「★★★★★」タグアーカイブ

少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)
私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年10月刊。
凄い・・・・・・凄い物語でした・・・・・・
居場所を失った少女と、スランプに苦しむ天才小説家。
彼との出会いによって彼女は確かに救われたはずなのに、彼女と彼の世界は緩やかに崩壊へと向かっていくのです。
作中を埋め尽くすのは二人が交わす憧憬と失望、愛情と憎悪、そして殺意と祈り。
途方もなく大きく、割り切れないほど複雑で、底が見えないほど深い感情のうねりに目眩がしました。
読んでる間はひたすら息苦しく、終盤はもはや意識が朦朧としていました。
そして読み終わった今はこんなにも辛い。とても苦手なお話なのに、どうしようもなく囚われてしまう。
改めて、本当に凄い物語でした。

☆あらすじ☆
突如失踪した人気小説家・遥川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった少女の存在があった。
遥川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遥川が小説を書けなくなったことで事態は一変する。梓は遥川を救う為に彼のゴーストライターになることを決意するが――。
才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女、そして迎える衝撃のラスト!
なぜ梓は最愛の小説家を殺さなければならなかったのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
お久しぶりの新刊。
私にしては珍しく前巻を再読してから臨んだのだけど、ちゃんと準備して読んで本当に良かった。
在りし日の夜光と飛車丸を描いた過去編のクライマックス。中盤以降はボロボロ泣きながら読みました。
やはり東京レイヴンズは最高だった。どれだけの乙種をこの物語に込めていたのか。
そしてあざの先生の幼馴染属性はガチだと思いました。ここに至高の幼馴染が誕生した・・・!

☆あらすじ☆
お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で――
土御門夜光と相馬佐月。陰陽の道を歩む二人の運命的な出会いにより、呪術は黄金時代を迎えた。けれど無情にも『その時』は確実に近づいてくる。敗戦の色濃くなる帝都で、夜光が、そして飛車丸が下す決断は……。

以下、ネタバレありの感想です。興奮してます。ご了承ください。

続きを読む 東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)
かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
とても良かった・・・・・・本当に本当に、ここまで読んできてよかった。
次の最終巻へ向けて、怒涛の伏線回収をみせる第9巻。
ついに大旦那様の秘密に切り込み、彼と葵ちゃんの関係に隠された真実が明らかになりました。
もうね、感無量です。最高でした・・・・・・

☆あらすじ☆
「お弁当と引き換えに“真実”を一つずつ教えよう」そして葵が知ったのは?
黄金童子に導かれ、葵は文門の地へ辿り着く。そこにはいつもと変わらないように見える大旦那の姿があった。八葉夜行会までの束の間の時を、穏やかに過ごす二人。大旦那はそこで、ひとつの提案を葵にするのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

賭博師は祈らない4/周藤蓮

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年6月刊。
賭博師ラザルス・カインドに大きな転換点が訪れる第4巻。
築いてきたものが足元から崩れていくような喪失感と、その先に生まれる新しい何か。
そこを覆すのか!という驚きと興奮で胸がいっぱいです。今までの全てはこのためにあった・・・!
最高に盛り上がってきた物語は次巻で完結とのこと。
今回の予想外すぎるラストから、一体どんな結末を見せてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない4/周藤蓮

宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
美貌の宝石商と迂闊な正義漢のコンビが宝石にまつわる謎を解き明かすジュエルミステリー第6弾。これにて第一部完結です。
リチャードが抱えていた問題を解決したと思ったら、次に切り込むのは正義の闇。
闇の深さに目眩がしそうでした。だからこそ、ラストが最高なのですが。

☆あらすじ☆
将来の進路を思い悩む正義の前に、ひとりの男が現われた。染野閑。正義の父親だ。家庭内暴力で正義の誕生後すぐに離婚していたのだが、金がなくなり正義を探し出して近づいてきたのだ。何度追い払っても執拗につきまとわれた正義は、リチャードに迷惑をかけるわけにはいかないと「エトランジェ」を辞めようとするのだが…? 大好評ジュエル・ミステリー、第一部完!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)
スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年5月刊。
面白かったー!
「風がスカートをめくったあの瞬間、すべてが始まった。」
男の娘と巨漢のコラボレーションから始まるパワフル系青春群像劇です。
男の娘が「世界一の女装アイドル」を目指したり、三人娘が「時価8000万円のタイヤ」を盗み出そうとしたり、巨漢が恋煩いでおいおい泣いたりと、なかなかにカオスな物語。
しかしエネルギッシュで純粋一途な少年少女の青春に圧倒されるばかりでした・・・!

