「オーバーラップ文庫/オーバーラップノベルス」カテゴリーアーカイブ

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ


世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 2 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
この面白くない世界を超能力で面白おかしく演出してやるぜ!というマッチポンプ秘密結社コメディ第2弾。
今回も面白かった〜!
ロマンを持て余し、無敵の力と莫大な金を持った大人たちによる、全力本気のごっこ遊び。
規模が大きすぎて本当にタチが悪いんだけど、キラキラと楽しそうにしてる姿が微笑ましくて好き。
仕掛け人側も仕掛けられてる側もすごく楽しそうなんですよね。超羨ましい。
新キャラ登場で更に賑やかになる一方、意外な展開にハラハラドキドキしたりして。
本気で推したい、このシリーズ。続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
異世界人(ババァニャン)――襲来!
平和すぎる日常に逆ギレし、秘密結社「天照」を創設した佐護杵光。超水球事件(マッチポンプ)を成功させ、充実した毎日を送る佐護のもとにある人物が現れる。
その人物とはロナリア・リナリア・ババァニャン(905歳)。
彼女は、魔王が絶滅危惧種に指定され、手厚く保護されている自身の世界を退屈だと断じ、佐護の世界へとやって来た異世界人であった。
しかしながら期待とは裏腹に、魔王は存在せず。
巻き起こる「世界の闇」に纏わる事件はすべて、佐護の自作自演。
そしてついにババァニャンは、ある計画の実行を企てることになり……?
最強の超能力者が紡ぐ、圧倒的マッチポンプギャグコメディ、第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2 /黒留ハガネ

異世界迷宮の最深部を目指そう12 /割内タリサ


異世界迷宮の最深部を目指そう 12 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年7月刊。
アイド戦を描く第12巻。
相変わらず表紙が美麗ですね。
男二人の姿がこんなに美しく儚げな絵になって、それがちゃんと内容に合ってるのがすごく良い・・・・・・でも姉弟verとかも見たかったなぁ(欲張り)

☆あらすじ☆
――返り咲く『白桜』
ディアと陽滝を取り戻し、『風の理を盗むもの』ティティーを故郷へ送るべく、ヴィアイシア国へ向かうカナミたち。
一方、『木の理を盗むもの』アイドは、その王都にて着々とカナミとの決闘に備えていた。
――すべては『統べる王(ロード)』のために。記憶の最果てにある『代償』が何かを知らずに。
……そして童は、その瞳の中に答えを知る。
「――姉様。よかった、今度は間に合いました」
千年より長い一瞬の『いま』『ここ』に、寄り道は終わる。
白桜に満ちた『第四十の試練』の帰り道を、童二人が歩いていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう12 /割内タリサ

灰と幻想のグリムガル14++ もし君とまた会えたなら /十文字青


灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年6月刊。
短編集第二弾。短編集の連続刊行って珍しい気がします(あ、前巻の感想書いてない・・・!)
初期の雰囲気に懐かしさを感じたり、パーティー離脱後のユメの内心にハラハラしたり。
しかしこれ、本編とどう繋がっていくのだろうか。本編再開が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
パーティを離れ、修行のためモモヒナと共に行動していたユメは、絶体絶命の窮地を乗り越えオルタナへと帰ってきた。
だが、どうも様子がおかしい。仲間との再会は叶うのか。オルタナに漂う暗雲の正体とは――。
「強くなれるまで、よわよわのユメのまま、がんばるしかないからなあ」
修行を終えたユメの決意と成長を描くエピソード『月下に吠ゆる私は狼』。
そして、ランタが無謀にもモグゾーに料理勝負を挑む『正義と正義』、デッドスポットを倒して得た懸賞金の分け前を巡る後日談『お楽しみはこれからだ』など、TVアニメ用特典小説も併せて全4エピソードを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル14++ もし君とまた会えたなら /十文字青

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)1 /黒留ハガネ

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 1 (オーバーラップ文庫)
世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
めちゃめちゃ笑った!
超能力に目覚めて筋トレよろしく鍛えまくり、どんな戦いにも対応できる無敵の超能力者になったものの、そもそも敵がいねぇんだよ!という絶望から始まるマッチポンプギャグコメディ。

