「角川スニーカー文庫」カテゴリーアーカイブ

最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 〜貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!〜 /榎本快晴


最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 ~貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!~ (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
皇位継承権を持つ皇子たちが継承指名を回避しようとあの手この手で逃げまくる中華風コメディ。
何もかも激しく間違っているのに、何だか熱く盛り上がる4兄弟の奮闘。
読みながら「馬鹿なんじゃないの?」と何度思ったことか。これは馬鹿だわ!曇りなき馬鹿!
正直、全員揃って国外追放が妥当だと思うのだけど、この馬鹿どもは「多忙な皇帝は嫌だけど皇族としての特権は維持しておきたい」というあっぱれな図々しさを発揮。
その思惑が微妙な駆け引きを生んでいて、足の引っ張り合いを楽しく盛り上げていたと思います。やっぱり全員国外に追い出そう?
ふふっと笑える良いコメディでした。オチが綺麗についてるところも好き。

☆あらすじ☆
重責・激務の皇位なんてくれてやる! 回避スキルの無駄使いコメディ!
皇帝の第四皇子・スガンは、ある日、皇帝から次期皇帝の指名を受けるのだが−−。ε=ε=(;p>д<) ヤダ、ニゲロォ! 本人はやる気なし、兄姉もやる気なし!? 継承回避の戦いが今、始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 〜貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!〜 /榎本快晴

いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎


いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~ (角川スニーカー文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
「昏い眼をした奴隷のエルフ少女を引き取って、いちゃいちゃする話」が流行ってるから乗ってみよう、という感じで企画がスタートしたらしい榊一郎さんの新作(あとがき談)
私が大好きなシリーズにもそういう話があるけど(つい最近新刊の感想記事を書いたばかり)、あの設定って流行ってるのか。
というわけで、そういう設定のお話です。
でもラブコメの方はあまりピンと来なかったかな。ちょっと私の好みからは外れてました。
どちらかと言えば、巨大武者ロボの躍動感あるアクションと予想外にエグい設定が印象に残る作品でした。

☆あらすじ☆
戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。
《鬼神》レオ・アラモゴードは王国を護る最強の戦士。いつもの如く敵を殲滅するはずが、彼は敵国の特攻奴隷に一目惚れしてしまい——戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました5 /ざっぽん


真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました5 (角川スニーカー文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
辺境を舞台にイチャラブを繰り広げるスローライフFT第5弾。
新章スタートということで、心機一転いっぱいイチャついていました。すごい甘かった。糖度の供給過多で昇天しそうだった。
全然スローライフじゃなくない!?と思ってしまうアクションシーンもさすがの面白さ。
今回は冒険ファンタジーとしても楽しめたし、読み応えばっちりでした。
新章はどんな展開になるのだろうか。今後もとても期待できそうです。

☆あらすじ☆
賢者アレスの強襲を退けたレッドは、最愛の妹ルーティ、そしてその親友であるティセと共に幸せな日常を過ごしていた。
闘いの果てに生涯の愛を誓い合ったリットへ最高の宝石を贈ろうと決意したレッドは“世界の果ての壁”に向かったのだが、その旅の道中でかつての仲間と再会して!?
「ねぇ、私とあなたが恋人になった可能性——あったと思う?」
美しきハイエルフや仲間達との宝石を巡る冒険の旅。そして愛する人と絶景を眺めながらの美味しい食事、ゆったり温泉へと浸かる至福のひとときがここに。
完全書き下ろしで綴られる超人気スローライフ・ファンタジー、待望の新章開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました5 /ざっぽん

キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)
キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
読書メーター運営事務局様よりご恵投いただきました。
青春に未練を残した大人達の恋愛を描くシリーズ第2弾。
1巻の結末からどう続くのかとハラハラして読んだのだけど、今回のメインは修と鞘音が関わることになる、ある一人の女性の恋のお話。
臆病で、ズルくて、踏み出せない。そうして勝負の土俵に立つことすらできず、密かに拗れてしまった恋心をどうすればいいのか。
彼女が辿り着いた答えはとても不器用だったけれど、その先を見守りたくなる親しみを感じました。むしろ共感が半端なくて突き刺さる・・・・・・

