「集英社オレンジ文庫」カテゴリーアーカイブ

契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
契約結婚をした偽夫婦が、「椿」にまつわる様々な謎と出会うライトミステリー第3弾。
今回は二人の関係に見逃せぬ動きがありました。これは楽しくなってきたー!

☆あらすじ☆
“椿屋敷”と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した“偽装夫婦”。
―しかし最近、偽装とも言い切れない感情が、お互いに芽生えつつあるような。
そんな時、香澄の元・許婚の晶紀が、椿屋敷の裏にあるアパート“すみれ荘”に引っ越してきた!
彼の目的はもちろん―。
また、ひょんなことから、すみれさんに二人の秘密を知られてしまい…?第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

宝石商リチャード氏の謎鑑定7 紅宝玉の女王と裏切りの海/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
ついに第二部スタート!
宝石商見習いとして修行を始めた正義。
時系列的には前巻エピローグより前の話になるのかな?

☆あらすじ☆
スリランカで宝石商として修行中の中田正義。
ビザを取得し、山間の都市キャンディにインターンとして滞在し一か月が経った頃、不思議なメールが届いた。
見知らぬメールアドレスだったが、ドメインには「ジェフリー」という名前があった。
件名は「リチャードを助けて」。
メールを開いてみると、リチャードの名前で予約された豪華客船クルーズの旅程表だ。出発日は三日後。
悩むまもなく、同じアドレスからのメールで、中田正義名義の航空券と豪華客船のチケットが届き……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定7 紅宝玉の女王と裏切りの海/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
美貌の宝石商と迂闊な正義漢のコンビが宝石にまつわる謎を解き明かすジュエルミステリー第6弾。これにて第一部完結です。
リチャードが抱えていた問題を解決したと思ったら、次に切り込むのは正義の闇。
闇の深さに目眩がしそうでした。だからこそ、ラストが最高なのですが。

☆あらすじ☆
将来の進路を思い悩む正義の前に、ひとりの男が現われた。染野閑。正義の父親だ。家庭内暴力で正義の誕生後すぐに離婚していたのだが、金がなくなり正義を探し出して近づいてきたのだ。何度追い払っても執拗につきまとわれた正義は、リチャードに迷惑をかけるわけにはいかないと「エトランジェ」を辞めようとするのだが…? 大好評ジュエル・ミステリー、第一部完!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

契約結婚はじめました。2 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年11月刊。
多種多様な椿が咲き誇る椿屋敷が語る、ワケあり偽夫婦のご近所ライトミステリー第2弾。
少しずつ積み重なる時間が良いですね。キャラが少しずつ掘り下げられていき、関係性も少しずつ変化していくからかな。だんだん愛着がわいてきました。
この先の展開がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「椿屋敷」と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、仲のいい新婚夫婦だ。しかし、二人はワケあって結婚した偽装夫婦でもある――。ある日、柊一の母・美幸が椿屋敷を訪ねてくる。柊一を自分の選んだ相手と見合いさせたがっていた美幸だが、香澄との結婚には一切反対をしなかった。それには何か思惑があるのではと言う人もいて……。椿屋敷で嫁姑問題が勃発、か……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。2 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

後宮の烏/白川紺子

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)
後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

2018年4月刊。
評価:★★★★★
面白かった!!

謎多き「烏妃」を主人公として、後宮で起こる怪異現象に隠された真実を描いていく中華幻想小説。
落とし物の持ち主探しから始まる烏妃と皇帝の物語は、やがて国の歴史を揺るがす壮大な秘密を暴くことになるのです。

表紙の美しさに心惹かれたら是非読んでほしい。
オリエンタルな中華後宮を舞台としつつ、花や鳥が舞い踊る幻想的な世界観がとにかく素晴らしいのです。そして寂しさと優しさが交錯する人間ドラマは読み応え抜群です。

また、烏妃のキャラ造形はとても秀逸で、その一点だけでも本作を推したい!
夜が似合い、心に傷と秘密があり、幻想的な術を操る孤高の美少女。それでいて人を突き放しきれずに餌付けされてしまう(!)お人好しの優しい女の子。
ああ、この主人公、最高に好きです・・・・・・

☆あらすじ☆
後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。
ある夜、時の皇帝・高峻が、烏妃のもとに訪れる。拾った翡翠の耳飾りに女の幽霊が取り憑いており、その正体を知りたいと言うのだが……。
少年時代、生母を皇太后に殺され、廃太子となって辛酸を舐めた皇帝、高峻。
神に選ばれし者と言われ、皇帝をして「誰も烏妃には命令できない」と言わしめる存在として生きる寿雪。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……!
大ヒット『下鴨アンティーク』の著者がおくる、圧倒的中華幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏/白川紺子

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ/梨沙

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ (集英社オレンジ文庫)
鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
「鍵屋甘味処改」のスピンオフにも当たる新シリーズ。
和菓子屋の看板娘と鍵屋の弟を中心に、彼らの日常に持ち込まれる謎を解き明かしていくライトミステリーです。
プロポーズを保留中の天然小悪魔系ヒロインと、保留されてしまった熱血年下男子の微妙な距離感が楽しい作品でした。
少年の奮闘が可愛すぎて悶えたから続きが読みたいなぁ・・・!

