「★★★★★」タグアーカイブ

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)
八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年2月刊。
めちゃめちゃ面白かった!!
武家と公家の和睦のため、幼い東宮の妻となった武家の鬼姫。
仮初めの東宮である夫を本物の帝とするため、慣れない公家社会で奮闘する鬼姫の活躍を描いた和風ファンタジー第2弾。

主人公夫婦とライバル夫婦の戦い、そこで描かれる夫婦の絆が今回もとても熱かったです。
てかもう妻同士の関係が最高すぎて。

強い女と強い女が「彼女には絶対に負けられない!」と闘志を燃やし、互いに刺激し合い、正々堂々と技を競う。
そこに暗い感情はなく、あるのは高潔な対抗心のみ。

これがもう本ッッ当に気持ち良い関係なんですよ・・・!

どこかスポ根少年漫画を彷彿とさせる、夫婦VS夫婦の雅な戦いが前巻にも増して最高でした。
刀を交えるガチバトルもあって、これもまた読み応えあり。
最高だから読んでください!お願いします!

☆あらすじ☆
女らしくなくても、舞が下手でも――「雲雀は僕にとって、理想の妻だよ」
男が箏を奏で女が舞い、出来映えを競い合う宮廷行事「豊寿の舞」。鈴鳴は半ば強引に雲雀との参加を決める。しかし、昨年の勝者である鎬雨が何者かに襲われてしまう。賊として捕らわれたのは雲雀の部下・有宗で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

筺底のエルピス6 四百億の昼と夜 /オキシタケヒコ

筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜- (ガガガ文庫 お 5-6)
筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜- (ガガガ文庫 お 5-6)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年1月刊。
面白かったー!!!
待望の、待ッッッッッ望のエルピス最新刊。
凄かったです。興奮しすぎて眼球から血が出るかと思いました。こんな凄い作品を読めていいのか。

だって伏線回収がすごすぎる。
歴史の裏側が紐解かれるなかで、「えっ、(歴史上の)その事件に(エルピス独自の)その設定がはまっちゃうの??」と動揺しまくりでした。
その先にあるのはパズルが美しく完成した時のような快感と達成感と、どうしようもない不安感。
こんな歴史ドラマを作り上げるなんて、オキシタケヒコ神の脳内はどうなってるんだ。

ちなみに今回で私の「筺底のエルピス」最推しキャラが決まりました。猊下かわいいよ猊下。どうしてこんな可愛いの猊下。もはや猊下のことしか考えられない。これが愛・・・・・

☆あらすじ☆
ゲート組織の過去に広がる、巨大な真相――。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。未来を閉ざすその脅威に立ち向かうためには、衝突や非干渉を続けてきた鬼狩りの派閥――三つのゲート組織を和解させる必要があった。
バチカンの《ゲオルギウス会》との同盟が締結された今、日本の《門部》と敵対するゲート組織は不死者の軍勢《I》のみ。組織の裁定権を握る式務の一員となった百刈圭は、和解交渉の特使として、世界を牛耳る巨大な秘密結社のもとに赴くこととなる。
一方その頃、鬼狩りの訓練生となった若者たちも、各ゲート組織に君臨する異星知性体の目的を独自に考察しようとしていた。海を隔てた二つの場所で、真実に肉薄していく彼らが目の当たりにする、星界の影に覆われた、この世の真の様相とは。
不死者の首魁《プロフェッサー》と対峙し、夜空を見上げ、すべての真相にたどり着いたその先で、若き狩人たちが足を踏み出すことになる標なき道は、果たして、いかなる荒野へと続くのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終わりが始まる、継続の第6弾。

以下、ネタバレありの感想というていの猊下語りです。嘘です(嘘じゃない)

続きを読む 筺底のエルピス6 四百億の昼と夜 /オキシタケヒコ

賭博師は祈らない5 /周藤蓮

賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
はぁ〜〜〜・・・・・・素晴らしかった・・・・・・
賭博師と奴隷少女の出会いから始まる物語は、ついに完結へ。
様々な立場にある人々の信念と信頼と願いが衝突する。その果てにあるのは、誰かが傷つかねばならない結末なのか?
最終巻に相応しい圧倒的なドラマに感無量です。本当に面白かった!

