「★★★★☆」タグアーカイブ

86―エイティシックス― Ep.4 アンダー・プレッシャー /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年5月刊。
いよいよ物語は1巻ラストシーンのその先へ。
シンとレーナの何とも言えない青くさくて甘酸っぱい距離感に悶えてしまいました。悶えたんだけど・・・・・・あわわ

☆あらすじ☆
第八六独立機動打撃軍、始動。彼らの時計の針が、いま新たに動きだす――!
二人の奇跡を歯牙にもかけず。戦争は続く。ただひたすらに。
ついに運命の再会を果たしたシンとレーナ。どことなくいい雰囲気を醸し出す二人に、フレデリカとクレナは戦慄し、そして気を揉むライデンらの苦労は留まることを知らない。
しかしそんな束の間の休息を破り、レーナを作戦司令とする新部隊に初任務が下った。 共和国85区内北部、旧地下鉄ターミナル。地下深くに築かれたレギオンの拠点が、その口をあけて彼らを待つ。
そこに見えるのは闇。レギオンの、共和国の、そして彼の国が虐げた者たちの、闇。
シンとレーナ、二人の共闘を描く『Ep.4』登場!
“地の底からの呼び声が、彼らに新たな試練を告げる。”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.4 アンダー・プレッシャー /安里アサト

月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐


月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
新章スタートの宇宙飛行士たちの物語第5弾。
いよいよ月面着陸を目指すのだけど、問題は山積み、フラグも山積みで、本当にどうなっていくのやら。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
誰がために、月を目指すのか。
共和国の宇宙開発が停滞するなか、それまで後手に喫していた連合王国は資金力と組織力を武器に目覚しい成果を上げ続けていた。一方、焦りを募らせる共和国政府上層部は、人命を軽視した無理難題を現場に押し付ける。
〈ライカ44〉の訓練センターの副長官に昇進したレフは、同じく教官を務めるイリナと後進の育成に励みつつ、自らも月への飛行のため訓練を続けていた。
そんな中、レフの同期であるミハイルとローザが結婚するというニュースが飛び込む。しかしそれは、停滞気味の宇宙開発を隠蔽したい政府によって仕組まれた強制結婚。憤るレフとイリナだが、さらなる理不尽が彼らを待ち受けていて……。
宇宙飛行士は、技術者は「人類の夢」のため、いつだって命がけだ。しかし、国家の威信という名の下に、政府の駒であり続けるのは本当に正しいことなのだろうか。
これは、世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代の物語。その光と陰、表と裏の歴史に、宙に焦がれた人と吸血鬼がいた。
宙と青春のコスモノーツグラフィティ、新章「月面着陸計画編」ここに始動!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐

むしめづる姫宮さん /手代木正太郎


むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
面白かった!
「悪い虫」に憑かれてしまった少年がお節介に奔走する、ちょっと不思議な青春物語。
「虫」の正体を探るなかで思春期の少年少女が自分の心に向き合う話で、土壇場で見せる主人公の頑張りがとても良かった。
普段はとても卑屈で矮小な少年なんだけどね。でも、誰かのために戦える人って格好いいですよね。

テーマが「昆虫と青春」ということで昆虫の話もたくさん出てきます。
虫が苦手な私ですら「虫って実は面白いのでは?」と思えてくる薀蓄の数々が楽しかったです。

解説役の虫オタクなヒロインがまた可愛いんですよ〜。
好きな分野の話になると饒舌早口になるタイプのオタクです。
主人公と揃って妙に小物っぽいカップルなんだけど、そこに愛嬌があってとても好き。

シリーズ化してほしいなぁ。楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
一寸の虫にも五分の魂。それはヒトも同じ。
――宮城県宮城郡浦上町。そこは虫の魂が漂う不思議な町。時に虫の魂は未熟な思春期の若者の魂にひきよせられ、憑いてしまう。そんなとき、町の老人たちは、そっと若者に告げるのだ。「悪い虫に憑かれたら山の上の姫宮さんの所に行きなさい」と。
身も心も小さい有吉羽汰は、ある日突然、身の丈にあわない「おせっかい」をしてしまうようになってしまう。そのことを祖母に相談すると「……悪い虫さ憑かれたんだな」と姫宮さんのところへ行くように勧められるのだった。
だが、そこにいたのは昆虫のことが大好きなだけの、引っ込み思案の女の子で――?
セミの魂に憑かれ、五日おきにしか家を出られなくなった幼馴染み。
バッタの魂で集団化し、学校を支配し始めた女子ダンス部たち。
虫の魂による奇妙な騒動を、羽汰は虫好き少女姫宮さんとともに解決してゆくことになるのであった。
虫と人間、五分と五分の魂が巻き起こす、ちょっと不思議な青春物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む むしめづる姫宮さん /手代木正太郎

