ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 /木緒なち


ぼくたちのリメイク 4 「いってらっしゃい」(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
3巻ラストからどう続くんだろうと思って読んだら、世にも奇妙な物語が始まった感じ。
ぽいっと差し出されたインスタントな幸福。
それに包み込まれた欺瞞と罪悪感の苦しみ。
読んでいてゾワゾワしました。こういう展開いいね!

☆あらすじ☆
いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、第4弾!
貫之は筆を折り、大学を去った。
僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。
そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。
シノアキは絵を描くことを辞めていた。
ナナコの夢が叶うことはなかった。
再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。
これが、僕が作り直した人生だった。
再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。
同僚の河瀬川や仲間たちと共に毎日のように起きるトラブルを解決する。
きっとこれで良いのだろうと呑み込んだ。
そして彼女は、微笑み言った。
「いってらっしゃい」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 /木緒なち

ティアムーン帝国物語2 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ /餅月望


ティアムーン帝国物語2~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~【Amazon】 【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
ギロチン処刑から一転、人生のやり直しチャンスを与えられた帝国の姫君の成功物語第2弾。
他国の事情にノープランで首を突っ込むことになったミーアは、果たして皆の期待に見事応えることができるのか。

今回も面白かったです。ミーア姫のぽんこつ可愛さと周囲の盲目にめちゃんこ笑う。
もはや高評価と好意が高止まりしてるんだけど、一方で、その期待に応えられなかったらどうなっちゃうの?というハラハラもあって。
あくまでコメディ的なドキドキなんだけどね。でもなんか緊張しちゃうんだよな〜笑

とても楽しかったです。
ここで第一部完か。続きも読んでいきましょう。

☆あらすじ☆
「――来てますわ、波が!」
処刑台から12歳に逆転転生【タイムリープ】した元わがまま姫ミーアは、調子に乗っていた。かつての記憶と周囲の深読みで、飢饉時の小麦確保や内戦回避に成功し、ついに前世の日記帳ごと「処刑」の二文字が消えたからだ。だが、呪縛から解き放たれて小躍りする彼女の下に、凶報が舞い込む。想い人である王子アベルの国で革命が勃発したというのだ。危険を冒して救助に向かうべきか、我が身の保身か……? 変わり始める未来を前に、彼女が下す「最初の選択」とは? ポンコツ姫よ行け、 ギロチン回避のその先へ!運命に抗う一世一代の歴史改変ファンタジー第2巻!
書き下ろし中編&巻末おまけ「ミーアの有頂天日記帳」&巻末にコミカライズ試し読みを豪華収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ティアムーン帝国物語2 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ /餅月望

【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙


暗黒騎士斉藤くんの業務レポート(カクヨム)

『夜猫ジュブナイル』に続いて、こちらもオススメされたので読みました!面白かった!!

心に負荷がかかった結果として発症するストレス性変異脳症。
その『病者(ペイシェント)』となった人は、通常ではありえない異能を持ってしまう。

辛い現実のなかで心を潰され、現代社会で生きるには厄介な異能を抱えた「病者」たち。
彼らをサポートし、時にトラブルに対応するのもまた「病者」であり、本作はそんな「病者」たちが集う「トカノ特殊業務社」の日常を描いていきます。

もうね、優しいんですよ、このお話・・・!

自身も弱さを抱えた人たちが、他人の弱さに寄り添う。
自分も苦しんでいるから、相手の苦しみが理解できる。
理解できるから、助けてあげたいと必死で手をのばす。

その姿はヒーローのように強く優しくて、その背景にある傷に切なくなって、ただただ胸がいっぱいになりました。

「暗黒騎士」の青年と、彼の「侍女」になった少女の関係性もすごく良かった。
長年連れ添った主従のような距離感で、ゼロから絆を育てていくふたり。
現実と空想を頻繁にスイッチする描写がとても可愛らしくてキュンとしたし、やっぱり切なくなって無性に泣きたくなりました。

いや〜〜〜、本当によかった。すこしふしぎ青春小説が好きな人は絶対に読むべきです。
課金したいから書籍化してほしい。『夜猫ジュブナイル』もね!

