「★★★★★」タグアーカイブ

テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル1 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前シリーズの感想はこちらから

評価:★★★★★
2009年11月刊。
面白すぎる・・・・・・あまりにも面白すぎる・・・・・・
オイレンとスプライトの段階でも「おっもしろーい!ひゃっほーう!」となってたのに、嘘やんこんな面白くなるとかありえるの・・・?

本当はブログに感想を書くよりも続きを読みたい気持ちでいっぱいです。
でも1巻を読み終えたこの瞬間の絶望と感動と興奮は今しか書けないと思ったので、グッとこらえて感想を書きます。

もうね、心が血塗れなんですよ。
今までの全てが容赦なく心を握りつぶした。丁寧にすり潰されて、ぺしゃんこになった。

なのに悔しいくらい面白い。

どうしたらいい?面白すぎるんだけど、これ、まだ1巻なんですよ??
本当にどうしたらいいの・・・・・・

☆あらすじ☆
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁

オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁


【合本版】オイレンシュピーゲル 全4巻 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
オイレンシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年5月刊。
スプライトシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年4月刊。

めちゃくちゃ面白かった!
架空の国際都市を舞台に、治安維持組織に所属する少女たちの戦いを描くSFクライム・アクション。
体に障害を持つ子どもに機械の手足をつけてテロリストとの戦いに放り込むという、かなりドギツイ物語ですが、そこで描かれるドラマとアクションは濃厚の一言。
救いがたく反吐が出るような世界だけど、そこで必死に進み続ける少女の慟哭が胸を打つ。
また、現実世界と切り離せない設定・描写が多々あり、そのリアリティが物語への没入感を高めるかのよう。
あとラブコメが予想外に楽しすぎた・・・!笑

色々書きたいことは後ろに回すとして、近未来警察モノとして最高に面白いエンタメ小説でした。

ちなみに『オイレンシュピーゲル』(角川スニーカー文庫)と『スプライトシュピーゲル』(富士見ファンタジア文庫)はワンセットです。
もしもこれから読む方は1巻ずつ交互に読んでくださいね(2巻と4巻で交錯があります)

シリーズ完結作の『テスタメントシュピーゲル』も近日中に読む予定です。

☆あらすじ(オイレンシュピーゲル1巻)☆
「なんか世界とか救いてぇ――」。あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される国際都市ミリオポリスに、「黒犬」「紅犬」「白犬」と呼ばれる3人の少女がいた。彼女たちはこの街の治安を守るケルベルス遊撃小隊。飼い主たる警察組織MPBからの無線通信「全頭出撃!」を合図に、最強武器を呼び込み機械の手足を自由自在に操り、獲物たる凶悪犯罪者に襲いかかる!
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の、衝撃的ライトノベル第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁

錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司


錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年6月刊。
錆喰いビスコ、話がカオスになればなるほどテンション上がる私がいます。
む、無茶苦茶だ〜〜〜!と笑っちゃうんだけど、それが楽しくてたまらない。
今回もめっちゃ面白かったです。
映画を撮りたい黒革との再対決、クライマックスシーンが特にお気に入り。
あと今回ラブコメ度が高くなかった!?高かったよね!?!?

☆あらすじ☆
オレは、この地球で最高の映画を撮りたいだけさ……お前を主役にしてな。
〈主演 赤星ビスコ役 赤星ビスコ〉
復活した邪悪の県知事・黒革による圧政下におかれた忌浜県。潜伏していたビスコ達一行がTV越しに目にしたのは、ビスコを主役にした映画の制作発表記者会見……そう、日本全域を占領、国民を苦しめた黒革の悪政のすべては、映画制作のためだったのだ!
操られた仲間達、そして迎えた師弟対決。果たしてビスコ達は、無事仲間を救い出し、黒革の野望を打ち砕くことができるのか――!?
因縁の対決ふたたび! 最強キノコ守りコンビが日本各地を暴れ回る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司

吸血鬼に天国はない3 /周藤蓮

吸血鬼に天国はない(3) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年5月刊。
やっぱりこのシリーズ大好きッ!!!!!と確信した第3巻。
暗くて血生臭くて、現実は容赦なくて、救いが見えない。
でも、その根底にあるのは切ないほどのロマンチシズム。
人と怪物。共に生きようとする彼らの在り方は愚かだろうか。罪だろうか。
答えを見せたラストシーンが最高でした。
本当に好きだなぁ。人外恋愛譚として、私的には満点です・・・!

☆あらすじ☆
監獄から抜け出した『死神』。死の匂いが充ちる街でルーミーたちは……。
「お兄ちゃんも真面目に生きて、天国を目指そうって気になってきたんですか?」
個人でやっていた運び屋を、会社として運営し始めて早一月。恋人のルーミー、そして社員として雇い入れたバーズアイ姉妹たちとともに仕事を回す日々。経営は苦しいながらもシーモアは、情報屋のフランから「真面目」とからかわれるような幸せに浸っていた。
だがある日シーモアのもとに捜査官から、ルーミーのもとに殺人株式会社から、脱獄した『死神』の捕獲・討伐に協力するようそれぞれ秘密裡に依頼が入る。
一方、『死神』の手による連続殺人事件が巷を騒がせるようになり、街は徐々に無秩序がはびこるようになっていた。はからずも同時期、街には新たなる怪異が産声を上げようとしていて……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼に天国はない3 /周藤蓮

かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環


かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年5月刊。
面白かったー!いや、ほんとヤバいくらい面白かったな!?

糸森環先生の新作は和風異世界転生譚。怪異に侵された人々を手当して救う少女のお話です。

この作品、世界観が最高に魅力的でした・・・・・・あまりにも好きすぎるやつだった。
主人公の住まいは巨大な空き瓶で、それを改造して家具や雑貨を詰め込んで暮らしているんです。ボトルシップみたいなイメージかな。
異世界なのに空き瓶ハウスってなんだよ、と思った方こそぜひ読んでほしい。
「不思議の国のアリス」と日本神話を足して2で割ったような、めくるめくワンダーランド和風異世界が待ってますよ!

孤独な少女が自分の居場所をみつけようと足掻く物語としても読み応えばっちり。
色々と手厳しい虎様との関係も、サスペンスと愛嬌がたっぷりで、すごく良かったです。
これはもう絶対にシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
異世界に転生したら、神様(怪異)の医者でした。世直し和風ファンタジー!
名により本質が定められる『此の世』——亥雲の国に転生した八重。ある日、化け物に襲われた八重は、かつて神だったという金虎・亜雷を解き放つ。俺様な彼に振り回されて弟捜しを手伝うが、見つけた弟・栖伊は本質を失い、異形と化す病に冒されていた。亜雷は、独特な魂を持つ八重ならば栖伊を治せると言うが……?
「俺はおまえのために解き放たれた」アブない虎に懐かれて、魂の意味を取り戻す“神様治療”はじめます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環

継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する /紙城境介


継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年4月刊。
うあああ・・・・・・これは、なんというか、ちょっと良すぎでは????
なんだこの揺れる乙女心の瑞々しさは????
結女は元々好きなタイプのヒロインだったんですが、更に大好きになりました。
こじらせて、こじらせて、こじらせた末に、彼女が選んだ道。
不敵に可愛く笑う姿に惚れてしまいそう・・・・・・
俄然楽しくなってまいりました!これは続きが待ち遠しい!!

☆あらすじ☆
そういうところが、好きだったから。終わった初恋と“今”が交差する帰省編
親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。
“家族”らしさも板についてきた二人だが、ときおりあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で——。
そんな夏休みも半ば、伊理戸一家は父方の実家に帰省する。
「水斗くんじゃ〜ん!! ひっさしぶりぃーっ!!」
水斗をハグで出迎えたのは、親戚の清楚風陽キャお姉さん・種里円香。
なぜか彼女には従順な水斗に、結女は察する——この人、水斗の初恋相手!?
昔の恋は振り切って、今の関係——“きょうだい”を受け入れたはずの元カレと元カノに、未練が渦巻く三度目の夏祭りが訪れる。
結女の決断に元カップルが大いに揺れ動く、夏休み帰省編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する /紙城境介

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ


どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。 : 2 (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年3月刊。
ときめきシーン大量放出!な第2巻。
めちゃめちゃ良かった〜〜
なんかもう多幸感に浸ってます。すごく笑ったから心地よい疲労感もある。
魔女と騎士の恋物語、最後までとても面白かったです。

☆あらすじ☆
片思い相手だった王宮騎士のハリージュに、惚れ薬を依頼されたことで、彼と心を通わせることができた魔女ロゼ。それだけでも嬉しいのに、ハリージュの婚約者として彼と一緒に住むことに!?
毎日会うハリージュにときめきの止まらないロゼだが、そんな彼女の元に、『魔女の弟子になりたい』という少女がやってきて…?
引きこもりだった魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まった恋のおはなし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ

モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子


モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚― (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年2月刊。
これはやばい。やばい小説が出てきたぞ・・・!

怪奇現象を引き起こす妖怪画を探しだし、その憑き物落としを行う男女を描いた現代ファンタジー。
妖怪退治系のお話としても面白いのですが、本作で何よりも推したいのは「主人公二人の関係性」です。

過保護な兄と世話のやける妹のような「幼なじみ」の二人。
一見すると優しくて穏やかな雰囲気なのに、その奥底には荒れ狂うような執着と情念が秘められているのです。

誰よりも近くて、もどかしいほど遠い。そして遠いからこそ執着する。
届きそうで届かないものにこそ、人は必死に手を伸ばすのかもしれません。なりふり構わず、本音を隠して。

二人の関係に隠された業の深さを知れば、その運命的なしがらみに、読者はときめきが止まらなくなることでしょう。
はぁ、もう、どうしましょうか。私の胸の動悸がやばい。

あまりにも性癖に刺さる作品でした。
求める女と、つれない男。焦がれる男と、気づかぬ女。
そういうのお好きな人、ぜひ読みましょう。

☆あらすじ☆
江戸末期の絵師・月舟が描いた妖怪画には、本物が封じ込められているという。そして現代。月舟の子孫・詩子は、美大に通う学生だが、もうひとつの顔があった。散逸した月舟の妖怪画を探し、憑きものを落とす家業を継いでいたのだ。幼馴染みの青年・七森が持ち込んだ情報によると、月舟の絵を所有する画廊のオーナーが足を火で炙られるような痛みを訴えているらしく?
【目次】一 猫又/二 ろくろ首/三 面霊気/四 鬼女/結 無題

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子

異世界拷問姫9 /綾里けいし


異世界拷問姫9 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年2月刊。
醜悪で美麗なダークファンタジー完結巻。
まるでクライマックスのような苦難を、繰り返し描いてきたシリーズでした。
いったい何度「あれよりも酷い地獄があったのか?」と震えたことか。
そしてこれが本当のクライマックス。
一気に駆け抜けた最終巻でした。最後までとても面白かったです。

☆あらすじ☆
至高のダークファンタジー、終劇。
「どうか、皆、みーんな、一緒に死んでください」
最愛の父・ルイスを失い、【異世界拷問姫】アリスは世界を壊し始める。
かつて最愛の従者・瀬名櫂人を失った【拷問姫】エリザベートは世界を守り続ける。
それは鏡映し、共にあり得た可能性。
それ故に決定的に交わらない二つの道。
だから二人の拷問姫は“彼ら”の遺志を継ぎ、各々に世界へと立ち向かう。
「どうして、私だけお父様を失うの? 『瀬名櫂人』のエリザベートは生きているのに!」
「この【拷問姫】が全てを賭けるのだ──【異世界拷問姫】が受けずして、どうする?」
これが神話に至る物語。
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー、最終巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫9 /綾里けいし

妹さえいればいい。14 /平坂読


妹さえいればいい。 (14) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年2月刊。
ラノベ作家たちのラブコメ群像劇、ついに完結!
とても面白かったです。いや本当に面白かった。
びっくりするくらい真っ直ぐ刺さって、なんだか表に引きずり出されたような気分になりました。
何もかも満足!

☆あらすじ☆
青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!
「アンチも編集者も俺以外の売れっ子も全員爆発しろ!」作家としてブレイクし、愛する人と結婚し、父親となっても、人は(特に作家は)そう簡単に聖人君子のように生まれ変わったりはしない。羽島伊月は今日も荒ぶりながら小説を書く。そんな彼を生温かく見つめる妹の千尋も、報われない片想いにいい加減疲れていて――。伊月、千尋、京、春斗、那由多、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子……時を経て大きく変わったり変わらなかったりする主人公達が、それぞれに掴む未来とは!? 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。14 /平坂読