贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

『贅沢な身の上 ときめきは遙かなる河に乱されて』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★☆☆☆☆

贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

よし、もう切ろう。と前回も思ったような・・・
全く面白くないわけじゃなく、途中で読むのを断念するレベルでもない。なんとも微妙なシリーズ。
だらだらと11冊目?うーん。

☆あらすじ☆
稜王夫妻が誘拐された。関係者が一様に「めんどくさ…」と思っているところへ、稜王を解放する条件を記した文が届く。要求は金ではなく、意味不明な珍品。花蓮は、きっと犯人はただの河賊ではないと興味津々。そんな時、天綸に懐いている羽竜という美少年と出会う。初めは女の子だと思った。以前は、天綸と美少女が並べば、楽しく妄想していたのに、それが出来なくなっていることに気づいて…!?

以下、感想(書くことあるかな?)

続きを読む 贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

マイワールド

『マイワールド』(十文字青著/星海社fictions)★★★☆☆

マイワールド (星海社FICTIONS)
マイワールド (星海社FICTIONS)

十文字青最新作。Twitterで宣伝されていた表紙が美麗すぎたので積読本そっちのけで読んでみることに。
表紙と挿絵が、十文字青さんの独特な世界観にとてもマッチしていました。挿絵の1枚1枚が表紙にできそうなクオリティです。ほんとすごい。
物語自体は十文字青節炸裂です。いつもながら謎の中毒性。そして前半は私の高校時代のトラウマ(てほどでもない苦い思い出)を大いに刺激してくれました・・・

☆あらすじ☆
北の街で暮らす高校生・乾真冬。入学当初に友達作りに失敗し、灰色の学校生活を送っていた真冬だが、押しの強い先輩・押領司姫香に無理矢理入部させられた放送部で、同じように強制的に入部させられた同級生・由切園と出会う。
たどたどしくも、次第に距離を詰めていく二人。しかし、ある夜、由切は謎めいた言葉を残して真冬の前からこつ然と姿を消してしまう……。
彼女はどこに消えてしまったのか? その姿を追い求め、真冬は異郷の地に旅立つ──。
無限の世界を彷徨うすべての人に贈る、哀切の青春譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マイワールド

首の姫と首なし騎士8 奪われし花嫁

『首の姫と首なし騎士 奪われし花嫁』(睦月けい著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

首の姫と首なし騎士 奪われし花嫁 (角川ビーンズ文庫)
首の姫と首なし騎士 奪われし花嫁 (角川ビーンズ文庫)

相変わらず田倉さんのイラストは美麗です。
長かったエルマー家編がようやく終結!ほんとに長かった。このシリーズの本筋を見失いかねないくらい長かった。
なんかやたら読者に圧迫感を与えるシリーズですが、その割には事件解決後の解放感が足りない気もするのはヒロインがひきこもりだからですね、きっと。普段も軟禁状態事も大して生活スタイル変わってないやん!てひとりで突っ込んでました。

☆あらすじ☆
兄王子レイフォードを城外に逃がし、辛くも命を救ったシャーロット姫。豪商エルマー家の悪事を暴くため証拠探しに奔走する次兄クローヴィスと“人喰い竜”ガイの帰還に望みを託すが、敵の包囲網に打つ手なし。セシルとの結婚を決定づける評議会にのぞむシャーロットだが、護衛騎士アルベルトが乱入!現国王に刃を向け、結婚への異議を申し立てる騎士だが…。「花嫁」の手を取るのは誰か!?宿敵との最後の争い、大逆転なるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 首の姫と首なし騎士8 奪われし花嫁

双界幻幽伝9 ご実家は天真爛漫!

『双界幻幽伝 ご実家は天真爛漫!』(木村千世著/ビーズログ文庫)★★☆☆☆

双界幻幽伝 ご実家は天真爛漫! (ビーズログ文庫)
双界幻幽伝 ご実家は天真爛漫! (ビーズログ文庫)

個人的に惜しくて仕方ないシリーズ。作者にもう少し文章力があれば文句ないのに・・・・・・
今回は、蒼刻さんのご実家訪問回。新章開幕までの息抜きの1冊という感じです。

☆あらすじ☆
『俺はお前を娶るぞ』──そんな衝撃発言も黄巾賊との激闘も今は昔。自邸の櫃の中にてまったり引きこもり生活満喫中の朧月を急襲したのはもちろん蒼刻! あっという間に、まさかの同行者らと彼の実家がある青苑州へ……。待ち受けるは切れ味鋭い弟に、ぶっとび婚約者、お茶目な(?)パパなど、強者すぎる人物たちで??!? お約束の××シーン必見! 大人気中華シリーズ、ご挨拶の第8弾!!

外伝入れると9冊目。以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 双界幻幽伝9 ご実家は天真爛漫!

灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。

『灰と幻想のグリムガルlevel.2 大切じゃないものなんか、ない。』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年11月刊。
等身大のRPGが読めるシリーズ第2巻。
同著者の「薔薇のマリア」は主人公マリア以外チート揃いですが、グリムガルはパーティーのほぼ全員が経験値ゼロからスタートなので、パーティーそのものの成長が読めて面白いです。
今回メリィが過去と決着をつけたり、ハルヒロがリーダーとしての成長を見せたりしますが、なんと言ってもランタが「ランタ」のまま好感度を上げてくるところが見所だと思います。
キャラ造形力(?)はやっぱり光ってるよなぁ。