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者4 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者4 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
貧乏伯爵令嬢と厄介体質王太子の王宮ラブコメ第4弾。
女装兄に続いて男装王女襲来です。たしかに性別が行方不明。
なにげに前回で決まった兄のポジションが好きだったりして。アクションシーンにワクワクしたし、兄妹の連携プレーも増えてほしいなぁと思いました。

☆あらすじ☆
ワケあり王太子殿下アイザックとの婚約式を迎え、ついに婚約者となった貧乏伯爵令嬢リネット。あとは、貴族に向けてお披露目をすれば結婚まで一直線と思っていたのだけれど……。突然隣国のソニア王女がアイザックに婚約を申し込みにきたせいで、お披露目は台無しになってしまって!? カッコイイ男装の麗人になれる自分なら、男好きの殿下に相応しいってどういうことですか!
変な誤解をしている王女様に、殿下の婚約者の座を譲ったりなんてしませんから!!
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者4 /香月航

86 ―エイティシックス― Ep.2 ランスルー・ザ・バトルフロント(上)/安里アサト


86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
1巻で満足してそのまま放置してた86シリーズ。ようやく再チャレンジします。
かなり気合を入れて(覚悟を決めて?)読んだのだけど、2巻もやっぱり面白い。
じわじわ首を締めるような圧迫感は1巻に比べると軽減されている気がするけれど、そのぶん問題の根深さが見えてくる感じ。
続きも楽しみ。どんどん読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作、第二弾登場!
共和国の指揮官(ハンドラー)・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち〈エイティシックス〉の面々は、ギアーデ連邦軍に保護され、一時の平穏を得る。だが――彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、『隣国からやってきた戦闘狂』と陰で囁かれながらも、シンの“能力”によって予見された〈レギオン〉の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。少年たちは、そして幼き少女はなぜ戦うのか。そして迫りくる〈レギオン〉の脅威を退ける術とは、果たして――?
シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く、〈ギアーデ連邦編〉前編! “――死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― Ep.2 ランスルー・ザ・バトルフロント(上)/安里アサト

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者3 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者3 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
元野生児・現淑女修行中の貧乏伯爵令嬢と、厄介な体質持ちの王太子の王宮ラブコメ第3弾。
小姑襲来で、いよいよリネットの実家の話となりました。
兄登場時は思いっきり笑ったのに、最後はなんかもう感動してしまった・・・・・・
今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
ワケあり王太子殿下アイザックと相思相愛になった貧乏伯爵家の令嬢リネット。婚約式の準備も着々と進められ、後はリネットの父からの婚約承諾書が届けばすぐにでも婚約できるはずだったのだけれど……。父から「人違いではありませんか」という返信が届いただけではなく、王都へ来た兄からも反対されて!? 何で女装姿の兄さんに殿下との婚約を全面否定されなきゃいけないの!
兄さんより私の方が淑女だって見せつけて、殿下との婚約を勝ち取ってみせます!!
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者3 /香月航

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者2 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者: 2 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
働き者の貧乏伯爵令嬢と、厄介な体質持ちの王太子の王宮ラブコメ第2弾。
殿下、めちゃめちゃ重いわ・・・!と戦慄しました。怖い怖い。
そして今回も糖度が高すぎて悶絶。アクションシーンも格好良かったです。

☆あらすじ☆
とある事情で王太子殿下アイザックの婚約者として雇われていた貧乏伯爵家の令嬢リネット。契約を終えた彼女は、これで王宮のお掃除女中に戻れると思っていたのだけれど……。魔術大国から来た第四王子をとっさに助けたせいで、なぜか彼から追いかけまわされることになってしまって!?
助けただけで連日会いにくるなんて、大迷惑です! 彼から逃げるためなら、喜んで男装して殿下の従者になります!!
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者2 /香月航

