「創元推理文庫」カテゴリーアーカイブ

ぬばたまおろち、しらたまおろち/白鷺あおい

ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)
ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
第2回創元ファンタジイ新人賞「優秀賞」受賞作。
田舎の村で育まれる少女と白蛇の異類恋愛譚であり、妖怪たちが「魔女」になるための勉強に励む魔法学園ものであり、村に伝わる伝承の真実が明かされていく伝奇要素も強い現代ファンタジーな物語です。
もうね、こういうの大好きっっ!
ハリー・ポッターとRDG(レッドデータガール)を足して2で割った感じといえば、だいたいのイメージは伝わる気がします。
幼なじみ萌えは最高だったし、雪女やのっぺらぼうが箒に乗って空を飛ぶカオスで賑やかな世界観もすごく楽しい。
ジェットコースターな展開の先にある結末も、私的には期待通りだったので全くもって文句なしです。
1冊で綺麗に話は終わっているけれど、これはぜひシリーズ化してほしいなぁ。

ちなみに帯には「横溝正史?×ハリー・ポッター!」とあるのだけど、押し出すべきは横溝正史よりも荻原規子の方じゃないかと思ったり。児童文学に近い雰囲気の柔らかさがあるファンタジーなので。
そしてハリポタ・RDG好きはとりあえず本作を読んでほしい・・・!

☆あらすじ☆
両親を失い、田舎にある伯父の家に引き取られた綾乃には秘密の親友がいた。幼いころ洞穴で見つけた小さな白蛇アロウ。アロウはみるみる成長し、今では立派な大蛇だ。十四の夏、綾乃は村祭の舞い手に選ばれた。だが、祭の当日、サーカスから逃げ出したアナコンダが現れ村は大混乱に。そんななか、綾乃は謎の男に襲われるが、そこに疾風のように箒で現れ、間一髪彼女を救ったのは、村に滞在していた民俗学者の大原先生だった。綾乃はそのまま先生の母校ディアーヌ学院に連れていかれ、そこで学ぶことになるが、そこはとても変わった学校で……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぬばたまおろち、しらたまおろち/白鷺あおい

運のいい日/バリー・ライガ

運のいい日 (創元推理文庫)
運のいい日 (創元推理文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
「さよなら、シリアルキラー」シリーズ三部作の前日譚となる短編集。
すごく良かったです。
父親の呪縛に怯えつつも平穏な時間を過ごしていたジャズ、ジャズに惹かれる中で彼の境遇を知るコニー、本編よりもさらに内心が垣間見えるけれどブレないハウイー。やっぱりこの三人組が大好きだ!と改めて思いました。
そして表題作のG・ウィリアムの苦悩と足掻きもすごく読み応えあり。
期待以上に楽しめた短編集でした。このシリーズ、ほんとに最高!

☆あらすじ☆
21世紀最悪の連続殺人犯の息子、ジャズことジャズパー。父が捕まったのち、普通の高校生活を送っていたジャズと、ガールフレンド、コニー、ジャズの親友ハウィーそれぞれを主人公にした短編に、田舎町ロボズノッドで発生した若い女性の惨殺事件を解決すべく奔走する保安官G・ウィリアムズの物語「運のいい日」の四編を収録。センセーションを巻き起こした〈さよなら、シリアルキラー〉三部作の前日譚の、日本オリジナル短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 運のいい日/バリー・ライガ

「殺人者たちの王」「ラスト・ウィンター・マーダー」/バリー・ライガ

殺人者たちの王 (創元推理文庫)
殺人者たちの王 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2015年11月刊/2016年5月刊。
「さよなら、シリアルキラー」から始まる三部作の2巻・3巻。
2巻は舞台を田舎町からニューヨークに移してサイコサスペンス色が強まり、3巻はこれまでに示された様々な謎を明らかにしつつ全てに決着をつける完結巻でした。
スリリングな展開に震えるほどの緊張を味わい尽くしました。そのなかでも変わらないジャズ、コニー、ハウイーの愛と友情にとても癒やされた・・・・・・。
生まれに苦悩し、自分の中に眠る怪物に怯え、それでも自分自身を持ち続けようと足掻いたジャズ。
21世紀最悪の連続殺人鬼の息子として生まれ育った少年の戦いを描いた青春ミステリーとして、素晴らしい傑作だと思います。最高でした!

☆あらすじ☆
21世紀最悪の連続殺人犯ビリー・デントが脱獄して二カ月、ジャズのもとをニューヨーク市警の刑事が訪れた。父ビリーに施された殺人者としての英才教育を生かして、ニューヨークの連続殺人、通称ハット・ドッグ・キラーの捜査を手伝ってほしいというのだ。渋々ニューヨークに同行するジャズ。だが事件を調べるうちに、故郷で起きた“ものまね師”事件との繋がりに気づく。そして被害者の遺体に書かれた〈ゲームへようこそ、ジャスパー〉のメッセージ。まさか父が? 悩みながらも事件を解決しようとするジャズ。好評の異色青春ミステリ第2弾!

