「集英社オレンジ文庫」カテゴリーアーカイブ

どこよりも遠い場所にいる君へ/阿部暁子

どこよりも遠い場所にいる君へ (集英社オレンジ文庫)
どこよりも遠い場所にいる君へ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
心に傷を追った少年と、40年前の過去からやってきた少女のボーイ・ミーツ・ガール。
学校教育に力をいれている離島の高校を舞台にした、爽やかで切ない青春小説でした。
主人公とヒロインの甘酸っぱい恋模様も素敵だったのだけど、個人的には主人公と親友の関係の方が印象に強く残っていたり・・・・・・
周囲から「王子」と「乳母」って呼ばれるような、仲良し(すぎる)男子高校生コンビ、どう思います? 尊くないです??

☆あらすじ☆
ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。
采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。そして、身元不明。入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どこよりも遠い場所にいる君へ/阿部暁子

木津音紅葉はあきらめない/梨沙

木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)
木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
反骨精神たくましい女子高生が、自分を利用しようとする義父への報復を画策する現代ファンタジー。
勝ち気で傲慢で我が道を行く、女王様のごときヒロインがとても魅力的でした。
彼女の型破りな生き様は見ていてすごく楽しいのだけど、その裏に抱える孤独が切なかったり、神狐と寄り添う姿に萌えたりと、うん、なんというか「梨沙さん、ほんと分かってらっしゃる〜」と言いたくなる新作でした。好き。超好き。
一応は綺麗に終わっているけれど、ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
巫女の神託によって繁栄してきた木津音家。
分家の娘ながら御印を持つ紅葉は、本家に迎えられた。
だがその目的が神狐とつがい、次代の巫女を産むためと知り、反逆を決意。
家族や友達と離され道具扱いした本家当主に報復するため、神狐を巻き込み反旗を翻す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木津音紅葉はあきらめない/梨沙

宝石商リチャード氏の謎鑑定5 祝福のペリドット/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット (オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット (オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
美貌の宝石商と正義漢の大学生が宝石にまつわる謎を解き明かすミステリー第5弾。
前回で大きな山場を乗り越えた二人だけに、少し距離感も変わってきたような。
そして表紙は未来(就活)を考え始めた正義と過去のリチャードだったんですね。リチャード様はだらしない格好していると余計に艶めかしい・・・・・・

☆あらすじ☆
リチャードが抱えていたトラブルも一段落し、帰国した正義とリチャード。正義は大学三年生となり、周囲ではそろそろ就職活動が本格化し始めていた。そんなある日、銀座のエトランジェを常連客の乙村が訪れた。乙村は、片想いしていた女性からもらったという桜色のカメオをリチャードと正義に見せる。そして、そのカメオの謎を解いてみないか、と言い出して……? ジュエリー・ミステリ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定5 祝福のペリドット/辻村七子

カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)
カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
大正の世に鬼神を蘇らせた華族令嬢のあやかし事件簿第2弾。
今回もほの暗くて耽美な雰囲気がとても好みでした。
登場する愛情の形はどれも歪んでいるんだけど、朧の香澄に対する執着が一番美味しいw
恋も愛もわからない香澄はいつか朧を受け入れてくれるのでしょうか(受け入れて良いのか?)
3巻も楽しみです。

☆あらすじ☆
時は大正。妖力を持つ一族に生まれた華族令嬢の香澄は、古の鬼神悪路王を蘇らせ、朧と名付けて使役鬼としている。
ある時、同級生の初江に誘われてチャリネ(サーカス)を見に行った二人は、不思議な術を使う男・花月と出会う。自我を失くしたように花月に付き従うチャリネの踊り子たち。さらに初江も花月に心を奪われて…。
人の心に巣食う鬼たちのあやかし事件簿。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カスミとオボロ2 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木文華

契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)
契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
椿屋敷に住む「若隠居」と、その仮初の妻が、家に持ち込まれる様々なトラブルに関わっていくという日常ライトミステリー。
「家」が語り手となる風変わりな構成がコミカルで楽しかったです。
契約結婚をしている若隠居夫妻の距離感にニマニマしたし、血のつながりの有無と「家族」に対する割り切れない感情が込められたエピソードの数々が面白い作品でした。
若隠居の方の問題がしっかりとは解決していないのでシリーズ化に期待!

