忘却のアイズオルガン/宮野美嘉

忘却のアイズオルガン (ガガガ文庫)
忘却のアイズオルガン (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
現在ほぼ休止状態のルルル文庫の人気作家・宮野美嘉さんのガガガ文庫デビュー作。
少女小説作家がライト文芸ではなく少年向けラノベを出すケースは稀に見かけるのだけど(永野水貴さんとか)ルルル文庫作家の受け皿はガガガ文庫になるのでしょうか。
宇津田晴さんもガガガ文庫から刊行予定がありますし(延期してるけれど)

それはさておき、宮野美嘉さんの新作は動く死体となった少女を連れた魔術師の青年の物語。
悪魔を狩る青年の目的は少女を生き返らせること。そのために彼は少女に愛されてはいけないし、彼女に真実を知られてもいけない。
誰よりも愛する少女から憎まれながら悪魔と戦い続ける青年の旅を描いていくゴシックファンタジーです。
「宮野さんが少年向けを書いたらこんな感じだろうなぁ」という、まさにそんな感じのダークな世界観でラブがエゴイスティックな物語でした。
主人公がかなりの変人なのは仕様ですね!w

☆あらすじ☆
悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅。
悪魔が人類の隣人として振る舞っていた時代。魔術師のダヤンと屍人形のアリアは、悪魔退治を生業としながら、旅を続けていた。
ダヤンの目的はただ一つ。己が手をかけ、屍人形にしてしまったアリアを生き返らせること。そのために彼は、生と死を支配する悪魔・ガーガヴルドと契約を交わしたのだ。人理を外れた望みを叶えるには、それ相応の代償を払わなければならない。絶対的な契約の元、かつての記憶を失ったアリアに真実を伝えられず、悪魔退治を担わせなければならない日々。ダヤンは本心を隠して、あくまでもアリアを金稼ぎの道具として扱い、露悪的に振る舞い続ける。
旅の中で訪れた新たな街。その街の住人はどことなく生気を失ったような様子で、病院を訪れる患者が後を絶たないらしい。そして、その病院に勤める医師の家で、瀕死の重傷を負った娘が奇跡的に回復し、その代わりに息子が死んでしまったという奇妙な噂が囁かれていた。そこに悪魔の匂いをかぎつけた二人は、さっそく調査を開始するのだが……。
悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅路。――これなるは忘却の果てに垣間見る、魂と契約の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 忘却のアイズオルガン/宮野美嘉

機巧のイヴ/乾緑郎

機巧のイヴ (新潮文庫)
機巧のイヴ (新潮文庫)

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
面白かったー!!
江戸のようで江戸ではない架空の都市を舞台に、歯車と撥条でできた機巧人形(オートマタ)を巡るSF伝奇小説。
人間と機巧人形を分けるものはなにか。魂はどこからやってくるのか。
SFならではの哲学的な問いを投げかけつつ、神代のオーバーテクノロジーを巡る伝奇SF、切ないロマンス、忍法帖的アクションなども楽しめるエンタメ感満載な作品でした。すっごく楽しかった!

☆あらすじ☆
天府城に拠り国を支配する強大な幕府、女人にだけ帝位継承が許された天帝家。二つの巨大な勢力の狭間で揺れる都市・天府の片隅には、人知を超えた技術の結晶、美しき女の姿をした“伊武”が存在していた!天帝家を揺るがす秘密と、伊武誕生の謎。二つの歯車が回り始め、物語は未曾有の結末へと走りだす―。驚異的な想像力で築き上げられたSF伝奇小説の新たな歴史的傑作、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 機巧のイヴ/乾緑郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典9/羊太郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典9 (富士見ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と禁忌教典9 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
急展開の第9巻。
テロ事件で盛り上がるのはいいけれど、ちょっと展開が慌ただしいような?
ただ、世界観に関わる大きな展開に入っていくようなので今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
これは、《フェジテ最悪の三日間》の序章――。
フェジテ市庁舎爆破テロの容疑者として指名手配されたグレン。逃亡するグレンの前に現れたのは、天の智慧研究会、宮廷魔導士団、そして――ジャティス。各勢力の思惑が錯綜し、フェジテ最悪の三日間が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロクでなし魔術講師と禁忌教典9/羊太郎