男の娘たちが女装にかける真摯な想いが素敵。
希望を絶たれた少女が再起する姿には胸が熱くなる。
そして何より八坂幸喜真という男の破天荒さが楽しすぎて!

是非、是非、この八坂という男のことを知ってほしい。
彼の言葉を聞いてほしい。
彼の不器用な恋の結末を見届けてほしい。

特に終盤が最高なんです。
爽やかな疾走感に背中を押され、休む間もなく一気読みでした。
彼らの青春にたくさんの元気をもらった気分。大満足です!

☆あらすじ☆
男の娘も、女の子も、そこにはひみつを隠している――。
「面白いものが面白いものを呼ぶんだ。考え方一つで世界が変わる」
高校で同じクラスの八坂幸喜真は、その名の通り“好奇心”に足が生えたような男だ。
謎の棒、植木鉢、そしてボレロ。アイツの行動はいつも何がなんだかサッパリ。
でもそんな“八坂らしさ”が起こすある奇跡のことを、その時の僕らはまだ知らなかった。
「天野、俺たちは飛べるんだ。希望があれば俺たちはどこまでも飛べる!」
世界一の女装アイドル、赤いラインカーの美少女、そして時価八千万円の……タイヤ??
足下を吹き抜ける“蛇の息”が僕(わたし)と私のひみつをさらけ出した時、八坂と“あの子”の愛の物語が幕を開ける――。
第24回電撃小説大賞≪最終選考作≫よりお届けする、初夏薫る疾風青春グラフィティ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

後宮の烏/白川紺子

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)
後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

2018年4月刊。
評価:★★★★★
面白かった!!

謎多き「烏妃」を主人公として、後宮で起こる怪異現象に隠された真実を描いていく中華幻想小説。
落とし物の持ち主探しから始まる烏妃と皇帝の物語は、やがて国の歴史を揺るがす壮大な秘密を暴くことになるのです。

表紙の美しさに心惹かれたら是非読んでほしい。
オリエンタルな中華後宮を舞台としつつ、花や鳥が舞い踊る幻想的な世界観がとにかく素晴らしいのです。そして寂しさと優しさが交錯する人間ドラマは読み応え抜群です。

また、烏妃のキャラ造形はとても秀逸で、その一点だけでも本作を推したい!
夜が似合い、心に傷と秘密があり、幻想的な術を操る孤高の美少女。それでいて人を突き放しきれずに餌付けされてしまう(!)お人好しの優しい女の子。
ああ、この主人公、最高に好きです・・・・・・

☆あらすじ☆
後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。
ある夜、時の皇帝・高峻が、烏妃のもとに訪れる。拾った翡翠の耳飾りに女の幽霊が取り憑いており、その正体を知りたいと言うのだが……。
少年時代、生母を皇太后に殺され、廃太子となって辛酸を舐めた皇帝、高峻。
神に選ばれし者と言われ、皇帝をして「誰も烏妃には命令できない」と言わしめる存在として生きる寿雪。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……!
大ヒット『下鴨アンティーク』の著者がおくる、圧倒的中華幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏/白川紺子

額を紡ぐひと/谷瑞恵

額を紡ぐひと
額を紡ぐひと

評価:★★★★★
2018年2月刊。
「伯爵と妖精」「異人館画廊」の谷瑞恵さんによる、オーダーメイドの額縁を手がける額装師の物語。
婚約者を失ったヒロインが、額装という仕事を通して過去に向き合っていくというストーリーです。
額縁というと絵を飾る枠のイメージしかなかったのだけど、本作で描かれる「額装」は自由な発想と優しい願いによって紡がれる救済の形。
他者のために、祈りを込めて様々な額装を施していく主人公の仕事ぶりはとても厳かで美しいものでした。
彼女に仕事を依頼するのは心に傷を抱えた人々であり、主人公自身も癒えない傷を抱えている。
そんな彼らの喪失と再生がとても優しく切なく語られていく作品だと思います。
谷瑞恵さんの語り口、本当に好きすぎてしんどくなる・・・・・・

