「オーバーラップ文庫/オーバーラップノベルス」カテゴリーアーカイブ

灰と幻想のグリムガル13 心、ひらけ、新たなる扉/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉 (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
またもや新展開に突入したグリムガル13巻。
今度は一体何が起こってるの・・・?(怯)

☆あらすじ☆
「もっと強くなりたいって、思っててなあ!」
パーティを離れる決意をしたユメを残し、海賊の島を去ったハルヒロたちは、自由都市ヴェーレへ。怪しげな貿易商人ケジマンの隊商を護衛しがてら、未だ遠いオルタナを目指すことに。旅は意外と順調。と思った矢先、数々の伝説に彩られた『レスリーキャンプ』……かもしれない巨大なテントに遭遇する。運命の悪戯か、その中へと足を踏み入れてしまい――!?
「ハルヒロ。……ようこそパラノへ」
雨合羽をまとった謎の人物に誘われ、他界パラノでの摩訶不思議な冒険が始まる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル13 心、ひらけ、新たなる扉/十文字青

バスカビル家の狗1/糸宮むぎ

バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)
バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
ニートな侯爵家次男坊が、王女の近衛騎士となることから始まる主従ファンタジー。
低い自己評価と周囲の高評価の乖離が激しすぎる主人公。
そんな彼の、マニュアルを手放せないコミュ障っぷりと周囲のズレを楽しむ作品だと思います。これだけのハイスペックで何故そんなに自分に自信がないんだ・・・?と戦慄すること間違いなしです。
小動物みたいに可愛い王女と、少しずつ騎士としての自覚を芽生えさせていく主人公の関係も最高に好みでした。
惜しむらくは世界観・設定の微妙な緩さなのだけど、うーん、これは後で何かフォローがあるのかな・・・?

☆あらすじ☆
――我が身命を貴女へ賭す
父は王国宰相、母は前国王妹、兄は宮廷魔術師。
名門フォーマルハウト侯爵家は、代々バスカビル王家に仕えてきた一族である。
次男であるワイスもまた、史上最年少で最難関の特務級魔術師試験を突破し、学院時代は常に主席で生徒会長も務めた俊英。
誰しもから将来を有望視されていたワイスはしかし、王立学院を卒業後、就職先が見つからず――ニートとなった。
日々をぼんやりと過ごしていたワイスだったが、『親の七光り』で半ば強制的に庶民出自の第二王女・アメリアの近衛騎士を務めることに。
自己評価が低いワイスは、家族から授かった『会話応答集』を手にアメリアと対面を果たすが――
「本日よりアメリア様の近衛を務めさせて頂きます、ワイス・フォン・フォーマルハウトです」
なぜかアメリアは顔を赤く染めるばかりで……?
自分の顔が怖いからだと勘違いするワイスの前途多難な先行き。
――果たしてワイスは首にならずに職務を全うすることができるのか……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む バスカビル家の狗1/糸宮むぎ

異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
迷宮生活編完結。
今回は五十守護者「風の理を盗むもの」ティティーの物語でした。
これがもう悲惨で切なくて苦しくて・・・・・・最後まで読むとティティーが好きすぎてたまらない気持ちになる・・・!

☆あらすじ☆
――可測する前日譚(トータル・リコール)
地上への帰還を目指すカナミに立ちはだかる『風の理を盗むもの』ティティー。
呼応するかのように千年前へ変貌するヴィアイシアの街。愛憎に満ちあふれるノスフィーはカナミを『未来(ちじょう)』へ逃がしはしない……。
全ての罪過を償うと誓ったカナミは、『詠唱』の『代償』を糧に未来(かのうせい)の先譚を紐解いていく。
――それは、千年と百十一年に及ぶ前日譚。
見栄っ張りの魔人混じりが起こした、他愛もない『ごっこ遊び』。
「なんで……?」「なんで、こんなところまで……!?」
虚ろに満ちる『第五十の試練』の果てで、いま童の原風景が想起する。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ

灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
前巻の不安を煽る緊迫感はどこへやら、今回は明るい雰囲気の王道冒険譚となっていました。
そしてついにクロスオーバーきちゃった・・・!
あとラブが・・・! ラブの気配が・・・!
そしてラストなんてこと・・・!(感情処理が追いつかない)

☆あらすじ☆
遙かなるオルタナ――次なる来訪地は海賊の楽園!?
オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!
「あたしはモモヒナ! であーる! 名を名乗れーっ!」
謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった――!?
灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青

異世界迷宮の最深部を目指そう9/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 9 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 9 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
異世界迷宮から地上を目指すことになったシリーズ第9巻。
めっちゃダンジョン探索してて楽しかったです。今回すごくゲームっぽかったような?
それにしても相変わらずヤンデレに事欠かない作品ですねー。
カナミの胃壁は大丈夫か・・・

☆あらすじ☆
――騙り得ぬ沈黙。
ついにパリンクロンを倒したカナミだったが、迷宮・六十六層の裏で目覚めを果たす。
【五十守護者】ティティーと出会い、一年という空白期間を認識したカナミは、ともに落ちたライナーと迷宮を脱出するべく「地上」を目指すことに。六十層まで到達したふたりが出会ったのは、『光の理を盗むもの』ノスフィー。
「――あ、あぁっ!! わたくしを迎えに来てくれたのですね!」
未練を残す守護者がふたり。語るたびに騙られ、諦観が未練を呼び、誰も彼もが意味をはき違えていく。その果てにも届かぬ手を伸ばした先に――彼女の『試練』が訪れる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう9/割内タリサ

