「★★★★☆」タグアーカイブ

やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中4 /永瀬さらさ


やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中4 (角川ビーンズ文庫) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ第1巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2022年4月刊。
面白かった!
うれし恥ずかし嫁の実家にご挨拶!からの仁義なき夫婦喧嘩の幕開けです。
この夫婦の絆はジルの忍耐力と筋力にかかりすぎではないですか??そこが好きですけども!

☆あらすじ☆
6年前に時が戻ったジルは、ラーヴェ帝国皇帝ハディスと、結婚の許しを得にクレイトス王国へ向かう。だが真の目的は――未来の開戦を避ける和平交渉!
そんな王国で待ち構えていたのは、前世の首謀者で元婚約者のジェラルド王子。意外にも和平に乗り気で喜ぶジルに、納得しないハディスは婚約破棄を突きつけて!?
「もう君は竜妃じゃない」「いい度胸だ、あの馬鹿夫!」
今世の恋は絶対諦めないから――最強令嬢、人生やり直し!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中4 /永瀬さらさ

マリエル・クララックの祝祭 /桃春花


マリエル・クララックの祝祭 (アイリスNEO) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ第1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年1月刊。
諜報活動を得意とする作家嫁と、彼女に振り回される堅物軍人夫の二人が様々な事件に遭遇していくシリーズ第9弾。
おお、次で二桁に突入なんですね!長続きしてめでたい!
変わらないのが魅力のマリエルも少しずつ成長しているし、物語の中でも時の流れを感じることが楽しい。
それはさておき不穏な展開がじわりと進んでいる感じ。続きに期待が高まります。

☆あらすじ☆
伯爵家嫡男のシメオンと格差結婚し、愛し愛される日々を過ごすマリエル。「旦那様は最高の萌えだけど、彼の甘さにとろけていないで、たくさん役立つ頼もしい妻になります!」そう気合を入れ直していたある日、要人を集めた茶会に参加したマリエルはオルタ国の王子グラシウス公と再会する。自由のない彼に、祝祭を楽しんでもらおうとあることを計画するのだけどーー!? 大人気シリーズ第九弾、オール書き下ろしで登場! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マリエル・クララックの祝祭 /桃春花

茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず/石田リンネ


茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年3月刊。
バシュルク国編の決着巻。
茉莉花の規格外っぷりがやはり痛快です。
向いてないと心でこっそり弱音を吐く茉莉花を見るたびに「いやむしろ申し子じゃん…」と思うこと幾万回。今回またカウントが増えました。

☆あらすじ☆
茉莉花の才能に、無敵の要塞都市も陥落!? バシュルク国解決編!
バシュルク国への潜入捜査中、ムラッカ国の襲撃に遭遇した茉莉花は、絶体絶命の状況を打破すべく珀陽からもらった禁色の小物を使い傭兵団を雇うことに。
さらに軍事顧問官であるアシナの信頼が必要となるため、心の動きを読み、その反応を見ながらムラッカ軍攻略への大胆な施策を打ち出していく。
茉莉花の的確な指示にアシナは傾倒していき――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず/石田リンネ

破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ /染井由乃


破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ (電撃の新文芸) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2022年3月刊。
生贄となる日を粛々と待つ姫と、彼女の隣で物語を語る朗読師。
二人の恋がバッドエンドを迎えたところから始まるやり直しの物語です。
読みながら「血みどろ皆殺しのヤンデレ発狂エンドと、○○○○○○エンドどっちが良い?」と聞かれている気分になりました。地獄の二択か?
正直どっちも大好きですが、やり直しによって紡がれる幸せな悲恋の物語はとても美しかったです。心に響く表現がとても多かったなぁ。
終盤の展開も好み。最後までとても面白かったです!

