「★★★★★」タグアーカイブ

灰と幻想のグリムガル15 強くて儚きニューゲーム /十文字青


灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
ついに終章がスタート。
ここから完結まで何冊かかるのか不明とのことですが、物語が終幕に向かい始めたことを強く感じる15巻でした。
大きく動き始めたぞ!楽しみ!

☆あらすじ☆
目覚めたら、そこは壊滅した「オルタナ」だった――。新章開幕!!
ほんとわかんないな、何もかも……。
気がつくとハルヒロたちは暗闇の中にいた。みんな自分の名前くらいしか覚えていない。
頼りになるのは、なぜか唯一記憶を失っていないメリイだけ。
暗闇の中からどうにか抜け出すと、そこは壊滅した「オルタナ」だった――。
とにかく情報が欲しい。命からがら街を離れたハルヒロたちは、体に染みついていたスキルや能力を駆使して、グリムガルの辺境を奔走する。
そして、ようやく出会えた人間が、オルタナを奪還するべくやってきたアラバキア王国軍で――!?
灰の中から生まれた冒険譚――ENDGAME編の幕が上がる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル15 強くて儚きニューゲーム /十文字青

吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮


吸血鬼に天国はない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
怪物に恋をした男の運命は、滑稽に空回り、必死に走って、一体どこへ向かうのか。
人と、人でないもの。それらが共に生きるために必要なことを確認する第2巻でした。
人外恋愛は種族間の断絶が深ければ深いほど盛り上がる私がいます。
人外とそう簡単に分かりあえると思う?って無邪気に刺してくる話だと更に良い。
その点、今回は最っっっ高でした・・・!
シーモアの苦悩も、ルーミーの絶望も、二人が選んだ結末も、全てが好きです。本当によかった。

☆あらすじ☆
生き延びた先に待つのは、恋と地獄。そして姿を現す『吸血鬼狩り』。
「「ハッピーニューイヤー」」
降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。
だがそんな日常も長くは続かない。
マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。
緩やかに、しかし確かに平穏の終わりが近づく中で、シーモアたちの前に姿を表す最悪の敵『吸血鬼狩り』。
選び取った幸福の中で、シーモアは更なる決断を求められることになる。
人と人ならざるものの恋物語、第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮

錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す /瘤久保慎司


錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
めちゃくちゃ楽しかったー!
緊迫感MAXでスリリングなバカ騒ぎに超テンションあがりました。オールスター大集結じゃん!
まぁなんといっても今回のサブタイが「大怪獣北海道」ですからね。なんなんだその発想力・・・!
そして要所要所でぶっ込まれるコンビ愛が今回も最の高。
このバディ、お互いへの矢印が太すぎませんか?(すき)

☆あらすじ☆
北海道襲来! 未曽有の危機を救うのは——赤い髪の、チビッ子だった!?
大地を呑み込まんとする生物兵器・北海道。その前に立ちはだかったのは目つきの悪い赤髪の——子ど「ガキ扱いするなァーッ!」小さな身体でも天下無双の赤星ビスコ、その人である。
花に蝕まれる北の大地を救い、元の体を取り戻すため、最奥に眠る神秘のキノコを求め上へ下への大騒ぎ。しかし、その行く手に、ビスコを子供に変えた愛弟子、紅菱の王・シシが立ちはだかり——。
果たして、彼らは大海獣の暴走を食い止めることができるのか!? 最強キノコ守りコンビが狂花が覆う北海道の「体内」を駆け巡る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す /瘤久保慎司

お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2019年11月刊。
お狐様と薬師の少女の甘くてこわい攻防を描く和風ファンタジー第3弾。
3巻を読み終えてふと思ったのですが、この作品面白すぎませんか??本当にめちゃんこ面白くない???

あやかしが支配する世界の風習にまでこだわった設定、
その設定が後から後から意味を重ねていく物語の構成、
そして鮮烈な存在感で心を惹きつけるキャラクターの裏表。

完璧なんですよ。求めるものを最高水準で与えられている実感がある。
和風ファンタジーで面白いものを読みたければコレを読め!ってところまできた。
このシリーズに対する愛が最高値に達して頭がバグッてる自覚はあるけど、それにしたって面白すぎるんですよ・・・!

