「講談社X文庫ホワイトハート」カテゴリーアーカイブ

獣の巫女は祈らない /中村ふみ


獣の巫女は祈らない (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
かつて神がいた国において、神と交わった名残を残す獣耳の一族。
一族の巫女である少女と、帝によって彼らの島に流された皇族の「姫」。
二人の出会いから始まる和風ファンタジーです。
巫女でありながら神頼みはせず、自分で道を切り開こうとする理知的な武闘派ヒロインがとても素敵でした。
世界観も面白かったし、この二人が今後どうなっていくのかも気になります。
一応綺麗に終わっているけれど、シリーズ化してくれると嬉しいな。

☆あらすじ☆
獣の宮の巫女なぎはある日、島に流されてきた咎人の〈姫〉と出逢う。だがこの美しい〈姫〉は、どうやら性別を偽っているらしく……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 獣の巫女は祈らない /中村ふみ

女皇陛下の見た夢は 李唐帝国秘話 /貴嶋啓


女皇陛下の見た夢は 李唐帝国秘話 電子書籍特典付き (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
武則天時代末期の唐を舞台にした歴史ファンタジー。
壺中術を使う宮奴の女がある皇族の男に出会ったことから、女皇をめぐる騒動に巻き込まれていく物語です。
割と短い話ながら、最後まで息つく間もない怒涛の展開。
でもこれ後味最悪じゃないか(笑)びっくりしたよ!

☆あらすじ☆
女皇陛下に仕える宮女・詠月は筋金入りの壺オタク。壺の中を通って遠くへ行く〈壺中術〉で、女皇の孫・李隆基のもとに現れるが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女皇陛下の見た夢は 李唐帝国秘話 /貴嶋啓

とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶/貴嶋啓

とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶 (講談社X文庫)
とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
冥婚の花嫁が入れ替わったことから始まる中華ラブロマンス第2弾。
前後編というより表と裏のような連作なんですね。
前巻で説明不足に感じていた部分がきちんとフォローされていました。良かった。面白かったです。
ただ、身代わり花嫁となったヒロインの恋についてはやや駆け足気味かも?

☆あらすじ☆
お仕えするお嬢様・黎禾の「冥婚」が決まった。花嫁道中に同行した橙莉は、不幸な結婚から黎禾を救うため、身代わりになることを決意するが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶/貴嶋啓

とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主/貴嶋啓

【Amazon.co.jp限定】とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主(特典: オリジナルショートストーリー データ配信) (講談社X文庫)
【Amazon.co.jp限定】とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主(特典: オリジナルショートストーリー データ配信) (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
死者の花嫁になるはずだった商家の娘が、取り替えられ、トラブルに巻き込まれ、更には誤解をされた結果、行方不明の公主として皇城に住むことになる―― という中華ファンタジー。
めちゃくちゃ受難体質のヒロインですが、商会を切り盛りしていただけあって強気な態度が頼もしい女性でした。
というか、出てくる女性がみんな強い。序盤で出てきた性格の悪い女が最終的に一番好きになったりw
ヒロインとヒーローの関係は少し駆け足気味ではあるものの、綺麗に纏まっていて◎
ただ、Wヒロインの連作ものらしいので、この1冊だけだと説明不足な点もあります。次作に期待。

☆あらすじ☆
汪黎禾は商家の娘。弟が作った借金を返すため、悪名高い藩王・武州王の息子のもとへ嫁ぐことになった。が、花婿はすでに故人。この縁組はいわゆる死者との結婚――「冥婚」だった。覚悟の上で輿入れを決めた黎禾だったが、花嫁道中で意に反して小間使いの橙莉と入れ替わったり、野盗に襲われた先で皇太子・隆翔に助けられたりするうち、行方不明だった帝国の姫君と間違われてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とりかえ花嫁の冥婚 偽りの公主/貴嶋啓

幻獣王の心臓/氷川一歩

幻獣王の心臓 (講談社X文庫)
幻獣王の心臓 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
ちょっと懐かしい方向に中二テイストな現代ファンタジー。
特殊な力を持つオッドアイの男子高校生が、心臓を取り戻そうと狙ってくる白虎となし崩しでコンビを組み、恐ろしい怪異に立ち向かっていく物語です。
設定にあまり目新しさはなかったけれど、威勢の良いにゃんことトラブルを放置できないお人好しな高校生のコンビはなかなか良かった。
続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
十七歳の西園寺颯介は、右目が青で左目が緑というオッドアイの持ち主。「この世のあらゆる正邪を見破る」とされる特別な眼に惹かれ、人外の者が颯介に襲いかかる。そのときバケモノを蹴散らして現れたのは、一頭の美しい白虎。「彼」は十年前、颯介に奪われた自分の心臓を「今こそ返せ」と詰め寄るのだが……。変幻自在の幻獣王と、不可抗力でその相棒に据えられた男子高校生。相性最悪の退魔コンビ、ここに誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幻獣王の心臓/氷川一歩

薔薇の乙女は秘密の扉を開ける(薔薇の乙女シリーズ5)/花夜光

薔薇の乙女は秘密の扉を開ける (講談社X文庫)
薔薇の乙女は秘密の扉を開ける (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
不死者と戦う力を持つ少女の波乱の運命を描いたヒロイックファンタジー第5弾。
表紙通りの昴回でした。昴が一気にリードした??
ちなみに物語は次巻で完結とのこと。まだまだ問題が山積みのような気がするけれど、最後まで目が離せません!