☆あらすじ☆
生贄の姫と孤独な魔術師が織りなす、悲しき【運命のやり直し】の物語
王国を守る生贄の「人形姫」として育てられた王女コーデリアは、幼い頃失明して以来、専属朗読師の青年レイヴェルを心の支えに生きてきた。しかし生贄の儀式も間近のある日、レイヴェルの魔術によって国が滅ぼされてしまったと知る。優しい彼が何故……? 絶望するコーデリアに“女神”が救いの手を差し伸べた。視力を与えられ、一年前に戻った彼女は、レイヴェルが起こす災厄を必ず防ぐと決意する。たとえ彼を殺してでも。悲劇の運命を書き換えるために――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ /染井由乃

災厄令嬢の不条理な事情 婚約者に私以外のお相手がいると聞いてしまったのですが! /中村朱里


災厄令嬢の不条理な事情 婚約者に私以外のお相手がいると聞いてしまったのですが! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年8月刊。
救国の英雄の末裔であり、その代償の呪いを背負ったヒロイン。
笑っちゃうくらい不運な彼女が、婚約者の王太子に会うため、慇懃無礼な従者と二人旅をする物語です。
どんな苦しい困難が待ち受けていても、毅然と立ち向かう心根清らかな少女主人公です。そんでもって剛腕の武闘派です。ここポイントです。「お姫様」に憧れる腕っ節の強い女の子、良いよね!!
テンポの良いストーリー、笑える主従漫才、物語の最後に待つ童話的なロマンス。どれもとても良かったです。
私は自分を大事にしない女の子と激重感情執着男の組み合わせが大好きなんだ……
間もなく2巻も出るとのこと。続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
――王太子殿下は、とある男爵令嬢にご執心。自身との婚約を公表するという王太子からの手紙が届いた聖爵家令嬢マリオンは、同時にそんな不穏な噂を耳に! そこで彼女は、真相を究明すべく、王太子に不満たらたらな美貌の従者リヒトと共に旅立った。遥かな王都へ二人だけで……。仕方ないじゃない、我が家はド貧乏なのよ! しかも、馬の暴走で徒歩になるし、道中では賊に襲われ、災難続き……。でも、襲い来る不運を撃退して目的を達成してみせるんだから! 災難に愛されすぎている令嬢の前途多難なラブファンタジー。 ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 災厄令嬢の不条理な事情 婚約者に私以外のお相手がいると聞いてしまったのですが! /中村朱里

十三歳の誕生日、皇后になりました。6 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。6 (ビーズログ文庫) 【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
皇位簒奪から始まる、国の立て直しを目指す皇帝夫妻の物語第6弾。
今回も安定して面白かったです。莉杏は本当に魅力に溢れたヒロインだと思う。愛されている余裕たっぷりだった暁月が段々と不穏な未来を予測しているのが楽しいです。早くそうなりますよーに!笑

☆あらすじ☆
「だってわたくし、稀代で傾国の悪女ですもの!」 夫婦の絆が深まる第六弾
冬――赤奏国のかつての皇帝や妃たちがそうしたように、莉杏と暁月も温泉がある『睡蓮宮』へ行幸することに! 
ところがその前に暁月は側近を集め、この冬の間に解決しろと各々に問題を渡す。
そして莉杏には、皇后として『相談される』仕事をしろと告げるのだった。
その意味を考えるなか、先の皇帝時代にとんでもない約束をしていたことがわかり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。6 /石田リンネ

続・金星特急 竜血の娘3 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(3) (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年3月刊。
人類を救うために世界各地を巡る金星特急の続編シリーズ第3弾。
ようやく彼の事情が明らかになってきました。
何とも哀れで、愚かで、虚しくなる……

☆あらすじ☆
ついに夏草と合流。眠りから覚めた彼は、意外なことに何ひとつ記憶を失っていなかった。一行は伯爵夫人の城を後にし、三月が夏草のために集めた蔵書と、鎖様が七百年前に書いた『成長しない子供』に関する論文を保管するサンクト・ペテルブルクに向かう。その陰で、実は蒼眼の一族である蜜蜂は、この先も疑われることなく旅に同行するため「桜を籠絡せよ」との密命を受けていて……? 対・蒼眼の戦い、いよいよ本格化。大人気シリーズ続篇第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘3 /嬉野君

恋になるまで、あと1センチ /六つ花えいこ


恋になるまで、あと1センチ(宝島社文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2022年3月刊。
とっても良かった!
忠犬タイプの体育会系男子と、高嶺の花で天使な美人先輩。
出会った瞬間から距離感バグってる二人の、両片思い青春恋愛小説です。
無防備な先輩を心配し、沼にハマるように過保護になっていく男子高校生が可愛いすぎました。少しずつ少しずつ、抜けられない場所までずり落ちていくタイプの恋、良いですね。
そして先輩、、、、恋する乙女ってなんてずるくて可愛いのか!

