「★★★☆☆」タグアーカイブ

華仙公主夜話 その麗人、後宮の闇を討つ/喜咲冬子

華仙公主夜話 その麗人、後宮の闇を討つ (富士見L文庫)
華仙公主夜話 その麗人、後宮の闇を討つ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
謎めいた美貌の公主と、吝嗇家の若き宰相が協力し、次期皇帝を狙う呪詛騒動に立ち向かう物語。
酒楼の女主が商都の夜に悪党を討つ、という武侠要素あり。
愛憎と権力への欲が入り交じる中華後宮要素あり。
そして仙人の加護が間もなく途切れてしまう斜陽の国が舞台という中華ファンタジー要素ありな作品です。
腕っぷしが強く火力高めなヒロインは格好いいし、だんだん化けの皮がはがれてくる(?)宰相閣下は楽しいひとでした。
綺麗に終わっているけれど、もし続くなら壮大な国家再建物語になりそうな予感。期待したいと思います。

☆あらすじ☆
初代皇帝が仙人の力を借りて建国したという伝説を持つ基照国。
絶世の美女ともてはやされる酒楼の女主・祥明花のもとにある日、若き宰相の李伯慶が訪ねてくる。
実は明花の正体は、先帝の落とし胤と噂の姫・華仙公主。伯慶は滅亡寸前の国と幼い次期皇帝・紫旗を守るため、明花に協力するよう取引を持ちかけてきたのだ。
国はどうでもいいが可愛い紫旗は助けたい。その一心で、きな臭い伯慶の誘いに乗ることを決めた明花だったが……?
腕力系公主と腹黒宰相の凸凹コンビ、果たして傾国を回避できるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 華仙公主夜話 その麗人、後宮の闇を討つ/喜咲冬子

聖女の孤高脱却計画!/長月遥

聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)
聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
タイトル的にドタバタラブコメかと予想していたのだけど、世界を守る聖女と騎士が人を脅かす魔物と戦うバトルファンタジーでした。中二要素強めで派手に魔法戦を繰り広げていく物語です。
また、コミュ障少女と完璧聖女の2つの顔を持つ主人公や、心に鬱屈した感情を隠し持つヒーローなど、キャラの内心描写が丁寧なのも印象的。
個人的には終盤で一気に盛り上がったラブコメが大変好みだったので、是非シリーズ化してほしいです。陰険メガネと無自覚イノシシの三角関係に期待!

☆あらすじ☆
古式ゆかしく育てられ、聖女の中の聖女と称えられるローゼリンデは、内心臆病者で、本音で話せる友もいない孤高(ぼっち)王女。
その本性が、風の神騎士エルハイネにバレてしまった!
「改善しましょう。貴女には“正しく”聖女らしくしていただかないと」
聖女らしくなくても、国を守るために力を貸してほしい――
クセが強~い騎士たちとの救国ラブファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女の孤高脱却計画!/長月遥

あやかし嫁入り縁結び1 えにしの糸を結びます。/椎名蓮月

あやかし嫁入り縁結び 一 えにしの糸を結びます。 (富士見L文庫)
あやかし嫁入り縁結び 一 えにしの糸を結びます。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
運命の赤い糸が見える女子大生と、彼女の家に「嫁入り」にきたワケあり青年の出会いから始まる物語。
謎の青年となし崩し的に同居が始まるなか、ヒロインはあやかしの問題へ関わっていくことになるのです。
警戒心は人並みにあってもモフみには抗えないヒロインに笑ってしまいました。やはりモフモフは罪深い。
古風な言動のなかに誠実さが光るヒーローも素敵です。
巻数表示があるように、序章的な内容で、今後面白くなりそうな期待を持たせる1巻でした。続きが楽しみ!

☆あらすじ☆
嫁入りし、縁結びで徳を積むべし
一人暮らしをはじめたしっかり者の大学生・結維(ゆい)。
彼女が秘密を抱えた青年・小太郎(こたろう)と出会うことで、心あたたまる現代ご縁結びお伽草子のはじまりはじまり――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あやかし嫁入り縁結び1 えにしの糸を結びます。/椎名蓮月

アルビレオ・スクランブル/宇枝聖

アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)
アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
「極限生物」と呼ばれる謎の敵と戦う近未来ロボットラノベ。
場面転換や視点切り替えの多さが個人的にネックとなり、少し読みづらく感じました。
教官モノとしてもロボものとしても、いまいち欲しい描写が足りない印象。
でもキャラと物語そのものは好みでした。
作中でスッと差し込まれるカップルのイチャラブパートが非常に美味しかったですし。
この巻は物語の方向性が掴めず難儀したけれど、ラストの展開的に次巻はもっと楽しく読めそうな気がします。というわけでシリーズ化希望!

☆あらすじ☆
そうして世界は救われた。
だが友よ、君の戦いはまだ、終わっていない――。
人類とは相容れぬ極限環境に生じた、現生生物全ての天敵=「極限生物」との「戦役」を脱した世界。人類の英雄たる元・少年パイロット、若松疾風は……戦後あっさり引退して、人類復興本部食堂付き料理人に収まっていた。
乗り越え切れぬ傷を抱え、それでも笑顔を取り戻した彼を、しかし世界は放ってはおかない。再来する新種の「極限生物」。新たな才能を示す、まだポンコツのパイロット候補生たち。そして何より、彼の引退を笑って見送り、最前線で戦い続ける愛すべき人。すべての状況が、彼の帰還を、待っている。
傷を抱えた英雄がそれでも立ち上がるとき、全ての戦況は覆る――!?
伝説の続きが、始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルビレオ・スクランブル/宇枝聖

不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓

不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)
不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
死なない身体をもった少年と殺人衝動を抱えた少女の奇妙な日常を描いた物語。
デスゲーム要素は期待から外れてしまったけれど、ボーイ・ミーツ・ガールな青春小説としては悪くない作品でした。
綺麗に終わっているから読み切りかな?

☆あらすじ☆
臥宮生斗は、三年前に結んだ『契約』の代償として何度も死のリセットを繰り返し不死身の身体を持つ、平凡な高校生。
いつもと変わらぬ放課後、その子は突然現れた。
「彩夢咲レオナです。わたしのために、死んでくれますか?」
両親を早くに亡くし、幼いながらも暗殺を生業とした一族の当主となったその少女は、先祖の代から続く『呪い』によって日常生活に支障が出るほどの殺人衝動に悩まされており「不死身」の生斗に依頼をしたらしいのだが――!?
『契約』によって数奇な運命を辿る二人の、殺し殺され合う禁断のデスゲームラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓

とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主/貴嶋啓

【Amazon.co.jp限定】とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主(特典: オリジナルショートストーリー データ配信) (講談社X文庫)
【Amazon.co.jp限定】とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主(特典: オリジナルショートストーリー データ配信) (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
死者の花嫁になるはずだった商家の娘が、取り替えられ、トラブルに巻き込まれ、更には誤解をされた結果、行方不明の公主として皇城に住むことになる―― という中華ファンタジー。
めちゃくちゃ受難体質のヒロインですが、商会を切り盛りしていただけあって強気な態度が頼もしい女性でした。
というか、出てくる女性がみんな強い。序盤で出てきた性格の悪い女が最終的に一番好きになったりw
ヒロインとヒーローの関係は少し駆け足気味ではあるものの、綺麗に纏まっていて◎
ただ、Wヒロインの連作ものらしいので、この1冊だけだと説明不足な点もあります。次作に期待。

☆あらすじ☆
汪黎禾は商家の娘。弟が作った借金を返すため、悪名高い藩王・武州王の息子のもとへ嫁ぐことになった。が、花婿はすでに故人。この縁組はいわゆる死者との結婚――「冥婚」だった。覚悟の上で輿入れを決めた黎禾だったが、花嫁道中で意に反して小間使いの橙莉と入れ替わったり、野盗に襲われた先で皇太子・隆翔に助けられたりするうち、行方不明だった帝国の姫君と間違われてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主/貴嶋啓

華耀後宮の花嫁 時を越えたら、溺愛陛下!?/山崎里佳

華耀後宮の花嫁 時を越えたら、溺愛陛下!? (角川ビーンズ文庫)
華耀後宮の花嫁 時を越えたら、溺愛陛下!? (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
年下の王子の妃に選ばれた庶民育ちの公主が、火事に巻き込まれて逃げた先は10年後の未来。
そこで皇帝になった元少年と再会した彼女は「なぜ自分が10年の時を超えたのか」という謎に隠された真実を知ることになるのです。

