「★★★☆☆」タグアーカイブ

落第騎士の英雄譚13/海空りく

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>13 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>13 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
クレーデルラントVSヴァーミリオンの代表戦スタート。
今回で終わりませんでした。何冊くらいかけるのかな??
主人公の熱い活躍がもっとほしい・・・!

☆あらすじ☆
ヴァーミリオン皇国編、いよいよ佳境!
決戦の刻、来たる――。
≪魔人≫饕餮との熾烈な戦いを経て、自らも≪覚醒≫に至ったステラ。その確固たる自己で運命を塗り替え、姉ルナアイズの想いを、そして二国の国民を救うため、彼女は≪傀儡王≫オル=ゴール率いる最凶の≪魔人≫たちに再戦を挑む!
共に戦いに臨むのは最愛の存在である≪七星剣王≫黒鉄一輝、≪夜叉姫≫西京寧音、≪不転凶手≫多々良幽衣、そして≪黒騎士≫アイリス。
各々が信じるもの、護るべきもの、そして果たすべき使命のため、騎士たちは死線に身を投じて行く!
果たして国家の命運を懸けた『戦争』の行方は!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚13/海空りく

なんちゃってシンデレラ5 王都迷宮編 下町で、看板娘はじめました。/汐邑雛

なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 下町で、看板娘はじめました。 (ビーズログ文庫)
なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 下町で、看板娘はじめました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
異世界転生&王宮陰謀劇第5弾。
今回は下町編。なんとなく番外編っぽいノリを感じるような?

☆あらすじ☆
転生幼妻が、下町の屋台で餌付け無双!? 転んでもただでは起きません!
命を狙われたアルティリエが逃げ出した先は、なんと孤児院!? そこの子供達にお菓子を作ってほしいと頼まれて……!? 元お菓子職人(パティシエール)が愛する夫の傍に帰るため、下町で本領発揮しちゃいます!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む なんちゃってシンデレラ5 王都迷宮編 下町で、看板娘はじめました。/汐邑雛

一華後宮料理帖 第五品/三川みり

一華後宮料理帖 第五品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第五品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
前巻から不穏な展開に入った中華後宮ファンタジー第5弾。
丈鉄回でした。男3人の絆を感じるエピソードにほっこり。
それにしても私の祥飛推しが加速して止まらない・・・!

☆あらすじ☆
「永久に、あなたを忘れることはできない」
3人の運命が激動する第5弾!!
朱西の秘密を知り、彼を守るため皇后となる道を選んだ理美。料理を作る余裕もないまま、立后式に向け皇后教育が始まるが、教師となったのはその朱西だった。一生抱え続けると決めた胸の痛みを隠して微笑み合う2人。しかし皇帝・ショウ飛の元に、和国人の皇后内定に反対する意見書が届けられる。宮廷の利権と思惑が立ちはだかる中、3人の恋は思いがけない方向に動き出し――!? たったひとつの「嘘」から運命が激動する第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第五品/三川みり

一華後宮料理帖 第四品/三川みり

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
中華後宮ラブロマンス第4弾。
これは、え、どうなるの??
ハピエンいけます???
どっちに転んでもモヤりそうだし、個人的には当て馬(?)の皇帝に肩入れしてしまっているのも辛い。

☆あらすじ☆
互いへの想いを封じた理美と朱西。さらに皇帝・ショウ飛に「皇后になって欲しい」と言われ、理美は落ち着かない毎日を過ごしていた。そんなある日、元気がない五龍のため、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。そこで見つけた鏡をきっかけに、奇妙な現象が起こり始める。臥せってしまったショウ飛に料理を作りながら、原因を調べだした理美は、朱西の秘密を知ってしまい……!? 大切な居場所を守るため、決断の時が迫る第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第四品/三川みり

幼馴染の山吹さん/道草よもぎ

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)
幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
かわいかったー!
幼馴染の山吹さんにかかった呪いを解くため、青春ミッションに挑むことになった主人公。
疎遠になった幼馴染のふたりがトラブルを乗り越えながら過去のすれ違いを解消する話なのだけど、もはやバカップルしすぎてニヤニヤしてしまいました。

☆あらすじ☆
「ねぇ、あかりちゃん。ぼく、やくそくするよ」
それは幼い頃に幼馴染の山吹灯里と交わした約束。けれども、今ではきっと青葉喜一郎しか覚えていない約束。それから時は流れ、二人は次第に疎遠となり気付けば高校生になっていた。地味な喜一郎とは違い、すっかり誰もが認める美人になった灯里だったが―
『今から貴様は呪いを受ける』
突然ふりかかった“青春の呪い”によって、彼女の存在は徐々に消えていき!?呪いを解くためには二人で数々の青春=試練をこなすこと!?
再び動き出した二人の時間。一度しかない高校生活を、少年少女が全力で駆ける青春ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染の山吹さん/道草よもぎ

幸運なバカたちが学園を回す1 豪運ザコとカワイイ幼馴染/藍藤遊

幸運なバカたちが学園を回す1 ~豪運ザコとカワイイ幼馴染~ (MF文庫J)
幸運なバカたちが学園を回す1 ~豪運ザコとカワイイ幼馴染~ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
笑った〜w
何もかもがガチャで決まるというぶっ飛んだ学園を舞台にした青春小説。
畳み掛けるようなギャグとノリの良さが楽しい作品でした。
幼なじみ好き的にもニヨニヨできて満足。幼い頃のすれ違いからの〜っていう展開が大好物なチョロい私です。
そしてなにより仲良しバカどもの友情に幸あれ!