以下、2巻・3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 「殺人者たちの王」「ラスト・ウィンター・マーダー」/バリー・ライガ

さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ

さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)
さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2015年5月刊。
最悪の殺人鬼を父に持つ少年が、街で起こった連続殺人事件の謎を追うミステリ。
殺人の英才教育を受けて育ったために、誰よりも自分自身を恐れ疑ってしまう少年の葛藤を描く青春小説でした。
少年の繊細な内面を深く深く掘り下げていくところに読み応えがあり、そのウェットな雰囲気が実に好み。
彼を取り巻く周囲の人々との関係性も魅力的だし、ラストのオチにはゾクゾクしました。
三部作の1作目ですが、この続きもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
ぼくには連続殺人犯の血が流れている。ぼくには殺人者の心がわかる――ジャズは高校三年生。田舎町ロボズ・ノッドではちょっとした有名人だ。ある日町で衝撃的な事件が起きた。指を切りとられた女性の死体が発見されたのだ。連続殺人だとジャズは訴えたが、保安官はとりあわない。だが事件はそれだけでは終わらなかった。なぜジャズには確信があったのか。それは彼が21世紀最悪といわれる連続殺人犯の息子で、幼い頃から殺人鬼としての英才教育を受けてきたからだった。親友を大切に思い、恋人を愛するジャズは、内なる怪物に苦悩しつつも、自らの手で犯人を捕まえようとする。全米で評判の異色の青春ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら、シリアルキラー/バリー・ライガ

魔導の系譜/佐藤さくら

魔導の系譜 (創元推理文庫)
魔導の系譜 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年7月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「優秀賞」受賞作。
魔導士が差別される国を舞台に、田舎の三流魔導士とその弟子となった天才少年の出会いから始まる物語です。
魔導士や特定民族への差別が中核にあり、差別される側にスポットを当てて語られるため、全体的な雰囲気は暗め。
それでいて、国内外の緊張関係、国内における魔導士の立場、魔術を生み出す「導脈」など、作り込まれた世界観は読み応えがあってとても面白かったです。
なにより、物語を牽引するキャラクターが人間くさくて目が離せないんですよね。
不遇な運命を変えたいと野心を抱く少年と、彼に対して割り切れない様々な感情を抱いてしまう師匠。
ふたりの絆は一言では表せない幾重にも折り重なった複雑なもので、その矛盾や葛藤が奥行きのある人間ドラマを生みだしていたと思います。
シリーズ化予定らしいので、次巻もとても楽しみです。

☆あらすじ☆
魔導士が差別され、虐げられている国ラバルタ。田舎で私塾を開いている三流魔導士レオンは、魔導士の最高機関〈鉄の砦〉からひとりの少年を託される。幼くして家族をラバルタの騎士に殺され、桁違いの魔導の潜在能力がありながら、学ぶことを拒む少年ゼクス。頑なだった少年は、レオンの辛抱強い指導の下で才能を開花させていく。やがてその力を認められ〈鉄の塔〉に召還されたゼクスだったが、貴族の魔導士アスターとの出会いが彼の、そして王国の運命を大きく変えていく。第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞の本格異世界ファンタジイ。/解説=三村美衣

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔導の系譜/佐藤さくら

比類なき翠玉 上・下(時間旅行者の系譜3)/ケルスティン・ギア

比類なき翠玉〈上〉 (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)
比類なき翠玉〈上〉 (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。初出は東京創元社2013年8月刊。
女子高生タイムトラベラーの恋と冒険を描くファンタジー三部作の完結巻。
サンジェルマン伯爵の陰謀はもちろん、自分の心にすら翻弄されるグウェンドリンの奮闘をミステリアスかつコミカルに描いた楽しい作品でした。
帯にも書いてあった「用意は良いかい?」「あなたがよければね」の掛け合いが狂おしいほど好き。ほんと、最終巻にして良いコンビになったものです。とても面白かった!

☆あらすじ☆
「あたしのハートはルビーで、ギデオンはそれを粉々にしたのよ!」――サンジェルマン伯爵から告げられた残酷な真実に、グウェンドリンの恋心は荒れ模様。そんななか、ルーシーとポールが盗んだクロノグラフの隠し場所がついに明らかになる。〈監視団〉メンバーやいとこのシャーロットの目をかいくぐり、若き日の祖父の協力のもと伯爵の陰謀に迫ろうとするグウェンドリンだったが、相棒・ギデオンとの関係はこじれたまま。〈監視団〉はメンバーの中に潜む裏切り者の正体を暴くため、十八世紀の舞踏会に二人を送りこむ計画を進めていたが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 比類なき翠玉 上・下(時間旅行者の系譜3)/ケルスティン・ギア