前半は文章が合わなくて難儀したのだけど(前作は良かったのに)、後半で明らかになる様々な真相が面白い作品でした。
色々思うところはあるものの、あとがきに書いてある挑戦は買いたい。続編が出るなら読みたいです。

☆あらすじ☆
一晩で十年経ち、年の上下が逆転!?目指すは脱・花嫁の中華ファンタジー!
隣国の第三皇子、朔耀(10歳!)に輿入れした公主・翡翠。逃亡するはずが怪しい廟に閉じ込められ、一晩かけて脱出すると、十年が経っていた! しかも朔耀は年上で皇帝になっていて、翡翠を妃にすると言い出し!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 華耀後宮の花嫁 時を越えたら、溺愛陛下!?/山崎里佳

ピンポンラバー/谷山走太

ピンポンラバー (ガガガ文庫)
ピンポンラバー (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
一流の卓球選手を養成する学園を舞台に、かつて負けた少女との再戦に燃える少年が主人公のスポ根ラノベ。
努力、友情、勝利、といったスポ根ものならではの爽やかな青春が心地よく感じる作品だと思います。
ただ、個人的には期待していたほどの疾走感を得られなかったのは惜しかったかな。
主人公とヒロインの会話はテンポが良くて楽しかったです。

☆あらすじ☆
かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。
そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。
だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる厳しい洗礼を受けることになる。
一年生最強の女子・白鳳院瑠璃に、怪我をしていた膝の弱点を見抜かれ、あっけなく敗北してしまう。敗北しうなだれる翔星に、瑠璃は「あなた、私のパートナーになりなさい」と告げる。彼女の目的は、才能のある彼とダブルスを組み、これまで一度も勝てたことのない相手、姉の紅亜を負かすことにあった。そして、その紅亜こそが、翔星が捜し求めていた、あの日の少女だったのだ。
学園最強女子・紅亜という共通の敵を倒すため、翔星と瑠璃は共闘関係を結ぶことになるのだが……。
その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ピンポンラバー/谷山走太

この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。/市村鉄之助

この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。 (ダッシュエックス文庫)
この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。 (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
タイトル通りの婚約をすることになり、人生が大きく動き出していく少年の活躍を描いた物語。
悪女然としたヒロインが抱える事情に主人公が巻き込まれていくなかで、少しずつ絆を育んでいく二人の関係は結構好みでした。
ただ、ちょっと個人的には引っかかる部分が多いかなぁ。
割と消化不良な感じで話が終わっているし、続刊に期待します。

☆あらすじ☆
大切な人を守るために俺は強くなる!!
男爵家の長男だが家督が継げないため、冒険者になろうとしていた俺のもとに公爵家の令嬢・オリヴィエとの婚約の話が舞い込んだ! けれど、相手は悪い噂(うわさ)の絶えない女性。しかも、婚約の条件に無理難題を吹っかけてくる始末。 煩(わずら)わしい貴族社会とおさらばできると思っていたのに、婚約のせいで権謀術数(けんぼうじゅつすう)の渦(うず)に巻き込まれるはめに。しかし、オリヴィエと接していく中、家族を守るためにけなげに一人奮闘する彼女の姿を知る。 王国内に数人のみ存在する宮廷魔術師を目指し、高難易度の竜討伐クエストを受け、オリヴィエを狙う暗殺者との死闘も繰り広げる。
大切な人を守るために成り上がる、ジャレッドの挑戦の日々が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。/市村鉄之助

紅霞後宮物語 第八幕/雪村花菜

紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
武人皇后の生涯を描く中華後宮シリーズ第8弾。
ついに三カ国の戦争が集結し、第一部が完結とのこと。
物語はまだまだ続くようなので安心しました。今後も末永く見守りたいシリーズです。

☆あらすじ☆
劉梅花、あなたに罰を与えましょう――
怪我に倒れた小玉に代わり、戦場では賢恭が軍を率いていた。宸にも小玉の負傷、樹華の訃報が届き、後宮は揺れる。文林の命により自身の失態の原因を突き止めようとした梅花は、さらなる闇に真実を見つけてしまい――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第八幕/雪村花菜