「TYPE-MOON_BOOKS」カテゴリーアーカイブ

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
最終章スタート。
時計塔そのものが舞台となり、いよいよ物語が大詰めを迎えています。
しかしやっぱり怖いな時計塔。

☆あらすじ☆
「君の人生を、最も輝かしいものに捧げたまえ」
不気味に蠢動するハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議』の知らせであった。
何人もの君主と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿2・3「case.双貌塔イゼルマ(上・下)」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2巻:2015年8月刊。3巻:2015年12月刊。
時計塔のロードが謎を解き明かす、魔術師だらけのミステリー第2弾。
今回はエルメロイ2世の義妹・ライネスと内弟子・グレイが招待された社交会で起こった殺人事件を巡るストーリー。
今回でエルメロイ家の内情が色々明らかになったのだけど、それはさておき私はライネスちゃんがかなり好きです。ドSみのある美少女最高か。

☆あらすじ☆
「我が師に問う。――魔術における究極の美とは何か、と」神秘と幻想の事件簿、第二幕開演――!
双貌塔イゼルマに住まう、双子の姫。至高の美を持つとされる黄金姫・白銀姫のお披露目に、エルメロイII世の義妹であるライネス・エルメロイ・アーチゾルテも参加することとなった。時計塔の社交会となれば派閥抗争もありえると、ボディガードとしてグレイを連れて行ったライネスだが、そこで起こった事件は彼女の想像をも超えていた。三大貴族。冠位(グランド)の魔術師。ロード・エルメロイII世は、『時計塔』に巣くう闇をいかにひもとくか。魔術と美、幻想と陰謀とが交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、第二幕開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイII世の事件簿2・3「case.双貌塔イゼルマ(上・下)」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿1「case.剥離城アドラ」/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年12月刊。
面白かったー!
Fate/Zeroのヒロイン(?)ウェイバーくん改めロード・エルメロイ2世が、魔術師の世界で起こる謎を解き明かすミステリー。
読者にフェアなタイプのミステリーではないかもしれないけれど、怒涛の薀蓄をもって語られる謎と真相にワクワクする作品でした。ちょっとだけ読み心地がラングドン教授シリーズに近いかも?こういうの大好きです。
それにしてもFateの世界観って面白いなぁ。神秘の探求者にして俗世を切り離せない魔術師の世界の薄暗さが楽しい。
そして10年前は頼りなくてイジケ虫だった少年の成長が・・・・・・もう・・・・・・感無量すぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
第四次聖杯戦争から十年後、少年は君主(ロード)となった―――。Fateシリーズに連なる魔術ミステリー、ここに開幕!!
『時計塔』。それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった──。魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、いざ開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイII世の事件簿1「case.剥離城アドラ」/三田誠