「角川スニーカー文庫」カテゴリーアーカイブ

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない /紙城境介

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)
継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
なんて新感覚なケンカップル・・・!
親の再婚相手の連れ子として再会した元カップルの騒がしい日常を描いたラブコメ。
豪速の変化球でイチャイチャイチャイチャイチャ(略)しまくる二人に殺されてしまいそうでした。私が。こいつはやばい。
「あんなヤツ、大嫌いだ」と嘯きながらめちゃめちゃ意識してますよね!? ね!!
終わらせたはずの恋心をこじらせていく元カップル。二人のケンカ腰なやり取りに私の口もとは緩みっぱなしでした。
これは是非是非シリーズ化してもらわないと。二人の今後を見届けたい!

☆あらすじ☆
元カップルが””きょうだい””に!? 甘くて焦れったい悶絶ラブコメ!
「僕が兄に決まってるだろ」「私が姉に決まってるでしょ?」
親の再婚相手の連れ子が、別れたばかりの元恋人だった!?
“きょうだい”として暮らす二人の、甘くて焦れったい悶絶ラブコメ――ここにお披露目!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない /紙城境介

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ

君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)
君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
「おにぎりスタッバー」「6番線に春は来る。」の大澤めぐみさんの最新作は、世界を敵に回した魔女の戦いを描くファンタジー。
ネタバレせずに語るのが難しい作品なのだけど、読み終わった現在、私は絶賛混乱中です。
世界を敵に回した魔女と弟。互いだけを拠り所にし合う二人の関係にエモさと切なさを感じるのだけど、ラストはそういうレベルに収まらない感情の嵐に見舞われてしまいました。
それにしても大澤めぐみさんの作風、3作とも違いすぎません?しかも全部面白いから凄みを感じる。

☆あらすじ☆
ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー
数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」
これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレを踏まない方が楽しい作品だと思います。ご注意ください。

続きを読む 世界を敵に回した魔女が取り戻したかったものは―― 『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』/大澤めぐみ

リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)
リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
めちゃくちゃプロローグなのにどうしてこんなに面白いの!
異世界から現れた異邦人。突然の事態に戸惑う現地の人々。
中世的FT世界と未来SF世界が交錯するとき、そこに何が起こるのか。
壮大なスケールの物語が幕を開いてしまいました。ここから更に面白くなるのは間違いない。
この期待感だけでも本作は推せます。続きが楽しみ!

☆あらすじ☆
“世界が替わる”運命を――キミと変えていく。
リオランド王国の若き天才騎士・ミカドが戦場で出会ったのは、《科学》の異世界の姫・エチカ。
監視役となったミカドとエチカは互いの信念に惹かれ合うが、リオランド皇女・“予言姫”リューリリリィにより、《科学》世界の王国侵攻が示され――!?
「オレはこの国とリューリ姫をお護りする。手を貸してくれ」
「私はこの戦いを止めて故郷に帰りたい。お願い、手伝って」
リューリへの忠誠、エチカとの約束のため、ミカドは戦場でその真価を示す。その先には別れがあることを――そしてリューリリリィの紡ぐ予言(コトバ)が、大陸を禍乱へ導くことを知りながら。
「ムシウタ」「東京侵域:クローズドエデン」著者・岩井恭平最新作は、魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。 続きを読む リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2/ざっぽん

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2 (角川スニーカー文庫)
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
実力不足により勇者パーティーを追い出され辺境に流れ着いた男のイチャイチャスローライフを描いたファンタジー第2弾。
リアルが充実していくレッドに対し、彼を失った勇者パーティーのギリギリ具合が怖すぎます。
本当にいつまでスローライフができるのか。
それはそうと、照れ照れしながら大胆に迫るくせにやっぱり照れちゃうリットは可愛すぎではないでしょうか。