そしてコミカライズ連載開始おめでとうございます。
コミカライズ担当の方の絵柄が原作担当の凪さんの雰囲気に近くて嬉しい。こちらも応援せねば!

☆あらすじ☆
神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。婚姻してすぐに離縁された雪緒は、彼が信用できず復縁を断り続けていた。そんなある日、鬼の嫁入りの祭儀の混乱の中、雪緒が鬼にさらわれてしまう。白月は、雪緒を取り返そうとするが――。え? このままだと私が鬼の嫁にされてしまうってどういうことですか!? 大人気異類婚姻ラブ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14 /渡航


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14) (ガガガ文庫 わ 3-24)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年11月刊。
俺ガイル完結巻です。
ついに終わった・・・・・・終わってしまったよ。本当に終わったのか?
最終巻、溜めに溜めた鬱憤を爆散させ、もはや最高だったとしか言えません。
俺ガイル最高!とても面白かったです!

☆あらすじ☆
まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。
季節はまた春を迎えようとしていた。
同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。悩み、答えに窮し、間違えを繰り返しても、常に飽きもせず問い直すしかない――新しい答えを知るために。
言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。
――だからせめて、この模造品に、壊れるほどの傷をつけ、たった一つの本物に。故意にまちがう俺の青春を、終わらせるのだ――。
過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。
まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。シリーズ完結巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14 /渡航

イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー


イレーナ、永遠の地 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年10月刊。
「毒見師イレーナ」から始まる、イレーナの過酷な運命を描いた物語もついに最終巻。全6巻で完結です。
愛する人と出会い、頼もしい仲間を得て、彼らとともに平和を勝ち取ろうと懸命に駆け抜けたイレーナ。

毒見をするか、今すぐ死ぬかーー

そんな選択肢を突きつけられた元死刑囚の少女が、生きてここに至るまでの軌跡を思い返し、なんだか感無量です。
とても素晴らしいファンタジーでした。ラブロマンスとしても最高だった。
最後まで刊行してくれたハーパーBOOKSさんに感謝。完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
世界累計100万部突破の壮絶ファンタジーシリーズ完結!運命はいつだって、この手で切り拓いてきた――
長年敵対してきた2つの国、イクシアとシティア。
両国はいま、支配欲に駆られた悪しき集団《結社》の手に落ちようとしており、最高司令官さえも操り人形と化していた。
いまだ魔力の戻らぬ中、イレーナは未来を、大切な人たちを守るため最後の闘いへと向かう――ヴァレクら残されたわずかな仲間と共に。
死刑宣告を受けながらも毒見師として生きながらえたイレーナの壮絶サバイバル、堂々のフィナーレ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1 /六つ花えいこ


どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。(1) (女性向けMノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2019年10月刊。
決して届かない人に恋をした魔女が、何の因果か彼と関わるようになり、一人でジタバタドタバタと転げまわるラブコメディ。
この恋する魔女があまりにも可愛くて可愛くて可愛くて、もう、どうしてくれようか!!

行き場のない恋心を持て余しすぎて常時パニック状態の魔女。
そんな魔女の気も知らず、せっせと餌付けしては更に惚れ込ませていく騎士。

底なし沼のような片思いに沈んでいく魔女の懊悩が、切なくもキュートに描かれるお話です。
いっぱい笑って、死ぬほどときめきました。恋する魔女の心情描写が最高すぎる・・・!
本当に面白かったです。ナンバリングしてあるけど1冊で綺麗に終わっています。でも続きも楽しみ。

☆あらすじ☆
ひっそりと暮らす魔女ロゼは、秘かに片思いをしていた王宮騎士に惚れ薬を依頼され、失恋した。
せめて少しでも長く一緒にいたいと、彼に様々な材料の調達を頼むロゼ。ところが憧れの騎士様は、毎日関係のない食べ物を運んでくるようになり…?
引きこもり魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まる恋のおはなし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1 /六つ花えいこ

86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
ラブコメ好きとしては★を10個でも100個でも1000000000000000個でも差し上げたい。
湯けむり旅情で慰安旅行で修学旅行でニヤニヤ止まらぬラブコメ回でした。
新章の始まりでありながら、最初から最後まで戦場から遠く離れ平和に息抜きを満喫する第7巻。
普段が精神的負荷最大値の戦争ものだから、こういう日常回には果てしなく癒やされます。オンとオフのギャップが良いのだ。
ていうか、やっぱりこのシリーズの恋愛パートめちゃめちゃ好きだ・・・!

☆あらすじ☆
ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて——〈盟約同盟〉編!
上位指揮官機〈無慈悲な女王〉。それは対レギオン戦争で守勢に立つ人類に与えられた“銀の弾丸”。『第86独立機動打撃群』の活躍で〈彼女〉の確保に成功した連邦・連合王国は、轡を並べる第三国「ヴァルト盟約同盟」にて、その解析と「尋問」を開始する。
一方、大戦果を上げた者たちにも報奨が授与された。特別休暇。鉄と血にまみれた日々を、僅かひととき遥か遠くに置き、シンとレーナはじめ皆はそれぞれに羽を伸ばす。が、同時に《その二人以外のほぼ全員》はある思いを共にしていた。
それは。“お前らいい加減、さっさとくっつけよ”
もう一つの戦線がついに動く(!?)Ep.7!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 /永瀬さらさ


悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
とーーーっても面白かった!
全てを手に入れたい最強悪役令嬢と、全然思い通りに動いてやらない最恐魔王の波乱の恋を描く異世界転生ファンタジー第6弾。
前後編の後編ということで、舅襲来からの一連の大騒動が遂に決着。
全キャラ総動員でハッピーエンドを目指して爆進する、めちゃくちゃ熱いクライマックスでした。
特にとあるキャラの活躍と掘り下げは最高かつ文句なし。
1巻時点ではこんなに味のある人物になるとは思わなかったなぁ。株の上がり方がエグい。
命をかけた緊迫の展開が続く一方で、緊張感を放り投げたキャラ同士の掛け合いが楽しくて何度も笑いました。みんな大好き。
完結なのか続くのか分からないけれど、今後も推していきたいシリーズです。みんな読もうね!

☆あらすじ☆
世界の運命をへし折って、ラスボスとハッピーエンド目指しました
魔王クロードの竜化で、ほぼ成立してしまう破滅ルート。正ヒロイン・アメリアのいう“正しい運命”に世界が動き出す中、アイリーンが選んだ手段とは——!?
最愛の人を守りたい悪役令嬢の一発逆転物語、最高潮へ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 /永瀬さらさ

86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年4月刊。
連合王国編完結。
ようやくここまで辿り着いた・・・っていう感動は何度目だ?
戦場で必死に戦い続ける彼らは、きっとこれからも何度も壁にぶつかり、何度でもそれを乗り越えるのでしょう。だから私も何度だって感動してしまうに違いない。
本当に良い作品です。とても面白かった。

☆あらすじ☆
生きるために、すべきこと。それは――〈連合王国編〉、後編!
誇り高く戦い、そして死ぬ。
それが我らのさだめ。生への執着など、とうの昔に、はるか彼方に置いてきた。
……そう思っていた。そう信じていた。
だが戦場へ臨み、潰され、壊され、朽ちることを良しとする〈シリン〉達の姿は、「エイティシックス」である彼らの目指す生き方が、只の狂気であると蔑む。
生きる意味とは何か。苦悩するシン。シンを理解しようと心を砕くレーナ。
だがその想いは不格好にすれ違ったまま――連合王国の命運をかけた「竜牙大山攻略作戦」の火蓋が、無情にも切って落とされる……!
『連合王国編』完結のEp.6!
戦わねば、生き残れない。だが戦えば生きられるわけでは、ない。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト