棺姫のチャイカ3

『棺姫のチャイカⅢ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)

今回は仲間たちの絆を深める回、だそうです。
途中で出てきたトールとチャイカのうふふにびっくりしてしまいましたw
私、ちょろい!(意訳:見事に引っかかったぜ!)

☆あらすじ☆
「胸っ!?増量!?」「何を置いても先ずそれかよ!?」「豊胸。秘訣。是非教授」
俺、トール・アキュラは思わずチャイカを振り返って突っ込み、でもってまた慌てて視線を逸らした。胸がどうとか、全く自分の周りの女共はどうして揃いも揃って慎みってものがないのか―。
チャイカの“捜し物”を求めて旅する俺たちは、温泉で休息に浸っていたが、またも正体不明の少年・ギイと遭い、“捜し物”をもつと思しき『皇帝殺しの英雄』の情報を得る。それで英雄シモン・スカニアがいるという『還らずの谷』へ赴いた俺たちは、ジレット隊と正面衝突することになり、崖から落ちてしまう―。

内容は三人称なのに、あらすじは一人称なのか。以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 棺姫のチャイカ3

乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)

貫主さまキターーーーッ!
予想通りのような予想外のような性格でした。 うーん、結人のライバルになれるのかはちょっと微妙なところかな?
巻を重ねるごとにキャラが濃くなっていく眼鏡執事が楽しすぎます。
あと、最近気づいたんですが、このシリーズは一昔前の少女小説というよりは、「はいからさんが通る」とかの時代の少女漫画のほうが近いです。びっくりしたときに片目に星が入っちゃう感じの。

☆あらすじ☆
柊スズメは、昼は女学生、夜は怪盗レディ・キャンディ。婚約者の結人さんは、レディ・キャンディを追う帝国陸軍少尉。もちろんスズメのお役目のことは知らない。ひょんなことからスズメは、レディ・キャンディの主君筋である貫主さまの護衛として、旧将軍家の忘年会に出席することになった。ところが、そこに警備として結人さんも来ていてーーー
レディ・キャンディ最大のピンチ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ

ノーゲーム・ノーライフ6

『ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★★

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

まさか1巻とは真逆の評をつけることになるとは。
6巻にして「0巻」。大戦の真実が明らかになる過去編です。どこか既視感のある2人の男女が出てきます。彼らがいかに戦い、どう生きたのかを見事に描き出していて、5巻までの経緯を踏まえて読むととても感慨深いです。
もうほんと、ノゲノラに泣かされるなんて夢にも思わなかったですよ・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと…空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「―なぁ、またゲームしようぜ…今度こそ、勝ってみせるから、さ…」
記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕”だけは忘れない物語―“最も新しき神話”へと至る“最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ6

ノーゲーム・ノーライフ5

『ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)

なるほどわからん!だった4巻でしたが、この5巻でちゃんと追加説明されました。なるほど!
海棲種と吸血種の滅亡を防ぎ、女王を目覚めさせるために天翼種に挑む空と白。
今回はジブリールのバックグラウンドを詰めたお話でもありました。
作中に出てくる某ゲーム、以前から気になっていたのですがそんなに酷いのか・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は、吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り、真の攻略法を暴くべく向かうは天翼種の故郷、空中都市『アヴァント・ヘイム』!だが序列第六位、狂瀾怒涛の“神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなく―?
空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?
「俺TUEEEでゲームして一回負けたらクソゲ認定?“俺YOEEE”からやり直せ!」
大人気異世界ファンタジー、嘘と騙りと陰謀の入り乱れる大連戦の第5弾!! 

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ5

棺姫のチャイカ2

『棺姫のチャイカⅡ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカII (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカII (富士見ファンタジア文庫)

チャイカの精神的な意味での初陣。
人から何かを奪うという行為がどういうことなのかを彼女が学ぶお話でした。
1巻同様、ストーリー展開はとても王道的でわかりやすかったです。

☆あらすじ☆
「全く兄様にも困ったものだ。すぐに婦女子を手込めにしようと」「人聞きの悪い事を言うなっ!」
乱破師トールとその義妹アカリ。そして『棺担ぐ姫君』チャイカ。滅んだガズ帝国皇帝の“遺品”を求めて旅する三人であったが、追われる身でもある彼らにとって、徒歩での移動はあまりにも危険が大きかった。魔法仕掛けの『機車』を求めて、とある街を訪れたトール達の前に、正体不明の少年が現れる。彼はトール達に機車の情報と共に、次なる“遺品”の持ち主、竜騎士ドミニカ・スコダの存在を告げてくるのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ2

ノーゲーム・ノーライフ4

『ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)

新章の序章のような巻でした。次回に続く、ということでこの巻だけでは話が終わりません。
着々と味方を増やしていく空と白。 それでもやはりジブリールが便利すぎる・・・。

