「★★★★☆」タグアーカイブ

この恋と、その未来。1 一年目 春

『この恋と、その未来。 ー一年目 春ー』(森崎ビンゴ著/ファミ通文庫)★★★★☆
この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)
この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)

全寮制の高校に入学した主人公のルームメイトは性同一性障害の女性だった、 というところから始まる物語。一年目春、と副題にあるからには高校生活を全て描ききりたいのかな。難しいテーマだけに、期待したいです。
この巻は新生活の始まりと出会いの巻で序章なのですが、ラストは物語全体の先行きに一抹の不安を感じさせる切なさが詰まっていてとても良かったです。

☆あらすじ☆
超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!?四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。
『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む この恋と、その未来。1 一年目 春

炎の発明家の秘密の初恋

『炎の発明家の秘密の初恋』(宇津田晴著/ルルル文庫)★★★★☆

ルルル文庫 炎の発明家の秘密の初恋(イラスト完全版)
ルルル文庫 炎の発明家の秘密の初恋(イラスト完全版)

前作『王の守護者の秘密の婚約』の3年前、作中で出てきたイデア学園の入学試験のお話です。
前作よりもこちらの方が私は好み。面白かったです!
前作主人公のエールも出てきますが、今作の主人公は彼女の友人ミーラン。
天才すぎて魔物扱いされてきた不憫な境遇の彼女が 、やたら甘やかしてくれる眼鏡男子と添い寝する話です。添い寝。添い寝って・・・・・・。
あと眼鏡外すとイケメンはもはや様式美だな、とつくづく思いました。

☆あらすじ☆
優秀すぎる頭脳のせいで親から魔物の子と呼ばれ、家を追い出されたミーラン。北の離島にあるイデア学園で生徒候補生として暮らし始めるが、ここでも周囲になじめず、ひとり書庫に閉じこもるように。まともな食事もとらず倒れてしまったミーランを孤独から救ったのは同じ候補生のオットー。優しい兄のようにベッドで添い寝してくれるオットーに、ミーランの胸はドキドキが止められなくなって!?
とろける甘さの学園ラブリー・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 炎の発明家の秘密の初恋

茨姫と嘘吐きな求愛

『茨姫と嘘吐きな求愛』(宮野美嘉著/ルルル文庫)★★★★☆

ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)
ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)

男嫌いのバイオレンス系ヒロインと、サドでマゾでヤンデレなヒーローのコンビの駆け引きが楽しいスパイもの、ならぬ「水戸黄門」もの。
ヒロインがとてもかっこ良くてとても女王サマです。そしてお姉様。
彼女の男嫌いを直すために従者としてつけられたのがヒーローなのですが、どうにも挙動不審&アヤシイ言動を繰り返す彼の正体とは!?というお話でした。
ヤンデレヒーローが好きな人には堪らない作品なのではないでしょうか。

☆あらすじ☆
代々「王家の蝙蝠(こうもり)」と呼ばれる諜報活動を生業(なりわい)としてきたラグランド伯爵家。ある日、当主である祖父に呼び出されたアイリーンは、兄の不始末から突然跡継ぎに指名されてしまう。しかし、アイリーンは筋金入りの男嫌い! 婿をとって子など産めるかと即座に拒絶したところ、とんでもない男が部下としてやってきて!? その恋は、死ぬほど甘い蜜の味――。
男嫌いの茨(いばら)姫と退屈を持て余した切れ者従者との、人生を賭けた甘くて危ない下克上ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茨姫と嘘吐きな求愛

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

え?外伝なんですかこれ?もう一つの本編じゃないの?
ベルが主役の本編が弱い冒険者の成長譚である一方、アイズ主役の外伝は神様たちの思惑が絡めて「ダンまち」世界そのものを大きく描き出そうとしているように感じます。いや、本編も5巻とか読んでるとそういう雰囲気出ているんですが。だからこそこの外伝って、「本編」じゃないのかなって思うんだし。
それにしても本当に面白いシリーズです。前巻ではいかにも本編の裏側を見せます!という感じだったのに、2巻にしてもう独立したシリーズの形になってきました。もっとも本編を読んだ方がいいのは間違いないのですけどね。
まさかミステリーっぽく話が進むとは思いませんでしたし、バトルも安定の迫力でした。続きが楽しみだ!

