「★★★☆☆」タグアーカイブ

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

元の世界に帰るための奮闘を描く異世界トリップ 『帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります』/真弓りの

帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)
帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
異世界から召喚され、お役目も全うしたのに、「帰れないからこの世界で結婚しろ」と理不尽を突きつけられた元OLな聖女の物語。
とても胸クソな設定ですが、「帰してくれないなら自分で帰るわ!」とキレながら帰還方法を探す旅にでるヒロインの不屈の精神のおかげで楽しく読めました。
ちなみに1冊で綺麗に終わっています。ただ、色々と駆け足でキャラも掘り下げきれていない感じが気になりました。

☆あらすじ☆
聖女としての役目を終えたら絶対結婚――!? そんなのムリです!
光の聖女として異世界にトリップしたキッカ。魔を浄化する長い旅を終え、やっと元の世界に帰れると思ったのに、待ち受けていたのは旅をともにしたパーティのうちの誰かと結婚しろという命令で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 元の世界に帰るための奮闘を描く異世界トリップ 『帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります』/真弓りの

世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
天空国家から派遣された二人組の調査官が、広大な世界を旅しながら未知を解き明かす『世界の果てのランダム・ウォーカー』の続編。第2巻です。
今回も様々な文化や文明や不思議を抱えた場所が登場し、作風の多彩さにワクワクする1冊でした。
短編形式も面白いのだけど、この作家さんの長編作品も読んでみたいなぁ。

☆あらすじ☆
凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

普通じゃない世界に迷い込んだ普通の少年は何を選ぶのか―― 『前略、殺し屋カフェで働くことになりました。』/竹内佑

前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 (ガガガ文庫)
前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
偶然迷い込んだ裏通りの劇場。
そこで間違いを犯した主人公は、裏社会の人間に命を握られることになり、時間稼ぎのために彼らのカフェで働くことになるのです。
普通の人間が普通じゃない世界に足を踏み入れた時に、彼は何を思うのか。どんな選択をするのか。
意外と図太い主人公の奮闘にハラハラする作品でした。悪くはなかったんだけど、もっと面白くなりそうな余地を残している感じ。
次巻に期待します。

☆あらすじ☆
夜の廃劇場。最近越してきたばかりの街を探索しようとしていた池也迅太は、そこにいた。
そして、目の前でなにやら不穏に倒れている男をみて、そこで記憶はブラックアウト。
目が覚めると、何やらかわいい女の子たちが話しているのが聞こえてきた。
「やっぱり殺すしかないと思うの」
「でも、遺体の処理だってお金がかかりますし……」
あきらかに危険な会話。漂っているコーヒーの香りが不釣り合いだ。迅太はなんとか命乞いをしようと手を尽くし、処理代を稼ぐ代わりに働かせてくれと頼んだ結果、晴れて殺し屋たちが営む喫茶店のウェイターになってしまう。
店を訪れる明らかに怪しい客たち。これまでの常識の通じない少女たち。
それでも、これまでとはガラリと代わってしまった環境に、迅太は次第に馴染んでいく。そして、命の猶予は刻一刻と――。
だが、その殺し屋稼業の正体は……?
クセだらけの少女たちと、ただの普通の少年が、不思議な喫茶店で社会の闇に触れるとき物語は少しおかしな方向に動き出す。殺し屋喫茶・エピタフ開店ですっ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 普通じゃない世界に迷い込んだ普通の少年は何を選ぶのか―― 『前略、殺し屋カフェで働くことになりました。』/竹内佑

恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。1・2巻同時発売。
敬愛する侯爵令嬢の恋を応援するため、恋愛小説を教本にしてアドバイスを頑張る地味な伯爵令嬢の物語。
友人の恋を見守る一方で、地味な自分を変えようとする主人公の成長も描いていく作品です。
婚約者の心をつなぎとめようと健気な努力を重ねる侯爵令嬢も素敵だったし、主人公との友情も微笑ましくてGOOD。
個人的にはもっと徹底的に揉めてほしかった気もするのだけど(笑)、少女たちの友情物語として満足しました。
あと、ツンデレ×鈍感の主人公カプの恋も良かったです。こちらは悶え苦しむツンデレ少年のツンデレっぷりを堪能しました。
全2巻で綺麗にまとめてあるけれど、続きはあるのかな?

☆あらすじ☆
WEB発!地味な取り巻き……なのに侯爵令嬢に恋のレッスン!?
私、アメリアは侯爵令嬢・ソフィー様に憧れる地味でしがない取り巻き――だった。彼女の婚約者、王太子殿下の密会現場を目撃するまでは! これまでの人生揉め事を避けてきた私だけど、悲しむソフィー様を放っておけない! なりゆきから、ソフィー様の弟・ルーファス様と協力して恋のレッスンを始めたところ、私の周りにも少しずつ変化が訪れて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)
昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
北海道・小樽を舞台にした、あやかしのパン屋さんと孤独な少年の物語。
「ホラーミステリ」と銘打たれているだけあって、かなり主人公がひたすら恐ろしい目にあう小説でした。意外と怖かった・・・

☆あらすじ☆
北海道は小樽。母が父を殺した過去を持つ少年、ルカは、頼りの叔母も喪い、高校にも馴染めずにいる。叔母が好きだったパンを買いに、ロシアンベーカリーを訪れたことから、不思議な世界に足を踏み入れ……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