☆あらすじ☆
多喜次は兄が営む『鍵屋甘味処改』のお隣、『つつじ和菓子本舗』の看板娘・祐雨子に絶賛片想い中。祐雨子と兄は幼なじみで、彼女はかつて兄に恋をしていた。少しでも自分を見てほしいとプロポーズした結果、答えは保留。断られたわけではないし、諦めるつもりはない。そして高校卒業後は『つつじ和菓子本舗』へ住み込み、和菓子職人として修業の日々が始まるが…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ/梨沙

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年/辻村七子

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年 (集英社オレンジ文庫)
マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★★
2018年2月刊。
デビュー作「螺旋時空のラビリンス」に一目惚れして以来、ずっと待ち望んでいた辻村七子先生の最新SF小説!
最っっっ高に面白かったです・・・!
読み終わった瞬間の昂ぶりを上手く表現できる自信がありません。情動領域からの言語出力はなんて難しいのでしょうか。

ワケありの野良アンドロイドと、ワケありの天才エンジニア。
立場の違いゆえに何度も衝突を繰り返す二人の共同生活を通して、自分が自分であるために必要なことはなんだろう?と考えさせられました。
丁寧に造られたSF的世界観を軽妙な筆致で描きあげているところも流石。読みやすさ抜群です。辻村作品への安心と信頼が高まる!

色々書いてるけれど、要するに人形博士と機械少年の関係がエモい!ってことを伝えたいだけなので、どうぞよろしくお願いします。

☆あらすじ☆
ノースポール合衆国自治州『キヴィタス』は、1億6千万の人口を収容する人工都市だ。アンドロイド管理局に勤める若きエリート、エルガー・オルトンは、帰り道で登録情報のない“野良アンドロイド”の少年を拾う。ワンと名乗った少年型アンドロイドとエルは不思議な共同生活を始めるが、ワンは記憶を失っていた。彼の過去を探るうち、エルは都市の闇に触れてしまい?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年/辻村七子

異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)
異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
「呪いの絵」を生みだす図像術を巡る美術ミステリー第5弾。
今回は学園潜入編なのだけど、言われて思い出す「千景(18)」という事実。
千景の拗らせ方って思春期よりも少し上の女の拗らせ方っぽいよなという印象があって、18歳ということをうっかり忘れてしまいます。それくらい彼女が大変な人生を送ってきたということなのだけど。
悪い意味で大人びているし、悪い意味で子どもっぽい。
でもそこから生まれる不安定さに目が離せないんですよね。正直、私は千景の面倒くさいのキャラが嫌いじゃない。
まぁ、この子に対して微妙な距離感を保つ努力をし続ける透磨さんは不憫ですがw

☆あらすじ☆
自殺未遂した少女、消えた絵……。鈴蘭学園美術部で起こった複数の事件には、図像術につながる何かが感じられる。
そんななか鈴子の提案で、千景は転入性として生徒の一人を装い、学園の潜入調査を決行することになって……!?
今まで経験することのなかった学生生活に戸惑いながらも、次第に学園に溶け込んでいく千景――。嘘をついているのは誰……!?
此花統治郎の孫で、目立った存在の千景に近付いてくる疑惑の同級生たち――。それを心配するあまり、やきもきしながらも見守る透磨――。
矛盾する少女たちの証言に翻弄され、時に危険にさらされながらも、二人は、事件と……呪われた絵画「ユディト」の謎を追う――。
その先には、千景の過去ともつながるような学園の秘密が隠されていて――!?
話題の美術ミステリー、第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

どこよりも遠い場所にいる君へ/阿部暁子

どこよりも遠い場所にいる君へ (集英社オレンジ文庫)
どこよりも遠い場所にいる君へ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
心に傷を追った少年と、40年前の過去からやってきた少女のボーイ・ミーツ・ガール。
学校教育に力をいれている離島の高校を舞台にした、爽やかで切ない青春小説でした。
主人公とヒロインの甘酸っぱい恋模様も素敵だったのだけど、個人的には主人公と親友の関係の方が印象に強く残っていたり・・・・・・
周囲から「王子」と「乳母」って呼ばれるような、仲良し(すぎる)男子高校生コンビ、どう思います? 尊くないです??

☆あらすじ☆
ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。
采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。そして、身元不明。入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どこよりも遠い場所にいる君へ/阿部暁子

木津音紅葉はあきらめない/梨沙

木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)
木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
反骨精神たくましい女子高生が、自分を利用しようとする義父への報復を画策する現代ファンタジー。
勝ち気で傲慢で我が道を行く、女王様のごときヒロインがとても魅力的でした。
彼女の型破りな生き様は見ていてすごく楽しいのだけど、その裏に抱える孤独が切なかったり、神狐と寄り添う姿に萌えたりと、うん、なんというか「梨沙さん、ほんと分かってらっしゃる〜」と言いたくなる新作でした。好き。超好き。
一応は綺麗に終わっているけれど、ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
巫女の神託によって繁栄してきた木津音家。
分家の娘ながら御印を持つ紅葉は、本家に迎えられた。
だがその目的が神狐とつがい、次代の巫女を産むためと知り、反逆を決意。
家族や友達と離され道具扱いした本家当主に報復するため、神狐を巻き込み反旗を翻す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木津音紅葉はあきらめない/梨沙