「★★★★☆」タグアーカイブ

落第騎士の英雄譚15 /海空りく

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
ヴァーミリオン皇国編クライマックス。
七星剣武祭編に続いて始まったこの章には色々思うところがあって、どうにかこの気持ちを整理したいんだけど、うーん、うまく書き表す自信がない。
落第騎士に求めているものと求めていないものが私の中でゴチャついて混乱を起こしている。
でも楽しかったのも本当なんです。特に黒騎士戦はすごく良かった。あと、表紙の彼女たちが最高でした。

☆あらすじ☆
「愛しているよ。ステラ」
全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた――。
寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、まさかの《黒騎士》アイリスの裏切りにより、再び混迷に陥ってしまう。
逃走を図る《傀儡王》オル=ゴールと追撃する《紅蓮の皇女》ステラ。弟を助けんとする《黒騎士》アイリス、立ちはだかる《落第騎士》黒鉄一輝。その熾烈な戦いが最終局面を迎えるとき、赤髪の少女の咆哮が戦場に響き渡る!
ヴァーミリオン戦役ついに決着! 別れと絆の第15巻!!

以下、ネタバレありの感想です。
今回は特にネタバレ注意したほうが良い感じ。

続きを読む 落第騎士の英雄譚15 /海空りく

茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
絶対的な記憶力を持つ天才少女の立身出世ファンタジー第4弾。
茉莉花の能力の長短どちらも掘り下げつつ、その両面から彼女の成長を描いていくところが本当に面白いシリーズです。
そして赤奏国編が今回でクライマックス。こちらも素晴らしい盛り上がりでした。
でも落ち着く間もなくこの引きはずるい!続きはよ!

☆あらすじ☆
赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

金椛国春秋5 青春は探花を志す / 篠原悠希

青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)
青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
族滅の憂き目にあった少年の波乱万丈な人生を描く中華ファンタジー第5弾。
今回は青春編ということで、遊圭が科挙に挑み、学生生活を送るストーリーでした。
予想を超えるほろ苦い「青春」だったのだけど、ラストの遊圭が妙に爽やかだから一瞬ハピエンかと思ってしまいました。でも、違うんだよなぁ・・・

☆あらすじ☆
想いを寄せるあの子のために、目指せ難関試験突破!大人気中華ファンタジー
現皇帝の甥として、平穏な日常を取り戻した遊圭。しかしほのかに想いを寄せる明々が、国士太学に通う御曹司に嫌がらせを受けていると知り、彼と同等の立場になるため、難関試験の突破を目指すが…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金椛国春秋5 青春は探花を志す / 篠原悠希

白翼のポラリス2/阿部藍樹

白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)
白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
空と海とボーイ・ミーツ・ガールの物語第2弾。
1年以上間があいたので少し諦め気味だったのですが、続刊が出てくれて良かった。
更に世界観を掘り下げるストーリーと、緊迫した空戦の駆け引きがとても面白かったです。
この引きは続刊前提かな?刊行ペース遅めでも、続きが読めるならずっと待ってます。

☆あらすじ☆
遠く遠く北の果てから、強力な海流を引き裂いて、戦船がやってくる。この星の真実と、災厄を載せて。ヴェセル・バトー会戦終結の立役者となったスワローのシエルとヴェセル王女のステラは、会戦時に垣間見た自走する船と伝説の大陸国家ボレアスの情報を集めるべく奔走していた。ある日二人の元に依頼が舞い込む。依頼人はボレアス軍人と名乗るシエルの父・アカーシャだった。蒼い空が汚される時、少年は何を想い、何を掴み取る?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白翼のポラリス2/阿部藍樹

さくら花店 毒物図鑑2 夏の悪夢/宮野美嘉

さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)
さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
植物の声が聞こえる店主が、植物とともに心を病んだお客さんを癒やしていく物語の第2弾。
病んで歪んだ愛を描かせると宮野さんはピカイチですね。ほんと好き。
そして広島弁夫婦の可愛さもパワーアップしていました。喧嘩(?)しながらイチャつくの最高か〜

