プロペラオペラ5 /犬村小六


プロペラオペラ 5 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年8月刊。
最悪の三角関係から始まった、恋と空戦の架空戦記最終巻。
凄まじいお話でした。
しんどいやらキュンとするやら感動するやらで私の情緒がめちゃくちゃにされてしまいました。
史実をベースにしつつ、ロマンスとファンタジーをたっぷり盛り込んだ本作。
後書きにあるように、確かにこれは人間賛歌の物語だと思います。
最後まで読んで良かった。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
日之雄ガメリア最終決戦、開戦!!
 極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美女イザヤ。同い年で幼なじみのクロトは、10才の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
 しかしふたりは今、第八空雷艦隊司令官と、その超キレ者首席参謀として国民の人気を独占する!
 ガメリア大統領となったカイルは、兵器史上もっとも巨大凶悪な飛行戦艦「ベヒモス」を建造し、日之雄に迫る。奴の戦争の目的は、イザヤを娶ること。バカか!!??そんなこと許せるわけがないクロトは、カイルの仕掛けた「三角関係大戦争」の直接決戦を断固受けて立つ!!
 イザヤ、リオ、速夫、ミュウ、ユーリ、クロト、絶望的戦闘を共に生き延びてきた愛すべき乗組員の野郎ども、そしてカイル。誰が死に、誰が生きるのか。
 戦場の爆砕音と怒号と鼓膜を殴打するプロペラの叫び!!「恋と空戦」を書かせたら世界一の犬村小六は、今巻に、自身の生きる力の全てを叩き込んだ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ5 /犬村小六

錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司


錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
キノコ守りの少年コンビの冒険活劇第7弾。
ぶっ飛んだ世界観をぶっ飛んだキャラクターが走り回る楽しい本作。今回は輪をかけて狂ってました。もちろん褒め言葉です。
これはまさにネコチャン時代劇。猫による猫の世界に猫なりかけのビスコたちが迷い込み、切った張ったの大立ち回り。
そんな戦いの中で、ビスコは自分の心と向き合うのです。ハチャメチャな話だったけどラブロマンスだったなぁ。
もうね、最後の見開き挿絵が素晴らしすぎるのよ!!

☆あらすじ☆
半猫ビスコとミロ! いざ、猫世に潜む悪を討つ!
忌浜の街では人間が次々と猫化する事件が発生。どうやら、ビスコとミロが黒革へ放った超信弓で、異世界との扉が開いてしまったことが原因らしい。
「猫病」を止めるべく、扉をくぐり抜けた彼らがたどり着いたのは、猫侍たちが治める猫摩國!
猫摩の将軍・八ツ橋羊羹とともに、この国を苦しめ、猫病を蔓延させる元凶の邪仙猫・甘草月餅に挑む。しかし、月餅の肉球には輝く超信矢が握られていた! しかも半猫になってしまったビスコは得意の弓術も封じられ……
かくなる上は唸れ尻尾、牙と爪! それから肉球! 最強キノコ守りコンビ、にゃんとも不思議な世界でも大暴れ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 /手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2021年9月刊。
魔奴愛史上最も盛り上がった第13巻。めちゃめちゃ面白かったー!
魔王の一目惚れから始まった本作。
他の魔王との衝突や世界の謎を描きつつも、「そんな事より嫁を愛でねば!」とラブコメな初志を貫徹するところが本当に好きです。
魔王同士の戦争が勃発する今回はそれはもう大変なことになっていたけれど、万難を排してネフィを愛でるために全力を尽くす魔王ザガンの戦いぶりはとても格好良かったです。
様々な問題や人間関係が決着したものの、魔奴愛はまだまだ続く様子。
今後の展開も楽しみです!

☆あらすじ☆
キメリエスがゴメリを救うべく離脱した中、魔王シアカーンが過去の英雄たちの大軍勢を率い、ついにザガン達へと攻め込んできた。
一方で、ビフロンスの策謀により<アザゼル>化してしまったネフテロスも牙をむく。
しかし、迫るあらゆる問題は、ネフィの誕生日を盛大に祝いたいザガンにとっては振り払うべき些事に過ぎない――!!
難敵すらも嫁のためなら圧倒する、最強不器用魔王による大人気ファンタジーラブコメ、反撃の13巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?13 /手島史詞

ぼんくら陰陽師の鬼嫁7 /秋田みやび


ぼんくら陰陽師の鬼嫁 七 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年8月刊。
もうちょっと皇臥に優しくして!?と悲鳴をあげた第7巻。
しかしぼんくら陰陽師と契約嫁の関係は、ジリジリと進んでいるんですよね。
皇臥が格好悪くなるほど芹の好感度が上がるシステムなの?
いや、今回の皇臥はなりふり構わない格好悪さが嫁への愛に満ちてて逆に格好良かったんですけどね。
でもね!もうちょっと優しくしてあげてもいいと思うんだ!笑

