ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平

ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)
ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
『BLACK BLOOD BROTHERS』『東京レイヴンズ』のあざの耕平先生による、新しい吸血鬼もの。
現代日本の闇に潜む吸血鬼たちの抗争を描いた、血と硝煙が薫るハードボイルド・ファンタジーです。
設定もキャラクターはすごく面白いと思いました。マフィアっぽい吸血鬼社会のピリピリした緊張感や人ではない者の哀愁とか。BBBを読み返したくなりました。
・・・・・・ただこれ、どうにも消化不良というか、ここで終わるの?という感じ。
シリーズの第1巻と見るなら全然OKなんだけど、続くのか分からないから評価しづらいんです。続いてほしいなぁ・・・!

☆あらすじ☆
吸血鬼は実在する。都会の夜の中に。彼らは六本木や新宿などで闇に紛れ、強大な長の統率の下、闇社会を形成している。時の流れは関係ない。“一度死んで”甦ってきた者たちこそが吸血鬼なのだから。
―そして今!変化のない時間を過ごしていた彼らに異変が。それは池袋のまとめ役の不在に端を発し…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました4 /永瀬さらさ

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました4 (角川ビーンズ文庫)
悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました4 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
夫を飼い慣らす(はずだった)悪役令嬢と、妻を泣かせたいラスボス魔王の恋と波乱を描くファンタジー第4弾。
前巻で夫婦になった二人の第一歩は「アイリーンの後宮入り」という、えっ、やば・・・な展開からスタートです。これはやばい。具体的に言うと魔王様がやばい。
今回も怒濤の展開で面白かったです。女子4人組の微妙で絶妙な距離感も最高でした。

☆あらすじ☆
聖王の後宮入りしたので、神剣を奪い魔王の元へ帰る事にしました
外交に出たはずが、聖王・バアルの後宮に納められたアイリーン。バアルは3作目のラスボスで、クロードの魔力が効かない相手。こうなったら魔王を倒せるアイテムである神剣を奪うため、聖王を攻略するしかない!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました4 /永瀬さらさ

くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子

【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)
【電子オリジナル】くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
コバルト文庫の電子オリジナル作品。
客人と魂を繋ぎ、危険な神域へ侵入する彼らの命綱となる魂緒姫。
なかでも最上の魂緒姫と言われるヒロインが客として迎えたのは、家臣すら恐れる狂気の武人。その男は最奥にある宝を求めていた。
共に他者からは「情がない」と蔑まれる二人の出会いは、やがて二人が抱える不遇の運命を変えていくことになるのです。
設定もストーリーも余すところなく描かれていて、1冊で綺麗にまとめた作品だと思います。良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
情を持たない魂緒姫と、人の心を持たない鬼将軍。二人が出会ったとき、その絆は愛に変わる。
瘴気に満ちた「神座の森」には、人に益を与える「神世草」が生えている。それを求める貴人たちのため、彼らと「魂緒の糸」を繋ぎその身を守るのが、魂緒姫と言われる娘たちだ。
中でも「最上の魂緒姫」と称賛される紅。常に心を鎮め強固な糸を紡ぐ彼女は、一方でその情のなさを人々に罵られてもいた。
ある日、紅は新たな貴人の相手を命じられる。その人とは「母殺しの鬼将軍」と、誰もが恐れる武人・五条隆光。
常に不機嫌で、気に入らないことがあるとすぐに刀を抜く隆光を、家臣たちはひそかに恨んでいた。
だが紅だけは、隆光の暴挙の裏に秘められた孤独に気づいてしまった。
二人が心を通わせるとき、運命が大きく動き出す……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む くれない姫は暴虐の王と絆を紡ぐ /奥乃桜子

キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)
キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
読書メーター運営事務局様よりご恵投いただきました。
青春に未練を残した大人達の恋愛を描くシリーズ第2弾。
1巻の結末からどう続くのかとハラハラして読んだのだけど、今回のメインは修と鞘音が関わることになる、ある一人の女性の恋のお話。
臆病で、ズルくて、踏み出せない。そうして勝負の土俵に立つことすらできず、密かに拗れてしまった恋心をどうすればいいのか。
彼女が辿り着いた答えはとても不器用だったけれど、その先を見守りたくなる親しみを感じました。むしろ共感が半端なくて突き刺さる・・・・・・

☆あらすじ☆
感動の声多数。WEBで話題となった大人の青春物語、第二弾。
好きな人と永遠に結ばれる。そんな迷信が噂されるスノーランタンフェスに参加することになった修たち。フェスを企画してくれた三雲さんは過去、その迷信に想いを寄せた一人で……。 奏でる音楽が再び奇跡を起こし、様々な気持ちを紡ぐ――。
『かつて、才能を持った幼馴染の女の子から無様に逃げ出した経験を持つ主人公の境遇が、凡人として他人事に思えず惹き込まれました。――星野流人(ほしの)(読書メーター)』『どんな形であっても本当に無意味な時間はなく、未来は分からなくても儚い優しさが詰まった読後感は素敵。――みかこ(読書メーター)』
1巻発売後も多くの感動の声。大人の青春物語、第二巻。
電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『エミ姉の部屋にお泊りする男』を特別収録!

あらすじに名前が載った・・・!
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

ファイフステル・サーガ3 再臨の魔王と草原の灰エルフ /師走トオル

ファイフステル・サーガ3 再臨の魔王と草原の灰エルフ (ファンタジア文庫)
ファイフステル・サーガ3 再臨の魔王と草原の灰エルフ (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
魔王再臨に備えて奔走する英雄達の活躍を描く戦記ファンタジー第3弾。
ついに夢で何度も邂逅した「灰エルフ」のターンです。
敵側の事情も主人公並に厚く描いてくれるので物語の奥行きを強く感じます。ほんと面白い・・・!

☆あらすじ☆
新たな英雄が歴史に姿を現す――
かつて魔王戦役の際に魔王軍に与した灰エルフの軍勢が再び人の地へ侵略を開始した。カレル、ヴェッセルと肩を並べる英雄、灰エルフの族長ギルセリオンがついに表舞台に姿を現し、歴史はまた大きく動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ファイフステル・サーガ3 再臨の魔王と草原の灰エルフ /師走トオル

ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 /師走トオル

ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)
ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
魔王再臨に備えつつ、人間同士の動乱に奔走する英雄達の戦いを描いた戦記ファンタジー第2弾。
2巻も面白かったです。話が面白いだけじゃなく、キャラの魅力も増してて良い感じ。

☆あらすじ☆
公国に広がる動乱は、ふたりの英雄を引き合わせる
セシリアとの結婚式が迫る中、カレルは自身の暗殺計画を察知する。犯人を突き止めるため、ドワーフの国へ向かうことになるのだが……。動乱は大きなうねりとなって、ふたりの英雄は邂逅を果たす――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 /師走トオル

紅霞後宮物語 第九幕 /雪村花菜

紅霞後宮物語 第九幕 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 第九幕 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
新章スタート。
「皇后」としての小玉の本当の意味での始まりを感じさせる展開でした。
これはまた面白くなってきたなぁ・・・!

☆あらすじ☆
鴻の立太子に揺れる後宮――。後宮は小玉の敵となるのか、味方となるのか
敵対する司馬氏は消えたが、梅花がいなくなったことで後宮の規律は乱れ、小玉の負担は増大していた。真桂と紅燕が小玉を支えるが、反小玉の動きを見せる妃嬪も出てきている。そんな中、鳳に関するある噂が届き――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第九幕 /雪村花菜

薬屋のひとりごと8 /日向夏

薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
表紙、とてもヘッドロックですね!
うわぁうわぁ、うわぁうわぁ。
ラストを読んで「うわぁ・・・・・・」以外の感想が消えそうなんですけど、うわぁ・・・!

☆あらすじ☆
毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、猫猫のもとに大量の書物が届いた。
送り主は、変人軍師こと羅漢。碁の教本を大量に作ったからと猫猫に送り付けてきたらしい。
興味がないので売り飛ばそうと考える猫猫の考えとは裏腹に、羅漢の本によって、宮中では碁が流行していった。
一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。
そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。
開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、さぼっている仕事をこなすように説得するのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと8 /日向夏

2019年2月の読書記録と面白かったラノベ

2月おわるの早すぎませんか。たぶん3月は体感もっと早い。うわぁ。
でも4月になったら大好きな『毒見師イレーナ』の最新刊が出るので気を強く持ちます。イレーナシリーズまじで面白いから読んで・・・

さて、2月の読書記録はこんな感じ。

2月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:7381
ナイス数:439

まぁ28日しかなかったからなぁ・・・。1日1冊達成できるようになりたいけど、なかなか難しい。

 

続いて2月に読んだ本の中から特に面白かった作品をピックアップします。たくさんあるよ!