☆あらすじ☆
感動の声多数。WEBで話題となった大人の青春物語、第二弾。
好きな人と永遠に結ばれる。そんな迷信が噂されるスノーランタンフェスに参加することになった修たち。フェスを企画してくれた三雲さんは過去、その迷信に想いを寄せた一人で……。 奏でる音楽が再び奇跡を起こし、様々な気持ちを紡ぐ――。
『かつて、才能を持った幼馴染の女の子から無様に逃げ出した経験を持つ主人公の境遇が、凡人として他人事に思えず惹き込まれました。――星野流人(ほしの)(読書メーター)』『どんな形であっても本当に無意味な時間はなく、未来は分からなくても儚い優しさが詰まった読後感は素敵。――みかこ(読書メーター)』
1巻発売後も多くの感動の声。大人の青春物語、第二巻。
電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『エミ姉の部屋にお泊りする男』を特別収録!

あらすじに名前が載った・・・!
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 /双葉三葉

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)
子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
癒やされるし、しみじみ良い話だ・・・・・・
幼い妹のお世話に奮闘する男子高校生と、クラスでは地味な彼の優しい一面を知った女子高生。
二人の不意打ちな出会いは、妹にかかりきりで自分のことを顧みなかった主人公の高校生活を変えていくことになるのです。
ジャンル的には子育てラブコメになるのかな?
学生の身で幼い子どもの世話をする主人公の心のうちを丁寧に追っていく作品で面白かったです。そして妹の可愛さは大天使級。
あと一歩盛り上がりがほしい気持ちもあるけれど、主人公の変化と成長に心がぽかぽかしました。
この先にもっと面白い展開が待っていそうだし、シリーズ化に期待します!

☆あらすじ☆
部活はなし、勉強も授業中に全力集中、友達付き合いはどこか他人事――高校生・新垣日向の放課後は両親の手助けと最愛の妹・蕾の育児のためにある。……学年のヒロイン・芹沢悠里が彼の子守り事情を知るまでは。
兄妹仲の良さと学校とは違う活き活きとした日向に魅了された悠里。放課後は新垣家に行き、週末は3人でデート。さらに天然陽キャ女子・恵那唯やクール系美少女の後輩・上月日和も絡んできて、日向の放課後は一気に賑やかに!
「私は日向君に楽しい学校生活を送ってほしい」「“師匠”って呼ぶね!」「好きです、先輩のこと」
WEB発、帰宅早い系男子のほのぼの学園ラブコメ、大幅加筆で書籍化!電子版にはさらに書き下ろしSS付きです!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 /双葉三葉

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
辺境で恋人とイチャイチャしながらスローライフする物語第3弾。
季節が冬だからなのか・・・バカップル度が増してません?糖度が高すぎて読むの大変だったんですけど!(興奮)
また、前々から胡散臭さを感じさせていた「加護」の問題に話が進み、ファンタジーとしての面白さも増していると思います。
やっぱり楽しいなぁ、このシリーズ。続きも期待しています。

☆あらすじ☆
愛しい人の温もりで幸せいっぱい――超人気・辺境スローライフ第3弾!!
温暖な地域である辺境ゾルタンにも、冬の寒波がやってきた。
「寒い日だからこそ来たくなるような薬でもあればいいのに」
リットのそんな提案から、レッドはかつての冒険で得た知識を駆使し新商品の開発に取りかかる。やがて、ゾルタンでは珍しい雪が降り始め、夜の森で雪を眺める二人は肌を寄せ合い暖め合う――
「あなたの身体って暖かいねぇ」愛しい人と温もりを分かち合う二人の生活は幸せいっぱい。
一方、””勇者の加護””による衝動から解き放たれる為、ルーティは暗殺者ティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かうのだが……!?
WEB発大ヒット作、3万字超大幅加筆による新規書き下ろしエピソードを収録。
加護によって引き離された兄妹、二人の運命が交錯する第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3 /ざっぽん

