「星海社」カテゴリーアーカイブ

マイワールド

『マイワールド』(十文字青著/星海社fictions)★★★☆☆

マイワールド (星海社FICTIONS)
マイワールド (星海社FICTIONS)

十文字青最新作。Twitterで宣伝されていた表紙が美麗すぎたので積読本そっちのけで読んでみることに。
表紙と挿絵が、十文字青さんの独特な世界観にとてもマッチしていました。挿絵の1枚1枚が表紙にできそうなクオリティです。ほんとすごい。
物語自体は十文字青節炸裂です。いつもながら謎の中毒性。そして前半は私の高校時代のトラウマ(てほどでもない苦い思い出)を大いに刺激してくれました・・・

☆あらすじ☆
北の街で暮らす高校生・乾真冬。入学当初に友達作りに失敗し、灰色の学校生活を送っていた真冬だが、押しの強い先輩・押領司姫香に無理矢理入部させられた放送部で、同じように強制的に入部させられた同級生・由切園と出会う。
たどたどしくも、次第に距離を詰めていく二人。しかし、ある夜、由切は謎めいた言葉を残して真冬の前からこつ然と姿を消してしまう……。
彼女はどこに消えてしまったのか? その姿を追い求め、真冬は異郷の地に旅立つ──。
無限の世界を彷徨うすべての人に贈る、哀切の青春譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マイワールド

果てなき天のファタルシス

『果てなき天のファタルシス』(十文字青著/星海社FICTIONS)★★★☆☆

果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)
果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)

とても感想に悩む1冊です。
というのも、これは1冊完結なんですが、続きが読みたい。なんというか1冊だと物足りないというか。
いやでも1冊で終わってるからこそ良いんじゃないか、続いたら蛇足だろう、とかも思ってしまう。
読了後の喪失感というか寂寥感というか、何とも言えない気分にさせられる小説でした。
滅びゆく世界のなかで、晴れ渡る青空がとても印象的な作品です。
ちなみに、著者のあとがきはありません(けっこう楽しみだっただけに残念)が、解説はぜひ読んだ方がいいかと。作品への理解が深まるし、解説者の著者への愛が伝わってきて面白いので(笑)

☆あらすじ☆
空が青い。なんて青いんだろう──。
正体不明の敵・ファタルに蹂躙され、滅びに向かう黄昏の世界。人類に残された僅かな街の一つ、朧市では、少年少女までもが前線で命をかけて戦う。
記憶を失った主人公・大海八尋もまた、刀を手に、絶望的な戦いに身を投じてゆく。全てが不確かであやふやで、失われてしまうものであるとしても──それでも、世界は美しい。
異才・十文字青が同人誌『BLACK PAST』に発表し、話題をさらった長編を加筆訂正し、解説を加えて星海社FICTIONS化。解説・坂上秋成

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 果てなき天のファタルシス