☆あらすじ☆
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、待望の第二弾!
真っ赤な血に染まる部屋、むせ返る鉄の臭い、 そして頭部を潰された凄惨な冒険者の骸──。怪物祭の騒動を無事解決したのも束の間、アイズ達は謎の殺人事件に巻き込まれてしまう。調査に乗り出す彼女達は、上級冒険者を手にかける凶悪な殺人鬼を追っていく内に、都市と迷宮を揺るがす事柄に直面する。
「なに、これ……?」
謎の宝玉をめぐって、地上と地下、二つの舞台が交差し、迷宮都市(オラリオ)に潜む闇が静かに蠢き出す!
これは、もう一つの眷属の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2

紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

『紫陽花茶房へようこそ 夜のお茶会は英国式で』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)
紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶 | 晴れたら読書を
2014年6月刊。
大正時代、英国式の茶房で起こる不思議な出来事を描く連作短編第二弾。

なぜか2巻からコバルト文庫の25日発売のほうに移ってしまい、背表紙が変わってしまいました。棚に並べたときに統一感が欲しかったなぁ、と少し残念に思ったり。書店での売り場も、お店によっては1巻はライトノベルコーナーにあるのに2巻は一般小説コーナーに並んだりしていて、ちょっと複雑な気持ちです。2巻から手に取ってくれるのを期待するのはハードル高いと思うんだ・・・・・・(ちなみに私行きつけの書店では1階が一般書でライトノベルコーナーは3階だったりする)。
大好きな作品だけにこんな変則的な売り方をされてかなり不安です。続いてほしい・・・・・・っ!

肝心な内容ですが、かたやまさんらしい可愛くてお菓子みたいな雰囲気はそのまま。相変わらずの紫音さんですが、今回は彼の事情に少し踏み込んだ内容でした。
2巻から読んでも問題ないとは思うのですが、1巻を読むことが前提のような気がします(当たり前か)。どうせなら1巻も新装丁で発売し直した方がいいと思います!それか、2巻を田倉さんの挿絵いれて普通のコバルトで出し直そう!(懇願)

☆あらすじ☆
時は大正。銀座の路地裏にある、レンガ造りの洋館。英国伯爵と“魔女”の孫である青い瞳の青年・紫音が営む紫陽花茶房には、ちょっぴりワケありの客人がやって来る。店主特性の魔法茶を饗する真夜中のお茶会が、こんがらがった心の糸を解きほぐしてくれて・・・・・・?男装の麗人の秘めた過去とは?そして、西洋嫌いの頑固な老人の隠された想いとは?心温まる3つの物語を収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

焦焔の街の英雄少女1

『焦焔の街の英雄少女』(八薙玉造著/MF文庫J)★★★★☆

焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)
焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)

え・・・・・・・・(゜Д゜)

表紙の豆腐メンタルなヒロインは可愛いし、その心を支える幼馴染みの主人公との関係も穏やかでほのぼのしていて良かったです。異世界からやってきた怪獣と少女が戦うという特撮のような作風もとても楽しかったですし、ラストの盛り上がりにかけての王道的な展開も胸が熱くなりました。文句なしに面白い作品だったと思います。

でも、ここで「続く!」と止めてしまうのはヤメテーーー!!
ヒキ方が鬼すぎる!
早く続き出してください!!お願いします!

☆あらすじ☆
焼け落ちた品川の街、逃げまどう人々。別世界から侵入した剋獣――世界の敵に人々は脅かされていた。しかしこの世界には英雄がいる。世界を喰らう剋獣五帝と戦い、討ち果たす者。焔まとう英雄、烈火の剣皇・紅地杏だ。だが彼女には秘密があった。そのメンタルは豆腐で英雄然とした姿は演じているだけ。自分の台詞の恥ずかしさに赤面、後輩の相談に狼狽し半泣き。その真実を幼なじみ・黄塚光義だけが知っている。度重なる戦いでその身を、英雄であろうとすることでその心を、傷つかせていく杏。だが無力な光義ができることは、彼女の平穏な日常を守ってあげることだけで……。
これは世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。

以下、ネタバレありの感想です。未読の方は要注意。

続きを読む 焦焔の街の英雄少女1

デスニードラウンド ラウンド3/アサウラ

デスニードラウンド ラウンド3 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド3 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★★☆
実は三部作だったらしいデスニードラウンド完結巻。
全ての元凶であるデスニードラウンドへの潜入任務を受けることになったユリたちですが、これまでで最も過酷で、最も爽快感のある話でした。 ユリの成長が泣けます。
そして際どい際どい!と唸ってきたシリーズの最終巻らしく、ほんとにやばいくらい際どいです。これほぼアウトなんじゃないだろうか。