鍵屋の隣の和菓子屋さん2 つつじ和菓子本舗のこいこい/梨沙

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のこいこい (集英社オレンジ文庫)
鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のこいこい (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
「鍵屋甘味処改」のスピンオフにして、見習い和菓子職人の片思いを描いたシリーズの第二弾。
今回も多喜次の恋模様が可愛くてニヨニヨしてしまいました。少し三角関係な雰囲気が出てきてるもののほのぼの。表紙がその雰囲気をとても上手く表現してるんだよなぁ。恋のライバル(?)なのに仲良しな男子ズの関係が良き。

☆あらすじ☆
兄が営む『鍵屋甘味処改』のお隣、『つつじ和菓子本舗』で和菓子職人修業中の多喜次。看板娘・祐雨子への片想いは相変わらずのままだ。おまけに、新しく入ったバイトの柴倉はイケメンで客受けがよい上、多喜次よりずっと技術がある。のみならず祐雨子とも打ち解けている様子で、多喜次は気が気じゃない。そんなある日、おやっさんが自殺志願者の小林を拾ってきて…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋の隣の和菓子屋さん2 つつじ和菓子本舗のこいこい/梨沙

10歳になった同級生との不思議な新婚生活――『じゅっさいのおよめさん』/三門鉄狼

じゅっさいのおよめさん (講談社ラノベ文庫)
じゅっさいのおよめさん (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
ある日、突然現れたのは「およめさん」を名乗る不思議な10歳の女の子。
その正体が同級生であることに気づいた主人公は、彼女に何が起こったのか、彼女が何を隠しているのかを探っていくことになります。
しかし当の彼女は主人公の気持ちにお構いなしで「新婚生活」を陽気にエンジョイ。
彼女の秘密を解き明かしつつ、理屈屋の少年と天真爛漫な幼女(仮)のずれた掛け合いを楽しめる新婚生活物語でした。可愛かったですw

☆あらすじ☆
「わたしはせいじのおよめさん!」
僕こと倉敷誠二が終業式を終えて家に帰ると、家の前で待っていた十歳ぐらいの見ず知らずの少女に、いきなりそう言われてしまった。およめさん宣言のもと、一緒に新婚生活を送ろうとしてくる少女。けれどもちろん、僕は十歳の少女と結婚することにした憶えはない。少女に話を聞くと、どうやら彼女はクラスメイトの御殿山みのりで、昨日突然その姿になってしまったらしく……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 10歳になった同級生との不思議な新婚生活――『じゅっさいのおよめさん』/三門鉄狼

モップを構えて幽霊退治!『王弟殿下とお掃除侍女 掃除をしていたら王弟殿下(幽霊つき)を拾いました』/紫月恵里

王弟殿下とお掃除侍女 掃除をしていたら王弟殿下(幽霊つき)を拾いました (一迅社文庫アイリス)
王弟殿下とお掃除侍女 掃除をしていたら王弟殿下(幽霊つき)を拾いました (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
規格外の浄化能力を持つ王宮のお掃除係が、自堕落と噂の王弟殿下に引き抜かれ、彼のために幽霊掃除を頑張るオカルティックなファンタジー。
モップを振り回して元気よく幽霊をお掃除していくヒロインの活躍が楽しいお話でした。
恋愛方面はヒーローともども無自覚鈍感系かな?と思っていたら、途中からやたらと甘酸っぱい雰囲気を作りはじめて、可愛いやらムズムズするやらw

☆あらすじ☆
王宮でお掃除侍女として働く貧乏子爵家の娘アメリア。廊下に落ちていた黒モヤまみれの物体をモップでこすったら、中から出てきたのは天使のような美青年――神官長をつとめる王弟殿下だった!?
慌てて逃げ出したアメリアは、家族にも秘密にしていた浄化能力に目をつけられ、王弟つき侍女に配属変えされてしまい!?
「君のモップさばきに惚れたんだ」って、それは何の告白ですか?
憑かれ体質の王弟殿下とお掃除侍女のお仕事ラブ★ 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モップを構えて幽霊退治!『王弟殿下とお掃除侍女 掃除をしていたら王弟殿下(幽霊つき)を拾いました』/紫月恵里

あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真

京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)
京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
水神の加護を受けた少女が、京都であやかし絡みの不思議に遭遇していく現代ファンタジー。
面倒見の良い幼馴染みやヤンデレ気質の白蛇と共に、様々なあやかしを目にしていく人見知りのヒロイン。
彼女を挟んで険悪な(でもちょっと仲良しな)Wヒーローの鞘当ても良いけれど、この作品はヒロインの成長物語として面白かったと思います。
どこか浮世離れした雰囲気だった少女が、憧れる幼なじみをお手本にして少しずつ地に足をつけて成長していく。その姿に保護者目線でほっこりしてしまいました。
あやかし絡みの事件も面白かったし、ぜひシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
東京でのめまぐるしい生活に馴染めなかった高校生のひろは、祖母の暮らす京都伏見の蓮見神社に引っ越すこととなった。
幼馴染みで造り酒屋の息子・拓己とその家族に世話を焼かれながらの新しい暮らし。
そんなある日ひろは拓己の家で、酒造りの要である井戸水に異変が起こっていることを知る。突然井戸から水が溢れるなか、ひろの耳には不思議な声が聞こえてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真