戦うパン屋と機械じかけの看板娘7/SOW

戦うパン屋と機械じかけの看板娘7 (HJ文庫)
戦うパン屋と機械じかけの看板娘7 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
元軍人の強面パン屋とアンドロイドの看板娘のパン屋物語第7弾。
今回はルートの過去の因縁にまつわるお話。

☆あらすじ☆
スヴェンの前に広がったのは、強盗犯に立てこもるトッカーブロートの姿だった。立てこもり自体はルート(と、突入したスヴェン)によって無事解決したものの、これは最悪の始まりでしかなかった。“善意”の市民団体による抗議活動で客は減少、証人として出頭した裁判所では、ルートが戦時中に行った作戦が槍玉に上げられる。さらに、死んだとルートが思いこんでいたマリーまでも姿を現し、ルートは再び過去の亡霊に悩まされることに……。パン屋を諦めかけた相棒にスヴェンがとった行動とは!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘7/SOW

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争/河野裕・河端ジュン一

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争 (角川スニーカー文庫)
ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
「サクラダリセット」「階段島」シリーズの河野裕さんの新作ラノベ(共著?)。
崩壊した世界に放り込まれた少年が、生き残りをかけて他プレイヤーと戦う物語です。
もしも「サクラダリセット」がデスゲームだったらこんな感じかなぁという雰囲気。
込み入ったルールと心理的駆け引きが面白かったし(個人的には理解するのが少し大変だったけれど)、震えながらも生きることに執着する臆病者主人公も好みでした。
まだまだ序章という感じだし、ラストが「ここで終わるのかよ!」っていう悶える切り方だったので次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
『サクラダリセット』コンビが贈る、新たなる青春ファンタジー。
「ヒーローになるつもりですか?」「違う。僕はお姫様になりたい」闘うより、護られたい――臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼なじみの秋穂栞が迷い込んだのは、8月がループする街【架見崎】だった。ここを訪れた人々は任意の特殊能力を与えられ、乏しい物資を巡る戦争を繰り広げていた。だが、ふたりが希望した能力は戦闘の役に立たないもので……。生存戦略に反則はない。ルールブックの穴をつく、臆病者の戦いが始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争/河野裕・河端ジュン一

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3/手島史詞

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3 (HJ文庫)
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
新米魔王とエルフ嫁のイチャラブ魔王ファンタジー第3弾。
今回もめちゃくちゃニヤニヤゴロゴロしてしまいました。本当に素晴らしい糖分補給ラノベ!
そして本筋の話にも色々と動きが。今後の展開が楽しみです。
ちなみに略称は「魔奴愛」になるそう。まどめ、って読むのかな?

☆あらすじ☆
執事と娘が増え、賑やかになったザガンの居城。相変わらず不器用ながらも距離を縮めるザガンとネフィだが、突然ネフィが町で襲われるという事件が起こる。襲ってきたのは――肌の色の違うネフィに良く似た少女だった! その事件の直後、ザガン宛てに魔王の一人から船上で行われる<夜会>への招待状が届く。城のメンバーたちはその船上パーティへと、おめかしをして赴くが――。無愛想魔王と箱入りエルフが贈る大人気ラブコメファンタジー、豪華絢爛な第三巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3/手島史詞

賭博師は祈らない2/周藤蓮

賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
18世紀末イギリスを舞台に、賭博師の青年と奴隷の少女の旅を描いた物語第2弾。
ラザルスとリーラの不器用だけど愛しくなる関係性は相変わらず素敵だったし、ギャンブルに挑むラザルスのビリビリとした緊迫感も前巻同様に胸が熱くなりました〜
そしてやっぱり18世紀末イギリスの世界観を丁寧に描写しているところが好き。背景がしっかりしているから人間ドラマにも深みと安定を感じるんでしょうねー。素晴らしい!