☆あらすじ☆
彼女は額装師。手放せない想いに、ふさわしい居場所をつくるひと。『思い出のとき修理します』著者最新刊。事故で婚約者を喪った額装師・奥野夏樹。彼女の元には一見額装不可能で、いわくありげな依頼ばかりやってくる。ヤドリギの枝、小鳥の声、毛糸玉にカレーポット――。依頼人の心に寄り添い、時にその秘密を暴いてしまう夏樹。表具額縁店の次男坊・久遠純は、夏樹の作品の持つ独特な雰囲気に惹かれ、彼女自身にも興味を持つが。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 額を紡ぐひと/谷瑞恵

異世界拷問姫6/綾里けいし

異世界拷問姫 6【電子特典付き】 (MF文庫J)
異世界拷問姫 6【電子特典付き】 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年3月刊。
あああ〜〜〜〜〜〜
泣いた・・・・・・・・・
瀬名櫂人の物語に最後まで圧倒されてしまいました。本当に素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
「今だけは俺が王だ。盲目的に、俺に従え」
かつて異世界で無意味に死んだ少年・瀬名櫂人は狂王と化した。
――たった一人の女を救うために。
神と悪魔に囚われた『拷問姫』の代理として、人間、獣人、亜人による会合を掌握した櫂人のもと、三種族合同の防衛戦線が動き始める。
だが、従兵達の各地への侵攻は繰り返されるごとに激しさを増し、凄惨な地獄と化した世界は、櫂人に残酷な選択を突きつける。
「今一度問おう―――セナ・カイトには、エリザベート・レ・ファニュを殺せるのか?」
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る今最も熱いダークファンタジー第六弾。
話をしよう。
これは恋の物語ではない。
憧れと愚行と、幸福な愛の物語だ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫6/綾里けいし

恋する王子と受難の姫君(恋する王子シリーズ)全8巻/小椋春歌

恋する王子と受難の姫君 1 (ビーズログ文庫)
恋する王子と受難の姫君 1 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2011年6月刊 〜 2013年7月刊。
久しぶりに再読したら面白すぎて全8巻を一気読みしていました。やっぱり大好き!めっちゃ笑った!

この物語の主役である「恋する王子」アレクはストーカーです。変態です。完全にアウトな男です。
執念深く、自制心は勉強中。気をつけないとすぐに恋心が暴走してしまいます。
この作品は、そんなアレクが最愛の初恋相手モニカめがけて猪突猛進を繰り返し、積み重ねた失敗を乗り越えて成長していくハイテンション・ラブコメ・ファンタジーです。

コメディとして笑えるけれど、設定は意外とシリアス。
そしてかなり人を選ぶタイプの物語です。なにしろ「ストーカーと被害者」の恋のお話なので。
二人の恋が抱える問題は数巻かけて丁寧に掘り下げていくけれど、この手の話を生理的に受け付けない人もいるでしょう。特に1巻がね・・・・・・

ただ、2巻以降で始まる過去の精算こそがこのシリーズの面白さだと私は思っています。
恋に浮かれ、恋に突き落とされ、一喜一憂の振れ幅が半端ない変態アレク。
彼の想いは笑えないほど業が深いのだけど、それでも笑えてしまう中毒性を秘めています。
まぁ、この作品は肩の力を抜いて読むのが一番です。深く考えすぎてはいけない。これはコメディだ!

☆あらすじ☆
この王子、変態ストーカー!? あべこべファンタジックラブストーリー開幕!!
若き兵士・ミラは、とにかく悩んでいた。なぜなら、お忍びで訪問していた大国の王子・アレクシスに、異常に気に入られてしまったから! 始めは気づかないフリをしていたものの、王子の行動はエスカレート!! 「一緒にお風呂に入りましょう」ってマジ!? さらにはミラさえも知らなかった過去の秘密まで暴き出し……!?

以下、全巻を通しての感想です。
若干、未読者向けのプレゼンを意識していますが、特に1巻の内容については踏み込んだネタバレがあります。ご注意ください。

続きを読む 恋する王子と受難の姫君(恋する王子シリーズ)全8巻/小椋春歌