☆あらすじ☆
第9回ネット小説大賞受賞作。階段から、天使が降ってきた――高校1年生の楢崎颯太は、階段から落ちてきた篠先輩を助けた。これ以降、なぜか颯太は篠先輩に懐かれるようになる。助けてもらったことをきっかけに、篠先輩はぐいぐいアプローチしてくる。戸惑いつつも颯太は先輩の相手をしていく。いつの間にか心の距離が近づき、互いが想い合っていく……。天使のように純粋で、だからこそ危なっかしい篠先輩と、彼女に振り回されながらも心惹かれていく颯太。ピュアで愛おしいラブストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋になるまで、あと1センチ /六つ花えいこ

神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人 /水守糸子


神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人(富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2022年2月刊。
面白かった!これは良いガールミーツボーイの和風ファンタジーですね!
空から日輪が消え、作物が育たなくなった国。
人々は神の助けを得るために贄を捧げることを決め、しかし贄にされた姫は別の方法を選ぶために旅に出る。
人と神の残酷なつながりに綻びが生まれつつある世界観は読み応えがあったし、慣れない旅の中で箱入り娘が成長する物語としても面白かったです。
この作品はWEB小説「白兎と金烏」のエピソードゼロに当たるとのこと。
その後の二人がとても気になるのでWEB版も読んでみたいと思います。

☆あらすじ☆
日輪が消えた国で、贄の少女と追放された皇子の旅が始まる。
十年前に日輪が消えた国、照日原。その辺境の郷の姫・かさねは狐神の花嫁に選ばれる。だが花嫁とは、日照不足で不作続きの郷を救うための贄を意味していた。知らずに狐に喰われかけたかさねは、金目の青年・イチに助けられる。見返りとして彼が要求してきたのは、日輪を司る日神に会うためにかさねの「力」を貸すことだった。
 戻る場所のないかさねはしぶしぶ同行を決める。しかしイチこそが日輪が消える原因を作り、都から追放された皇子だと気づき――。
 運命に抗うための旅が、今始まる。心揺さぶるファンタジー開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人 /水守糸子

占い師には花騎士の恋心が見えています /Mikura


占い師には花騎士の恋心が見えています【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年1月刊。
厄介な性分を持った男が厄介な秘密を抱えた女に恋をして右往左往する物語であり、そんな男の恋心を全部見えてる女が少しずつ絆されていく物語です。
設定の勝利!そして設定に負けないキャラの魅力の大勝利!
とっても楽しいラブコメでした。いい歳した男の初恋模様が相手に全部知られちゃってるの恥ずかし可愛い。

☆あらすじ☆
私には、その人の悲しみの色も喜びの色も、痛みも、恋心も見えている――。
薬屋を営む娘、シルル=ベディートには、他人の頭上にいろんな色の線が見えている。
それを見ればその人の気持ちも未来も知ることができる。白い髪に赤い目という容姿も相まって町で噂の「占い師」扱いされることも多い。だから、巷で一番の美男子で恋多き男、『花の騎士』と謳われるエクトル=アルデルデが、『蝶々さん』と呼ぶ彼の取り巻きの誰にも、実は恋などしていないこと、それどころか女嫌いであるらしいということを知っている。ところが、偶然彼の頭上に不吉な色を見てしまい、思わず助けたことから興味を持たれてしまい、エクトルがシルルの店にお忍びで通ってくるようになる。華やかな顔の陰で、エクトルが実は大きな秘密を抱えていることを知ってしまったシルルは、ある事情により他人と距離を取って生きてきたにも関わらず興味を覚え始める。そんなある日、エクトルの頭上に“恋”の色を見つけてしまう。しかもそれは――。
占い師と麗しき騎士の不器用な“初恋”ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 占い師には花騎士の恋心が見えています /Mikura