「★★★★★」タグアーカイブ

エリスの聖杯3 /常盤くじら


エリスの聖杯3 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年10月刊。
地味な子爵令嬢と稀代の悪女のコンビが「復讐」を果たすために奔走する権謀術数サスペンス第3巻。
複雑に絡んだ謎や問題の全てが解決する最終巻でした。めっちゃ面白かった!
女子二人の友情、契約婚約者とのロマンス、そして謀略に挑むスリル。
そのどれもに胸が熱くなりました。最高だった…!
ちなみに続編の刊行が決定したそうですね。今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「ごめんね、スカーレット。本当に、ごめん」
希代の悪女の亡霊スカーレットと、その復讐につきあうことになった地味令嬢のコンスタンス。
奇縁で結ばれた令嬢コンビはついに、十年前の処刑の真相へと辿りつく。
あとは順に復讐相手を見つけ出していくだけ、と気炎をあげるスカーレット。
だが、王国内で暗躍を続ける組織【暁の鶏】は、コニーやランドルフを『エリスの聖杯』の邪魔者であると認識し、その排除のために動き出していた。
敵の意図を看破したコニーは、あえて冤罪を被って収監されることで、ランドルフの行動の自由を確保する。
しかし、そんな彼女に下された王命は『十年ぶりの公開処刑』だった――!
十年前のサン・マルクス広場、処刑場での邂逅から始まった二人の少女の物語。その果てに待つ運命とは!? 感動の第三弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エリスの聖杯3 /常盤くじら

神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 7 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年7月刊。
感情の振れ幅が大きすぎて情緒が大変なことになる最終巻でした。
あっちで吹き出し、こっちで泣いて、涙が止まらないうちに次の笑いの波が来る。
ほんと良い最終巻だったなぁ。
異世界トリップした主人公の選択と、大事な人たちが彼女に向ける様々な想い。
その優しさ、温かさ、切なさに胸がいっぱいになりました。
とても面白かったです。最高でした。

☆あらすじ☆
皇都エルサムで始まった戦争の中、カズキは人質解放の条件として一人でディナストに追いかけ回されていた。
宮殿内を走り回って逃げていると、異世界にやってきていたある人物と出会う。
その出会いがきっかけとなり、大きな決意をするカズキ。
そして、城で待つディナストの元にルーナがようやくたどり着き、長かった戦争はついに決着する。
戦乱の時代を駆け抜けた少女カズキと騎士ルーナの運命は?ハンカチ必須の感動のクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音

プロペラオペラ5 /犬村小六


プロペラオペラ 5 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年8月刊。
最悪の三角関係から始まった、恋と空戦の架空戦記最終巻。
凄まじいお話でした。
しんどいやらキュンとするやら感動するやらで私の情緒がめちゃくちゃにされてしまいました。
史実をベースにしつつ、ロマンスとファンタジーをたっぷり盛り込んだ本作。
後書きにあるように、確かにこれは人間賛歌の物語だと思います。
最後まで読んで良かった。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
日之雄ガメリア最終決戦、開戦!!
 極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美女イザヤ。同い年で幼なじみのクロトは、10才の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
 しかしふたりは今、第八空雷艦隊司令官と、その超キレ者首席参謀として国民の人気を独占する!
 ガメリア大統領となったカイルは、兵器史上もっとも巨大凶悪な飛行戦艦「ベヒモス」を建造し、日之雄に迫る。奴の戦争の目的は、イザヤを娶ること。バカか!!??そんなこと許せるわけがないクロトは、カイルの仕掛けた「三角関係大戦争」の直接決戦を断固受けて立つ!!
 イザヤ、リオ、速夫、ミュウ、ユーリ、クロト、絶望的戦闘を共に生き延びてきた愛すべき乗組員の野郎ども、そしてカイル。誰が死に、誰が生きるのか。
 戦場の爆砕音と怒号と鼓膜を殴打するプロペラの叫び!!「恋と空戦」を書かせたら世界一の犬村小六は、今巻に、自身の生きる力の全てを叩き込んだ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ5 /犬村小六

