レッド・クイーン3 王の檻 /ヴィクトリア・エイヴヤード

レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)
レッド・クイーン 3 王の檻 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
奴隷階級「レッド」と支配階級「シルバー」が存在する世界を舞台に、シルバーしか持たないはずの異能に目覚めたレッドの少女が革命の戦乱に身を投じていくファンタジー第3弾。

す、すごくエモかった・・・!

なんでしょうか、これは。私は何を見せられているのでしょうか。
静と動の落差が激しすぎる展開にひぃ〜と叫び、負荷しかかけない展開に死ぬほど胃が痛くなり、意外な人物に好感度を爆上げし、翻弄されるままに読んだ687ページ。
めちゃくちゃ面白かったです。面白かったけど心がヘトヘト。でも本当に面白かった・・・!

流された血に比例して、どこまでも膨れあがる憎悪。
心から殺したいと願うくせに、踏みにじられた愛情を捨てきれない未練。
そんな風に主人公を襲う複雑怪奇にして巨大な感情が凄まじいのです。ポテンシャルは感じていたけれど期待以上だったよ、メイヴン。

次巻で完結するようですが、本当にどうなるのこれ。
ハッピーエンド、もしくはメリーバッドエンドしか認めませんからねっ!

ちなみに映画化企画進行中とのことだけど日本でも公開してくれます?メイヴンは誰がやるの?そこが重要だ。

☆あらすじ☆
奴隷(レッド)の少女の行先は、「処刑台」か「玉座」か――。
全世界シリーズ累計400万部突破!裏切りファンタジー。
仲間の命と引き換えに、新国王に身を差し出したメア。囚われた彼女は国民の前に引きずり出され、忠誠を誓わされる。逃げ場のない檻で執拗に拷問されるなか、国王暗殺を目論むクーデターが勃発。支配階級“シルバー”に潜む反国王派は、かつて追放された正統な王位継承者――メアがともに戦ってきた元王子のカルを味方に引き入れようと企んでいた。交錯する疑惑と陰謀、疾風怒濤の第3幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レッド・クイーン3 王の檻 /ヴィクトリア・エイヴヤード

世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 /綾崎隼

世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 (講談社タイガ)
世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
序章なのにめちゃくちゃ面白い・・・!
日本犯罪史上最大規模の未解決事件となった「瀬戸内バスジャック事件」。
その被害者となった少女が通うフリースクールを舞台にしたミステリーです。
「瀬戸内バスジャック事件」の謎を追いつつ、フリースクールに通う少年少女が抱える問題に切り込んでいくことになるのでしょうか。
ラストで思わず「上手い!」と叫んでしまうくらい面白かったので、この先にどんな物語が待っているのか楽しみです。

☆あらすじ☆
戦後最大の未解決事件<瀬戸内バスジャック事件>に巻き込まれた十年前のあの夏から、声を失った三好詠葉、十七歳。彼女は舞原杏が教壇に立つフリースクール――静鈴荘で傷を抱える子どもたちと学び、穏やかに暮らしていた。佐伯道成が教師として働きはじめるまでは……。詠葉の揺れる心に気付かぬまま、生徒の不登校を解決しようと奮闘する佐伯。彼が辿り着いた正解とは?

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレを見ないで読んで欲しい作品なので要注意でお願いします。

続きを読む 世界で一番かわいそうな私たち 第一幕 /綾崎隼

5分後に立場逆転の恋 /恋する実行委員会 編

5分後に立場逆転の恋 (角川ビーンズ文庫)
5分後に立場逆転の恋 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
エブリスタ×角川ビーンズ文庫「恋」短編コンテスト第5回「立場逆転」の入賞作を収録したショートアンソロジー。
5分後シリーズって色んなレーベルから出ていて本屋でもよく見かけるのですが、読んだのはこれが初めてでした。
様々な作者による同一テーマの短いお話。パッと読めてサラッと楽しむ感じかな。隙間読書に最適化されているなー(これが意外と便利だった)
正直微妙に思うものも多いのだけど、何本か「おっ」と思えるものもあって予想より楽しめた1冊でした。

☆あらすじ☆
5分で恋する、爽快胸キュンショートストーリーが盛りだくさん!
しっかりしているのが『先輩』、頼りないのが『後輩』。かっこつけるのが『彼氏』、守られるのが『彼女』――それって本当? キミが大切だからこそ、色々考えてしまうけど……本気で“恋”がしたいなら、“立場”なんてひっくり返しちゃえ!5分で読めて、最後に心ときめく――そんな恋の小説ばかり! 恋にまつわるテーマごとに集めた、読み切りの胸キュン・ショートストーリーを14編収録。「5分後に恋」シリーズ、第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 5分後に立場逆転の恋 /恋する実行委員会 編

