「★★★★☆」タグアーカイブ

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)
錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
錆に覆われた世界で、どんな時にも錆びつかない強い心を持つ相棒の戦いを描くシリーズ第2弾。
1巻に負けず劣らず面白くて、迫力があって、心を鷲掴みにするシーンが盛りだくさんでした。ひとつひとつのセリフが痺れるくらい格好いいんだよなぁ。
ビスコとミロの絆は留まるところを知らず、初めましてのキャラもお馴染みのキャラも皆そろって個性の強さが最高でした。
今後の展開が気になる話も出てきたことだし、続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
熱い絆で射貫く怒涛の冒険譚、再び!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司

幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い/編乃肌

幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
こういうの、ほんと好きだ〜
関係断絶再会系幼馴染カップル(伝わる?)が好きな私にはとても美味しい1冊でした。
悲しいすれ違いによって別れ、険悪な再会を果たし、そして真実にたどり着く幼馴染ふたりの物語。
悲劇のヒロインもかくやというヒーローの内面がとても良かったし、泣きながらでも制裁を忘れない逞しいヒロインはとても格好良かったです。
あと幼馴染スキーとしては幼い頃の回想多めなところがポイント高し。
かなり綺麗に終わっているから単巻完結かな? 最後まで楽しい作品でした!

☆あらすじ☆
『精霊姫』に選ばれた庶民のスーリア。
だけど護衛騎士が昔喧嘩別れした幼馴染みのレイスだなんて!?
「お前の護衛なんて不本意だ」
「こっちだって願い下げよ!」
「スーに近づくなー!(怒)」
精霊ウォルもお怒りの中、向かった王都では『精霊使い』の行方不明事件が頻発!
しかもこの事件がレイスの素顔に迫る鍵になっていて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い/編乃肌

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)
第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
見た目が幼いことを気にする第六皇女と、見た目が怖すぎることを気にする黒騎士。
政略によって結婚することになった二人が、未来に思いを馳せながらゆっくりと心を交わす物語です。
辺境領地運営モノになっていくのかな? 見た目幼女でも中身はチートな姫さまが大活躍しそうな予感。
この1巻は主役二人の馴れ初め物語として綺麗にまとまっていたけれど、おそらく本題は二人が領地に移動してからなのだと思います。
ラブコメと内政を上手く絡めて描いてくれる作品だけに、今後の期待大です!
2巻も楽しみ!

☆あらすじ☆
天使のような王女が降嫁された相手は強面の騎士!? 恋には年の差も身長差も関係なし? あま~いラブコメディが登場!
リーデルシュタイン帝国は隣国との戦争に勝利し、戦勝の式典のために慌ただしい時を過ごしていた。
そんな中、第六皇女であるヴィクトリアは父である皇帝より、先の戦争で武勲を挙げた第七師団師団長のアレクシス――通称「黒騎士」に降嫁させると告げられる。
ドラゴンすら屠ると言われる剣の腕に加え、その鍛え抜かれた大きな体躯と厳しい風貌は、令嬢なら顔を見ただけで泣いて逃げ出すと恐れられている黒騎士。
対するヴィクトリアは16歳という実年齢に反して、10歳程度の子供にしか見えないほどに、幼くあどけない少女だった。
政略結婚にしても可哀想だと、周囲は結婚に反対するのだが、当のヴィクトリアは何故かアレクシスとの結婚に前向きなようで――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

人魚と十六夜の魔法(ぬばたまおろち、しらたまおろち2)/白鷺あおい

人魚と十六夜の魔法 (ぬばたまおろち、しらたまおろち) (創元推理文庫)
人魚と十六夜の魔法 (ぬばたまおろち、しらたまおろち) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
古今東西の妖怪たちが集う魔女学校を舞台にした和製魔法学園ファンタジー第2弾。
のびのびと学校生活を送る妖怪(妖魅)たちが生み出すユーモアあふれる世界観が相変わらず最高でした。
2巻で更に磨きがかかり、読んでるだけでワクワクします。

思春期真っ只中の妖怪たちは、人じゃないのに人間くさく、でも仕草は人のものではなくて。その全てがとても可愛くて・・・!
前巻を盛り上げた少女と大蛇の純愛要素もしっかり継続。
この二人、面白い方向にこじらせてきたなぁ〜とニヤニヤしました。

1巻が綺麗に終わっていたから2巻はどうなるかな?と不安もあったけれど完全に杞憂。
ぜひ3巻もお願いします。長く付き合っていけるシリーズになると嬉しいな。

ちなみに、帯には「妖怪×ハリー・ポッター」とあるけれど、ほんと和製ハリポタとか妖怪学校版RDGって感じの作品なんですよね。そういう学園FTが好きな人にもっと広まりますように!