☆あらすじ☆
家出をして地方都市・瑞野を訪れた少女は、突然の危機を自称・暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードと名乗る青年に救われる。彼女は成り行きでリーゼロッテと名付けられ、どう見ても普通の日本人なその青年の職場である零細便利屋・トカノ特殊業務社で働くことに。少しおかしな従業員たちと送る、日常九割、戦闘一割の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙

マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス』2005年3月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2』2006年4月刊。

少しずつ読み進めています、マルタ・サギー。
この作品の醸し出す空気、最高すぎません?
異世界の街にひとり、馴染みつつあっても、溶け込むまではいかなくて。
楽しくやってるんだけど、どこか寂しそうでもあって。
なんだか胸がしんみりしつつ、ふわっと包まれるような温かさも存在するんですよ。その感覚がとても心地良いんだ・・・・・・

☆あらすじ☆
大人気ファンタジックミステリー、お待たせの長編第二弾!
舞台は異世界、霧の街・オスタス。スレイリー・ドラゴン誘拐事件で一躍その名をあげたはずのマルタだったが相変わらず貧乏だった。そんな折、オスタス市民に愛される、怪盗ドクトル・バーチが突如消息を絶った……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南

『バッカーノ!』(成田良悟 著)1〜3巻まで読みました


バッカーノ! The Rolling Bootlegs (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』2003年1月刊。
『バッカーノ! 1931鈍行編 The Grand Punk Railroad 』2003年8月刊。
『バッカーノ! 1931特急編 The Grand Punk Railroad』2003年9月刊。

面白かったー!!
成田良悟作品は『Fate/strange Fake』しか読んでいないので、正真正銘はじめましての『バッカーノ!』。
こんなトチ狂ったカップルてんこ盛りのラノベだと知っていればもっと早く読んだのに!笑
明確な主人公が存在しない群像劇なので、逆に言えばみんな主人公なんですね。3巻を読み終わったあとに「みんな好き!!」って叫んだくらい魅力的なキャラばかりでした。

禁酒法時代のアメリカを舞台にした、不死者とアウトローの馬鹿騒ぎ。
特に鈍行編と特急編が大好きです。めっちゃ楽しかった!

☆あらすじ☆
第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞の異色作、その名は『バッカーノ!』
禁酒法時代、ニューヨーク。 裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。 泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。 マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。 チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。 職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。 そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。 彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 『バッカーノ!』(成田良悟 著)1〜3巻まで読みました

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太


生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻 2017年9月刊、2巻 2017年12月刊。

200年後の世界で目覚めた錬金術師が、錬金術師が存在しない街で「薬屋」として静かに暮らしていく物語。
回復アイテムを必要とする迷宮攻略、回復アイテムが貴重な環境、そして回復アイテムを量産できる主人公。
3つの要素が様々な形で絡みつつ、のんびりとした日常が描かれていく物語です。

細部の設定に凄まじいこだわりを感じる作品でした。
本筋はスローペースだけど設定資料集とかファンタジー事典を読んでるようなワクワク感があります(ただ設定を語りすぎに感じる部分もある)
あとダンジョンの描写がとても良い。アイテム屋を中心に描かれるダンジョン攻略パートすごく楽しいです。

のほほんとした主人公と、彼女を護衛する奴隷の青年の関係性も好き。
信仰みたいな恋情と命がけの打算による執着心という、なんとも言えない生々しさよ・・・・・・

全6巻で完結済みのシリーズで残りも買ってあります。続きを読むのが楽しみです。

☆あらすじ☆
200年後の世界で、自分らしく生きていく。
エンダルジア王国は『魔の森』のスタンピードによって滅亡した。
錬金術師の少女・マリエラは『仮死の魔法陣』の力で難を逃れたものの、
ちょっとした「うっかり」で眠り続けてしまい、目覚めたのは200年後。
――そこは錬金術師が死に絶え、ポーションが高級品と化した別世界だった。
都市で唯一の錬金術師になってしまった少女・マリエラの願い。
それは、のんびり楽しく、街で静かに暮らすこと。
ほのぼのスローライフ・ファンタジー、ここに開幕!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太

ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻、2017年3月刊。2巻、2017年7月刊。3巻、2017年11月刊。
人生にくじけた28歳が10年前にタイムスリップ。
分岐点となった芸大入学の道を選び、そこからクリエイターの卵たちと共に創作に励む大学生の青春ものです。
芸大の個性的な授業風景が面白かったし、男女四人一つ屋根の下で創作に没頭する主人公たちの青春ぶりはとてもまぶしい。
ストレートに刺さる台詞が多くてドキッとしたりも。
そして、(1巻2巻は話に乗れない部分もあったのだけど)3巻の展開で思わず「おおっ・・・!?」と前のめり。
「共通ルート終了」という3巻のサブタイ通り、4巻からが本番なんでしょうね。
どんな形で話が進むのか楽しみです。続きも読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
あなたの人生〈ルート〉、作り直しませんか?
ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?

以下、3巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

ティアムーン帝国物語 断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー /餅月望


ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
これは楽しい!そして可愛い!
革命により断頭台に散った帝国の姫が、なぜか子供時代に時間遡行。
イラスト担当のGilseさんの「マリー・アントワネットを再解釈したような物語」というコメントに、まさにそれだ!と膝を打ちました。

ポンコツわがまま姫は一度失敗して、ちょっと成長したポンコツ姫へ。
しかし実際の成長以上に周囲は彼女を過大評価していって・・・・・・というすれ違いモノ。

アホの子がデキる子だと誤解されていく話なんだけど、このアホの子がとても愛嬌があって可愛いんです。
主人公の素顔が魅力的だからこそ「勘違い」が光る作品だと思いました。
良いものを紹介してもらえました。続きも読んでこ!

☆あらすじ☆
崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑された――はずが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り??第二の人生でギロチンを回避するため、帝政の建て直しを決意する。手始めに忠義に厚い下っ端メイドと、左遷されたが優秀な文官を味方につけ、失敗した過去をやり直す日々が始まった。けれど、ミーアの本音は「我が身の安全第一」。仇敵を遠ざけ、人脈作りに励むうちに、なぜか周囲の忖度で次々と奇跡が実現!やがて、身勝手なはずの行動は大陸全土の未来を大きく変えていくのだった……。
「こ、これぐらいわたくしにかかれば簡単ですわ!」
保身上等!自己中最強!小心者の元(?)ポンコツ姫が前世の記憶を使って運命に抗う、一世一代の歴史改変ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ティアムーン帝国物語 断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー /餅月望

マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?』2003年12月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s. 』 2004年7月刊。

野梨原花南先生といえば、私にとっては『ちょー美女と野獣』。
愛嬌たっぷりでクセが強いキャラクターと、ほどよい抜け感と優しさのある台詞回しが魅力的で、大好きなシリーズでした。

だから『マルタ・サギーは探偵ですか?』もいつか読みたいとは思っていたんですよね。
でもズルズルと積んでいたので、Twitterでオススメ本を交換する話がなかったら、また後回しにしていたかも。良い機会をもらえました。

でも、でも、もっと早く読んでおけばよかった・・・!

すごく好きです、この設定!
推理はできない『名探偵』が、人間以外にも様々な種族が存在する街で、神出鬼没の怪盗に立ち向かう。
決してミステリーではありません。推理をすっ飛ばして事件を解決するのでロジカルを求めてはいけない。
それでも、独特な語り口が楽しいし、異邦人マルタをはじめとするキャラクター陣の魅力が素晴らしくて。

あとなんだか昔のコバルト文庫っぽいんですよね。個人的に。
初めて読むのに懐かしい気持ちになる。そりゃそうか野梨原花南先生だもの。

ラブコメパートもばっちり好みです。探偵と怪盗の絶妙な距離感が最高!

続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時にまったく探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」

以下、ネタバレありの感想です。本編1巻と短編集1巻の感想をまとめて書きます。

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南

テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
上巻2017年1月刊、下巻2017年7月刊。
最高でした・・・・・・本当に最高だった。

国際都市を舞台に繰り広げられる、機械化された少年少女の戦い。
そこで彼女たちが対峙する過去の傷と因縁。
果たして過去を乗り越え未来を掴み取ることができるのか――

素晴らしい青春小説でした。
クライム・アクションで近未来SFなんだけど、それ以上に青春小説としてパーフェクトだった。
過去の暗闇を這いずりながらも未来へ進み続ける少年少女の物語好き・・・・・・シュピーゲル大好き・・・・・・
読んで良かったです!すっごく楽しかった!

☆あらすじ☆
鬼才・冲方丁の原点にして記念碑的大河ライトノベル、ついに完結へ――。 都市を驀進する蒸気機関車とともに、6人の少女は希望への道を切り開く!!
「前へ進み続けろ!! 真っ直ぐ前へ――!!」
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊の涼月は、敵の情報汚染への対抗ユニットを目標地点に運ぶため、機能不全に陥った都市を蒸気機関車で驀進する。そのころ、仲間2人――陽炎/夕霧もまた、のっぴきならない危機に直面していた。やがて散り散りになった仲間たちは集い、全ての事象はひとつに収束していく――。機械化された肉体を武器に闘う少女たちの物語、いよいよ最終章!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