☆あらすじ☆
追い出された英雄・レッドは、魔王軍との戦線を離れ辺境の地で薬師として幸せな新生活を営んでいた。
「薬屋って案外、暇なのな―」「それじゃあ仕事のことは忘れて、のんびり遊びましょ!」
そんなリットの提案から、二人は店に本日休業の札をかけ走竜に乗り川辺でデートをする事に――。
「ね、早く泳ご!」
水着姿のお姫様との甘い時間は英雄の心を潤していく。
一方、レッドの離脱により混乱する勇者達は遺跡に遺された先代魔王の飛空艇をめぐり更なる激戦地へと向かうのだが……!?
世界に何があっても、2人の幸せな時間は揺るがない――。追われた英雄による大人気スローライフ・ファンタジー第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2/ざっぽん

僕は君に爆弾を仕掛けたい。/高木敦史

僕は君に爆弾を仕掛けたい。 (角川スニーカー文庫)
僕は君に爆弾を仕掛けたい。 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
面白かったー!
現役七不思議と呼ばれる保健室登校の少女と、とある企みを彼女に見つかってしまった少年。
人の悪意を怪物という形で見ることができる少女は、学校から悪意を排除するため数々の謎を解き明かしていきます。
・・・・・・と書くと、真面目な勧善懲悪ミステリーっぽいのだけど、このヒロインこそが作中屈指のトラブルメイカー。
傲慢で臆病で身勝手で卑屈な超面倒くさいかまってちゃんヒロインなのです。
でも、その突き抜けた小物っぷりがめちゃくちゃ可愛い。こっそり教えてくれる本音もめちゃくちゃ可愛い。
中学生コンビらしいおバカなノリもすごく楽しかったし、これは是非シリーズ化してほしいと思いました。楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
小手毬さんはとても可愛い。でもそれは見た目だけ。本性は身勝手で強引で偉そうで、ホントにろくでもない。僕の敵、だったのに。よりにもよって彼女が僕の仕掛けた爆弾を見つけるものだから、さぁ困った。きっとものすごく面倒くさいことを言い出すぞ。「犯人を引きずり出せるかどうか、賭けをしない? 私が勝ったら笹子くん、キミ私の下僕になること!」……ほらね。そのまま二人仲良く、文化祭を控えた学内で起こる怪事件に次々巻き込まれるハメに――。かまってほしい彼女と彼の、学園謎解きラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は君に爆弾を仕掛けたい。/高木敦史

キミの忘れかたを教えて/あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて (角川スニーカー文庫)
キミの忘れかたを教えて (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
田舎町を舞台に、余命宣告された青年が逃げ出した青春をやり直す物語。
主人公が抱える劣等感と自己嫌悪があまりにも痛々しく、かつ生々しく描かれていて、思わず彼に感情移入して辛くなってしまいました。
それでいて負の感情を生み出していたはずの幼馴染みとの関係は切ないほどに純粋。
音楽によって絶たれた関係が、音楽によって再び繋がっていく姿はどこか切なくて・・・・・・
個人的に病気モノは苦手なのだけど、読んでよかったです。幸福な気持ちが、心に儚く残るような読後感も素敵でした。

☆あらすじ☆
俺はもう死にゆく身、なのにお前はそれを許さない――青春感動巨編、開幕!
「残された余命は半年――、俺はこのまま死ぬつもりだった」
 大学を中退してニートとなり、生きる価値がないと感じていた松本修は、昔からの悪友・トミさんの誘いで母校の中学校を訪れる。そこには芸能人となってしまった因縁の幼馴染み・桐山鞘音がいて……。この出会いが再び修の運命を突き動かす。
『天才ゆえの孤独を抱えたヒロイン、凡才ゆえに苦悩する主人公。二人のすれ違いと、遠回りな青春に引き込まれました』
『逃げて逃げて、逃げ続けたクズに残った一つの約束。胸が熱くなりました』発売前から感動の声多数。掴めなかったチャンス、一度何かを諦めてしまった人に贈る、大人の青春物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミの忘れかたを教えて/あまさきみりと

スピリット・アームズ・オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実/本山葵

スピリット・アームズ オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実 (角川スニーカー文庫)
スピリット・アームズ オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
フルダイブ型VRゲームで出会った、ある問題を抱える少女と彼女に憧れる少年。
少年が無謀なクエスト依頼を受けたことから、二人の関係は動き始めるのです。
仮想現実と現実という2つの世界が存在する意味を、ヒロインの特異性に絡めて描こうとする点が面白い作品でした。これは確かに難しい問題だと思うと同時に、その難題を通して距離を縮める少年少女の姿が素敵。
ただ、惜しむらくは文章がいまいち私と相性良くなかったことかな。視点人物はもう少し固定してくれた方が好みなのです・・・

