「★★★★☆」タグアーカイブ

女王の化粧師 /千花鶏

女王の化粧師 (ビーズログ文庫)
女王の化粧師 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年3月刊。
女王を巡る選挙戦から始まり、やがて周辺諸国を巻き込む権謀術数を描いていく歴史ロマンあふれるファンタジー。
書籍版1巻では花街の化粧師がとある貴族に仕える男に能力を見込まれ、主君たる女王候補に出会うまでが描かれています。
この書籍版、先の展開を知らずとも伝わってくる、思いきりプロローグな内容なんですよね。
個人的に最も気になる部分すら明かされなかったので、我慢できずにWEB版で続きを読みました。

で、読んでみたらとても面白かった!

書籍版1巻の範囲だけでは評価に困るのだけど、WEB版を全部読んだ今はかなり推したい作品です。
WEB版では完結が見えてきている様子。ホントもう超気になるところで生殺し・・・!

☆あらすじ☆
あなたの化粧には力がある――。時代に翻弄された女王候補と化粧師の物語!
五人の候補者が次期女王の座を競う小国デルリゲイリア。
ある日、花街の化粧師であるダイの下に、女王候補の遣いと称する男ヒースが現れる。
ダイの腕を見込んだ男は、専属の職人にとダイを誘うが、主となる娘は“最も玉座から遠い”と言われていて!?
「わたしにできることはただひとつ。あなたを、あなたが望むように美しくするだけ」
WEBで大反響! グランドロマン開幕!!

以下、書籍版1巻およびWEB掲載分のネタバレを含む感想です。ご注意下さい。

続きを読む 女王の化粧師 /千花鶏

おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 /仲村つばき


おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
激重感情をぶつけてくる病的な男子が好きな人、読もう?

父の失踪によりあやかし専門運送会社を引き継ぐことになった女子大生が、父を探しつつ、アヤカシたちに届け物をしていくお仕事ファンタジー。
様々なおとぎ話がモチーフとなっていて、お仕事を通して自分を見つめ直す主人公の変化と成長を描くお話です。

そしてこれ主従モノなんですが、従者となる犬神くんがネガティブ方向に面倒くさい人(ぶっちゃけメンヘラ)だったので、そういうのお好きな人にはぴったりだと思います。私はお好きなので大変楽しかったです。

思わず変な勧め方してしまったけれど、あやかし系お仕事ものとしても面白かったよ!シリーズ化してほしいなぁ。

☆あらすじ☆
「今日から僕は、あなたの従者です」犬神が押しかけ従者になりまして。
父が失踪し、母は倒れ、どん底の年末を迎えた桃華。さらに父の経営する「よろずお届け処」は、あやかし相手の運送会社だった。残務処理を手伝う桃華はあやかしに襲われて、成り行きで犬神と契約することに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おとぎ草子、よろずお届け処 従となるは美しき犬神 /仲村つばき

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ /大森藤ノ


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
episodeリューに続く、「ファミリアクロニクル」シリーズ第2弾。
今回は女神フレイヤと幹部たちをメインに据えた【フレイヤ・ファミリア】のエピソード集です。
フレイヤ・ファミリアの好感度、というか、オッタルの好感度が爆上げしました。フレイヤ様はフレイヤ様だなぁと思うなどした。
割と重要情報も開示されたし、フレイヤとあの子の関係性についても・・・・・・

☆あらすじ☆
それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。
「私の伴侶はどこにいるのかしら?」
迷宮都市オラリオ最大の【フレイヤ・ファミリア】主神であるフレイヤの呟きに、その従者は「――またか」と頭を悩ませた。
この美しい主神は時折『運命探し』という『発作』を起こし一人旅に出てしまう。主の望みは最大限に叶えたいが、この世の誰よりも大切にしている彼女の一人旅など到底許容できない話であった。
そんな心配をよそに、ひっそりとオラリオを抜け出したフレイヤは『砂海の船(デザート・シップ)』でオアシスに築かれた『リオードの町』へとやってきたのだが――。
大人気のクロニクルシリーズ第二弾、オッタルの過去に迫る物語も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ /大森藤ノ