☆あらすじ☆
ロンドンの裏社会を牛耳るジョナサンと対立し、一度はすべてを失ったラザルス。だが賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着く。
再起したラザルスはフランセスにも勝利し、ジョナサンとの全面対決を掲げた。かつて帝都にいた友人たちが残した、ちっぽけな約束を守るためだけに。
一方、ラザルスの無事に安堵したリーラだったが、彼女は故郷へ帰る為の乗船券を渡されたことに戸惑い、自分が主人に対して抱いていた想いに気付かされる。
――『私は、ご主人さまが好きです』
そしてラザルスはリーラとの関係にひとつの答えを出すことに。二人の物語に訪れる結末は、果たして。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない5 /周藤蓮

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 /瘤久保慎司

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)
錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
めちゃめちゃ面白かったー!いやマジで最っっ高に面白かった!
1巻2巻に出てきた全ての設定・伏線がフルに活きる、まさに集大成たる第3巻。
錆に覆われた世界の謎も解き明かされ、これまでで最も強くSF的エンターテインメントを感じる内容でした。
ビスコとミロの絆も今まで以上に激熱で、終盤の見開き挿絵はしばらく見入ってしまうほど美しい・・・・・・
錆喰いビスコ、永遠に推せる。続きも楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
――敵は“東京”。最強キノコ守りが“錆”が覆う日本の原点に立ち向かう!
島根を発ち、訪れた四国のキノコ守りの里で襲撃を受けたビスコたち。アポロと名乗る襲撃者は、あらゆるものを次々と「ビル」に変えてゆき――!?
今の日本を滅ぼし、2028年を復元しに来たというアポロ。過去VS現在。人類の未来を賭けた戦いが幕を開ける――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 /瘤久保慎司

灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青


灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年12月刊。
他界パラノ編クライマックス。
面白かったです。私がめちゃめちゃ好きな十文字青節炸裂って感じで最高でした。ああ、シホル・・・!
ちなみに今回の私的MVPはハルヒロ大好きクザクくん。リーダー好きすぎでしょ。クザクのハルヒロ依存が止まらない。

☆あらすじ☆
パラノ編完結――!!
「一緒に帰ろう、グリムガルへ」
――ここはグリムガルじゃない。ここから出ないと。
夢魔と呼ばれる怪物と魔法使いたちが闊歩する他界パラノで散り散りになったハルヒロたち。頼れる仲間はおらず、信じられるのは自分自身だけ。
――でも、おれはどこまでおれを信じられるんだ?
目指すは仲間たちとの再会と脱出。鍵を握るは王。アリスC、同じくパラノに迷い込んでいた暁連隊のイオらと心を、力を合わせて、ハルヒロたちは無事、グリムガルへと帰れるのか――!?
異なる幻想に彩られた他界パラノ編完結。
そして、灰の中から生まれた冒険譚は大きく転換する!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青

現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子

影の王国 ピジョン・ブラッド【電子版限定・書き下ろしつき】 (集英社コバルト文庫)

評価:★★★★★

『影の王国』シリーズは、1997年から2002年までコバルト文庫から刊行されていた現代ファンタジーです。

亡き母の戒めを破り「赤い月」を見てしまった女子高生・瞳。
その日から人ならざるものが見えるようになった彼女は、地味なクラスメイト・渡会月哉が影の中で麗しく変貌することを知り、やがて「月の影の王国」という異世界の存在を知ることになります。

そこは自らの血をひく王子を生贄とし、巨大な力を維持する「月の王」が支配する世界。

父に殺されるか、父を殺すか。
そんな血なまぐさい王位継承争いを繰り返す月の王家に生まれ、生贄に選ばれながらも地上へ逃げのびた月哉。
追っ手から逃げる月哉に関わるうちに秘められた巫女の力を覚醒させ、隠されてきた真実をその目で見通す瞳。

物語は、学園ジュブナイルホラーな第一部、貴種流離譚の本題に突入する第二部、すべての謎が解き明かされる第三部という形で、中だるみすることなく一気に駆け抜けていきます。
複雑な伏線を幾重にも編み込みながら、様々な思惑と想いを抱えた人々のドラマが胸を打つストーリーとなっています。

はじめて私が読んだ頃はすでに完結済みだったこともあり、全14巻をズラっとならべ、夢中になって一気に読破したことを覚えています。
しかし最近は内容をすっかり忘れてしまっていて、面白かったことは感覚として覚えているのに「どんな風に面白かったのか」を全く思い出せない状態でした。
それが無性に悔しく感じられたので初読み気分で「影の王国」を再読。これがもうめちゃくちゃ楽しかった。
こんなに読み応えある壮大な話だったのかぁ。惚れ直してしまいました。

そして再読した今だからこそ自信をもって言えます。

 

『影の王国』は面白いよ!!

 

☆あらすじ☆
学校の帰りに、赤い月を見た翌日から、瞳の生活は一変した。全然目立たなかった同級生月哉が、存在感のある人に思えてきたのだ。それだけではない。道端に生える蔦、向かいの住人の不気味な影など、他の人には見えない変な物が、見えるようになった。最近ペットが次々にいなくなる怪事件と、何か関係があるのだろうか。月哉は何かを知っているらしいが…。ホラー・ファンタジーの登場!
電子版限定書き下ろしSS「赤い鳥」収録!

以下、シリーズ全体のネタバレありで雑に色々と感想を。

 

続きを読む 現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子

少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)
私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年10月刊。
凄い・・・・・・凄い物語でした・・・・・・
居場所を失った少女と、スランプに苦しむ天才小説家。
彼との出会いによって彼女は確かに救われたはずなのに、彼女と彼の世界は緩やかに崩壊へと向かっていくのです。
作中を埋め尽くすのは二人が交わす憧憬と失望、愛情と憎悪、そして殺意と祈り。
途方もなく大きく、割り切れないほど複雑で、底が見えないほど深い感情のうねりに目眩がしました。
読んでる間はひたすら息苦しく、終盤はもはや意識が朦朧としていました。
そして読み終わった今はこんなにも辛い。とても苦手なお話なのに、どうしようもなく囚われてしまう。
改めて、本当に凄い物語でした。

☆あらすじ☆
突如失踪した人気小説家・遥川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった少女の存在があった。
遥川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遥川が小説を書けなくなったことで事態は一変する。梓は遥川を救う為に彼のゴーストライターになることを決意するが――。
才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女、そして迎える衝撃のラスト!
なぜ梓は最愛の小説家を殺さなければならなかったのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
お久しぶりの新刊。
私にしては珍しく前巻を再読してから臨んだのだけど、ちゃんと準備して読んで本当に良かった。
在りし日の夜光と飛車丸を描いた過去編のクライマックス。中盤以降はボロボロ泣きながら読みました。
やはり東京レイヴンズは最高だった。どれだけの乙種をこの物語に込めていたのか。
そしてあざの先生の幼馴染属性はガチだと思いました。ここに至高の幼馴染が誕生した・・・!

☆あらすじ☆
お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で――
土御門夜光と相馬佐月。陰陽の道を歩む二人の運命的な出会いにより、呪術は黄金時代を迎えた。けれど無情にも『その時』は確実に近づいてくる。敗戦の色濃くなる帝都で、夜光が、そして飛車丸が下す決断は……。

以下、ネタバレありの感想です。興奮してます。ご了承ください。

続きを読む 東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)
かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
とても良かった・・・・・・本当に本当に、ここまで読んできてよかった。
次の最終巻へ向けて、怒涛の伏線回収をみせる第9巻。
ついに大旦那様の秘密に切り込み、彼と葵ちゃんの関係に隠された真実が明らかになりました。
もうね、感無量です。最高でした・・・・・・

☆あらすじ☆
「お弁当と引き換えに“真実”を一つずつ教えよう」そして葵が知ったのは?
黄金童子に導かれ、葵は文門の地へ辿り着く。そこにはいつもと変わらないように見える大旦那の姿があった。八葉夜行会までの束の間の時を、穏やかに過ごす二人。大旦那はそこで、ひとつの提案を葵にするのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

賭博師は祈らない4/周藤蓮

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年6月刊。
賭博師ラザルス・カインドに大きな転換点が訪れる第4巻。
築いてきたものが足元から崩れていくような喪失感と、その先に生まれる新しい何か。
そこを覆すのか!という驚きと興奮で胸がいっぱいです。今までの全てはこのためにあった・・・!
最高に盛り上がってきた物語は次巻で完結とのこと。
今回の予想外すぎるラストから、一体どんな結末を見せてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない4/周藤蓮