☆あらすじ☆
……見捨てるなんて、できない。というか、見捨てるべきじゃない、と思う。
見知らぬ世界「グリムガル」へと連れて来られたハルヒロたちは経験を積んでようやく半人前から抜けだそうとしていた。ステップアップのために新たなダンジョン「サイリン鉱山」へと挑むのだが、そこはパーティに加わったメリィが過去に仲間を失った場所でもあった。順調にいくかと思われたハルヒロたちの探索だったが、予期せぬ仲間との別行動を強いられ、更にデッドスポットという異名を持つ巨大なコボルドが襲いかかる。新たな試練とともに、灰の中から生まれる冒険譚の第二章が紡がれる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。

ノーゲーム・ノーライフ1

『ノーゲーム・ノーライフ1』(榎宮祐著/MF文庫J)★☆☆☆☆

ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

「このライトノベルがすごい2014」で上位ランクインしていたし、ストーリーが気になったのでとりあえず読んでみました。
うーん、苦手。微妙。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった――そう、国境線さえも。
他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?
――“さぁ、ゲームをはじめよう”。

以下、だいぶネガティブな感想です。


続きを読む ノーゲーム・ノーライフ1

果てなき天のファタルシス

『果てなき天のファタルシス』(十文字青著/星海社FICTIONS)★★★☆☆

果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)
果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)

とても感想に悩む1冊です。
というのも、これは1冊完結なんですが、続きが読みたい。なんというか1冊だと物足りないというか。
いやでも1冊で終わってるからこそ良いんじゃないか、続いたら蛇足だろう、とかも思ってしまう。
読了後の喪失感というか寂寥感というか、何とも言えない気分にさせられる小説でした。
滅びゆく世界のなかで、晴れ渡る青空がとても印象的な作品です。
ちなみに、著者のあとがきはありません(けっこう楽しみだっただけに残念)が、解説はぜひ読んだ方がいいかと。作品への理解が深まるし、解説者の著者への愛が伝わってきて面白いので(笑)

☆あらすじ☆
空が青い。なんて青いんだろう──。
正体不明の敵・ファタルに蹂躙され、滅びに向かう黄昏の世界。人類に残された僅かな街の一つ、朧市では、少年少女までもが前線で命をかけて戦う。
記憶を失った主人公・大海八尋もまた、刀を手に、絶望的な戦いに身を投じてゆく。全てが不確かであやふやで、失われてしまうものであるとしても──それでも、世界は美しい。
異才・十文字青が同人誌『BLACK PAST』に発表し、話題をさらった長編を加筆訂正し、解説を加えて星海社FICTIONS化。解説・坂上秋成

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 果てなき天のファタルシス

灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

『灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年6月刊。
大好きな薔薇マリの十文字青さんの新作(といってもあと数日で2巻が刊行されますが)。
薔薇マリのように、読んでる人間の心を抉ってくるような心理描写を期待して買いました。評判も良いみたいですし。
心理描写そのものは薔薇マリほどきつくはなかったものの、とても丁寧かつ繊細に描かれています。さすがすぎる。他の十文字青作品も買います!
「突然RPGな世界に放り込まれました」といった感じの主人公たちが右も左も分からず、その日を生きていくためにとりあえず戦って行くお話。お金の話がやけに世知辛いのは薔薇マリも同じでしたね(笑)
薔薇マリではマリア以外のZOOメンバーは最初からハイレベルでしたが、グリムガルは全員がレベル1。そのためか、けっこう雰囲気が違います。RPGの序盤をプレイしているときのようなハラハラした感じがたまりません。やばい、やばいって、全滅しそう、やばっ!みたいな。
とても面白かったので2巻以降も期待できそう!

☆あらすじ☆
そこには幻想は無く、伝説も無い。十文字青が描く「等身大」の冒険譚がいま始まる!
おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……。
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

おこぼれ姫と円卓の騎士7 皇帝の誕生

『おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)

キルフ帝国編完結。皇帝は途中から予想通りだったなぁ−。相変わらず地の文の視点が乱れてて誰のモノローグなんだかわからない箇所が多いです。
でも今回はヒロイン不在でヒーローである騎士たちがやっと輝いてくれたので、満足です(笑)

☆あらすじ☆
最強女王、囚われる――!! 大人気シリーズに、とんでもない強敵登場!?
「騎士王、貴女こそが皇帝に相応しい」――己の秘密を知る“誰か”の存在により、キルフ帝国後継者争いに巻き込まれたレティーツィア。そこへ、ずっと行方不明だったキルフ帝国第四王子・アルトールが姿を現した!なんと彼は『神殺しの魔法陣』を使ってレティを拘束。目の前で主君を奪われたデュークは、アストリッドと共にレティを助け出そうとするが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士7 皇帝の誕生

金星特急外伝

『金星特急・外伝』(嬉野君著/新書館ウィングス文庫)★★★☆☆

金星特急・外伝 (ウィングス文庫)
金星特急・外伝 (ウィングス文庫)

すでに完結している金星特急(全7巻)の短編集。
雑誌のほうで本編終了後に連載されていた「外伝」と書き下ろし「花の海で」が収録。ユースタス&砂鉄の話も2話あります。この2人の話が私は大好きです。
書き下ろしは錆丸のその後。うーん、不穏(笑)

☆あらすじ☆
フランス外人部隊の砦に調査潜入した白鎖五十二位の夏草は、瞳の中に虚無を抱えるルイという中隊長に出逢い…?金星の残した不思議な力を回収すべく世界を旅する砂鉄とユースタス。純国普と戦いながら言語の研究を続ける王女達と、それを護衛する月氏達。そして金星との娘を育てる錆丸。錆丸と金星の世紀の恋の一方で語られなかったいくつかの物語と、彼らの旅の後日談を描いた、大人気シリーズ珠玉の番外篇集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急外伝

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