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年6月刊。
面白かった!
王太子の不思議な「体質」になぜか影響を受けないことから、期間限定婚約者のお仕事を引き受けた貧乏伯爵令嬢のシンデレラ・ストーリー。
テンポの良い掛け合いが楽しくて何度も笑いました。
貧乏キャラが逆に頼もしいヒロインは元気よくて可愛いし、ひたすら甘い言葉を垂れ流すヒーローにはニヤニヤしました。
糖度自体はものすごく高いのだけど、二人のすれ違いっぷりが意外と切なかったりもして、最後まで楽しく読めました。
これは期待できそうなシリーズ。続きもどんどん読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
行儀見習いとして王宮へあがったのに、気づけばお掃除女中になっていた貧乏伯爵家の令嬢リネット。彼女は、女を寄せ付けないと評判の王太子殿下アイザックが通りがかった朝も、いつものように掃除をしていたのだけれど……。彼が落とした書類を届けたことで、大変なことに巻き込まれてしまって!?
殿下に近付く女性はもれなく倒れちゃうって、どういうことですか!
それに、触れても平気だったからってだけで、婚約者として雇うなんて本気なの!?
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 /香月航

Cocoon 修羅の目覚め /夏原エヰジ


Cocoon 修羅の目覚め【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
吉原一の花魁にして、江戸の街に現れる「鬼」を討伐する組織の長。
男たちを惑わす美しさと、鬼に対抗できる強さを両立させた、とても格好いい女主人公でした。
華やかでありながら男女の愛憎が渦巻く吉原の世界も耽美的。
表紙にピンときた和風FT好きの方なら、読んで損はないと思います。
しかもシリーズ化決定済みで第5巻まで出るらしい。今後も期待できそうな新作です。

☆あらすじ☆
戦う花魁。シリーズ、開幕! 第13回小説現代長編新人賞奨励賞受賞。
天明期の江戸・吉原。大見世である「黒羽屋」の最高級遊女・花魁として名を馳せる主人公の瑠璃は、江戸に跋扈する鬼を滅する闇組織・黒雲の頭領という裏の顔を持っていた。彼女は妖刀・飛雷を操り、恨みを強く抱いて死んだ者がなる「鬼」を退治するのを任務としていたのだ。
遊女の身でありながら自由な立場と権力を有するその強い力に惹かれ、様々な妖が瑠璃の下に集まることもしばしば。
黒羽屋で若い衆として働きながら瑠璃を支える黒雲のメンバーに裕福な太客たち、仲の良い朋輩にも恵まれている瑠璃だが、己が持つ尋常ならざる力と鬼に対する嗜虐的な思考に苦悩もしていた。
そんなある時、親友でもある朋輩が失踪した。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Cocoon 修羅の目覚め /夏原エヰジ

竜騎士のお気に入り6 ふたりは使命を遂行中 /織川あさぎ


竜騎士のお気に入り6 ふたりは使命を遂行中 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年7月刊。
いつだって無邪気に騒いでいた青に起こった異変。
その真相を探り、青の願いを叶えるため、ヒューバードとメリッサが国境を超えたミッションに挑むことになる第6巻。
面白かったです。いつにない青の態度にハラハラすると同時に、彼の成長ぶりを感じるお話でした。

☆あらすじ☆
「最後のひとかけらまで、紫の鱗を探し出せ」
竜が集まる辺境伯領の領主ヒューバードと結婚したばかりの侍女メリッサ。彼女は、ヒューバードとともに、とある準備に張り切っていた。それは青の王竜の1歳の誕生日! 当日は、王竜もメリッサからの贈り物を喜び、竜達と過ごす辺境は平穏そのもの。ところがその日の深夜、突如辺境伯家に舞い降りた王竜に異変が起こり――。
王竜が竜達のために願うことがあるのなら、ヒューバード様とともに全力で叶えてみせます!
堅物騎士と竜好き侍女のラブファンタジー第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜騎士のお気に入り6 ふたりは使命を遂行中 /織川あさぎ