☆あらすじ☆
住宅街にひっそりとたたずむ、レトロな雰囲気の「さくら花店」。一見ごく普通のフラワーショップだが、花に呼ばれるようにしてここにやってくるのは、傷ついて病んでしまった心を抱え、人知れず苦しんでいる人ばかり。生まれながらに植物の声を聞くことができる店主の雪乃は、人々を癒して救おうとする花たちの願いを受け、その手助けをしているのだ。
ある日、幼馴染みの男の子と一緒に女子高生の静香が店にやってきた。美しく奔放な妹の誕生日祝いにと、白い百合を買い求める彼女。百合を配達しに静香の家に向かった雪乃は、庭に植えられた黒百合の様子を見て嫌な予感を抱くが……。
花に求められれば危険もかえりみず走り出してしまう雪乃。渋々ながらもそれを見守りフォローする、人嫌いでぶっきらぼうな樹木医の将吾郎。そして雪乃と同じ能力を持つ、悩める少年ヒロ。風変わりな夫婦と居候が、植物にまつわる事件と心の闇を解き明かす!
優しくて怖い花物語、第二弾登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さくら花店 毒物図鑑2 夏の悪夢/宮野美嘉

神に食を捧げる美味宮候補となった少年の成長を描く和風ファンタジー 『双花斎宮料理帖』/三川みり

双花斎宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)
双花斎宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
「一華後宮料理帖」のスピンオフ作品であり、同作を知らずとも楽しめる新作です。
時系列は「一華」の1年前。そして舞台は「一華」主人公の母国である和国。
神と斎王に食事を作る「美味宮」の候補に選ばれながらも出世の足がかりとしか考えていなかった少年が、修行で失敗したり食を通して人との関わりを見つめ直すうちに、やがて自分の居場所を見つけ出す成長物語となっています。
連作短編形式で綴られており、主人公や斎宮寮の優しい人々が織りなす人間ドラマがみどころ。
決して派手なお話ではないのだけど、じんわりと心に残るような丁寧な作品だったと思います。
これもシリーズ化するといいな。期待しています!

☆あらすじ☆
「食」を通じて少年たちは結び合う。「一華後宮料理帖」に連なる新作登場!
「おいしい」と笑ってくれたら――それが、私の居場所。
父が流罪となり、元服できずにいた真佐智。ある日、当代が異国に嫁ぐため一年後に空位となる、美味宮候補に選ばれる。神に食事を捧げるだけの閑職と知って都へ戻る決意をするも、料理経験のない真佐智は失敗ばかり。そんな中、世話係となった炊部の少年・奈津から「なぜ、美味宮になりたいんだ」と覚悟を問われ……!?
「食」で結び合う少年たちの和風ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神に食を捧げる美味宮候補となった少年の成長を描く和風ファンタジー 『双花斎宮料理帖』/三川みり

覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
平和を目指すアルティーナたちが、南のヒスパーニア帝国へと侵攻する第14巻。
今回も安定した面白さでした。個人的には新キャラの父娘がとても好きです。

☆あらすじ☆
――ヒスパーニア帝国を征服せよ。
無能や背信の指揮官に足を引っ張られつつも、軍師レジスの策により、アルティーナはエルトリア教国を降伏せしめた。
しかし、元帥となった彼女に帰還は許されない。新皇帝ラトレイユからの勅命が下る。
『ヒスパーニア帝国を征服せよ』
命令には不服ながらも、第四軍は隣国へと侵攻した。大砲と小銃で圧倒するも、敵国には””神の子””と謳われし軍師がおり……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー、第十四弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや

世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ

君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)
君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
「おにぎりスタッバー」「6番線に春は来る。」の大澤めぐみさんの最新作は、世界を敵に回した魔女の戦いを描くファンタジー。
ネタバレせずに語るのが難しい作品なのだけど、読み終わった現在、私は絶賛混乱中です。
世界を敵に回した魔女と弟。互いだけを拠り所にし合う二人の関係にエモさと切なさを感じるのだけど、ラストはそういうレベルに収まらない感情の嵐に見舞われてしまいました。
それにしても大澤めぐみさんの作風、3作とも違いすぎません?しかも全部面白いから凄みを感じる。