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界「ディスボード」―魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『  』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は“二つ”だけあった…。
東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった―
青い海を舞台に、咲くか恋の花!今回はラ〜イトに行く、大人気異世界ファンタジーのラ〜〜イトな、第四弾…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ4

ノーゲーム・ノーライフ3

『ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが・・・・・・?』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)

1巻に比べると驚くほど化けました。今回は文体とか気にならないほど面白かったです。
東部連合攻略の後編。兄妹の絆の強さと空の策略が光っていました。
お前らの存在がチートすぎる・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった異世界出身の天才ゲーマー兄妹・空と白は、世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と“人類種の全権利”を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった―…引き離された二人で一人のゲーマー『』(くうはく)。消えた空の意図、残された白、人類種の運命は!そして獣耳王国の行方は―!?
「言ったろ“チェックメイト”って。あんたらは…とっくに詰んでたのさ」
対獣人種戦決着へ―薄氷を踏む謀略が収束する、大人気異世界ファンタジー第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ3

ノーゲーム・ノーライフ2

『ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)

1巻を読んだのは半年前。文章とチェスのノリが自分に合わないと思って、このブログでもかなり酷評していました。たぶん続きは読まないだろうと思っていたのですが、意外にアニメが面白かったので2巻を今更読んでみました。

あれ?面白い・・・(´д`;)
以前にTwitterで、ノゲノラは2巻からちゃんと「ゲーム」をしているというリプをいただいたことがあるのですが、まさにその通りでした。今回のゲームは分かりやすくて面白かったです。
私みたいにノゲノラを1巻で放り投げてしまった人は、騙されるつもりで2巻までは試してみることをオススメします。

・・・・・・もっとも、文章はやっぱり気になりますけど。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。“神”を名乗る少年に“ゲームで全てが決まる世界”に召喚された二人は、またたく間に人類種の王座につき、異界の知識で内政を固め次の獲物を狙っていた。『東部連合』―世界第三位の大国。獣人種…つまり獣耳少女の国。「よしそれだその楽園は俺のもんだ獣耳っ子達を征服しに行くぞッ!今!なう!」「心が読める相手にどうやってゲームする気ですのよ!落ち着きなさいな!!」ついに異種族とゲーム開始―。
“最も新しき神話”の人気ファンタジー第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ2

朱華姫の御召人 かくて愛しき、ニセモノ巫女

『朱華姫の御召人 かくて愛しき、ニセモノ巫女』(白川紺子著/コバルト文庫)★★★★☆

朱華姫の御召人 かくて愛しき、ニセモノ巫女 (コバルト文庫 し 17-5)
朱華姫の御召人 かくて愛しき、ニセモノ巫女 (コバルト文庫 し 17-5)

かなり好みな少女小説でした。甘やかし系ヒーローの過保護っぷりが素晴らしい。糖度も1巻にしてはほどよい感じでした。
飛鳥時代らへんの日本をベースにした架空の世界で、神話の要素をたっぷり盛り込んでいて面白かったです。
いくつかの重要な伏線をおいて終わったので序章なのでしょう。続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
絶対に誰にも知られてはいけないーーー
母との約束で、先帝の血を引いていることを隠して生活している蛍。親戚の家で下働き同然に扱われていたが、ある日突然、奥の髪に仕える巫女、朱華姫に選ばれてしまい、帝の宮に住むことに!しかも、慣例として第二皇子の柊が御召人となり、常に世話を焼かれるようになる。慣れない生活に四苦八苦する蛍だが、予想もしない秘密と向き合うことになり・・・!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 朱華姫の御召人 かくて愛しき、ニセモノ巫女

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

『八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。』(青木祐子著/コバルト文庫)★★★☆☆

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫 あ 16-47)
八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫 あ 16-47)

ヴィクトリアンミステリー、ということでウキウキと読みました。
中編1本と短編1本という構成で、中編のほうは謎が解き明かされていく過程が少し変則的に感じましたが、面白かったです。
負けん気の強い主人公と彼女の新しい雇い主となった青年貴族のコンビなのですが、この2人の絡みは思ったより少なかったように感じました。
そこは残念だったのですが、お話自体は濃厚な「愛」の形が描かれています。ねっとり。
ちなみに、同著者の「ベリーカルテットの事件簿」の姉妹作品的位置づけのようです。そちらは未読だったものの、問題なく楽しめました。

☆あらすじ☆
【助手求む。内勤・外勤・特殊業務あり。髪は茶色、目は黒が望ましい。クレセント私設事務所 所長 L・C】。
19世紀、ロンドン。とある事情で求職中だった少女マイアは、新聞に載っていた求人広告に応募した。奇妙な理由で採用されたマイアだったが、そこはレヴィン・クレセントと名乗る、黒髪碧眼の美青年貴族が経営する謎めいた探偵事務所で・・・・・・?ヴィクトリアン・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