☆あらすじ☆
闘いのため大切な仲間を失い、《守護者》の昴と気持ちが すれ違い落ち込む莉杏は、父ブルーノに誘われマルタへ行く。幼い頃過ごした屋敷で暮らすうちに失っていた記憶が蘇ってくる。ある夜、突然現れた謎の存在のピエロに聖杯のかけらはドイツにあると言われ!? 強い絆で結ばれ、無条件で惹かれ合う《薔薇騎士》と《守護者》。けれど、唯一の《薔薇騎士》を選んだとき、《守護者》は証を失うかもしれず。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇の乙女は秘密の扉を開ける(薔薇の乙女シリーズ5)/花夜光

公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)
公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
契約結婚+男装学園ものという、女性向けラノベの人気設定を両取りするチャレンジャーなラブコメ。
そのチャレンジ精神は尊重するけれど、1冊でどちらの魅力も引き出すのは難しかったようです。ストーリーは面白いものの、各要素があと一歩物足りない。
ただ、内容的にシリーズ化前提の作品だから巻を重ねれば不満点も解消されると期待しています。
まっすぐな気性のヒロイン、彼女をペット扱いするものぐさ公爵、個性豊かな公爵家の使用人たちなど、登場キャラクターもなかなか魅力的でしたしね。
面白いシリーズになってくれるといいなぁ。

☆あらすじ☆
ノエルは画家見習いの少女。王家お抱えの画家だったという父を捜すため、自分も宮廷画家になることが夢だ。でも、宮廷画家は男しかなれない花形職業……。性別詐称は厳罰と知りつつも、ノエルは男の姿で画家を目指すが、仕事先で出会ったひきこもり公爵リュシアンに、女であることがバレてしまう! そこで秘密を守るのと引き替えに提示されたのは、リュシアンの花嫁になり仮面夫婦生活を送るという条件で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)
鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★☆☆
怖がりな見鬼の姫と陰陽寮の学生が、怪異に挑む平安ファンタジー。
全3巻なのだけど、最終3巻は電子版オリジナルだったりします。こういう形態は今後増えていくのだろうか。
2巻までだと消化不良なので、電子限定であっても3巻で綺麗に完結してくれたので私としては大歓迎ですけどね。もともと電子書籍しか持ってないし。
中途半端な打ち切りが増えるくらいなら、電子だけでも最終巻を出すって方針が定着するといいなぁ。

☆2巻あらすじ☆
この世ならざる者が視える柊は、中納言の姫君。内裏の紅桜の怪にかかりきりの陰陽師生・忠晃への恋心を自覚した矢先、母の失踪が知らされた。山桜の大木に囚われた母を見つけた柊は、内裏の怪の原因を突き止める。一方宮中では、柊が怪異封じの人柱にと名指しされていた。「見捨てるなんて冗談じゃない」決死の忠晃を、宮中の追手が、山の怪異が追い詰めて!?

以下、2・3巻のメモ的な感想です。

続きを読む 鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

薔薇の乙女は剣を捧げる(薔薇の乙女シリーズ4)/花夜光

薔薇の乙女は剣を捧げる (講談社X文庫)
薔薇の乙女は剣を捧げる (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
不死者と戦う力をもった少女の波乱の運命を描くヒロイックファンタジー第4弾。
舞台を日本からロンドンに移してのクリス回。そして、うじうじとネガティブだった莉杏が、精神的にも肉体的にも大きく成長を遂げる修行回でした。
ラストの衝撃でちょっとヘコんだりもしましたが、今回もめちゃくちゃ面白かったです。

☆あらすじ☆
女性でありながら《薔薇騎士》で、誰もが求める聖杯の鍵を握る運命の少女・莉杏は、宿敵《不死者》の王レオナルドの呪いを解くため、仲間と共に英国へ向かうが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇の乙女は剣を捧げる(薔薇の乙女シリーズ4)/花夜光

「薔薇の乙女は不死の王にまみえる」「薔薇の乙女は聖杯を抱く」(薔薇の乙女シリーズ2・3)/花夜光

薔薇の乙女は不死の王にまみえる (講談社X文庫)
薔薇の乙女は不死の王にまみえる (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2巻:2015年4月刊、3巻:2015年8月刊。
やっぱり面白い!
不死者と戦う能力を持った女子高生が、自分の運命を知っていくダークファンタジーの第2弾・第3弾。
吸血鬼ハンター的な物語としても大きく動き出してきました。
それにしてもイケメンだらけの逆ハーレムだけど恋愛どころではなく、ひたすら主人公に鞭を打っていくスタイルなのかな。世界が主人公に優しいようで厳しい・・・・・・・。その試練を乗り越えて少しずつ前向きになろうと努力する主人公は、個人的にはとても好ましかったりします。

☆あらすじ☆
普通の女子高生だった莉杏は、ある日、自分が薔薇騎士団の総帥の娘で、《薔薇騎士》であることを知った。薔薇騎士団の依頼である名門女子校に転入するのだが!?

以下、2冊まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 「薔薇の乙女は不死の王にまみえる」「薔薇の乙女は聖杯を抱く」(薔薇の乙女シリーズ2・3)/花夜光