「新書館ウィングス文庫」カテゴリーアーカイブ

続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

>
続・金星特急 竜血の娘(2) (ウィングス文庫)

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年9月刊。
名作『金星特急』の続編にして、文明崩壊後の世界を女神の娘が旅するファンタジー第2弾。
壊れてしまいながらも、かつての風景を残す世界。そのノスタルジーと哀愁がたまりません。
少しずつ物語の細部が見えてきて、冒険譚としても面白さが増してきました。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
七百年ぶりに目覚めたユースタスは恋人の砂鉄のことだけ忘れていた。何とか彼女の記憶を取り戻したい桜だが、当の砂鉄が何も言わず、見守ることしかできない。一方、三月の願いで《銀魚》の力を使ったユースタスにより、夏草の眠る方角が判明する。どこかは分からない、けれど夏草は生きている――。希望を胸に一行はグラナダを出て東北東を目指す……!! 金星特急の旅の終わりから約七百年後の世界を描く「金星特急」続篇、いよいよ本格始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(1) (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
初恋の女神にプロポーズするため、危険な特急列車の旅を駆け抜けた錆丸の冒険を描いた『金星特急』。
その錆丸の娘を主人公とする続編がスタートしました。

これを機に「金星特急」を最初から読み直したのだけど、何度読んでも傑作ですね。
私は金星特急の魅力は「世界各地を旅してまわる、愛と絆と駆け引きに満ちた冒険のワクワク感」だと思っているのだけど、連載開始から10年近く経っても、展開を知っていても、全く色褪せない名作だと思います。再読なのに徹夜してしまった。

とはいえ、しっかり完結した作品の続編は、オリジナルの面白さを引き継げるのか?

そんな不安を吹き飛ばす続編第1巻でした。
いやぁ予想外!かなり思い切った転換をしてきたなと思いました。

物語の雰囲気はガラリと変わり、今度は閉じた箱庭から何も知らない少女が放り出され、未知の世界へ漕ぎ出しました。
彼女の目的は果てしなく、物語の全貌もまだ見えてこない。
それでも壮大な旅になるだろうという予感にワクワクして、「ああ、金星特急が帰ってきた!」と思わせてくれました。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
女だけが暮らす絶海の孤島・犬蛇の島で育った桜。彼女が15歳になったある日、島にいわくありげな二人の男が降り立った。男の一人は桜を見つけると、満面の笑顔でこう言った――「迎えに来たよ、桜」。三月と砂鉄と名乗る彼らは桜の父親の仲間で、自分も知らない自分の過去を知っているらしい。まだ見ぬ世界をその目で見るため、彼らとともに島を出ることにした桜だが……? 今度の主人公は錆丸と金星の娘・桜。大人気「金星特急」続篇スタート!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君

声を聞かせて3 精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 +番外編(小説ウィングス2021年春号掲載)/川上朔


声を聞かせて(3)精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年2月刊。
精霊の声を聞く女と魔法使いの男のバディが、入れ替えられた能力を取り戻し、人に怯える少女の心を救うため奮闘するファンタジー最終巻。
とても素晴らしかった…!
『声を聞かせて』というタイトルに込められた思いが、この物語の随所で優しく響いて胸がいっぱいになりました。

傷だらけの孤独な心を抱え込む相棒へ、その寂しさに気づいた男が不器用に歩み寄る姿が良かった。
偏った世界しか知らず落ち込む相棒へ、その気高さを知る女が尊厳を伝えようとする姿が良かった。

最初はあれだけ険悪だったのになぁ。こんなに最高のバディになるとは。
二人で協力して少女を守るなかで、互いの欠けた部分を埋め合い、新たな関係性を築いていくサリとラルフの姿は本当に美しかった。
人の心に触れる難しさと優しさが詰まったファンタジーでした。

それとこれは重要情報なのですが、『声を聞かせて』を単行本で読んだ方、あるいはこれから読む予定の方は、小説ウィングス2021年春号(No.111)も一緒に買ってください(公式サイトに飛びます)。公式通販なら手に入ると思うので。絶対に読むべき番外編が掲載されているから絶対に読んでください…!