☆あらすじ☆
寿町四丁目にある通称<椿屋敷>。そこに住む柊一は、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている。そんな彼のもとに嫁いできた、19歳の香澄。しかしそこには秘密があった。ふたりは利害の一致から結婚した、偽装夫婦なのだ。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるが――。「家」が語る、わけありな人々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 契約結婚はじめました。 椿屋敷の偽夫婦/白川紺子

宝石商リチャード氏の謎鑑定4 導きのラピスラズリ/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
ものすごく面白かった!
美貌の宝石商と迂闊な正義漢のコンビが、宝石にまつわる謎を解き明かすジュエルミステリー第4弾。
今回は衝撃の前巻ラストに続くお話で、リチャード氏の事情に深く切り込む初長編です。
いやぁ、やっぱり辻村先生の描く人間ドラマは素晴らしい!
デビュー作「螺旋時空のラビリンス」でハートを鷲掴みにされたことを思い出しました。
この世の地獄を見せるのに、軽やかな読後感で締めるところが最高すぎる。

☆あらすじ☆
銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消してしまったリチャード。新たな店主として現れたリチャードの師匠、シャウルから情報を得た正義はイギリスへと向かう。リチャードの秘密の原因となった何かがある国へ。旅の途上、リチャードの親族と名乗る男ジェフリーが正義に近づいてきて? 美しき宝石商を苦しめる過去の因縁と、「正義の味方」の決断は!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定4 導きのラピスラズリ/辻村七子

鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
子猫のような女子高生と愛想のない鍵師の鍵屋物語完結巻。
色んな人間関係にきっちり決着がつく良い最終巻でした。

☆あらすじ☆
テストに文化祭、修学旅行と高校生らしい行事を終え、鍵屋へ顔を出したこずえ。祐雨子との関係は気になるものの、ひさびさに淀川と会えてうれしい。和菓子屋から来た客へお茶を出し、時々は淀川の助手として駆り出される―平凡な日々が続くかと思いきや、淀川の元カノが現れる。過去に苦しむ淀川、そして、そんな彼を見守るこずえは…?人気シリーズ、完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
美貌の宝石商と正義漢な大学生が宝石にまつわる謎を解き明かすミステリー第3弾。
今回は謎めくリチャードの過去がどんどん掘り下げられ、正義との関係にも動きが。
ラストに「あああ・・・!」となったので次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
美貌の敏腕宝石商・リチャードの店でバイト中の大学生・正義。
その夫婦は、結婚三十年記念に作る指輪のための宝石を探しているという。だが、二人の想いにはズレがあるようで?(求めるトパーズ)
正義が好意を寄せている谷本晶子が、お見合いをすると告げてきた。自分に止める権利があるのかと悩む正義の背中を、リチャードは押してくれて?(天使のアクアマリン)
宝石を通して見えてくる、数々の人間模様。そして、リチャードの過去が次第に明らかに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子

異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
徐々に糖度が出てきたような気がする美術ミステリー第4弾。
千景と透磨のじれったい関係も良いのですが、千景の過去がますます気になる展開になってきました。

☆あらすじ☆
成瀬家は、代々“禁断の絵”を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件(くだん)の絵は異人館画廊に置き去りにされていた。同時期、失踪中の次期当主候補・雪江が遺体で見つかるが、容疑者として浮上した男が千景の誘拐事件の関係者だと判明し!? 深まる謎の中、記憶の封印が次第に解けてゆく。緊迫の美術ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
無愛想な天才鍵師と猫のような女子高生の鍵屋の日常を描いたシリーズ第4弾。
今回はラブコメにようやく進展が。ちょっとだけだけど。でもこの焦れったさがすごく良い!

☆あらすじ☆
今さら淀川と祐雨子の関係が気になるこずえ。折悪しくテスト前で、鍵屋への出入りを禁じられてしまう。そんな中、こずえが通う高校のプールに不審物が投げ込まれる事件が起きる。鍵を開けられた形跡があり、鍵屋として淀川が呼ばれ…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