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

双葉三葉
648円(04/26 08:23時点)
発売日: 2019/02/01
Amazonの情報を掲載しています

幼い妹のお世話に奮闘する男子高校生と、クラスでは地味な彼の優しい一面を知った女子高生の子守ラブコメ。
妹がとにかく天使だけど、主人公とヒロインの甘酸っぱい距離感も最高。
感想記事はこちら

 

つるぎのかなた (電撃文庫)

つるぎのかなた (電撃文庫)

渋谷 瑞也
680円(04/26 08:23時点)
発売日: 2019/02/09
Amazonの情報を掲載しています

電撃小説大賞「金賞」受賞作。
かなりクセが強いけれど、剣道の世界で激突する主人公とライバルの絆が超熱い。スポ根系友情ものが好きな人にオススメ。
感想記事はこちら

 

ワールドエンドクロニクル 君がセカイを裏切る前に (GA文庫)

ワールドエンドクロニクル 君がセカイを裏切る前に (GA文庫)

霜野おつかい
659円(04/26 08:23時点)
発売日: 2019/02/14
Amazonの情報を掲載しています

自分と世界を裏切った元恋人を殺すためにタイムリープ。しかし彼女は主人公こそが裏切り者だと殺意を向けてくる、というファンタジー。
テンポの良さ、展開の引きの強さで最後まで楽しく読める。どちらも被害者という不思議な関係となった元恋人たちの微妙な距離感を楽しむラブコメとしてもオススメ。
感想記事はこちら

 

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 1 (オーバーラップ文庫)

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 1 (オーバーラップ文庫)

黒留ハガネ
702円(04/26 15:23時点)
発売日: 2019/02/25
Amazonの情報を掲載しています

2月の新作の中でダントツに好き。ひたすら笑いながら読んだ現代超能力コメディ。
突然目覚めた超能力を鍛えまくり無敵の超能力者になったのに、そもそも敵がいなかった。そのまま無事に大学まで卒業してしまった。
社畜になった主人公は悟る。非日常は待ってもこないのだと。
半ギレで開きなおった主人公は、自分がほしかった中ニ的ロマンに満ちた青春を若人にプレゼントしようと考えた。
全力のマッチポンプなごっこ遊びがめちゃくちゃ楽しい。ロマンをこじらせた大人の本気を見よ!
感想記事はこちら

 

ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)

ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)

師走 トオル
670円(04/26 15:23時点)
発売日: 2018/04/20
Amazonの情報を掲載しています

前々からお勧めされ、最近観測範囲で一気に話題があがったので遂に読んでみた。噂に違わず面白い戦記ファンタジー。
二年後に再臨が予知された魔王に備えつつ、人間同士の争いに奔走する英雄たちの活躍を描く。
悪夢に苛まれた心を膝枕で癒し合う主人公カプと、推しのために何でもしちゃう侍女に戦慄する策略家王子のカプという二組のラブコメも楽しい。
感想記事はこちら

 

金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)

金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)

伊蓑木 サイ
1,296円(04/26 08:28時点)
発売日: 2019/02/04
Amazonの情報を掲載しています

男性視点の両片想い主従ラブコメを探していた人は是非どうぞ。
密かに想いを寄せる女主人のため、身も心も捧げる覚悟でいる元騎士の執事。
しかしクソ真面目で朴念仁で超鈍感な彼は、自分を見つめる女主人の想いに気づかない。
すれ違う二人の恋を、時に切なく、時にド甘く描いていく。
感想記事はこちら

 

京都府警あやかし課の事件簿 (PHP文芸文庫)

京都府警あやかし課の事件簿 (PHP文芸文庫)

天花寺 さやか
778円(04/26 08:23時点)
発売日: 2018/12/28
Amazonの情報を掲載しています

人知れず京都の治安を守るため、あやかし専門で捜査活動を行う隊員達の活躍を描いた警察ファンタジー。
時に闇オークションへ潜入捜査し、時に仏様に見守られながらお坊さん達と死ぬほど飯を食らい、時に化物退治の大立ち回りを繰り広げる。
あやかし課の日常は忙しくも賑やかで楽しく、設定も細かくて読み応えあり。京都舞台や男女バディが好きな人におすすめ!
感想記事はこちら

 

世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 (講談社タイガ)

世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 (講談社タイガ)