☆あらすじ☆
幸運の女神が大爆笑! 全然嬉しくない幸運を持つ少年と愉快な仲間の物語。
――矢内総流はかなり特異な運の持ち主だ。たとえば、ソシャゲでお気に入りのキャラが欲しくてガチャを回せば、まったく興味の欠片もないSSRを引いてしまうような、いわゆる“要らない幸運を引く”体質だった。そんな、人とは違う妙ちくりんな幸運を持った総流が――すべてが“運”で決まる学園に入学してしまった! 時間割、食堂のメニュー、席替え、試験……学生生活に欠かせない、ありとあらゆるものが運試しによって決まるというとんでもない学園。そんな学園で総流は、小学校以来の幼馴染と再会する。……が、総流にとっては、それすらも“要らない幸運”だった!? これは、全然嬉しくない幸運を持つ少年と、愉快な仲間の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幸運なバカたちが学園を回す1 豪運ザコとカワイイ幼馴染/藍藤遊

語り部は悪魔と本を編む/川添枯美

語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)
語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
ラノベ作家デビューを目指す青年と、彼の恋人である担当編集者の奮闘を描く物語。
これまで読んできたラノベ作家モノでも出版界隈の厳しいお話はたくさんあったけれど、本作はとりわけシビアにエグく感じました。
主人公の扱いは私が読んだなかでは一番酷かった気がする。
夢があるんだかないんだか・・・・・・でもこの作品の心理描写は好きです。リアルなつらみを感じる。

☆あらすじ☆
恋する二人vs悪魔編集長!? 今””一番応援したい””出版業界の恋と戦い!
拾い上げ作家の中村雄一は、ある日理想に限りなく近い女性、絵美瑠と出会い、交際することになる。作家と編集者としても頑張っていこうと誓い合うも、二人の前にはデビューを阻む悪魔のような編集長が立ちはだかる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 語り部は悪魔と本を編む/川添枯美

なんちゃってシンデレラ4 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。/汐邑雛

なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 (ビーズログ文庫)
なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
異世界転生おにロリ(?)ファンタジー第4弾。
新章開幕です。タイトルで身構えたほどの後宮のドロドロ感はなかったかな。
ただ、話が進むのは相変わらず遅いから、これからドロドロするのかもしれない?

☆あらすじ☆
幼女でも妻です! 夫の心と胃袋は、ぎゅっと掴んで離しません!
先王が亡くなり、ナディルの正式な王位継承が決定。これまで幼さを理由に公の場に出ることのなかったアルティリエは、 妻として夫ナディルの隣に立つため、社交界デビューするが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む なんちゃってシンデレラ4 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。/汐邑雛

錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹

錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)
錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
平民出身の成り上がり異端審問官と空気の読めない貴族令嬢が、異端の疑惑がある猟奇事件の謎に挑むミステリー。
オカルト事件を科学捜査で解き明かすミステリーって好きなんですよねぇ。本作も世界観を壊さない程度に科学的アプローチを試みているのは良かったです。司祭ヒーローの清濁併せ呑む感じも好きですね。男女バディっていうのがすでに好き。
ただ、ヒロインの一部行動に「ん??」と引っかかったのは残念だったり・・・・・・
ちなみに糖度はほんのり程度ですが、ラストの切なくて優しい余韻は素敵でした。

☆あらすじ☆
異端審問官のジルベールは猟奇事件に関わっていると噂される悪名高き貴族、ヴォワール辺境伯レオンを生け贄を用いて黒魔術を行った疑いで告発する。法に守られた貴族を裁く絶好の機会だと勇むジルベールだが、異端であるかどうかを客観的に判断する錬金術師のマリーは、現時点では、証拠が足りないと追加調査を行うことを進言する。融通の利かないマリーと共に再調査に向かうジルベールだが?KY令嬢と平民出エリートが猟奇的事件に挑む!凸凹コンビの錬金ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)
Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
アニメ見るの忘れていたこともあって、前巻の内容もうろ覚えなまま読んでみた第3巻。
話自体はほとんど進まなかったような?
それでもジワジワと不気味な空気が作品を包んでいく感覚はやはり楽しかったです。

☆あらすじ☆
「速報! 僕……死んでた!?なんというワロス」
橋上教授の惨殺事件と、井の頭公園での集団自殺。二つの事件で世間が騒然となる中、悠太はニュースで発表された死亡者リストの中から自分の名前を発見してしまう。何かの間違いと笑い飛ばすが、キリキリバサラのメンバー達の名前も次々と発見され、事態は思わぬ方向に――。ダイイングメッセージCODEの暗号、コトリバコと謎の少年、そしてニゴロ事件……。やがて悠太達は事件の真相が教授の研究と関係しているのでは?と推理を始める。女子高生のFBIサイコメトラー捜査官・鬼崎あすなも現れ、事件は核心へと近づいていくが……。
謎が謎を呼ぶ、超常科学NVL第3弾。「――お前の見ている世界は、本物か?」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