☆あらすじ☆
第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作、待望の第2巻!
賭博師と奴隷の少女、二人を待ち受ける障害とは――。
奴隷の少女リーラの救出劇から一週間。賭場を負かし一人の女を守った代償はしかし大きかった。「負けない、勝たない」をモットーにしていたラザルスは賭場に出向くこともできなくなり、帝都を旅立つことを決める。それは、少しずつ心を開き始めたリーラを連れての道楽旅行になるはずだったが……。「ねえ、ラザルス。私と結婚しましょ?」 道中立ち寄った村でラザルスを待ち受けていたのは、さる事情で窮地にある地主の娘エディスからの突然の求婚だった。一方、リーラは二人のやりとりを覗いてしまい、自分はラザルスにとって不要なのではないかと想い悩み始める。「奴隷」である彼女が出した結論とは――。少女たちの想いを受け、やがてラザルスは危険なギャンブルに打って出る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない2/周藤蓮

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました/永瀬さらさ

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)
悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
著者の永瀬さらささんはビーンズ文庫の新人賞受賞作家で既に何作も出している方なのだけど、こちらはWEB小説の書籍化作品。
少年向けでは増えてきたルートだけど、今後は少女小説でも増えてくるのかな?

それはさておき、本作はいわゆる「悪役令嬢転生もの」。
悪役令嬢に転生したものの記憶を取り戻したときには婚約破棄されバッドエンド済み。その後に待ち受ける死亡エンドを回避するためにラスボスの魔王を懐柔しようと奮闘するラブコメです。
悪女系美少女と純情魔王のカップルが可愛くて好きでした。
「飼ってあげる」「泣かせたい」とマウント取り合う二人にニヨニヨ。
ジャンルのお約束を踏みすぎて微妙な部分はあるものの、テンポの良い掛け合いとキャラの魅力を楽しめるラブコメだと思います。

☆あらすじ☆
乙女ゲーム世界に、悪役令嬢転生したアイリーン。前世の記憶だと、この先は破滅ルートだけ。破滅フラグの起点、ラスボス・クロードを攻略して恋人になれば、新しい展開があるかも!? 一発逆転で幸せになれるか!?
電子特典は、クロードがアイリーンに「君は僕を愛しているのか?」と迫る、書き下ろしショートストーリーを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました/永瀬さらさ

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!/内堀優一

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! (HJ文庫)
あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
大好きな幼なじみに告白し見事に玉砕したあげく「彼女作りなさいよ」というトドメの一言までもらった男子高校生が主人公のラブコメ。
どう見ても主人公のことを好きそうな幼なじみヒロインがなぜ告白を断ったのか。そこに隠された秘密に迫っていく物語でした。
正直、途中まではあまり好きなノリじゃなかったし途中からは「ふーん」って感じで読んでいたのだけど、ラストが・・・・・・。
これどうしよう。★4を付けようか迷ったけど個人的にはこの巻だけだと評価できないかなって感じなので保留的に★3で。
次巻にとても期待しています!

☆あらすじ☆
高校入学から数ヶ月。大貫悟郎(おおぬきごろう)はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春(すぎさきこはる)に告白した。「小春! 好きだ! 俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」 「いや、無理ですから」 この一言であえなく玉砕! さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!? 両思いなのに付き合えない!? 一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレ踏まない方が良いタイプの作品なので閲覧注意。配慮してません。

続きを読む あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!/内堀優一

英国幻視の少年たち5 ブラッド・オーヴァ・ウォーター/深沢仁

(P[ふ]4-5)英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-5)英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
色々と準備回な雰囲気の英国現代ファンタジー第5巻。
カイとランスの交わっているようで平行線な関係に少しは動きがあった・・・のかな?
個人的にはランスとシンシアの関係の行く末の方が気になったり。

☆あらすじ☆
ロンドンで「ゴーストの死神」をめぐる事件に巻き込まれて以来、報告局の上層部からも注目される存在となったカイ。 エドから本部への引っ越しを提案され、一度ウィッツバリーに戻って検討することになった。 ランスとの言い争い、つきまとう悪夢、タガート兄弟からの届け物、不審な訪問者──。 さまざまなことを経てカイが出した答えとは? 番外短編「メイトランズの夏」を収録した、シリーズ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち5 ブラッド・オーヴァ・ウォーター/深沢仁

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