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)
Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
アニメ見るの忘れていたこともあって、前巻の内容もうろ覚えなまま読んでみた第3巻。
話自体はほとんど進まなかったような?
それでもジワジワと不気味な空気が作品を包んでいく感覚はやはり楽しかったです。

☆あらすじ☆
「速報! 僕……死んでた!?なんというワロス」
橋上教授の惨殺事件と、井の頭公園での集団自殺。二つの事件で世間が騒然となる中、悠太はニュースで発表された死亡者リストの中から自分の名前を発見してしまう。何かの間違いと笑い飛ばすが、キリキリバサラのメンバー達の名前も次々と発見され、事態は思わぬ方向に――。ダイイングメッセージCODEの暗号、コトリバコと謎の少年、そしてニゴロ事件……。やがて悠太達は事件の真相が教授の研究と関係しているのでは?と推理を始める。女子高生のFBIサイコメトラー捜査官・鬼崎あすなも現れ、事件は核心へと近づいていくが……。
謎が謎を呼ぶ、超常科学NVL第3弾。「――お前の見ている世界は、本物か?」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン-/志倉千代丸

最果てのパラディン4 灯火の港の群像/柳野かなた

最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年9月刊。
不死者に育てられた少年の英雄譚を描く王道ファンタジー第4弾。
今回は短編集です。
私の好きなものが詰め込まれすぎてて最高だった・・・!

☆あらすじ☆
《鉄錆山脈》での死闘と、帰還の後。ウィルを待ちうけていたのは、めでたしめでたしの幸福な日々でなく、おそるべき更なる脅威でもなく……なんてことはない、ありふれた日常の日々だった。
頼れる戦友、剣士レイストフとの友誼と決闘。吟遊詩人ビィと、雪積もる魔法の森での冒険。あるいはいにしえの、無敵の巨人との戦い。そして、灯火の神との祈りと対話。
――これは聖騎士の綴る、ひと冬の日々の記録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン4 灯火の港の群像/柳野かなた

灰と幻想のグリムガル11 あの時それぞれの道で夢を見た/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
前巻のショックでなかなか読めなかったのだけど、ようやく読みました・・・!
でも、これは、良かった・・・のかな・・・?(不安)

☆あらすじ☆
この残酷な世界で、おれは彼女を失った――はずだった。
新たな運命が廻り始める第11巻!
──やらなきゃいけないことを、やる。やるんだ。今は。
歯を食いしばり、両足を踏ん張り、グォレラたちの襲撃に再び向き合うハルヒロ。彼は、使命で自分を奮い立たせ、”彼女”の死という現実から目を背けようとしていた。そして、抱えきれない後悔と絶望を前にした時、謎の男・ジェシーが囁く。「方法ならある。一つだけ」と。
一方、フォルガンを脱退したランタは、世話役であったタカサギの追跡から必死に逃げていた。千の峡谷(サウザンドバレー)で、いつ終わるともしれぬ逃避行。体力と精神が限界に達しようとした時、ランタの脳裏を去来したものとは……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル11 あの時それぞれの道で夢を見た/十文字青

灰と幻想のグリムガル10 ラブソングは届かない/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年3月刊。
待望のグリムガル第10巻。
なんだか重要そうなことを語りだした!とか、ハルヒロ格好よすぎるよ!とかなんとか楽しく読んで、絶句して読み終わりました。

☆あらすじ☆
このゲームみたいな世界で、おれは今日も生きていく――。緊迫の10巻!!!
ある義勇兵が深い傷を負い、山中で一人その人生の終焉を迎えつつあった。死に間際、彼は思い出す。元いた世界の残滓を。そして、疑問を抱く。
――この“グリムガル”という世界とはなんなのか?と。
一方、千の峡谷(サウザンバレー)を抜けオルタナを目指し東へ進んでいたハルヒロたちは、道中の森で、巨大な猿のようなモンスター・グォレラたちの襲撃を受けていた。レッドバックというリーダーに率いられたグォレラの群れに苦戦を強いられる。辛うじて追撃を振り払い、逃げ込んだのはオークの出来損ないが隠れ住む村だった……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル10 ラブソングは届かない/十文字青

最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた

最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年12月刊。
めっちゃくちゃ面白かった・・・!
不死者に育てられた少年の英雄物語第3弾。
ファンタジー好きの魂を揺さぶるような、懐かしさと新しさを兼ね備えた王道を行くシリーズですが、今回の冒険も最高に熱い。特に下巻は無我夢中で読み切ってしまいました。
決死の戦いに挑む若き聖騎士。それを支える種族を超えた仲間達。彼らを見守る神々と、立ちはだかる誇り高き強敵。
その全てに昂ぶってしかたありません。文句なしの傑作だと思います!

☆あらすじ☆
ウィルが聖騎士となってしばらく。悪魔たちやキマイラを倒し、無法と困窮の《獣の森》には、人々の営為と笑顔が戻りはじめていた。しかし最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。季節外れの花が咲き乱れたことから始まる、森の異常。解決のため、仲間とともに《獣の森》の深奥に挑んだウィルを待っていたのは、森の王からの不吉な予言だった。
「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」
滅びしドワーフの都、《鉄錆山脈》に眠る災いとは――? 新たな出会いとともに、再びウィルたちの冒険が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた