「★★★★★」タグアーカイブ

86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
ラブコメ好きとしては★を10個でも100個でも1000000000000000個でも差し上げたい。
湯けむり旅情で慰安旅行で修学旅行でニヤニヤ止まらぬラブコメ回でした。
新章の始まりでありながら、最初から最後まで戦場から遠く離れ平和に息抜きを満喫する第7巻。
普段が精神的負荷最大値の戦争ものだから、こういう日常回には果てしなく癒やされます。オンとオフのギャップが良いのだ。
ていうか、やっぱりこのシリーズの恋愛パートめちゃめちゃ好きだ・・・!

☆あらすじ☆
ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて——〈盟約同盟〉編!
上位指揮官機〈無慈悲な女王〉。それは対レギオン戦争で守勢に立つ人類に与えられた“銀の弾丸”。『第86独立機動打撃群』の活躍で〈彼女〉の確保に成功した連邦・連合王国は、轡を並べる第三国「ヴァルト盟約同盟」にて、その解析と「尋問」を開始する。
一方、大戦果を上げた者たちにも報奨が授与された。特別休暇。鉄と血にまみれた日々を、僅かひととき遥か遠くに置き、シンとレーナはじめ皆はそれぞれに羽を伸ばす。が、同時に《その二人以外のほぼ全員》はある思いを共にしていた。
それは。“お前らいい加減、さっさとくっつけよ”
もう一つの戦線がついに動く(!?)Ep.7!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 /永瀬さらさ


悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
とーーーっても面白かった!
全てを手に入れたい最強悪役令嬢と、全然思い通りに動いてやらない最恐魔王の波乱の恋を描く異世界転生ファンタジー第6弾。
前後編の後編ということで、舅襲来からの一連の大騒動が遂に決着。
全キャラ総動員でハッピーエンドを目指して爆進する、めちゃくちゃ熱いクライマックスでした。
特にとあるキャラの活躍と掘り下げは最高かつ文句なし。
1巻時点ではこんなに味のある人物になるとは思わなかったなぁ。株の上がり方がエグい。
命をかけた緊迫の展開が続く一方で、緊張感を放り投げたキャラ同士の掛け合いが楽しくて何度も笑いました。みんな大好き。
完結なのか続くのか分からないけれど、今後も推していきたいシリーズです。みんな読もうね!

☆あらすじ☆
世界の運命をへし折って、ラスボスとハッピーエンド目指しました
魔王クロードの竜化で、ほぼ成立してしまう破滅ルート。正ヒロイン・アメリアのいう“正しい運命”に世界が動き出す中、アイリーンが選んだ手段とは——!?
最愛の人を守りたい悪役令嬢の一発逆転物語、最高潮へ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6 /永瀬さらさ

86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年4月刊。
連合王国編完結。
ようやくここまで辿り着いた・・・っていう感動は何度目だ?
戦場で必死に戦い続ける彼らは、きっとこれからも何度も壁にぶつかり、何度でもそれを乗り越えるのでしょう。だから私も何度だって感動してしまうに違いない。
本当に良い作品です。とても面白かった。

☆あらすじ☆
生きるために、すべきこと。それは――〈連合王国編〉、後編!
誇り高く戦い、そして死ぬ。
それが我らのさだめ。生への執着など、とうの昔に、はるか彼方に置いてきた。
……そう思っていた。そう信じていた。
だが戦場へ臨み、潰され、壊され、朽ちることを良しとする〈シリン〉達の姿は、「エイティシックス」である彼らの目指す生き方が、只の狂気であると蔑む。
生きる意味とは何か。苦悩するシン。シンを理解しようと心を砕くレーナ。
だがその想いは不格好にすれ違ったまま――連合王国の命運をかけた「竜牙大山攻略作戦」の火蓋が、無情にも切って落とされる……!
『連合王国編』完結のEp.6!
戦わねば、生き残れない。だが戦えば生きられるわけでは、ない。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト

86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト


86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年12月刊。
1巻ラストの空白期間を埋める上下巻の後半戦。
前半はしどかったのだけど、終盤ちょっと最高すぎる・・・・・・
結末が分かっていても(分かっているのに)最高でした!

☆あらすじ☆
待望の《ギアーデ連邦編》後編登場! “史上最大の作戦”の火蓋が切られる――!
敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。
待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編。なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト

かくりよの宿飯10 あやかしお宿に帰りましょう。 /友麻碧


かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。 (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年8月刊。
見事な最終巻でした。
鬼と人の世界をまたいだ異種婚姻譚。
そして、料理の腕だけで隠世に居場所を作り出した葵の奮闘記。
どちらの結末にも大満足です。とても面白かった。
友麻先生、お疲れさまでした。番外編も楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
「今宵、私は、あやかしお宿に嫁入りします」葵の細腕繁盛記、大団円へ!
ついに始まる八葉夜行会。大旦那の“真実”と自分の気持ちに向き合った葵は、彼を救う協力者を得るため妖都を奔走する。葵が向かったのは、かつて彼女の料理を否定した大湖串製菓の八葉・ザクロのもとだった——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯10 あやかしお宿に帰りましょう。 /友麻碧

りゅうおうのおしごと!11 /白鳥士郎


りゅうおうのおしごと!11 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年8月刊。
姉弟子回。
カタルシス最高すぎて泣いてます。
これまでの銀子を否定しないでくれたのが、どうしようもなく嬉しかった。

☆あらすじ☆
《浪速の白雪姫》最大の秘密が明らかに!!
「私を殺して……」
奨励会三段リーグで三連敗を喫し心が折れた銀子は、八一に懇願する。
「俺が連れて行ってあげますよ。絶対に死ねる場所へ」
こうして二人は将棋から逃げた。それは同時に、なぜ将棋を指すのか問い直す旅でもあり――
なぜ、八一は銀子を『姉弟子』と呼ぶようになったのか?
なぜ、銀子は女流タイトルを求めたのか?
八一と銀子の出会いと修業時代の日々、そして《浪速の白雪姫》に隠された最大の秘密が遂に明かされる告白の第11巻!
将棋の神が定めし残酷な運命は、誰に微笑むのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!11 /白鳥士郎

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜10 /東龍乃助


エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 10 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年7月刊。
毎巻、クサいほどに格好いい主人公の活躍と言葉に、胸を熱くさせられたシリーズでした。
全10巻で見事に完結。
過不足なく、余韻も素敵な、素晴らしい最終巻だったと思います。
東龍乃助先生、お疲れさまでした。4年間、楽しい時間をありがとうございました。

☆あらすじ☆
伝説終結! 新世代ロボットライトノベル、遂に最終巻。
エイルンの負傷と記憶の喪失。その代償により人類は救われた——ように思われた。だが地球自体を修復しなければマリスは再発生してしまうとジンは警告する。マリス再発を防ぐためには環境修復型ネイバー『ワールドガード』が必須。しかし起動できるネイバーフッドは限られ、さらに起動後はネイバーに取り込まれ、地球を癒やすため地球軌道上を周回し続けることになるという。『夏樹』を失ったセレンはこの任務に自ら志願。だが——
「行こう。エルフィーナ。彼女を助けに」セレンを救うため、再度一人の男が立ち上がる!
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル、遂に最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜10 /東龍乃助

スキルが強すぎてヒロインになれません /奏中カナ


スキルが強すぎてヒロインになれません(アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★(Web版掲載分含め全編通しての評価です。好き!)
2019年6月刊。
片思い相手が異世界召喚される現場を目撃し、慌てて滑り込み&神頼みで後を追った女子高生アリア。
与えられたスキルが強すぎてヒロインムーブはできないけれど、大好きな人のためにゴリラ顔負けの頼もしさで冒険に挑むアリアの活躍を描いたラブコメファンタジーです。

能天気で恋愛脳全開なアリアの語り口が楽しく、ヒーローとの夫婦漫才も面白すぎて3行に1回くらい吹きだしていた気がします。めちゃめちゃ笑って超元気でた。
あまりにも楽しかったから書籍版を読み終わってすぐにWeb版も読破。本編も後日談も最高でした・・・・・・もぉ〜〜好きっ!

本作は異世界での冒険を通して「普通の高校生たち」の青春恋愛劇を描くところに特徴があるのだけど、そこに何とも言えない懐かしさを感じたりもして。
『ふしぎ遊戯』とかあのへんの少女漫画ファンタジーっぽいなーと。この感覚を上手く説明できないのだけど。

異世界召喚ものとしては古典的な設定・展開だと思います。魔王討伐を目指して街やダンジョンを一つずつクリア、出会いと別れを繰り返しながら旅を進めるという、昔ながらの王道RPGのようなお話。
かなりサクサク進むものの、小さくまとまらない世界観とアリアたちの活躍にワクワクできて楽しかったです。その旅のなかで変化していくアリアと高遠くんの距離感がまた良いんだよな〜

こんなに元気をもらえる作品は久しぶり。パワフルなアリアの恋が最高でした!