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 /手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2021年9月刊。
魔奴愛史上最も盛り上がった第13巻。めちゃめちゃ面白かったー!
魔王の一目惚れから始まった本作。
他の魔王との衝突や世界の謎を描きつつも、「そんな事より嫁を愛でねば!」とラブコメな初志を貫徹するところが本当に好きです。
魔王同士の戦争が勃発する今回はそれはもう大変なことになっていたけれど、万難を排してネフィを愛でるために全力を尽くす魔王ザガンの戦いぶりはとても格好良かったです。
様々な問題や人間関係が決着したものの、魔奴愛はまだまだ続く様子。
今後の展開も楽しみです!

☆あらすじ☆
キメリエスがゴメリを救うべく離脱した中、魔王シアカーンが過去の英雄たちの大軍勢を率い、ついにザガン達へと攻め込んできた。
一方で、ビフロンスの策謀により<アザゼル>化してしまったネフテロスも牙をむく。
しかし、迫るあらゆる問題は、ネフィの誕生日を盛大に祝いたいザガンにとっては振り払うべき些事に過ぎない――!!
難敵すらも嫁のためなら圧倒する、最強不器用魔王による大人気ファンタジーラブコメ、反撃の13巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 /手島史詞

春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈


春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
神の力を宿した4人の現人神によって春夏秋冬が巡る世界で、四季の代行者と彼らを守る護衛官の絆と切ない感情を描く和風ファンタジー。

いやぁ……凄まじい作品でした……
各人が抱える感情の重さと大きさが途方もない。

かつて世界に見捨てられ、地獄に落とされた二人の少女。
かつて大事な人を奪われ、後悔の中で苦しむ二人の青年。

二組の主従を中心に描かれる物語は、美しくも残酷な世界観をバックに情緒でぶん殴る系でした。

ボロボロに傷ついた心を共依存の中で癒し合い、再起を目指す少女たちの絆がめちゃめちゃよかった。
迂闊に触れたら壊れてしまいそうな儚さがあるのに、彼女たちは懸命に前へ進むのです。戦う意思を携えて。
美しきリベンジャー。可憐にして果敢な少女主従なんです。最高すぎ。

本作には春夏秋冬の4組の主従が登場するのだけど、そのどれもが粒揃い。
主従関係や恋愛関係をはじめとする、様々な形の人間ドラマが読み応えたっぷりに詰まっていました。
友情も愛情も憎悪も苦悩も、あらゆる感情が割り切れずに混沌として描かれるのがとても面白かった。
どんよりと暗い感情で散々殴ってくるのに、最後は晴れやかな気持ちで読み終われるところも素敵です。

主従関係を強く推したい作品ですが、恋愛パートもかなり好み。
初恋が絶望に染められ、苦しみながら春に焦がれる冬の恋が特に好き。。。

ていうか、どこを切り取っても好きだわ。最高のファンタジーがきたよ、これは。
続きも出るらしいです。とても楽しみ!

☆あらすじ☆
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。
「春は――無事、此処に、います」
世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた――。
いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。
暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈

マリエル・クララックの喝采 /桃春花


マリエル・クララックの喝采 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
覆面作家な貴族令嬢の謎と波乱に満ちた日々を描くラブコメ・ミステリー第8巻。
元々好きなシリーズですが、私は今回の話が一番好きです。大好き!
謎や冒険のスケールが大きかった前回に比べると、今回の話は日常回に含まれるのかも?王都の中で身内+αでわちゃわちゃする話ですし。
でもすっっごく楽しかった!
とにかくキャラが生き生きと動いていて、終盤にかけて笑いが止まらず大変でした。今までで一番笑ったと思う。とにかくページをめくるのが楽しくて楽しくて。
キャラ同士の掛け合いが秀逸。変人と堅物の夫婦漫才は最高。横恋慕な怪盗氏も相変わらず魅力的。
本当に良い少女小説だなぁ。このシリーズがますます好きになりました。