☆あらすじ☆
追い詰められたエトの願いを叶え、白銀は四人だけの世界を作り上げた。世界を守る霧の壁にはいかなる力も及ばず、壊すことも進入することもできない。サリとラルフの記憶も操作され、偽りの平穏な生活が続いた。だが“化け物”への憎悪を募らせる村人たちが壁の外に火を放ち、サリはその優しい夢から醒める。そしてエトが再び白銀に救いを求めた時、白銀はすべての火を消すものの、人々の魂を手当たり次第に喰い始めてしまう。暴走する白銀を止めて皆を救うために、サリが呼んだのは……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 声を聞かせて3 精霊使いサリと魔法使いラルフの帰還 +番外編(小説ウィングス2021年春号掲載)/川上朔

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録3 終末少女たち、または恋愛心中論 /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(3)終末少女たち、または恋愛心中論 (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年10月刊。
アンティーク椅子工房のオーナーとバイト女子高生が遭遇する謎と恐怖を描くオカルトミステリー第3弾。
相変わらず怖いです。怖いんですよ・・・!もう!!!泣
心霊現象の渦中にあって、椅子談義で現実逃避するヴィク杏コンビが可愛いのも平常運転。
今回も緩急と飴鞭の使い方が最高にキマっていました。

ところで3巻サブタイ、語感の妖しさがとても良いですね・・・(うっとり)

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は、バイト先の椅子工房「TSUKURA」のオーナーであるヴィクトールとはるばる北海道白糠町を訪れた。望月晶の願いどおり彼を見つけた後、二人は当地のホテル三日月館に宿泊。例のアレも出るそのホテルで、杏はゴスロリ衣装に身を包む二人の少女と出会う。心中願望を抱く少女たちに、杏は『毒薬』ーー小瓶入りのピンクの粉末を預けられるが……? ついに杏がヴィクトールへの恋を自覚したり(他の工房に)浮気したり、ふんわりオカルティック・ラブ第三幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録3 終末少女たち、または恋愛心中論 /糸森環

金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君


金星特急・番外篇 花を追う旅 (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
『金星特急』と言えば、謎の美女「金星」にプロポーズをするために彼女が用意した金星特急に乗り込んだ主人公・錆丸の世界を股にかけた冒険小説。
彼の旅は終わったけれど、彼の娘の旅はここから始まるようです。

そう!次世代編ですよ!!

ウィングス本誌では連載がスタートしています。
この番外編はその続編に繋がる物語であるとのこと。
錆丸から愛娘・桜へ。物語のバトンが受け継がれていくのを感じる内容でした。
後日談的な番外編としても続編の前日譚としても面白かったです。続編が楽しみだ〜!

☆あらすじ☆
金星特急の旅から八年、横浜で経営するバーを人に任せ、当時お世話になった面々を訪ねる旅に出た錆丸。月氏の幕営地で無名の赤子と初めて顔を合わせ、北極圏の村で夏草の母の墓を建て、最後に辿り着いたグラナダで先行していた砂鉄とユースタス、さらに愛娘・桜と合流する。この旅は、七歳になった桜に母親である金星について教えるための旅でもあった。初めて父と離れ、世界を巡った桜は何を見たのか――?
大人気小説「金星特急」番外続篇集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君

声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔


声を聞かせて(1) 精霊使いサリの消失 (ウィングス文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
面白かった!
「能力入れ替わり」という異常事態に見舞われた男女バディ(険悪)を描いたファンタジー。
精霊使いと魔法使いのコンビという異種な組み合わせが面白かったし、「身体」ではなく「能力」が入れ替わるという切り口も秀逸でした。

トップクラスの実力を持ったプロでも、互いの能力が入れ替われば素人も同然。
失われたのは自分の一部で、手に入れたのは欲しくもない「相棒の力」。
相棒からアドバイスを受けつつも能力の扱いに苦戦する二人は、事態打開の鍵を握る少女を追手から逃がそうと奔走することになるのです。

個人的には、鼻持ちならないエリート魔法使いが「無能!」「足手まとい!」とボロクソに叩かれながらも、ドン底から這い上がるように成長していく姿が痛快でした。
ほとんど彼が主人公みたいなものだった(W主人公ものになるのかな?)

相棒の精霊使いとの関係はここから面白くなりそうな予感。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
精霊の声を聞く力を持っていたために生まれ故郷で迫害を受けて育ったサリは、現在ランカトル王国の公安局に所属する優秀な公安精霊使いとして、傲慢な公安魔法使いラルフをパートナーに王都ザイルを守護している。人はおろか精霊使いからも異端扱いされることは多いが、サリは自分の力が受け入れられる場所を離れるつもりはなかった。ところが、王弟デューカの“鑑賞会”に魔物の子として連れてこられた少女をかばおうとした際、サリとラルフの力が入れ替わってしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
椅子を愛して人類を憎む変人オーナーと、霊感持ちバイト女子高生。
そんな二人が、椅子にまつわる幽霊騒動に巻き込まれるホラー・ミステリー第2弾。
相変わらず怖かった・・・!ぶるぶる震えるような怖さじゃなくて、ぞわっと瞬間的に鳥肌が立つ感じ!
でも面白いです。1巻に続き、椅子薀蓄と謎解きに読み応えがある作品です。
そしてヴィクトールと杏の関係が本当に楽しい。
糸森環印のヒーロー、「気にするのそこ!?」っていうズレたヤキモチが可愛すぎてときめくんですよね。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……?
バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(1)欺けるダンテスカの恋 (ウィングス・ノヴェル)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年4月刊。
霊感の強い女子高生と、椅子を偏愛する変人オーナー。
そんな二人が巻き込まれていく、椅子とポルターガイストと嘘と愛憎の物語です。
糸森さん、こういうホラーテイストの作品もいけるんですね。意外に怖くてドキドキした・・・!
椅子に関わる奇妙な心霊現象の真相も、そのなかで語られる様々な椅子の薀蓄も、とても面白かったです。
情緒不安定な変人に振り回されるJK主人公も可愛くて良かった。
ナンバリングが振ってあるので続きますよね?楽しみです。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は呼ばれるように入ったアンティーク椅子工房「TSUKURA」で霊を祓い、請われてバイトを始めることになった。たまのアレさえ出なければ良い職場で、極悪人顔揃いの職人たちはみんな心優しく親切だ。そして店のオーナーの、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールに、杏は不意にときめいたりもしている。そんな時、杏がある椅子に座ってから店にはポルターガイストが頻発するようになり……?
椅子談義も楽しい、ふんわりオカルト&ほんのりラブ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環

異人街シネマの料理人4/嬉野君

異人街シネマの料理人(4) (ウィングス・ノヴェル)
異人街シネマの料理人(4) (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
お見事!!と拍手を送りたい完結巻でした。
呆れるほどにスケールが大きくなっていく三ツ野家の兄妹喧嘩。
国際規模で繰り広げられた家族問題は、名画と食を描いてきたシリーズに相応しいラストを迎えたと思います。
とても楽しい作品でした。完結おめでとうございます!

☆あらすじ☆
カイの大統領暗殺、それを助けようとする冬基の企みを止めるため、テジェニスタンにやってきた桃だが……?
手に汗握る怒濤の完結巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人街シネマの料理人4/嬉野君

帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(上)/和泉統子

帝都退魔伝~虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵~(上) (ウィングス・ノヴェル)
帝都退魔伝~虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵~(上) (ウィングス・ノヴェル)

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
面白かった!
久々にストライクコースを行く三角関係モノがきたな〜とワクワクしました。
Wヒーローのどちらにも当て馬感がないのが良い。3人それぞれの複雑な心情をたっぷり楽しめました。

このWヒーローは徐々に相棒として活躍をみせてくれるのだけど、その距離感も良いんです。
境遇も性格も正反対なキャラクターであり、それぞれが異なる魅力をもった好青年。
色々と因縁ある関係だから、影が差す瞬間もある。
それでも二人の好青年は、ドロドロとしすぎず、爽やかに友情を育んでいくのです。

特にムードメーカーな公爵がほんと良い人。私の推しはこちらかなー。
でも影のある幼馴染陰陽師も性癖的に好きだし、厳しい運命に負けない気骨あるヒロインは魅力的だし、うーむ、この三角関係楽しすぎるな??

そんな三角関係が「帝都」で「退魔」な話の中で堪能できるっていうのが最高です。
大事な説明が散漫に感じる箇所もあるけれど、「軍服で妖怪退治」というシチュに勝るものはありません。
いやもうほんと好きなものが詰まってた。満足です。完結巻となる下巻の発売がとても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
和風エクソシズム&トライアングル・ロマンス開幕
海軍兵学校の落ちこぼれ・鬼邑陽太は、合州国公使モーガンの娘ミア(実は女装した東宮?)や陸軍士官学校一の秀才で陰陽道宗家後継ぎの土御門良夜と共に、弥和に救う〈まつろわぬ神〉を調査することになり・・・・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(上)/和泉統子