「集英社オレンジ文庫」カテゴリーアーカイブ

後宮の烏2 /白川紺子


後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
後宮に住みながら帝に従わない神秘の存在・烏妃。
第1巻では孤独に幽鬼だけを見て生きてきた烏妃の変化と転換が描かれていました。続く第2巻ではその変化がもたらす運命が動き始めたようです。
単巻読み切り作品としても楽しめた1巻とは違い、2巻は長編シリーズに大きく舵を切った雰囲気。
風呂敷の広げ方、伏線の置き方、気になる新キャラの登場など、今後繰り広げられるであろう物語のスケールに期待が膨らむ内容でした。
ただでさえ中華系ダークファンタジーって好きなのに、神話に絡め取られた烏妃の運命の行方にハラハラドキドキが止まりません。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。
当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が--。
烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か?
烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏2 /白川紺子

きみがその群青、蹴散らすならば わたしたちにはツノがある /山本瑤

きみがその群青、蹴散らすならば: わたしたちにはツノがある (集英社オレンジ文庫)
きみがその群青、蹴散らすならば: わたしたちにはツノがある (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2018年11月刊。
とても面白かった・・・!
相反した感情にさいなまれる少年少女の感情を、鏡写しの「鬼」を通して繊細に描きだす青春ファンタジーです。
自分に対する潔癖なまでの罪悪感。それが生み出す「鬼」という悪夢。
閉じられた世界で苦しみ、暗い憎悪と自己嫌悪を濁らせる彼と彼女たち。しかし同時に、彼らはとても純粋で綺麗な存在に思えるのです。
だからこそ胸が痛くなるし、彼らの行く末から目がそらせなくて・・・・・・。
こういう青春ファンタジーほんと好きです。山本瑤さんが描く孤独で繊細で優しいキャラクター、本当に良いなぁ。

☆あらすじ☆
「私たちは十五歳で、一緒に死ぬ約束をした……」
「キスをしても、抱きしめあっても、わたしたちはやっぱりバケモノだった…!」
容姿端麗、成績優秀、ピアノも上手…と、どこをとっても非の打ちどころのない月島桜子。そして誰もが振り向く美少年でサッカー部、成績も学年上位の周防紫生。いわゆる普通の女子で、クラスの女子の一軍グループから外されまいと必死の土田知香。野球部出身でクラスのムードメーカー的存在の門倉翔平。
この4人には秘密があった。それは鏡に写った自分にツノが生えはじめていること…。4人は誰にも言えず、それぞれひた隠しにしていたが、ある日転校してきた水瀬和葉に見破られる。そして4人は和葉に呼ばれ体育館建設予定地に集められて…!?
傷ついた15歳たちの、戦いが始まる!青春幻怪鬼譚!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む きみがその群青、蹴散らすならば わたしたちにはツノがある /山本瑤

鍵屋の隣の和菓子屋さん2 つつじ和菓子本舗のこいこい/梨沙

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のこいこい (集英社オレンジ文庫)
鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のこいこい (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
「鍵屋甘味処改」のスピンオフにして、見習い和菓子職人の片思いを描いたシリーズの第二弾。
今回も多喜次の恋模様が可愛くてニヨニヨしてしまいました。少し三角関係な雰囲気が出てきてるもののほのぼの。表紙がその雰囲気をとても上手く表現してるんだよなぁ。恋のライバル(?)なのに仲良しな男子ズの関係が良き。

☆あらすじ☆
兄が営む『鍵屋甘味処改』のお隣、『つつじ和菓子本舗』で和菓子職人修業中の多喜次。看板娘・祐雨子への片想いは相変わらずのままだ。おまけに、新しく入ったバイトの柴倉はイケメンで客受けがよい上、多喜次よりずっと技術がある。のみならず祐雨子とも打ち解けている様子で、多喜次は気が気じゃない。そんなある日、おやっさんが自殺志願者の小林を拾ってきて…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋の隣の和菓子屋さん2 つつじ和菓子本舗のこいこい/梨沙

あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真

京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)
京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
水神の加護を受けた少女が、京都であやかし絡みの不思議に遭遇していく現代ファンタジー。
面倒見の良い幼馴染みやヤンデレ気質の白蛇と共に、様々なあやかしを目にしていく人見知りのヒロイン。
彼女を挟んで険悪な(でもちょっと仲良しな)Wヒーローの鞘当ても良いけれど、この作品はヒロインの成長物語として面白かったと思います。
どこか浮世離れした雰囲気だった少女が、憧れる幼なじみをお手本にして少しずつ地に足をつけて成長していく。その姿に保護者目線でほっこりしてしまいました。
あやかし絡みの事件も面白かったし、ぜひシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
東京でのめまぐるしい生活に馴染めなかった高校生のひろは、祖母の暮らす京都伏見の蓮見神社に引っ越すこととなった。
幼馴染みで造り酒屋の息子・拓己とその家族に世話を焼かれながらの新しい暮らし。
そんなある日ひろは拓己の家で、酒造りの要である井戸水に異変が起こっていることを知る。突然井戸から水が溢れるなか、ひろの耳には不思議な声が聞こえてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真

契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 3 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
契約結婚をした偽夫婦が、「椿」にまつわる様々な謎と出会うライトミステリー第3弾。
今回は二人の関係に見逃せぬ動きがありました。これは楽しくなってきたー!