現代日本の高校生が超能力に目覚めてもラノベやアニメのような非日常は起こらない。
高校卒業して大学生になっても何も起こらない。
大学卒業して社畜になってもやっぱり何も起こらない。

それなら俺が作ってやろうじゃねーか!と、無慈悲な現実を前に涙を拭いて立ち上がった男の物語です。
この主人公の語り口がキレッキレで、何ごともなく超能力を鍛えているだけのシーンですら超面白いからマジすごい(語彙力)

自分が欲しかったロマンあふれる青春を若人に味わってもらおう、その姿に自己投影してほっこりしよう、というマッチポンプあしながおじさんのお話でもあります。ヒーローはつくれる!

本当に楽しかった。平凡ループな日常に疲れた際のリフレッシュにどうぞ。

☆あらすじ☆
最強の超能力を最高に無駄遣い
ある日突然、超能力に目覚めた佐護杵光(さごきねみつ)。
そしてその力を狙う悪の組織が、突如彼の前に現れ――なかった。
隣の家の幼馴染が実は退魔師の子孫だと発覚し――なかった!
謎の美少女が転入し――なかった!!
平和過ぎる日常に逆ギレした佐護は、自分自身が秘密結社になる事を決意する。
日本中を探して見つけた有能美女・鏑木栞(かぶらぎしおり)を副官に引き入れ秘密結社「天照」を創設、資金調達事業も成功。
蓮見燈華(はすみとうか)、高橋翔太(たかはししょうた)という新メンバーも加えたところ、ついに世界を滅ぼす魔王が現れ――なかった!
そこで佐護は、とある計画を思いつくことになり……?
ひとりの最強能力者が紡ぐ、圧倒的マッチポンプギャグコメディ、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)1 /黒留ハガネ

灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青


灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年12月刊。
他界パラノ編クライマックス。
面白かったです。私がめちゃめちゃ好きな十文字青節炸裂って感じで最高でした。ああ、シホル・・・!
ちなみに今回の私的MVPはハルヒロ大好きクザクくん。リーダー好きすぎでしょ。クザクのハルヒロ依存が止まらない。

☆あらすじ☆
パラノ編完結――!!
「一緒に帰ろう、グリムガルへ」
――ここはグリムガルじゃない。ここから出ないと。
夢魔と呼ばれる怪物と魔法使いたちが闊歩する他界パラノで散り散りになったハルヒロたち。頼れる仲間はおらず、信じられるのは自分自身だけ。
――でも、おれはどこまでおれを信じられるんだ?
目指すは仲間たちとの再会と脱出。鍵を握るは王。アリスC、同じくパラノに迷い込んでいた暁連隊のイオらと心を、力を合わせて、ハルヒロたちは無事、グリムガルへと帰れるのか――!?
異なる幻想に彩られた他界パラノ編完結。
そして、灰の中から生まれた冒険譚は大きく転換する!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青

異世界迷宮の最深部を目指そう11/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 11 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 11 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
迷宮から地上に舞台が戻る第11巻。
はぐれた仲間たちの1年間が語られるのだけど、なんかいつもよりコメディ分増し増しだったような?
カナミの胃壁を考えると笑えない・・・・・・と思いつつめっちゃ笑えて楽しかったです!

☆あらすじ☆
――千と一年越しの告白。
迷宮から地上への脱出を果たしたカナミ、ライナー、ティティー。
散り散りになった仲間達の足取りを追って辿り着いたフーズヤーズは、すっかり様変わりしていた。
かつて親交を深めた人々と言葉を交わし、そしてカナミは最愛のひと、ラスティアラと再会を果たすが、とある理由から同行を拒否されてしまい――。
「さよならだね」
千と一年越しの再会と決別が繰り返され、互いにもつれゆく関係性の中で、カナミが取る道は。
【運命】に抗う異世界迷宮ファンタジー、第11巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう11/割内タリサ

灰と幻想のグリムガル13 心、ひらけ、新たなる扉/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉 (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
またもや新展開に突入したグリムガル13巻。
今度は一体何が起こってるの・・・?(怯)

☆あらすじ☆
「もっと強くなりたいって、思っててなあ!」
パーティを離れる決意をしたユメを残し、海賊の島を去ったハルヒロたちは、自由都市ヴェーレへ。怪しげな貿易商人ケジマンの隊商を護衛しがてら、未だ遠いオルタナを目指すことに。旅は意外と順調。と思った矢先、数々の伝説に彩られた『レスリーキャンプ』……かもしれない巨大なテントに遭遇する。運命の悪戯か、その中へと足を踏み入れてしまい――!?
「ハルヒロ。……ようこそパラノへ」
雨合羽をまとった謎の人物に誘われ、他界パラノでの摩訶不思議な冒険が始まる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル13 心、ひらけ、新たなる扉/十文字青

バスカビル家の狗1/糸宮むぎ

バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)
バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
ニートな侯爵家次男坊が、王女の近衛騎士となることから始まる主従ファンタジー。
低い自己評価と周囲の高評価の乖離が激しすぎる主人公。
そんな彼の、マニュアルを手放せないコミュ障っぷりと周囲のズレを楽しむ作品だと思います。これだけのハイスペックで何故そんなに自分に自信がないんだ・・・?と戦慄すること間違いなしです。
小動物みたいに可愛い王女と、少しずつ騎士としての自覚を芽生えさせていく主人公の関係も最高に好みでした。
惜しむらくは世界観・設定の微妙な緩さなのだけど、うーん、これは後で何かフォローがあるのかな・・・?

☆あらすじ☆
――我が身命を貴女へ賭す
父は王国宰相、母は前国王妹、兄は宮廷魔術師。
名門フォーマルハウト侯爵家は、代々バスカビル王家に仕えてきた一族である。
次男であるワイスもまた、史上最年少で最難関の特務級魔術師試験を突破し、学院時代は常に主席で生徒会長も務めた俊英。
誰しもから将来を有望視されていたワイスはしかし、王立学院を卒業後、就職先が見つからず――ニートとなった。
日々をぼんやりと過ごしていたワイスだったが、『親の七光り』で半ば強制的に庶民出自の第二王女・アメリアの近衛騎士を務めることに。
自己評価が低いワイスは、家族から授かった『会話応答集』を手にアメリアと対面を果たすが――
「本日よりアメリア様の近衛を務めさせて頂きます、ワイス・フォン・フォーマルハウトです」
なぜかアメリアは顔を赤く染めるばかりで……?
自分の顔が怖いからだと勘違いするワイスの前途多難な先行き。
――果たしてワイスは首にならずに職務を全うすることができるのか……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む バスカビル家の狗1/糸宮むぎ

異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 10 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
迷宮生活編完結。
今回は五十守護者「風の理を盗むもの」ティティーの物語でした。
これがもう悲惨で切なくて苦しくて・・・・・・最後まで読むとティティーが好きすぎてたまらない気持ちになる・・・!

☆あらすじ☆
――可測する前日譚(トータル・リコール)
地上への帰還を目指すカナミに立ちはだかる『風の理を盗むもの』ティティー。
呼応するかのように千年前へ変貌するヴィアイシアの街。愛憎に満ちあふれるノスフィーはカナミを『未来(ちじょう)』へ逃がしはしない……。
全ての罪過を償うと誓ったカナミは、『詠唱』の『代償』を糧に未来(かのうせい)の先譚を紐解いていく。
――それは、千年と百十一年に及ぶ前日譚。
見栄っ張りの魔人混じりが起こした、他愛もない『ごっこ遊び』。
「なんで……?」「なんで、こんなところまで……!?」
虚ろに満ちる『第五十の試練』の果てで、いま童の原風景が想起する。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう10/割内タリサ

灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
前巻の不安を煽る緊迫感はどこへやら、今回は明るい雰囲気の王道冒険譚となっていました。
そしてついにクロスオーバーきちゃった・・・!
あとラブが・・・! ラブの気配が・・・!
そしてラストなんてこと・・・!(感情処理が追いつかない)

☆あらすじ☆
遙かなるオルタナ――次なる来訪地は海賊の楽園!?
オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!
「あたしはモモヒナ! であーる! 名を名乗れーっ!」
謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった――!?
灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり/十文字青