玉妖綺譚/真園めぐみ

玉妖綺譚 (創元推理文庫)
玉妖綺譚 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「優秀賞」受賞作。
妖絡みのトラブル処理を請け負いつつ、玉妖に魅入られた姉を助ける方法を探す少女驅妖師(祓い屋)が主人公の和風ファンタジーです。
現実としばしば交わる幻想的な妖の世界が素敵でした。設定と世界観はとても魅力的。
人物の動かし方や心情描写に粗さを感じたものの、デビューシリーズの第1巻ということなので今後の成長に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
異界と現実世界との間にある“はざま”。そこで産する竜卵石は妖力をもち、主の“気”を受けて玉妖と呼ばれる精霊を宿す。中でもその美しさ、知性から伝説的な存在とされるのが、難波俊之が育てた“難波コレクション”の七つの玉妖たちだ。そのひとつ〈くろがね〉を受け継いだ修業中の驅妖師・彩音は、玉妖に魅入られ眠り続ける姉を救おうとする……。人々の目に見えない異界妖が跋扈する皇国大和の首都・櫂都を舞台に、少女驅妖師・彩音と相棒の玉妖くろがねが、妖がらみの摩訶不思議な事件に挑む。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 玉妖綺譚/真園めぐみ

青玉は光り輝く(時間旅行者の系譜2)/ケルスティン・ギア

青玉は光り輝く (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)
青玉は光り輝く (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年3月刊。初出は東京創元社2013年5月刊。
タイムトラベラー女子高生が恋と冒険と謎に挑むファンタジー第2弾。
楽しい仲間が増えて更にワクワクします。ギデオンとの関係についてはやきもきさせられましたが。最終巻でどうなるのかな?

☆あらすじ☆
予言された12番目のタイムトラベラーであることが判明したグウェンドリンは、タイムトラベル能力の調整のために行う“時間消化”中に、若き日の祖父に出会った。絶好のチャンスとばかりギデオンや〈監視団〉のメンバーには内緒で、ルーシーとポールがクロノグラフを盗んで逃亡した謎を解明しようと画策する。クロノグラフが12人のタイムトラベラーの血を読みこんだとき、いったい何が起きるのか? そしてグウェンドリンに固執するサンジェルマン伯爵の思惑は? ドイツで100万部突破。大人気のタイムトラベル・ファンタジー3部作、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青玉は光り輝く(時間旅行者の系譜2)/ケルスティン・ギア

紅玉は終わりにして始まり(時間旅行者の系譜1)

『紅玉(ルビー)は終わりにして始まり』(ケルスティン・ギア著/遠山明子訳/創元推理文庫)★★★★☆

紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)
紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
「時間旅行者(タイムトラベラー)の系譜」三部作の1作目。
何の準備もなしにタイムトラベル能力に目覚めたロンドンの女子高生が、秘密結社に連れて行かれたり、タイムトラベル先でサンジェルマン伯爵に会ったり、相棒とラブコメしたりするタイムトラベル・ファンタジー。
準備不足のせいで事態に置いけぼりを食らっても、めげない強さと頼もしい親友の助力で前へ突き進む主人公の奮闘にワクワクします。
12人のタイムトラベラーとタイムマシンを巡るミステリアスなストーリーは、好奇心を強く刺激されて夢中になるほど面白かったです。
YA向けの海外ファンタジーってどうしてこう私の好みど真ん中を攻めてくるのか。
これは次巻以降も期待できそう!

☆あらすじ☆
十六歳の「あたし」ことグウェンドリンが“めまい”に襲われたのは高校のカフェテリア。それがすべての始まりだった。そもそもタイムトラベラーとして期待され、準備万端ととのえていたのは、いとこのシャーロットだったのだ。ところが実際に過去に飛んだのは、何の準備もしていないあたし。相棒になったギデオンは気絶しそうにステキなんだけど、鼻持ちならない嫌なやつで、あたしのことなんかバカにしてる。あたしだって好きでタイムトラベルしてるんじゃないのに。ドイツで百万部突破。大人気のタイムトラベル・ファンタジー三部作、第一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅玉は終わりにして始まり(時間旅行者の系譜1)

影王の都

『影王の都』(羽角曜著/創元推理文庫)★★★☆☆

影王の都 (創元推理文庫)
影王の都 (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
第1回創元ファンタジイ新人賞「選考委員特別賞」受賞作。
喋る髑髏と出会ったことで生まれ育った村から旅立つことを決意した少女リアノ。彼女の旅路を中心に描きながら、呪われた影王の都を巡って繰り広げられるミステリアスなストーリーは読み応えがありました。
繊細な語り口は好みだし、喋る髑髏の愛嬌も良かった。物語そのものの構造も面白かったのですが、オチでちょっと混乱してしまったり。

☆あらすじ☆
村はずれに一人住む少女リアノ。両親が相次いで亡くなり、兄も夢を追って家を出ていってしまった。そんな孤独な彼女のもとにある日やってきたのは、口をきく髑髏。図々しいことに髑髏はリアノに砂漠に連れていって欲しいと求めた。若く美しい娘としゃべる髑髏の奇妙な道行き。だが砂漠で待っていたのは、〈影王〉が統べる呪われた〈影の都〉。不老不死を望んで神の怒りにふれ、永遠に砂漠を彷徨う運命になったという伝説の都だった。捻れた運命の糸に搦め捕られるリアノ。〈影王〉とは何者か。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレで面白さが減るタイプの作品なので未読の方はご注意を。

続きを読む 影王の都