☆あらすじ☆
ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー
数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」
これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレを踏まない方が楽しい作品だと思います。ご注意ください。

続きを読む 世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ

月とライカと吸血姫4/牧野圭祐

月とライカと吸血姫 (4) (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫 (4) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
いよいよ新旧主人公コンビが揃い踏み。
宇宙開発に切り離せない問題を物憂げに描きつつも、それでも尽きぬ宇宙への憧れに心が打たれます。
でもラストが不穏〜〜〜!

☆あらすじ☆
そして、宙を夢見る彼らは出会う。
『フライ・ユー・トゥ・ザ・ムーン』の合い言葉が宇宙ブームを盛り上げ、UFO騒ぎにまで発展する一方、月面着陸計画は行き詰まりを見せていた。そんななか連合王国では、『宇宙時代の人類』がテーマの万国博覧会が開幕。『アーナック・ワン』の広報を務めるバートとカイエは『宇宙の平和利用に関するカンファレンス』への参加を要請される。ロケット開発主任のクラウス博士や、若き女王サンダンシアなど、錚々たる面々の参加が決まるなか、あの共和国の英雄二人も急遽登壇することに。
例の行進以来、すっかり仲を深めたバートとカイエ。二十一世紀の未来や宇宙旅行の疑似体験など、仕事を忘れ万博を楽しむ。そして、待ちに待った英雄との対面。二人は未来に思いを馳せ、同じ夢を見る。
―――しかし。
「もはや核戦争は避けられません……ならば、先にしかけるべきです」
東西超大国のいがみ合いが、世界に未曾有の危機をもたらす。夢が消えかけるなか、二大国の若者たちは何を想い語るのか。
いまだ宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代……これは、宙に焦がれた人と吸血鬼が目指す、三十八万キロという途方もない旅への序章。宙と青春の物語、待望の第四幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫4/牧野圭祐

最低で優しい妓楼の男を描く中華小説『女衒屋グエン』/日向夏

女衒屋グエン (星海社FICTIONS)
女衒屋グエン (星海社FICTIONS)

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
「薬屋のひとりごと」(ヒーロー文庫)の日向夏さんの最新作。
浮世離れした美しい箱庭であり、常に憂いが漂う妓女たちの世界・妓楼。
そんな妓楼を統べる美しい女と、顔の半分を隠した隻眼の下働き。そして冴えない人買いの男。
妓楼に住み続ける彼らは、様々な妓女たちを美しく育てあげ、やがて彼女たちを見送っていくのです。
見送る彼らの胸に宿るのは、果たしてどのような思いなのか。
秘密を抱えた最低で優しい男の物語に、そして、傷を抱えながらも凛とした聡明な女の物語に、最後まで心を奪われてしまいました。
とても面白かったです!

☆あらすじ☆
今宵も妓館・『太白楼(たいはくろう)』は眠らない。とある花街のとある一角、遊女たちは春をひさいで生きていた。
生娘のまま女盛りを過ぎてしまった静蕾(ジンレイ)、勝ち気で反抗的な万姫(ワンジェン)、別れた男に囚われ続ける思思(スースー)……。そして西施(シーシー)、この世界を統べるうつくしい主。冴えない女買いの男・虞淵(グエン)と下働きの醜い少女・翡(フェイ)を従える彼女もまた、大きな秘密を抱えていた。そんなある日、都から届いた一通の文が妓館の運命を揺るがしていく。偽りだらけのこの街で、本当の幸せとはいったい何か?
遥か古都の遊郭を舞台に綴られる、儚い色里模様の幕が上がる。
『薬屋のひとりごと』日向夏 ×『おしえて! ギャル子ちゃん』鈴木健也が描く、新たな中華小説の誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最低で優しい妓楼の男を描く中華小説『女衒屋グエン』/日向夏