☆あらすじ☆
ある日、組合から松倉チームに妙な依頼が入る。尋常ではない高額なギャラの仕事とは『デスニードラウンド』というテーマパークで夜な夜な行われている『何か』の調査だった。一般客に紛れてDNRへ来たユリ達は招待を受けたとある園内のレストランへと足を運ぶ。そこはDNRの真のゲストだけが訪れることを許された、秘密の会員制クラブだった。そこでユリ達は知る。DNRの真実と仕組まれた狂気のシステム、そして閉園後の禁断のイベントを。迫り来る、楽しげな音楽と笑顔に包まれた電飾で彩られたパレード、DNRの人気マスコットキャラクター達…。
「愛夢と絶望の国へようこそ!幸福な死を君に―ハピデス!!」
悪夢に占められた夜に、未来を求めて足掻く者達のサバイバルゲームが始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デスニードラウンド ラウンド3/アサウラ

斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

『斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★★☆

斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる 恋うる愚者に贖罪を (ビーズログ文庫)

新人賞受賞作の第2巻。楽院ファンタジー詐欺(あとがき談)なお話でした。
1巻時点では影が薄くてイマイチな印象だったヒーローのキャラが立ってきました。初々しい少年ぽさが良い具合に出てる。ツンデレなイヴリーンの明後日方向な高笑いも前回よりもクセになります。
何よりこのふたりのケンカップルぶりがとても萌える!
良い感じに脇役たちも光ってきたので、ぜひ息の長いシリーズになってほしいです。
あと、表紙の気になる彼は想像通りのキャラクターで「ふふっ」となりました。

☆あらすじ☆
再び“楽師(カンタンテ)”になるため、音痴の矯正に励む元・歌姫のイヴリーン。
最近の日課はカタブツ優等生・オリヴィエからの逃亡!
「俺が嫌いなのか?」――違う。彼の声を聴くだけで、全身が痺れておかしくなるのだ。
そんな折、消えたはずの精霊・ひばりと自分の偽者の噂を聞いたイヴは楽院を抜け出すが、なぜかオリヴィエに見つかって!?
逃亡どころか二人旅決定!
えんため大賞受賞作、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる2 恋うる愚者に贖罪を

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

前々から気になっていた作品だったのですが、思った通り面白かったです!
駆け出し冒険者の少年と、彼を見守る幼女姿の女神さまの物語。ダンジョンものらしく読んでいる間はRPGをプレイしているようなワクワクがあるのはもちろん、甘酸っぱい青春的要素もあるのがいいですね。知ってる名前の神様がぞろぞろ出てくるところなんかも非常に好みな世界観でした。なによりロリ巨乳の女神様が可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
迷宮都市オラリオ―『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ!“ファミリア”入団の儀式をやるぞ!」「はいっ!僕は強くなります!」
どの“ファミリア”にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの真様が果たした運命の出会い。これは、少年が歩み、女神が記す、眷族の物語。
第4回GA文庫大賞、初の大賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1

妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ

『妖精国の恋人 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ』(山本瑤著/コバルト文庫)★★★★☆

恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)
恋せよレディ! もふもふの城は大騒ぎ 妖精国の恋人 (コバルト文庫 や 6-42)

もうほんと可愛いなこのシリーズ!
今回はエリスの祖母である女王からの使者にレディとして認められなきゃいけない一方で、妖精王のちょっかいにも対応しなきゃいけないという慌ただしいお話でした。少しとっちらかってる印象もなきにしもあらずなのですが、そんなことどうでもいいくらいエリスとケイトリンが可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
妖精の棲むネイヴァロンでロウランド王国の王子・エリスとケンカしつつも甘い新婚生活を送るケイトリンは、妖精リャナンシーの血をひく自由すぎる女の子!
エリスが愛しすぎるあまり、愛に貪欲なリャナンシーのチカラが目覚めてしまい!?
二人の仲を裂こうとする厄介なお客様が現れるわ、妖精王が罠を仕掛けるわ・・・二人の仲は一体どうなっちゃうの!?
ときめきのもふもふファンタジー!!

あらすじ、なんか色々違う気がするんですが・・・・・・
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖精国の恋人3 恋せよレディ!もふもふの城は大騒ぎ