京都府警あやかし課の事件簿 /天花寺さやか

京都府警あやかし課の事件簿 (PHP文芸文庫)
京都府警あやかし課の事件簿 (PHP文芸文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
面白かった〜!
京都府警直属の特殊部隊・人外特別警戒隊(通称「あやかし課」)。
京都の平和を守るため、あやかし専門で捜査活動を行う隊員達の活躍を描いた警察ファンタジーです。

あやかし課に配属された新米隊員と、その指導役を買って出たあやかし課のエース。
時に鬼の娘を助けるため闇オークションへの潜入に挑み、時に仏様に見守られながらお坊さん達と死ぬほど飯を食べ、時にバケモノ相手に大立ち回りを繰り広げる。
そんな慌ただしい日常の中で、2人は互いへの理解を深め、優しい信頼関係を築いていくのです。

こういうのめっちゃ好きなんだよなー。
まず袴姿で刀をさげるヒロインがビジュアル的に大好物。
騒がしくもはんなりとした京都の風景にすごく似合っていました。

でもこの表紙、素敵なんだけど私としてはもう一人ほしかった!
ネタバレになるから描かれてないのかな? じゃあ2巻かな? 2巻でお願いしますね!!

というわけでシリーズ化希望です。

☆あらすじ☆
小説投稿サイト「エブリスタ」で「神様×現代ファンタジー」部門急上昇1位を獲得した大人気連載待望の書籍版を電子化!
京都府警が擁する「人外特別警戒隊」、通称「あやかし課」。化け物から神様まで、あやかしが絡むあらゆる事件を人知れず解決するのが彼らの任務である。そんなあやかし課に入隊したばかりの新人女性隊員・大(まさる)。個性豊かなメンバーとともに仕事に励む大だったが、実は彼女には人には言えないある事情があって……。
街の平和を守るために、古都を奔走する若き隊員たちの活躍を描いた傑作現代ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 京都府警あやかし課の事件簿 /天花寺さやか

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 /双葉三葉

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)
子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
癒やされるし、しみじみ良い話だ・・・・・・
幼い妹のお世話に奮闘する男子高校生と、クラスでは地味な彼の優しい一面を知った女子高生。
二人の不意打ちな出会いは、妹にかかりきりで自分のことを顧みなかった主人公の高校生活を変えていくことになるのです。
ジャンル的には子育てラブコメになるのかな?
学生の身で幼い子どもの世話をする主人公の心のうちを丁寧に追っていく作品で面白かったです。そして妹の可愛さは大天使級。
あと一歩盛り上がりがほしい気持ちもあるけれど、主人公の変化と成長に心がぽかぽかしました。
この先にもっと面白い展開が待っていそうだし、シリーズ化に期待します!

☆あらすじ☆
部活はなし、勉強も授業中に全力集中、友達付き合いはどこか他人事――高校生・新垣日向の放課後は両親の手助けと最愛の妹・蕾の育児のためにある。……学年のヒロイン・芹沢悠里が彼の子守り事情を知るまでは。
兄妹仲の良さと学校とは違う活き活きとした日向に魅了された悠里。放課後は新垣家に行き、週末は3人でデート。さらに天然陽キャ女子・恵那唯やクール系美少女の後輩・上月日和も絡んできて、日向の放課後は一気に賑やかに!
「私は日向君に楽しい学校生活を送ってほしい」「“師匠”って呼ぶね!」「好きです、先輩のこと」
WEB発、帰宅早い系男子のほのぼの学園ラブコメ、大幅加筆で書籍化!電子版にはさらに書き下ろしSS付きです!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 /双葉三葉

最近のコバルト文庫の好きな作品と、レーベルに対して現役読者の私が思うこと

◎コバルト文庫が終了しそう(はてな匿名ダイアリー)
https://anond.hatelabo.jp/20190201211020

この記事をきっかけとして「コバルト文庫、終わるのか?」と至る所で話題になっていますが、それについては知りません。
紙書籍の刊行予定が途絶えたのは事実だけど、電子オリジナル作品は今月も出ます。現役読者としては胃をキリキリさせながら成り行きを見守っています。
終わりそうではあっても、コバルト文庫はまだ終わっていません。

ちなみに今日こんな記事が出ました。

 

続きを読む 最近のコバルト文庫の好きな作品と、レーベルに対して現役読者の私が思うこと

2019年1月の読書記録と面白かったラノベ

2月になりました。ハッピーバレンタイン!(早い)
1月は正月に宣言した通りに十二国記チャレンジから始めました。でも新刊に追われて途中で止まってます・・・・・・2月には少しでも続きを読んでおきたい所存。

そんな1月の読書記録はこんな感じ。

1月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:8300
ナイス数:623

まぁまぁです。平常通り。

そして1月はかなりの当たり月でした。

特に面白かったのは、

『十二国記1 月の影 影の海』(あえて挙げるのもなんだけど聞いていた通りの面白さでした)