1/2 —デュアル— 死にすら値しない紅 /森バジル


1/2―デュアル― 死にすら値しない紅 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
死者が生き返る世界を舞台に、彼らを「殺し直す」ことを仕事とする民間企業の職員たちの戦いを描くファンタジー。
ボーイミーツガールなバディものって大好きです。
特に本作では「心に傷を抱えた少女」と「心の傷をもてあます少年」の繊細な距離感がとても良かった。
彼らの内面を掘り下げるドラマパートが予想以上に読み応えがあって大満足です。背景激重で衝撃を受けたけれど。
アクション面も良かった。「人間とした欠けた部分」で攻撃してくる敵がユニークだし、近未来なガジェットを駆使する戦いはSF感満載でワクワクしました。
綺麗に終わっているけどシリーズ化してほしいなぁ。個人的にはあと一歩踏み込んでほしいところもあったので。
期待しています!

☆あらすじ☆
「私を殺して、私を助けて」心震わす圧巻のヒロイックアクション開幕!
“殺された人間が生き返る”そんな現象が発生する近未来の日本。ヒトとしての一部分を失い、引き替えに特殊能力を得て生き返った彼らは“偽生者(ワナビー)”と呼ばれ、怖れられていた。
偽生者を殺し直す職務につく少年・限夏(きりか)は、ある日、新しく相棒を紹介される。しかしやって来たのは、〈死〉を失い不老不死となった偽生者の少女・伴(ばん)だった。
「死にたい――それが、わたしのたった一つの願い」
死を望む不死の少女と、“生き返り”を許さぬ少年。相容れるはずのない二人。
そんなとき、【偽生者による国家統一】を掲げたテロ事件が起こり――
正反対の二人は戦場で運命を共にする!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 1/2 —デュアル— 死にすら値しない紅 /森バジル

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない /紙城境介

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)
継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
なんて新感覚なケンカップル・・・!
親の再婚相手の連れ子として再会した元カップルの騒がしい日常を描いたラブコメ。
豪速の変化球でイチャイチャイチャイチャイチャ(略)しまくる二人に殺されてしまいそうでした。私が。こいつはやばい。
「あんなヤツ、大嫌いだ」と嘯きながらめちゃめちゃ意識してますよね!? ね!!
終わらせたはずの恋心をこじらせていく元カップル。二人のケンカ腰なやり取りに私の口もとは緩みっぱなしでした。
これは是非是非シリーズ化してもらわないと。二人の今後を見届けたい!

☆あらすじ☆
元カップルが””きょうだい””に!? 甘くて焦れったい悶絶ラブコメ!
「僕が兄に決まってるだろ」「私が姉に決まってるでしょ?」
親の再婚相手の連れ子が、別れたばかりの元恋人だった!?
“きょうだい”として暮らす二人の、甘くて焦れったい悶絶ラブコメ――ここにお披露目!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない /紙城境介

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ

君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)
君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
「おにぎりスタッバー」「6番線に春は来る。」の大澤めぐみさんの最新作は、世界を敵に回した魔女の戦いを描くファンタジー。
ネタバレせずに語るのが難しい作品なのだけど、読み終わった現在、私は絶賛混乱中です。
世界を敵に回した魔女と弟。互いだけを拠り所にし合う二人の関係にエモさと切なさを感じるのだけど、ラストはそういうレベルに収まらない感情の嵐に見舞われてしまいました。
それにしても大澤めぐみさんの作風、3作とも違いすぎません?しかも全部面白いから凄みを感じる。

☆あらすじ☆
ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー
数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」
これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレを踏まない方が楽しい作品だと思います。ご注意ください。

続きを読む 世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