☆あらすじ☆
芹が呪いを受けていた!? 原因を除くため、形代の式神・青竜が目覚める。
廃遊園地の一件を切り抜け、大学でも新年度を迎える芹――ところがどうにも体調が優れない。その様子を見た皇臥は、芹に呪詛が効いていなかったことから、元々別件で呪いを受けていたという可能性に思い至り……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼんくら陰陽師の鬼嫁7 /秋田みやび

銀座琥珀屋雑貨店 神様と縁結び /佐々木匙


銀座琥珀屋雑貨店 神様と縁結び (角川文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年8月刊。
優しさが心に染み渡る感じがすると、佐々木匙さんの文章を読むたびに思います。
大正時代の東京を舞台に、不思議な雑貨店で働くことになった少女が、さまざまな縁が呼ぶ騒動に巻き込まれていくファンタジー。
縁を望む人々は様々な想いを抱えていて、それに親身に接しながら自らの心を見つめていく主人公の成長が素敵でした。きつめの性格だけど優しい子なんだよなぁ。とあるトラブルメーカーに対する彼女のスタンスがすごく好きでした。
口数少ない神様との関係の変化もよかった。じわじわゆっくりと距離が近づいていく感じ。こういうの好きだ。

☆あらすじ☆
訳あり少女と孤独な神様が紡ぐ、切なくも温かい「恋」と「縁」の物語。
時は大正。わけあって東京に逃げるように出てきた18歳の弓子(ゆみこ)は、自立した女性に憧れて張り切って仕事を探すも、門前払い続き。
そんな折、銀座の裏路地の小さな欧風雑貨店の求人を見つける。
ガラス小物などが所狭しと詰め込まれた、宝石箱のようなその店――琥珀屋雑貨店は、美しいが傲岸な店員・間 靖之(はざま・やすゆき)と、彼にかしずく店主の秋成伊三郎(あきなり・いさぶろう)という妙な男性2人が営んでいた。
商品に“縁結び”の力が宿るという不思議なこの店で働く中で、弓子は「縁」をめぐる不思議な事件に出会い、大切な想いを知っていくことに……。
孤独な神様と訳あり少女。一生ものの、運命の恋と縁の物語。
切なくも温かい、大正お仕事ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀座琥珀屋雑貨店 神様と縁結び /佐々木匙

十三歳の誕生日、皇后になりました。5 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。5 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年7月刊。
暁月の嫁自慢が止まりません。
それだけ莉杏の皇后としての成長が著しい。
夫婦二人で国を統治する姿は、まさに比翼連理。
終盤の奮闘は二人の絆を強く感じさせました。まぁこれは自慢しちゃうよね!!

☆あらすじ☆
――見ろよ!これがおれの皇后だ! 夜毎に夫婦の絆が深まる恋愛物語第5弾
後宮のお手紙箱に、新たな『謎』が投函された。
真相を探るべく河川の街を訪れた莉杏は、異国の青年が“生贄”にされかけていたところを助ける。
実はその青年は、叉羅国のヴァルマ家当主ラーナシュだった!
莉杏はラーナシュと交流を図りながら、生贄騒動の真実、そして自ら見つけた新しい問題『民が安心を得るための方法』に暁月と共に向き合うが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。5 /石田リンネ

春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈


春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
神の力を宿した4人の現人神によって春夏秋冬が巡る世界で、四季の代行者と彼らを守る護衛官の絆と切ない感情を描く和風ファンタジー。

いやぁ……凄まじい作品でした……
各人が抱える感情の重さと大きさが途方もない。

かつて世界に見捨てられ、地獄に落とされた二人の少女。
かつて大事な人を奪われ、後悔の中で苦しむ二人の青年。

二組の主従を中心に描かれる物語は、美しくも残酷な世界観をバックに情緒でぶん殴る系でした。

ボロボロに傷ついた心を共依存の中で癒し合い、再起を目指す少女たちの絆がめちゃめちゃよかった。
迂闊に触れたら壊れてしまいそうな儚さがあるのに、彼女たちは懸命に前へ進むのです。戦う意思を携えて。
美しきリベンジャー。可憐にして果敢な少女主従なんです。最高すぎ。

本作には春夏秋冬の4組の主従が登場するのだけど、そのどれもが粒揃い。
主従関係や恋愛関係をはじめとする、様々な形の人間ドラマが読み応えたっぷりに詰まっていました。
友情も愛情も憎悪も苦悩も、あらゆる感情が割り切れずに混沌として描かれるのがとても面白かった。
どんよりと暗い感情で散々殴ってくるのに、最後は晴れやかな気持ちで読み終われるところも素敵です。

主従関係を強く推したい作品ですが、恋愛パートもかなり好み。
初恋が絶望に染められ、苦しみながら春に焦がれる冬の恋が特に好き。。。

ていうか、どこを切り取っても好きだわ。最高のファンタジーがきたよ、これは。
続きも出るらしいです。とても楽しみ!

☆あらすじ☆
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。
「春は――無事、此処に、います」
世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた――。
いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。
暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈

続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(1) (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
初恋の女神にプロポーズするため、危険な特急列車の旅を駆け抜けた錆丸の冒険を描いた『金星特急』。
その錆丸の娘を主人公とする続編がスタートしました。

これを機に「金星特急」を最初から読み直したのだけど、何度読んでも傑作ですね。
私は金星特急の魅力は「世界各地を旅してまわる、愛と絆と駆け引きに満ちた冒険のワクワク感」だと思っているのだけど、連載開始から10年近く経っても、展開を知っていても、全く色褪せない名作だと思います。再読なのに徹夜してしまった。

とはいえ、しっかり完結した作品の続編は、オリジナルの面白さを引き継げるのか?

そんな不安を吹き飛ばす続編第1巻でした。
いやぁ予想外!かなり思い切った転換をしてきたなと思いました。

物語の雰囲気はガラリと変わり、今度は閉じた箱庭から何も知らない少女が放り出され、未知の世界へ漕ぎ出しました。
彼女の目的は果てしなく、物語の全貌もまだ見えてこない。
それでも壮大な旅になるだろうという予感にワクワクして、「ああ、金星特急が帰ってきた!」と思わせてくれました。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
女だけが暮らす絶海の孤島・犬蛇の島で育った桜。彼女が15歳になったある日、島にいわくありげな二人の男が降り立った。男の一人は桜を見つけると、満面の笑顔でこう言った――「迎えに来たよ、桜」。三月と砂鉄と名乗る彼らは桜の父親の仲間で、自分も知らない自分の過去を知っているらしい。まだ見ぬ世界をその目で見るため、彼らとともに島を出ることにした桜だが……? 今度の主人公は錆丸と金星の娘・桜。大人気「金星特急」続篇スタート!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく /ふか田さめたろう


やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく (GA文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2020年7月刊。
すごいなコレ、私的に新感覚!
人の心を読み取ることが得意な少年と、素直になれず毒舌になる少女。
「すれ違いゼロのラブコメディ」とプロローグにある通り、凹凸噛み合った二人には何のすれ違いも起きません。主人公自ら脇道にそれそうなフラグをへし折り続けるので、ゴール目掛けて一直線です。
トントン拍子どころか爆速で話が進む。
けれど、そのスピードにヒロインがついていけなくてモダモダするんです。
展開が早すぎて困惑するの分かるわ……でも困惑するヒロインが可愛いからもっと押せ!
めちゃ楽しいデレ責めラブコメでした。次巻以降も読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
白金小雪。美少女だが毒舌家で「猛毒の白雪姫」と呼ばれる彼女をナンパから救った笹原直哉は、彼女が強がりと嘘で武装しただけのか弱い少女に過ぎないことを知る。
颯爽と助けてくれた直哉に一目惚れした小雪と、小雪のいじらしい態度に一目惚れした直哉。素直になりきれない二人は、お互いの「好き」を確かめるために少しずつ心を通わせていく。
WEB小説発、ハッピーエンドが約束された、甘々ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく /ふか田さめたろう

指輪の選んだ婚約者8 狙われた騎士と楽園への誘い /茉雪ゆえ


指輪の選んだ婚約者: 8 狙われた騎士と楽園への誘い(アイリスNEO)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年7月刊。
刺繍狂いの令嬢とコミュ下手騎士のラブ・ファンタジー第8弾。
魔術社会の転覆を目論む魔法使いとの対立が始まってからどんどん面白さを増しています。
あらすじによれば、魔法使いたちとの最終決戦が迫っているそうです。今回で話は終わらなかったけれど、その盛り上がりを強く感じる内容でした。
ああ、今すぐに続きが読みたい!

☆あらすじ☆
不穏な知らせを受け取って、急ぎ王都に戻ってきたアウローラとフェリクス。そこで二人が見たのは、黒い霧に包まれた変わり果てた神殿の姿だった。王都を『楽園』に作り替えようとする魔法使いカーヌス一行の野望を阻止するため、アウローラたちは対策を講じるのだが――!? 魔法使いたちとの最終決戦がついに迫る! 見逃せない大人気シリーズ完全書き下ろしの第8弾登場!! ※電子版はショートストーリー『かわいいあなた』付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 指輪の選んだ婚約者8 狙われた騎士と楽園への誘い /茉雪ゆえ

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