綾崎 隼
745円(04/26 08:23時点)
発売日: 2019/01/23
Amazonの情報を掲載しています

あまりにも最初から面白すぎて1巻であることが惜しまれる。なぜ2巻はまだなのか。あっ、3月に出るね!
被害者の視点から戦後最大の未解決事件を描き、悪意に苦しみながらも未来のために彼女が選んだフリースクールの道。
そこで起こる出来事を青春ミステリー的に読んでいたら最後にとんだ落とし穴が待っていた。構成が上手すぎる。お見事だ。
感想記事はこちら

 

ことのはロジック (講談社タイガ)

ことのはロジック (講談社タイガ)

皆藤 黒助
778円(04/26 08:23時点)
発売日: 2019/02/22
Amazonの情報を掲載しています

言葉を集め尽くし筆を折った元天才書道少年と、未知の日本語を集めるのが趣味だという外国からきた少女。
ヒロインに一目惚れした少年は、彼女の好奇心に付き合い様々な言葉の謎に挑む。
どこまでも奥深い日本語の世界。一つの漢字に幾通りの意味と読み方が与えられ、また、誰かの想いを秘めた新しい意味と読み方も生まれる。
その美しさに心臓が高鳴るミステリーだった。青春小説としても素晴らしくキュンとするので恋愛ものが好きな人にもおすすめ。
感想記事はこちら

 


初恋の人を追いかけて転職した旅行会社。そこで主人公を待っていたのは、怪奇現象によって廃れた観光地と、憧れを無惨に踏みつぶす鬼畜社長だった!というホラー+ラブコメ+お仕事小説。
初恋を打ち砕かれた主人公が更に初恋をこじらせていくお話です。
各設定が細かく噛み合っているから読み応えがあるし、そして鬼畜に負けないガッツあふれる主人公が素敵。
感想記事はこちら

 

レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)

レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)

ヴィクトリア エイヴヤード
1,080円(04/26 08:24時点)
発売日: 2019/01/18
Amazonの情報を掲載しています

異能を持つ支配階級と異能を持たない奴隷階級。二つの血に分かれた世界で、奴隷の娘が異能に目覚めたことから起きる革命FT。
誰が誰を裏切るか分からないを座右の銘とするくらい裏切り満ちた物語だけど、巻が進むごとに面白くなっていく。4巻で完結するので是非読んでみてほしい。
特にこの3巻は執着の仕方がかなりエモい病んだ怪物王子が出てくるのでヤンデレスキーの各位はどうぞよろしく・・・
感想記事はこちら

 

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)

羽根川 牧人
713円(04/26 08:24時点)
発売日: 2019/02/15
Amazonの情報を掲載しています

仮初めの東宮である夫を本物の帝とするため、慣れない公家社会で奮闘する武家の鬼姫の活躍を描いた和風ファンタジー第2弾。
主人公夫婦とライバル夫婦の戦い、そのなかで描かれる夫婦の絆がとにかく熱い。
てかもう妻同士の関係が最高すぎる。
強い女と強い女が闘志を燃やして互いに刺激し合い、正々堂々と技を競う。
そこに暗い感情はなく、あるのは高潔な対抗心のみってところが気持ち良すぎて万人に推せる。
感想記事はこちら

 

おすすめ作品の紹介が長くなってしまった・・・!
以下、2月に読んだ本の感想メモです。

 

続きを読む 2019年2月の読書記録と面白かったラノベ

ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 /師走トオル

ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)
ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
面白かったー!
私の観測範囲で推す方が多いのでワクワクしながら読んだのだけど、これは確かに推したくなりますね!
かつて魔王に苦しめられた世界で、今再び魔王の脅威が迫っている。
いずれ来る魔王再臨に備えて奔走する英雄達を描く戦記ファンタジーです。
エルフやドワーフが存在する世界で、切れ者の主人公たちが策略を走らせていくストーリーが堪らなく面白い。
じっくりと土台から構築するような物語は、今後も凄いものをみせてくれるだろうという期待を高めてくれます。
あとキャラが良い。というかカップルが好き(ラブコメ厨)
苦しみを分かち合いながら困難に挑む主人公とヒロインとか・・・・・・良い・・・・・・良いぞ・・・!

☆あらすじ☆
これは玉座の頂を目指す英雄たちの物語
古の魔王が再臨し人類が滅亡するという未来を回避するため、最強の傭兵団の団長となったカレルは《アレンヘムの聖女》セシリアと婚約する。それは聖女の加護を受け、死の未来を回避する英雄が生まれた瞬間だった!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 /師走トオル

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