☆あらすじ☆
四月、綾乃は無事ディアーヌ学院高等部に進級した。中等部には雪之丞の従妹のまりんや、絵葉の弟大地や、人間の女の子桜子も入学してきた。そんな新学期の慌ただしい一週間が終わったころ、綾乃たちの学年に転校生がやってきた。ロシアから来た礼儀正しい水妖ヴォダーくんは、あっという間にみんなの人気者になった。だが、そのころから学院内で奇妙なことが起こり始める。学院の周辺で不審者が目撃され、寮の部屋からお八つが消える。なにかがおかしい……。妖怪と人間が一緒に学ぶ魔女学校を舞台に繰り広げられる、愉快な学園ファンタジイ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 人魚と十六夜の魔法(ぬばたまおろち、しらたまおろち2)/白鷺あおい

りゅうおうのおしごと!9/白鳥士郎

りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
天衣ちゃん回。
幼い心に負った傷が大きすぎて、なかなか心を開かなかった天衣の力強い成長を感じる第9巻でした。
今回もとても面白かった!
まぁラストはとても不穏でしたけど!!泣

☆あらすじ☆
夜叉神天衣。
わずか十歳にしてタイトル挑戦を決めたシンデレラは、両親の墓の前で誓いを立てていた。
「お父さま、お母さま。必ず女王のタイトルを手に入れます……私たちの夢を」
しかし彼女の前に立ちはだかるのは、史上最強の女性棋士にして師匠の姉弟子――空銀子。
二人が争うのは女王のタイトルだけなのか、それとも……?
≪浪速の白雪姫≫と≪神戸のシンデレラ≫が遂に激突!
アニメ化も果たしますます過熱する盤上のお伽話、家族の絆と感動の第9巻!
シンデレラの頬を伝う一筋の涙を、若き竜王の飛車が拭い去る――!! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!9/白鳥士郎

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?6/手島史詞

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?6 (HJ文庫)
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?6 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
ザガンが小さくなっちゃった!の第6巻。
同じネタを繰り返すと飽きそうなのに、なぜだろう・・・・・・ちっこいザガンを抱きしめて幸せそうなネフィに尊さしか感じない!
色々と重要な設定も開示され、ますます面白くなっている本シリーズ。
続きも勿論楽しみです。

☆あらすじ☆
フォルの強くなりたいという願いのため、一時的に成長ができる魔術を使用したザガン達。だが、儀式の暴走で、フォルは大きく、ザガンが小さくなってしまった! オリアスの助言から、魔術とは違う力を求めたザガン達は、極東にて執り行われる“大陸種族長老会議”に出席することに決める。そこで待ち受けていたのは悠久の時を生きる夜の一族の一人・アルシエラ。会ったことのないはずの彼女はどうやらザガンとネフィを知っているらしく――。大人気ラブコメファンタジー絶好調の第6巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?6/手島史詞

招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世

招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)
招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
とても面白かった!
「英国マザーグース物語」の久賀理世さんの新作は、中世西洋風世界を舞台にした宮廷ミステリー。
不穏なジンクスを背負う〈小夜啼鳥〉の王女が宮廷に舞い戻ったことから始まる、陰湿で謎めいた事件の真相を解き明かす物語です。

宮廷で今、何が起こっているのか。誰がどんな思惑をもって動いているのか。
そして、諦めることに慣れ、望むことに慣れない王女の恋の行方はどうなるのか。

推理小説としても、淡い想いが花開いていく姿を描いた恋愛小説としても良作だと思います。
1冊で綺麗に話がまとまっていて、とても満足できる少女小説でした。続編希望!

