更生のため、悪役令嬢が立ち上がる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢らしく、攻略対象を服従させます 推しがダメになっていて解釈違いなんですけど!? /時田とおる

ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平

ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)
ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
『BLACK BLOOD BROTHERS』『東京レイヴンズ』のあざの耕平先生による、新しい吸血鬼もの。
現代日本の闇に潜む吸血鬼たちの抗争を描いた、血と硝煙が薫るハードボイルド・ファンタジーです。
設定もキャラクターはすごく面白いと思いました。マフィアっぽい吸血鬼社会のピリピリした緊張感や人ではない者の哀愁とか。BBBを読み返したくなりました。
・・・・・・ただこれ、どうにも消化不良というか、ここで終わるの?という感じ。
シリーズの第1巻と見るなら全然OKなんだけど、続くのか分からないから評価しづらいんです。続いてほしいなぁ・・・!

☆あらすじ☆
吸血鬼は実在する。都会の夜の中に。彼らは六本木や新宿などで闇に紛れ、強大な長の統率の下、闇社会を形成している。時の流れは関係ない。“一度死んで”甦ってきた者たちこそが吸血鬼なのだから。
―そして今!変化のない時間を過ごしていた彼らに異変が。それは池袋のまとめ役の不在に端を発し…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平

くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子

【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)
【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
コバルト文庫の電子オリジナル作品。
客人と魂を繋ぎ、危険な神域へ侵入する彼らの命綱となる魂緒姫。
なかでも最上の魂緒姫と言われるヒロインが客として迎えたのは、家臣すら恐れる狂気の武人。その男は最奥にある宝を求めていた。
共に他者からは「情がない」と蔑まれる二人の出会いは、やがて二人が抱える不遇の運命を変えていくことになるのです。
設定もストーリーも余すところなく描かれていて、1冊で綺麗にまとめた作品だと思います。良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
情を持たない魂緒姫と、人の心を持たない鬼将軍。二人が出会ったとき、その絆は愛に変わる。
瘴気に満ちた「神座の森」には、人に益を与える「神世草」が生えている。それを求める貴人たちのため、彼らと「魂緒の糸」を繋ぎその身を守るのが、魂緒姫と言われる娘たちだ。
中でも「最上の魂緒姫」と称賛される紅。常に心を鎮め強固な糸を紡ぐ彼女は、一方でその情のなさを人々に罵られてもいた。
ある日、紅は新たな貴人の相手を命じられる。その人とは「母殺しの鬼将軍」と、誰もが恐れる武人・五条隆光。
常に不機嫌で、気に入らないことがあるとすぐに刀を抜く隆光を、家臣たちはひそかに恨んでいた。
だが紅だけは、隆光の暴挙の裏に秘められた孤独に気づいてしまった。
二人が心を通わせるとき、運命が大きく動き出す……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子

漫画家先生とメシスタント /仲村つばき

漫画家先生とメシスタント (富士見L文庫)
漫画家先生とメシスタント (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
漫画家優遇アパートの管理人の娘が、食生活ボロボロな漫画家たちに手料理を振る舞いながら、彼らの仕事風景を見守っていく物語。
SNS宣伝や漫画アプリの話など、デジタル転換期の漫画業界にまつわる小ネタが散りばめられていて面白かったです。
主人公がつくる素朴なおうちごはんがとても美味しそうだったんだけど、自分の食生活を振り返ってビクッとしたり笑

仲村つばきさんはこれがライト文芸デビューになるのかな?
イラストのあきさんとのタッグは「シンデレラ伯爵家の靴箱館」以来ですね(あれ好きだったな〜)
話は綺麗に終わっているけれど、続きがあるなら読みたいです。

☆あらすじ☆
人気少女漫画家は男性の二人組!? 彼らの“メシスタント”はじめました。
大泉学園駅にあるアパート「ヒット荘」。大家の娘のときわは、店子の鈴木さんが空腹で倒れているのを見つける。冷やし中華を作ってあげたことがきっかけで、鈴木さんが人気少女漫画家の作画担当と知ることに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 漫画家先生とメシスタント /仲村つばき

竜王サマ、この結婚はなかったことにしてください! /葛城阿高

竜王サマ、この結婚はなかったことにしてください! (ビーズログ文庫)
竜王サマ、この結婚はなかったことにしてください! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
希少な幻獣を研究する研究機関に勤めるヒロインが、なぜか初対面のはずの研究所所長に執拗に迫られるというラブコメファンタジー。
登場=鼻血率の高さを誇る変態ヒーローに笑う作品でした。挿絵がまたシュールでのぅ。
設定や展開は出オチなので、もう少し捻りがほしかったかも。悪役サイドも胸クソ強めな割にスッキリしませんしね。
惜しいところはあるものの、のほほんと変態なヒーローが楽しかったので満足です。
あっ、甘党ヒロインによるスイーツテロにはご注意を・・・!

☆あらすじ☆
交際0日で結婚!? この求愛攻撃やばすぎる! 怒涛の求婚回避ラブコメ
「君に私の白衣を着てほしい」と脱ぎたてほやほやを渡された私――ティナは、幼い頃竜に命を救われた経験がある。
以来幻獣にハマり、その道の第一人者であるヴィルヘルム博士の研究所に入って憧れの人とご対面……と思いきや、なんで白衣!?
しかも「結婚式はいつにする?」と怒涛の求婚攻撃!
博士のことは“尊敬”していても、“恋愛”対象ではないのですが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜王サマ、この結婚はなかったことにしてください! /葛城阿高

皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 /佐槻奏多

皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 (一迅社文庫アイリス)
皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
女騎士だった前世を持つ少女が主人公の転生ファンタジー第2弾。
舞台を前世の祖国・帝国に移し、物語は百年前の事件の真相に迫っていきます。
ますます糖度を高めるバカップルのイチャラブがすごいけれど、私はその横で楽しそうにお散歩する皇帝陛下がとても好きだったりして。

☆あらすじ☆
「改めて結婚相手を選んでもらいたい」
前世、帝国の女性騎士だった記憶を持つオルウェン王国の男爵令嬢リーゼ。彼女は、転生前から自分を求めてくれた次期皇帝候補シディスと結婚するために帝国へと向かうことに。ところが、帝国についた途端、魔力を増幅する原初の光を持つリーゼとシディスの結婚に反対する者達が出てきたあげく、他の人との婚約を勧められてしまって!?
彼との結婚を邪魔されないように、さらなる戦闘能力を手に入れて、婚約解消を阻止してみせます!
秘密を抱える女官の転生婚約ラブコメディ第2弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皇帝つき女官は花嫁として望まれ中2 /佐槻奏多

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)
鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
世界を脅かす魔王と、その打倒を目指す勇者。
彼らが紡ぎ出す御伽噺のような物語のなかで、傍観者であるはずの少年は何を思うのか。
これは最果ての地にある図書館を舞台に、館長の少年が自らの役割を知る物語です。
王道RPGを思い出させる小ネタが満載で、思わずニヤりとしてしまいました。
話も1冊で綺麗にまとまっています。
ただ個人的に時系列や設定が分かりにくいかなぁ。私の読解力の問題だろうか・・・

☆あらすじ☆
第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞作!
空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。
記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。
中立を貫く図書館にあって魔王討伐はどこか他人事のウォレスだったが、自らの記憶がその鍵になると知り……
臆病で優しすぎる少女。感情が欠落したメイド。意図せず世界を託された勇者。
彼らとの絆を信じたウォレスもまた、決戦の地へと赴く――
これは、人知れず世界を守った人々のどこか寂しく、どこまでも優しい【語り継がれることのないお伽噺】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり