「MF文庫J」カテゴリーアーカイブ

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 /木緒なち


ぼくたちのリメイク 4 「いってらっしゃい」(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
3巻ラストからどう続くんだろうと思って読んだら、世にも奇妙な物語が始まった感じ。
ぽいっと差し出されたインスタントな幸福。
それに包み込まれた欺瞞と罪悪感の苦しみ。
読んでいてゾワゾワしました。こういう展開いいね!

☆あらすじ☆
いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、第4弾!
貫之は筆を折り、大学を去った。
僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。
そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。
シノアキは絵を描くことを辞めていた。
ナナコの夢が叶うことはなかった。
再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。
これが、僕が作り直した人生だった。
再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。
同僚の河瀬川や仲間たちと共に毎日のように起きるトラブルを解決する。
きっとこれで良いのだろうと呑み込んだ。
そして彼女は、微笑み言った。
「いってらっしゃい」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 /木緒なち

ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻、2017年3月刊。2巻、2017年7月刊。3巻、2017年11月刊。
人生にくじけた28歳が10年前にタイムスリップ。
分岐点となった芸大入学の道を選び、そこからクリエイターの卵たちと共に創作に励む大学生の青春ものです。
芸大の個性的な授業風景が面白かったし、男女四人一つ屋根の下で創作に没頭する主人公たちの青春ぶりはとてもまぶしい。
ストレートに刺さる台詞が多くてドキッとしたりも。
そして、(1巻2巻は話に乗れない部分もあったのだけど)3巻の展開で思わず「おおっ・・・!?」と前のめり。
「共通ルート終了」という3巻のサブタイ通り、4巻からが本番なんでしょうね。
どんな形で話が進むのか楽しみです。続きも読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
あなたの人生〈ルート〉、作り直しませんか?
ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?

以下、3巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む ぼくたちのリメイク 1〜3 /木緒なち

そうだな、確かに可愛いな2 /刈野ミカタ


そうだな、確かに可愛いな2【電子特典付き】 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
優しいギャルと魔法使いな先輩の甘々ラブコメ第2弾。
今回も激甘でした。
正直、大きな盛り上がりがあるわけでもないし、ひたすら二人の甘くて平和な日常が描かれるだけの話なんですよね。
でもこのカップルが可愛すぎて、読んでいると多幸感がはんぱないんだ。
那乃ちゃんも可愛いんだけど、先輩はもっと可愛い。可愛いの相乗効果。
このシリーズ、急速糖分チャージに良いなぁ。私に合ってる。気負わず楽しめる良いラブコメ!

☆あらすじ☆
ちょいウザ後輩彼女とワケありクーデレ先輩彼氏のイチャ甘ラブコメ!
この小説はイチャ甘ラブコメ——彼氏彼女の交際が始まった直後の二人の初々しい日々の記録だ。
例えばこれはある日の放課後、那乃の友人・幾乃原美々華に戒理を紹介するとき。
「桑折は俺にとって、とても……とても大切な人だ。命を賭けて、全力で守りたいと思っているし、必ず守る」
「……」
「桑折? どうした急に黙って」
「……あの……うれしーんですけど……イ、イクちゃんの前だとはずかしーとゆーか……」
「——すまんまた俺は……」
今回も、戒理の無自覚デレに那乃が赤面しまくるだけのお話——かと思いきや、ちょっとしたトラブルや関係の進展もあり……?
那乃と戒理がひたすら可愛い尊死必至なラブコメ第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む そうだな、確かに可愛いな2 /刈野ミカタ

超高度かわいい諜報戦 〜とっても奥手な黒姫さん〜 /方波見咲


超高度かわいい諜報戦 ~とっても奥手な黒姫さん~ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白かった!
無駄に高度な諜報戦と心理戦を繰り広げるスパイたちによる三角関係ラブコメ。
優等生JKとぼっちDKと一匹狼少女。
それぞれの正体を隠したまま、それぞれが「なにが起こってるんだ・・・!?」と混乱する3人。
一人の少女の可愛い初恋が、やたら大きな騒動へと繋がっていき、予想外にスリリングなラブコメを楽しめる作品でした。
後半のシリアスな雰囲気は正直びっくりした。でもちゃんとラブコメでした。
ところで「とっても奥手な黒姫さん」の隣に「とっても頑張る部下の皆さん」って書いてあります?(幻)

☆あらすじ☆
“”一見普通””の高校生による緊張感MAXの「騙し愛」ラブコメがスタート!
「凡田君と、もっと仲良くなりたいの!」
高校生にして秘密諜報機関を指揮する天才少女、橘黒姫は初恋の真っ最中。
好きな人のために組織の力を濫用し、超高度な諜報技術で接触を図る。
「……誰かに監視されている?」
それに勘づいたのは初恋相手・凡田純一。
一見影の薄い平凡な男子生徒の彼は、実はある秘密を持っていて……?
「私が……凡田君と友達になるの!?」
そんな中、組織の命令で凡田と接触することになった暗殺少女・芹沢明希星。
友達の作り方なんて知らない彼女の行動は、とんでもない波乱を巻き起こす!
高校生の三角関係に裏社会の命運が揺るがされていく超本格学園スパイ・ラブコメ、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 超高度かわいい諜報戦 〜とっても奥手な黒姫さん〜 /方波見咲

異世界拷問姫9 /綾里けいし


異世界拷問姫9 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年2月刊。
醜悪で美麗なダークファンタジー完結巻。
まるでクライマックスのような苦難を、繰り返し描いてきたシリーズでした。
いったい何度「あれよりも酷い地獄があったのか?」と震えたことか。
そしてこれが本当のクライマックス。
一気に駆け抜けた最終巻でした。最後までとても面白かったです。

☆あらすじ☆
至高のダークファンタジー、終劇。
「どうか、皆、みーんな、一緒に死んでください」
最愛の父・ルイスを失い、【異世界拷問姫】アリスは世界を壊し始める。
かつて最愛の従者・瀬名櫂人を失った【拷問姫】エリザベートは世界を守り続ける。
それは鏡映し、共にあり得た可能性。
それ故に決定的に交わらない二つの道。
だから二人の拷問姫は“彼ら”の遺志を継ぎ、各々に世界へと立ち向かう。
「どうして、私だけお父様を失うの? 『瀬名櫂人』のエリザベートは生きているのに!」
「この【拷問姫】が全てを賭けるのだ──【異世界拷問姫】が受けずして、どうする?」
これが神話に至る物語。
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー、最終巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫9 /綾里けいし

そうだな、確かに可愛いな /刈野ミカタ


そうだな、確かに可愛いな (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
めちゃめちゃ良い・・・・・・
表紙とあらすじから想像していたものとは微妙に(?)違う内容だったのだけど、これは良い・・・!

明るくて笑い上戸な後輩女子と、訳アリで挙動不審な先輩男子の恋人なりたてラブコメ。
初々しくて可愛らしいイチャラブなんだけど、先輩からヒロインに向けられた愛が強すぎてニヤニヤが止まりません。
ヒロインもすごく良い子なんだよなぁ。これは惚れるってなる。むしろ私が惚れる。この子は天使ですか?

もっと掘り下げてほしいところがあるし、ぜひぜひシリーズ化をお願いします。応援してます!

☆あらすじ☆
ちょいウザ後輩彼女とワケありクーデレ先輩彼氏のお前らさっさと結婚しろ系ラブコメ!
この小説はイチャ甘ラブコメ——彼氏彼女の交際が始まった直後の二人の初々しい日々の記録だ。
彼氏は渡世戒理。17歳、高校一年生(二留)。
二年間の眠りから目覚めたばかりのワケありの少年。
彼女の名は桑折那乃。16歳、高校一年生。
オシャレと面白いことが好きなちょいウザ美少女。
そんな二人の毎日は……大体こんな感じ。
「せーんぱい♪ 今日のあたし、トクベツ可愛くないっすか〜? ほらほら、褒めてくれても——」
「そうだな、確かに可愛いな」
「〜〜っ」
「桑折?」
「……そーゆうとこっすよ、先輩!!」
これは少しズレた先輩の無自覚デレに後輩彼女が赤面しまくるだけのお話。
ヒロインレースも破局の危機もない、尊死必至なラブコメ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む そうだな、確かに可愛いな /刈野ミカタ

失格世界の没落英雄 /北山結莉


失格世界の没落英雄 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
主人公がイケメン王子!しかも初恋に一途!
これはちょっと期待しかないのでは???という感じの新シリーズでした。この主人公は推したい。

とはいえ、この巻の内容はあまりにもプロローグすぎて、いまひとつ盛り上がりが足りないように感じました。
あとがきでは次巻から物語が動き出すと予告されているので、今後に期待したいと思います。

いやしかしこの主人公、本当に推せるな。その恋の行方は不安しかないけれど。

☆あらすじ☆
行方不明となった元王子は、覚醒した「神眼」で世界を旅する——!
相手の行動から魔法の構造まで、全てを見抜く最強の鑑定スキル《神眼》。
それは誘拐された魔導大国の元王子シオンが、失踪した幼なじみと瓜二つの少女リィエルと出逢ったことで発現した。
「私には生きる理由がない」「そんなのは一緒に探せばいい!」
《神眼》の力で監禁されていた研究施設を瞬殺したシオンはリィエルと共に外へ脱出。
しかし外の世界は、何かが以前と変わってしまっていて──?
立場を失った元王子・シオンと出来損ないの天使・リィエル。二人は真実を見抜く「神眼」で歪んだ世界を救う英雄になれるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 失格世界の没落英雄 /北山結莉

―異能― /落葉沙夢


―異能― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞「審査員特別賞」受賞作。
面白かったです。というかコレは好きなやつだ!

とある街で繰り広げられる、異能を持つ少年少女のバトルロワイヤル。
なんというか「これぞ私が待ち続けていた現代伝奇!」って感じでした。こういうの読みたかったんだよ〜〜〜

世間の「裏側」で主人公たちが異能を使って色々やって、それが警察や市民などの「表側」の人々から謎多き怪奇事件として扱われる、みたいなやつ。
良いよね。そういうの大好きなんですよ。私の需要にがっちりハマッた作品でした。
1冊で綺麗に終わっているところも良かった。次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界には確実に主人公側の特別な人間がいる。でも、それは僕じゃない。
自分の凡庸さを自覚している大迫祐樹(おおさこゆうき)には、成績優秀で野球部エースの赤根凜空(あかねりく)と学校一可愛い月摘知海(るつみちひろ)という友人がいる。二人は誰が見てもお似合いで、自分は間を取り持つモブキャラなのだ、と認識する大迫だが、なぜか月摘と2人で映画に行くことになってしまう。「デートだね」とはにかむ月摘に戸惑いながら帰宅した大迫の前に、見知らぬ少年が現れて問う。「君の願いは、なにかな?」それは異能を秘めたモノたちへのバトルロワイヤルへの招待だった。「僕……の中にも異能があるのか?」しかしそれすらも「完全な勘違い」だったのかもしれない——!!
予想を覆す怒濤の展開。審査員評が完全に割れた事件的怪作、刊行。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ―異能― /落葉沙夢

隣のキミであたまがいっぱい。 /城崎


隣のキミであたまがいっぱい。 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
人の考えていることが分かる少女と、彼女の能力を自分限定にしてしまう少年。
べったりなのに微妙に距離がある二人の日常を描く甘酸っぱい青春ラブコメディです。
設定とキャラはめっちゃ好き。
特に主人公の無自覚な優しさと、ヒロインの小悪魔ぶりが良いんです。魅力的なカップル。
ただ、SS集みたいな構成で、1冊の物語としては起伏に乏しいんですよね。無いわけじゃないんだけども、期待したほどではないというか。
うーん、これは評価悩むなぁ。。。
とりあえず次巻が出れば間違いなく読むと思います。

☆あらすじ☆
私、あなたの隣にいることに決めました! よろしくお願いしますね?
同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。
この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。
まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。
そう思っていたんだが……。
どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。
だからって、距離感おかしくないか!?
いやべつに、俺は美少女がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!
——そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 隣のキミであたまがいっぱい。 /城崎

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。せんぱい、ひとつお願いがあります / 涼暮皐


今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
あらすじ的には小悪魔後輩に振り回される高校生の日常を描いた学園ラブコメなんだけど、うーん、これはジャンルに偽りがちょっとアリでは?ラブコメなのは間違いないけれど。

星に願いを。その祈りの先にあるものは何か。
街で噂される都市伝説をめぐる少年と少女の不思議な関係は、可愛くて優しくて痛々しくて身勝手。
ままならない感情を正面衝突させる二人の姿に、すごく青春を感じました。

ほんとこういうの好き。続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
こんなに素直な女の子に慕われて、まさか一ミリも嬉しくないんですかっ!?
双原灯火。幼馴染の妹で、同じ高校に入学してきた後輩でもある。自称・あざとい小悪魔系。自称・温もり大好きスキンシップガチ勢。そして「自称・先輩を慕う美少女」だそうだ。そんな小悪魔系(?)美少女後輩は、今日も早朝からわざわざ僕を迎えに来ている。ポイント稼ぎに余念がないな。
「せんぱい! 手! 手繋ぎましょう! 温もりくださーい!」
けれども僕は、僕だけは知っている。灯火が本当は照れ屋な子犬系で、手が触れるだけで赤面し、僕をからかいながらも内心テンパっていることを。小悪魔キャラは演技でしかなく、僕に近づく口実でしかないことも。そして——今はまだ、僕を好きではないことも。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。せんぱい、ひとつお願いがあります / 涼暮皐