☆あらすじ☆
あなたの目の前にいる私は、誰ですか?
世界で初めて痛覚を搭載したVRゲーム「スピリットアームズ」。そこに入り浸っている高校生、関場宏介の周りには『末次文音』が2人いた。
1人はゲーム世界で最大ギルドのマスターであり、聖女と讃えられる少女。
そしてもう1人は、入学以来クラスの誰とも話したことがない同級生。
相反する2人はとても同一人物とは思えなかったが……。
ゲーム内では他の追随を許さない剣士である文音と偶然パーティを組むことになった宏介は、たった2人で碧竜を倒すというクエストを通じて彼女の””秘密””を知ってしまう。
その秘密はやがて、スピリットアームズの世界と彼らの現実を揺るがす事件の引き金となっていき――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スピリット・アームズ・オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実/本山葵

君と僕との世界再編/音無白野

君と僕との世界再変 (角川スニーカー文庫)
君と僕との世界再変 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
人間的な価値が全て数値によって決められる未来を舞台にしたディストピアSF。
人工知能に依存した世界観や、「数値を持たない少年」と「更なる未来からきた少女」のボーイ・ミーツ・ガールな設定が楽しい作品でした。
ストーリーはいまいち盛り上がりに欠けるかな。というか、続刊ありきで全く問題が解決していないので、今後に期待という感じです。

☆あらすじ☆
人の価値が数値化された世界で、無価値な少年が世界の命運を握る――!?
2184年。人の価値は人間性で数値化され、それが通貨にもなり、働かずとも衣食住が保障された楽園――通称《庭国》。
たった一人、数値が《0》の少年・アオは、外敵から国を守ることで生計を立て、ただ生きるためだけの毎日を送っていた。
その任務中、負傷した少女を手助けしたことでアオの日常は激変する――。起こりえないはずのテロ、それを皮切りに庭国の崩壊が始まると告げる少女。
「あたしは崩壊を止める為に、今から20年後の未来から来たの。あんたも協力しなさい」
荒廃未来の孤独な少女と楽園世界の無価値な少年、時空の十字路で二人の異端者が出逢う時――世界は、再変される!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と僕との世界再編/音無白野

僕は何度も生まれ変わる/十文字青

僕は何度も生まれ変わる (角川スニーカー文庫)
僕は何度も生まれ変わる (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
面白かった!!
異世界へ転生した後、同じ女が原因で何度も転生を繰り返すことになる少年。
そうして迎えた5度目の人生で、彼は殺され続ける運命への逆転を目指すのです。
各国を蹂躙する人間の帝国と、帝国に抵抗する他の国々の戦いを描いたファンタジー戦記としての読み応えも素晴らしい。
じりじりと命を削られていく緊張感ある展開と、それによって生まれるラストのカタルシスに思わず涙ぐんでしまいました。
とにかくめちゃめちゃ面白かったので、シリーズ化に期待します!

☆あらすじ☆
『薔薇のマリア』『灰と幻想のグリムガル』十文字青が贈る新たなる英雄譚!
ある日、僕は死んだ。享年29歳。しがない社畜の儚い末路だった――はずなのに、まさか生まれ変わった……のか? でも、僕はまた死ぬ。運命の悪戯なのか。死んでは生まれ変わり、そのたびに””彼女””が僕を殺す。漆黒の髪。赤い眼。僕を””劣等種””呼ばわりする””人間の帝国””の彼女が。そして、とうとう5回目の人生。成り行きでとるにたらない傭兵暮らしをしていた僕の許に、突然アークラントの””魔王””から使者が来た。はあ? 僕が魔王の隠し子だって……!?
――これは何度も生まれ変わった挙句、何の因果か魔王の血を受け継いだ””僕””がやがて英雄へと至る物語――泥臭くも華麗なる大逆転劇が幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は何度も生まれ変わる/十文字青