Cocoon2 蠱惑の焔 /夏原エヰジ


Cocoon2 蠱惑の焔【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
鬼を倒す最強花魁の活躍を描く吉原時代劇ファンタジー第2弾。
吉原遊女の悲惨さも、鬼退治バトルの厨二感も、なんだか1巻よりパワーアップしているように感じました。
めちゃくちゃ設定盛ってるけれど、正直こういうの大好きだ。

☆あらすじ☆
「Cocoon」シリーズ2作目!
最高級遊女・花魁でありながら、夜になれば鬼退治に奔走する瑠璃。人ならざる彼女の孤独を唯一理解してくれていた朋輩・津笠が鬼になり、瑠璃に斬られてから1年が経った。時間は流れたが、瑠璃の心の傷は癒えない。そんな中、五人衆の一人・錠吉が不自然に瑠璃を避け始め……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Cocoon2 蠱惑の焔 /夏原エヰジ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ


【電子限定版】聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
転生して聖女候補となった少女が、前世の因縁を乗り越えて自由に生きようとするファンタジー第3弾。
完結巻です。綺麗にまとめて終わっているし、とても満足できました。
しかし最後は思わず吹き出してしまうセリフや展開が多かったなぁ。この作品のギャグパート好きだ。

☆あらすじ☆
前世で不幸な死を遂げ、今度こそ好きに生きると決めた転生者のリズ。聖女になるための最終選定の最中、再びリズを前世の因縁が襲う。だが、誤解が解けぬまま一人で死んだ前世と違い、王太子キーファ、神官ロイド、他の候補者たちの存在を力に、黒幕へと迫る。
とうとう五百年前から続く因縁を断ち切ることができるのか!?
「必ず、ここで終わらせてみせる」
聖女を目指す彼女が、最後に掴むものは――。
リズ達の“その後”のストーリーも4万字を超える大幅書き下ろしで収録。爽快ファンタジー第三弾、待望の開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ

魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人


魔女の花嫁 seasons beside a witch (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
死にたくないと願う少年と、彼を弟子にした魔女の物語。
陽気で、ひょうきんで、構いたがりで、少しだけ影がある。そんなミステリアス美女は好きですか?大好きです!
このお姉さんに、生意気で陰気で皮肉ばっかり言うような少年がセットなんですよ。最高。とても良い組み合わせのおねショタでした。
油断ならない魔術の世界で師弟になった二人の、優しさと欺瞞が折り重なる不思議な距離感が楽しかったです。

☆あらすじ☆
ひとつ屋根の下、綺麗な魔女のお姉さんと暮らしてみませんか?
不治の病に罹った少年・桑折冬至ははずれの森に住む変わり者の魔女・ミーズに出会う。
その魔女は対価を払えば、どんな願いでも叶えてくれるが、願いの対価は彼女の気分次第。
珈琲を淹れることから、心臓を取られることまで、何を要求されても文句は言えない。
冬至の願いを聞いた魔女が伝えた対価は――。
「ふふっ、今日から君は私の弟子だ」
「へ?」
これは『僕』と『魔女のお姉さん』の季節をめぐる物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人

転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜


転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1 (アース・スターノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年6月刊。
大聖女だった前世の記憶と力を取り戻した少女が、それを隠しながら騎士団ライフを謳歌する転生ファンタジー。
実力を隠す有能主人公系のお話ですが、そのすっとぼけ具合のキレ味が最高でした。めっちゃ笑った。

アホの子なんですよ。頭悪くないしスペックもすごいのに、アホの子。
ばかな子ほど可愛いとは良く言ったものです。本当に可愛いんだもん。すごく好き。

マイペースに周囲を振り回す主人公に対し、勢いよくツッコミを入れる騎士団の面々にも笑いました。
なんだろう?できの悪い末っ子を愛でるお兄ちゃんたちがたくさんいる感じ?アットホームな騎士団ですね。