『1/2ーデュアルー死にすら値しない紅』(できたてホヤホヤの男女バディが熱かった):感想記事

『錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」』(このラノ効果か10万部突破したそうですね。めでたい。ビスコ最高!):感想記事

『賭博師は祈らない5』(英国賭博師物語の完結巻。最初から最後の1ページに至るまで素晴らしかった):感想記事

『わたしの幸せな結婚』(王道結婚ロマンス。やはりシンデレラストーリーは良い。描写が上手いから尚良い):感想記事

『Unnamed Memory Ⅰ 青き月の魔女と呪われし王』(結婚しろと迫る呪われ王子と結婚なんかするか!と逃げる魔女の掛け合いが楽しい王道FT):感想記事

『天才王子の赤字国家再生術3』(売国奴志望の天才王子、相変わらずキレッキレである。さいこぱすー):感想記事

『私は隣の田中です 隣人は退魔師の主人公!?』(現代舞台で退魔FTな異世界転生もの):感想記事

『天下一蹴 今川氏真無用剣』(ゴブスレ作者の時代物。夫婦愛が大変美味しかったです):感想記事

『言鯨【イサナ】16号』(エスケヱプ・スピヰドの九岡望最新作。エスケ好きなら読んで損なし):感想記事

『やがてはるか空をつなぐ』(手製のロケットを介した青春恋愛群像劇。晴れやかな読後感が大好き):感想記事

 

とまぁたくさんあるんですけど、やはり1月の私的最高傑作は『筺底のエルピス6 四百億の昼と夜』です。感想記事はこちら
頼む!全人類『筺底のエルピス』を読んでくれ!!

 

以下、1月に読んだ本の感想メモです。

 

続きを読む 2019年1月の読書記録と面白かったラノベ

やがてはるか空をつなぐ /山之臨

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)
やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
幼い頃に別れた少女との思い出に未練を残し、彼女への複雑な想いをロケットに託して飛ばしていた少年。
彼を中心にして繋がっていく5人の少年少女を描く青春群像劇です。

心に爪痕を残す苦い思い出や、ままならない自分自身への葛藤。
「自分らしさ」とは何かと苛立ちながら、それでも祈り、繋がりを求める少年たち。

今は遠くに感じるあの人に届きますように。どうか自分を見つけてくれますように。
彼らがロケットに託した願いは、果たしてどこへ辿り着くのか。

荒削りに感じる部分もあるのだけど、それでも良い作品だと思いました。私は好き。
登場人物達の苦しい胸の内に切なくなりつつ、爽やかなラストに気持ち良く読み終えることができました。

☆あらすじ☆
部室ではバルーン実験の準備が進んでいた。メンバーはロケットオタクの青桐七海、プログラマー山花俊、天真爛漫な後輩、町田佐奈の三人だ。実験の当日、彼らは近くの高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は物理部へ入部を希望するのだった。彼女にはどうしても校庭でモデルロケットを打ち上げたい理由があるのだという。しかし過去に青桐が起こしたある事件をきっかけに実験は禁止されていて――。ロケットが紡ぐボーイミーツガールが幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがてはるか空をつなぐ /山之臨

七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)
七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
期待の魔法学園ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。1年生の最強決定戦が行われるなかで順調に育つ仲間の絆がとても良い。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第2弾!
魔法学校に入学して半年ほど過ぎ、ようやくオリバーやナナオたち6人も、エキサイティングな学園生活に慣れてきた。そんなある日、誰が最強の魔法使いかを決める「一年生最強決定戦」が開催されることになり――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

言鯨【イサナ】16号 /九岡望

言鯨【イサナ】16号 (ハヤカワ文庫JA)
言鯨【イサナ】16号 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
『エスケヱプ・スピヰド』(電撃文庫)の九岡望さんによる待望の新作小説。
めちゃくちゃ面白かったです。
砂に覆われた大地で生きる少年が、世界を創造し今なお人々の生活を支える神『言鯨』の正体に迫る物語です。
謎と緊張に満ちた冒険譚にワクワクしたし、その先に待つ哀しい真実と、神秘を感じるクライマックスが最高でした。
うーん、これはネタバレなしに語るのが難しいなぁ。
とりあえず、エスケで九岡さんの作る世界観に惚れた人に読んでほしいなー、と思ったり。

☆あらすじ☆
神“言鯨(イサナ)”によって造られたとされる砂の時代。
骨摘みのキャラバンで働く歴史学者志望の少年・旗魚(カジキ)は、裏の運び屋・鯱(シヤチ)と歴史学者・浅蜊(アサリ)に出会う。
接近を禁じられた言鯨の遺骸の調査に赴くという憧れの人物に同行することになり胸躍る旗魚だったが、遺骸を見た浅蜊が妙な言葉を口にした瞬間、世界が一変し始めた――。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレ踏まずに読んだ方が楽しい作品だと思うので、要注意で。

続きを読む 言鯨【イサナ】16号 /九岡望

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