☆あらすじ☆
“椿屋敷”と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した“偽装夫婦”。
―しかし最近、偽装とも言い切れない感情が、お互いに芽生えつつあるような。
そんな時、香澄の元・許婚の晶紀が、椿屋敷の裏にあるアパート“すみれ荘”に引っ越してきた!
彼の目的はもちろん―。
また、ひょんなことから、すみれさんに二人の秘密を知られてしまい…?第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。3 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

宝石商リチャード氏の謎鑑定7 紅宝玉の女王と裏切りの海/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
ついに第二部スタート!
宝石商見習いとして修行を始めた正義。
時系列的には前巻エピローグより前の話になるのかな?

☆あらすじ☆
スリランカで宝石商として修行中の中田正義。
ビザを取得し、山間の都市キャンディにインターンとして滞在し一か月が経った頃、不思議なメールが届いた。
見知らぬメールアドレスだったが、ドメインには「ジェフリー」という名前があった。
件名は「リチャードを助けて」。
メールを開いてみると、リチャードの名前で予約された豪華客船クルーズの旅程表だ。出発日は三日後。
悩むまもなく、同じアドレスからのメールで、中田正義名義の航空券と豪華客船のチケットが届き……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定7 紅宝玉の女王と裏切りの海/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
美貌の宝石商と迂闊な正義漢のコンビが宝石にまつわる謎を解き明かすジュエルミステリー第6弾。これにて第一部完結です。
リチャードが抱えていた問題を解決したと思ったら、次に切り込むのは正義の闇。
闇の深さに目眩がしそうでした。だからこそ、ラストが最高なのですが。

☆あらすじ☆
将来の進路を思い悩む正義の前に、ひとりの男が現われた。染野閑。正義の父親だ。家庭内暴力で正義の誕生後すぐに離婚していたのだが、金がなくなり正義を探し出して近づいてきたのだ。何度追い払っても執拗につきまとわれた正義は、リチャードに迷惑をかけるわけにはいかないと「エトランジェ」を辞めようとするのだが…? 大好評ジュエル・ミステリー、第一部完!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定6 転生のタンザナイト/辻村七子

契約結婚はじめました。2 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 2 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年11月刊。
多種多様な椿が咲き誇る椿屋敷が語る、ワケあり偽夫婦のご近所ライトミステリー第2弾。
少しずつ積み重なる時間が良いですね。キャラが少しずつ掘り下げられていき、関係性も少しずつ変化していくからかな。だんだん愛着がわいてきました。
この先の展開がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「椿屋敷」と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、仲のいい新婚夫婦だ。しかし、二人はワケあって結婚した偽装夫婦でもある――。ある日、柊一の母・美幸が椿屋敷を訪ねてくる。柊一を自分の選んだ相手と見合いさせたがっていた美幸だが、香澄との結婚には一切反対をしなかった。それには何か思惑があるのではと言う人もいて……。椿屋敷で嫁姑問題が勃発、か……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。2 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

後宮の烏/白川紺子

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)
後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

2018年4月刊。
評価:★★★★★
面白かった!!

謎多き「烏妃」を主人公として、後宮で起こる怪異現象に隠された真実を描いていく中華幻想小説。
落とし物の持ち主探しから始まる烏妃と皇帝の物語は、やがて国の歴史を揺るがす壮大な秘密を暴くことになるのです。

表紙の美しさに心惹かれたら是非読んでほしい。
オリエンタルな中華後宮を舞台としつつ、花や鳥が舞い踊る幻想的な世界観がとにかく素晴らしいのです。そして寂しさと優しさが交錯する人間ドラマは読み応え抜群です。

また、烏妃のキャラ造形はとても秀逸で、その一点だけでも本作を推したい!
夜が似合い、心に傷と秘密があり、幻想的な術を操る孤高の美少女。それでいて人を突き放しきれずに餌付けされてしまう(!)お人好しの優しい女の子。
ああ、この主人公、最高に好きです・・・・・・

☆あらすじ☆
後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。
ある夜、時の皇帝・高峻が、烏妃のもとに訪れる。拾った翡翠の耳飾りに女の幽霊が取り憑いており、その正体を知りたいと言うのだが……。
少年時代、生母を皇太后に殺され、廃太子となって辛酸を舐めた皇帝、高峻。
神に選ばれし者と言われ、皇帝をして「誰も烏妃には命令できない」と言わしめる存在として生きる寿雪。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……!
大ヒット『下鴨アンティーク』の著者がおくる、圧倒的中華幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏/白川紺子

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ/梨沙

鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ (集英社オレンジ文庫)
鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
「鍵屋甘味処改」のスピンオフにも当たる新シリーズ。
和菓子屋の看板娘と鍵屋の弟を中心に、彼らの日常に持ち込まれる謎を解き明かしていくライトミステリーです。
プロポーズを保留中の天然小悪魔系ヒロインと、保留されてしまった熱血年下男子の微妙な距離感が楽しい作品でした。
少年の奮闘が可愛すぎて悶えたから続きが読みたいなぁ・・・!

☆あらすじ☆
多喜次は兄が営む『鍵屋甘味処改』のお隣、『つつじ和菓子本舗』の看板娘・祐雨子に絶賛片想い中。祐雨子と兄は幼なじみで、彼女はかつて兄に恋をしていた。少しでも自分を見てほしいとプロポーズした結果、答えは保留。断られたわけではないし、諦めるつもりはない。そして高校卒業後は『つつじ和菓子本舗』へ住み込み、和菓子職人として修業の日々が始まるが…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋の隣の和菓子屋さん つつじ和菓子本舗のつれづれ/梨沙