☆あらすじ☆
クラスメイトの高遠くんに片思いをしている女子高生のアリアは、今日もいつも通り部活で活躍する彼を遠くから見守るはずだった。
ところが、彼女は目撃してしまった―― 彼が勇者として異世界に召喚されそうになっているところを!?
とっさに追いかけたアリアは、神様の恩情で勇者のおまけとしてついていけることになったけれど……。
神様がくれた「人類にできることは何でもできる力」が強すぎて、可愛さもモテる要素もないんですけど!?
恋する乙女なのにヒロイン感0な少女のスキル無双異世界召喚ラブファンタジー!

前置きが長くなりました。
以下、ネタバレありの感想です。WEB版掲載分の話にも触れているので要注意。

続きを読む スキルが強すぎてヒロインになれません /奏中カナ

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)
八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年2月刊。
めちゃめちゃ面白かった!!
武家と公家の和睦のため、幼い東宮の妻となった武家の鬼姫。
仮初めの東宮である夫を本物の帝とするため、慣れない公家社会で奮闘する鬼姫の活躍を描いた和風ファンタジー第2弾。

主人公夫婦とライバル夫婦の戦い、そこで描かれる夫婦の絆が今回もとても熱かったです。
てかもう妻同士の関係が最高すぎて。

強い女と強い女が「彼女には絶対に負けられない!」と闘志を燃やし、互いに刺激し合い、正々堂々と技を競う。
そこに暗い感情はなく、あるのは高潔な対抗心のみ。

これがもう本ッッ当に気持ち良い関係なんですよ・・・!

どこかスポ根少年漫画を彷彿とさせる、夫婦VS夫婦の雅な戦いが前巻にも増して最高でした。
刀を交えるガチバトルもあって、これもまた読み応えあり。
最高だから読んでください!お願いします!

☆あらすじ☆
女らしくなくても、舞が下手でも――「雲雀は僕にとって、理想の妻だよ」
男が箏を奏で女が舞い、出来映えを競い合う宮廷行事「豊寿の舞」。鈴鳴は半ば強引に雲雀との参加を決める。しかし、昨年の勝者である鎬雨が何者かに襲われてしまう。賊として捕らわれたのは雲雀の部下・有宗で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

筺底のエルピス6 四百億の昼と夜 /オキシタケヒコ

筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜- (ガガガ文庫 お 5-6)
筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜- (ガガガ文庫 お 5-6)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年1月刊。
面白かったー!!!
待望の、待ッッッッッ望のエルピス最新刊。
凄かったです。興奮しすぎて眼球から血が出るかと思いました。こんな凄い作品を読めていいのか。

だって伏線回収がすごすぎる。
歴史の裏側が紐解かれるなかで、「えっ、(歴史上の)その事件に(エルピス独自の)その設定がはまっちゃうの??」と動揺しまくりでした。
その先にあるのはパズルが美しく完成した時のような快感と達成感と、どうしようもない不安感。
こんな歴史ドラマを作り上げるなんて、オキシタケヒコ神の脳内はどうなってるんだ。

ちなみに今回で私の「筺底のエルピス」最推しキャラが決まりました。猊下かわいいよ猊下。どうしてこんな可愛いの猊下。もはや猊下のことしか考えられない。これが愛・・・・・

☆あらすじ☆
ゲート組織の過去に広がる、巨大な真相――。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。未来を閉ざすその脅威に立ち向かうためには、衝突や非干渉を続けてきた鬼狩りの派閥――三つのゲート組織を和解させる必要があった。
バチカンの《ゲオルギウス会》との同盟が締結された今、日本の《門部》と敵対するゲート組織は不死者の軍勢《I》のみ。組織の裁定権を握る式務の一員となった百刈圭は、和解交渉の特使として、世界を牛耳る巨大な秘密結社のもとに赴くこととなる。
一方その頃、鬼狩りの訓練生となった若者たちも、各ゲート組織に君臨する異星知性体の目的を独自に考察しようとしていた。海を隔てた二つの場所で、真実に肉薄していく彼らが目の当たりにする、星界の影に覆われた、この世の真の様相とは。
不死者の首魁《プロフェッサー》と対峙し、夜空を見上げ、すべての真相にたどり着いたその先で、若き狩人たちが足を踏み出すことになる標なき道は、果たして、いかなる荒野へと続くのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終わりが始まる、継続の第6弾。

以下、ネタバレありの感想というていの猊下語りです。嘘です(嘘じゃない)

続きを読む 筺底のエルピス6 四百億の昼と夜 /オキシタケヒコ