☆あらすじ☆
名門伯爵家嫡男のシメオンと結婚し、甘い日々を送るマリエル。小説家としての活動にも精を出す中、第二王女の婚約者であるラビアの公子がラグランジュを公式訪問した。歓迎の宴で挨拶したリベルト公子は、美しく優しげな人物に見えたが……。「この方、もしや曲者では!?」さらに怪盗リュタンの予告状で街は大騒ぎ。マリエルとシメオンもその場面を目撃して――!? 大人気シリーズ第八弾、オール書き下ろしで登場! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マリエル・クララックの喝采 /桃春花

声を聞かせて3 精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 +番外編(小説ウィングス2021年春号掲載)/川上朔


声を聞かせて(3)精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年2月刊。
精霊の声を聞く女と魔法使いの男のバディが、入れ替えられた能力を取り戻し、人に怯える少女の心を救うため奮闘するファンタジー最終巻。
とても素晴らしかった…!
『声を聞かせて』というタイトルに込められた思いが、この物語の随所で優しく響いて胸がいっぱいになりました。

傷だらけの孤独な心を抱え込む相棒へ、その寂しさに気づいた男が不器用に歩み寄る姿が良かった。
偏った世界しか知らず落ち込む相棒へ、その気高さを知る女が尊厳を伝えようとする姿が良かった。

最初はあれだけ険悪だったのになぁ。こんなに最高のバディになるとは。
二人で協力して少女を守るなかで、互いの欠けた部分を埋め合い、新たな関係性を築いていくサリとラルフの姿は本当に美しかった。
人の心に触れる難しさと優しさが詰まったファンタジーでした。

それとこれは重要情報なのですが、『声を聞かせて』を単行本で読んだ方、あるいはこれから読む予定の方は、小説ウィングス2021年春号(No.111)も一緒に買ってください(公式サイトに飛びます)。公式通販なら手に入ると思うので。絶対に読むべき番外編が掲載されているから絶対に読んでください…!

☆あらすじ☆
追い詰められたエトの願いを叶え、白銀は四人だけの世界を作り上げた。世界を守る霧の壁にはいかなる力も及ばず、壊すことも進入することもできない。サリとラルフの記憶も操作され、偽りの平穏な生活が続いた。だが“化け物”への憎悪を募らせる村人たちが壁の外に火を放ち、サリはその優しい夢から醒める。そしてエトが再び白銀に救いを求めた時、白銀はすべての火を消すものの、人々の魂を手当たり次第に喰い始めてしまう。暴走する白銀を止めて皆を救うために、サリが呼んだのは……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 声を聞かせて3 精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 +番外編(小説ウィングス2021年春号掲載)/川上朔

死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから(※ただし好感度はゼロ)1 /六つ花えいこ


死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから (※ただし好感度はゼロ)1 (アース・スターノベル)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年6月刊。
て、て、天才!!両片思いラブコメの天才!
なんてことだ。こんな面白くて甘くて可愛くて切ない両片思いがあって良いのか??いや、良すぎる!!

恋人の死を回避するために、2回目の人生を捨て身で奔走する少女。
猛烈に迫ってくる少女につれない態度をとりながら、彼女が気になって仕方ない少年。
これぞ両片思い。
想いはすれ違っているくせに、互いにクリティカルヒットを出すから両者ボロボロです。
実に激しい殴り合いでした。優勢に立ったかと思えばノックダウンされる彼女と彼を何度見たことか。
君ら相手のこと好きすぎでしょ!そのくせ健気さで泣かせてきて!もう!

この1巻では話が終わらないのだけど(当たり前か)、キャラと内容と1巻の締め方で既に名作だと感じました。私この話大好きすぎる。
いやマジで天才の所業だったわ。。。

☆あらすじ☆
「会いたかった!」
「申し訳ないが、人違いだろう」
オリアナにとって公爵家嫡男のヴィンセントは優しく一途な、最愛の恋人だった。
幸せな学校生活を送っていたが、十七歳の春に二人とも謎の死を迎えてしまう。
――気がつくとオリアナは七歳の頃に巻き戻っていた。
入学式に念願の再会を果たすが、ヴィンセントには前の人生の記憶がなかった。
しかも、付き合っていたことをほら話だと思われてしまい、第一印象は最悪に……。
それでもオリアナは決意していた。この人生では必ず彼を守り抜くと。
彼が心配でなんとか傍に居続けようとがんばる女の子と、彼女が気になりながらも素直になれない男の子の、生きるか死ぬか二度目の魔法学校生活、スタート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから(※ただし好感度はゼロ)1 /六つ花えいこ

筺底のエルピス7 継続の繋ぎ手 /オキシタケヒコ


筺底のエルピス7 -継続の繋ぎ手- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年2月刊。
この心理戦の妙こそエルピスの醍醐味!!
嵌めて裏をかいて隙をつく。絶体絶命の悪条件からどうやって勝利の方定式を弾き出すのか。
バトルは最高にクールだし、最終章へ向けて進む展開にテンション上がりっぱなし。
もうホント楽しいです。そして猊下可愛すぎ。K殿の不憫可愛さも大幅にアップして笑った。
次巻がとっても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
終わりを拒み、未来を繋げ。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきた、殺意の媒介者を狩る三つのゲート組織が、突如陥落した。月に鎮座する異星知性体によって、三体の地上端末が一斉に掌握されてしまったのだ。彼らのネットワーク攻撃によって、ローマの祓魔師たちと全世界の不死者が瞬時に制圧されてしまうという危機の中、同様に沈黙した《門部》本部の地下聖域では、阿黍宗佑が第二心臓を埋め込まれ、無敵の刺客として復活しようとしていた。
異星知性体の目的は、悠久の時と歴史を使い捨ててまでして求め続けた宝――白鬼の奪取。
超人と化した阿黍が復活し、朋之浦結の確保に動き出せば、すべてが終わる。白鬼である彼女が星の彼方に連れ去られてしまうことになれば、三つのワームホールゲートも地上から撤去され、残された人類は鬼への対抗手段を失い、滅亡が確定するのだ。
打開のために残されたタイムリミットは、わずか数十分。すべてを託された百刈圭と、彼が率いる狩人たちは、断ち切られた希望の糸を繋ぎ直すべく、伏魔殿と化した《門部》本部の攻略戦に、いかに挑むのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終焉を拒絶する、反撃の第7弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス7 継続の繋ぎ手 /オキシタケヒコ

お狐様の異類婚姻譚5 元旦那様は恋狂うところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚: 5 元旦那様は恋狂うところです【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚: 5 元旦那様は恋狂うところです【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年5月刊。
ドキドキの状態で終わった前巻に続くシリーズ第五弾。
手加減!もう少し手加減してください!(褒め言葉)
いや、でも、すごいよ。
読み手である私の気持ちすら手玉にとって物語が展開される感じ。
こちらの心の揺れ動きをどこまで正確に把握してるんだ?全部わざとでしょ?計算づくで翻弄してるんでしょ?そうなんでしょ!?
まんまと翻弄されましたよありがとうございます。
素晴らしく甘美な地獄でした。

☆あらすじ☆
「雪緒、俺のもとに戻れ。戻らねば……」もののけたちの世界で薬屋を営む雪緒の元夫は、郷を治める大妖の白狐・白月。鬼に執着されたことで微妙な立場になった雪緒に「里の長候補にならないか?」という提案が持ち込まれるが、白月は反対のようで……。彼から覚悟を決めろと言われたけれど、一途に恋していた頃には戻れない――。白月への思いに悩む雪緒は、気づけば懐かしい過去に戻っていて!? 大人気異類婚姻ラブ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚5 元旦那様は恋狂うところです /糸森環