ストーリーは騎士団舞台の日常モノという感じで、キャラの掛け合いにツボだったので次巻も読みます。

☆あらすじ☆
小説家になろう ジャンル別 年間1位作品!待望の書籍化
騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に「大聖女」だった前世を思い出す。
え?聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね?
私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した「失われた魔法」ばっかりなんだけど。
そういえば、前世で、「聖女として生まれ変わったら殺す」って魔王の右腕に脅されたんだっけ。
こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。
…ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます!
なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。だって、色々便利だから…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2 (アリアンローズ)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
前世も今世も身分社会に苦しめられる平民の少女が、自由を目指して聖女候補の試験に挑戦する転生ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。前世ロマンスと陰謀サスペンスのバランスが丁度よい。
前世の恋は今世にも続くのか。恋をしているのは誰なのか。
神殿と王宮を巻き込む陰謀が進むなか、前世の因縁を乗り越えようとする主人公カップルの葛藤と奮闘が面白かったです。
それにしても、天与の才により突き進む主人公に比べると、悪役の方が努力してる感じになるのが少し笑える。でもそれが敵対関係に張り合いを生んで、読み応えに繋がっているのでしょうね。ラストのオチがとても好きでした。

☆あらすじ☆
前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?
「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」
再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ

引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子


引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番: 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
元引きこもりの伯爵令嬢が、騎士団所属の聖獣たちのお世話に奮闘するお仕事ラブコメ第2弾。
やはり本作一番のイケメンは巨大ウサギのアトラなんですね。
なんでこんな格好いいのか。モフみとイケメンぶりとお兄ちゃん感が絶妙。
しかしヒーロー・サイラスも負けていません。更にパワーアップしたお色気ぶり。薔薇がわさわさしてました。
もはやこの人は常にモザイクかけるしかないのでは・・・・・・ミュリエルの心の安寧のためにも!

☆あらすじ☆
「君が大人の階段をのぼれるように、手を貸そう」
聖獣のお世話をする「聖獣番」として働いている伯爵令嬢ミュリエル。人づきあいが苦手で、本ばかりを読んでいたのが嘘のようだ! となればよかったのだけれど、当然そうはならない。とりわけ色気ダダ漏れなサイラス団長から向けられる好意は、ミュリエルには高すぎる壁としか思えず――。お友達から始めようと言われても、距離感がつかめません! それに、新しい聖獣探しの任務にどうして聖獣番が必要なの?
引きこもり令嬢と聖獣騎士団長の聖獣ラブコメディ第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子

ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 /さくら青嵐


ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞奨励賞受賞作。
女装した領主の息子と男装した少女護衛が、領地の貧民街に繰り出して人々の生活を知る中で、とある陰謀に巻き込まれていく物語。
心も身体も未熟な主従の成長物語であり、また、幼馴染の切ないすれ違いを描いたラブロマンスです。

幼い頃から当たり前にあった場所が、「当たり前」ではなくなることへの焦燥と喪失感。
成長するなかで突きつけられる問題に揺れるヒロインの心がとても丁寧に描かれていたと思います。
幼馴染の恋物語としてはかなり好きなタイプのお話でした。

ただ、成長物語としては発展途上という感じだし、ここから更に面白くなるはず。
特に女装ヒーローの方は、あと一歩頑張ってほしくなったので、次巻以降の彼の成長には期待しています。

☆あらすじ☆
「おれの側から離れるなんて許さない」すべてをかけて、命運を掴み取る!
オリビアが護衛するアルフレッドは、表は真面目な領主の息子、裏では女装で屋敷を抜け出す猫かぶり!
そんな彼に連れられ、男装したオリビアも『夜の街(ナイト)』へ。
そこでノアと名乗る怪しい奇術師に出会い、二人で一座を調べることに。
しかし襲撃を受けたオリビアは、護衛対象(アルフレッド)に守られる形で己の力不足を突きつけられて……!?
「おれの側から離れるなんて赦さない」
女装殿下の独占欲が大暴走!? 第17回小説大賞奨励賞・受賞作!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 /さくら青嵐