☆あらすじ☆
先王の遺児として、寂れた古城で、穏やかな幽閉生活を送っていたエレアノール。だがある時、第二王子ダリウスの妃候補として、急遽、王宮に召されることになる。昨今、王家との縁戚関係を望む宮廷貴族たちの争いが激化しており、その動きを牽制するため、彼女に白羽の矢がたったのだ。十年ぶりに帰還することになったエレアノールに宮廷中の注目が集まる中、事件が―。華麗な陰謀劇の幕が開く!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世

妹さえいればいい。10/平坂読

妹さえいればいい。 10 (10) (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 10 (10) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
爆弾爆発に続く第10巻。
素直に「上手いなぁ・・・」と感嘆する面白さでした。
ほぼ既定路線だし、明確な伏線もあった。それでも最後の一言にハッとする気持ちがあって。
ここからどうなるんだろう。次巻が楽しみです。

☆あらすじ☆
妹がいる生活、はじめました。
ついに千尋の抱えていた大きな秘密が、伊月たちの知るところとなってしまった。千尋から事情を聞かされ、表向きはそれを喜んで受け容れた伊月は、これまでどおり那由多とイチャイチャしたり、千尋を可愛がったりして、妹がいる生活を満喫する。『妹すべ』のアニメも好評を博し、招待された台湾のイベントでちやほやされるなど、売れっ子作家としても満たされた日々を送る伊月だったが……? 一方、重荷から解放された千尋にも、新たな物語が始まろうとしていた――。
大人気青春ラブコメ群像劇、運命の第10弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。10/平坂読

空飛ぶ卵の右舷砲/喜多川信

空飛ぶ卵の右舷砲 (ガガガ文庫)
空飛ぶ卵の右舷砲 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
面白かったー!
世界規模の厄災により、「樹竜」と呼ばれる怪物に陸地を奪われ、人類が海上へと追いやられてしまった世界。
そんな世界で、小型ヘリに乗り込み、巨大な敵との戦いに挑む師弟の活躍を描いたSF作品です。
ヘリコプターが縦横無尽に空を駆る空戦シーンがめちゃくちゃ熱い。
皮肉を交わしながらも息の合った連携を魅せる主従の絆に痺れる。
そして困難を乗り越えようとする人間の放つ輝きに感動する!
一度は終末を迎えた世界観も奥行きを感じて良かったし、今後も楽しみな新シリーズだと思います。

☆あらすじ☆
人造の豊穣神・ユグドラシルによって繁栄を極めた近未来。人類は植物を自在に操り、時にはビルさえ“育てていた”。そんな文明絶頂期の中で、『大崩壊』は起きた。世界人口の半数以上が死に絶え、各地ではあらゆるシステムが麻痺。さらに突如現れた樹獣、樹竜と呼ばれる異形の怪物たちによって、人類はあっという間に地上から追放され、その拠点を人工の浮島・海上都市へと移した。
『大崩壊』から数十年。小型ヘリ<静かなる女王号>を操り、樹竜狩りを生業とするヤブサメ。彼は妹が患う奇病を治すため、師であり相棒でもあるモズとともに仕事をこなしながら、日本各地を飛び回っていた。そんな中、二人は東京第一空団副長セキレイの窮地を救い、その腕を買われて旧都市・新宿での大規模探索作戦への同行を依頼される。彼らを必要とするセキレイはヤブサメにこう囁きかけた。
「この作戦の成功は、キミの妹の病を治す事に繋がるかもしれない」
しかし新宿は「帰還不可能」とも噂される、Sクラスの危険地帯。割に合わないと、モズは難色を示すのだが――
これは鋼の翼と意志で空を駆り、樹竜を狩る者たちの物語。
第12回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 空飛ぶ卵の右舷砲/喜多川信

契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
契約結婚をした偽夫婦が、「椿」にまつわる様々な謎と出会うライトミステリー第3弾。
今回は二人の関係に見逃せぬ動きがありました。これは楽しくなってきたー!

☆あらすじ☆
“椿屋敷”と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した“偽装夫婦”。
―しかし最近、偽装とも言い切れない感情が、お互いに芽生えつつあるような。
そんな時、香澄の元・許婚の晶紀が、椿屋敷の裏にあるアパート“すみれ荘”に引っ越してきた!
彼の目的はもちろん―。
また、ひょんなことから、すみれさんに二人の秘密を知られてしまい…?第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子