「LINE文庫エッジ」カテゴリーアーカイブ

魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人


魔女の花嫁 seasons beside a witch (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
死にたくないと願う少年と、彼を弟子にした魔女の物語。
陽気で、ひょうきんで、構いたがりで、少しだけ影がある。そんなミステリアス美女は好きですか?大好きです!
このお姉さんに、生意気で陰気で皮肉ばっかり言うような少年がセットなんですよ。最高。とても良い組み合わせのおねショタでした。
油断ならない魔術の世界で師弟になった二人の、優しさと欺瞞が折り重なる不思議な距離感が楽しかったです。

☆あらすじ☆
ひとつ屋根の下、綺麗な魔女のお姉さんと暮らしてみませんか?
不治の病に罹った少年・桑折冬至ははずれの森に住む変わり者の魔女・ミーズに出会う。
その魔女は対価を払えば、どんな願いでも叶えてくれるが、願いの対価は彼女の気分次第。
珈琲を淹れることから、心臓を取られることまで、何を要求されても文句は言えない。
冬至の願いを聞いた魔女が伝えた対価は――。
「ふふっ、今日から君は私の弟子だ」
「へ?」
これは『僕』と『魔女のお姉さん』の季節をめぐる物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人

勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん


勇者の君ともう一度ここから。 (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
一度は諦め、逃げ出してしまった、最愛の少女との未来。
後悔の涙に濡れる日々は突然終わりを迎え、主人公はやり直しのチャンスを得ることになります。
これは勇者が世界を救った、「その後」のお話。
そして、救われなかった勇者を救うために立ち上がった男の物語です。
甘くてほろ苦くて美しい純愛ファンタジーでした。もうねぇ、こういうの大好き!

☆あらすじ☆
勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。
一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。──たかが腕を切り落とされた程度で。
そんなジャンの下へ現れた王都からの使者が告げる。
「勇者はまだ生きている。世界と彼女を救いたければ私たちと共に来てほしい」
「……どうして俺なんだ?」
「キミに伝えたいことがあるようだった。もし会わないというのならば、聞くべきではない。恐らく、その言葉を永遠に背負うことになるだろうから」
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。
今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。
狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。
未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて。
──勇者の君ともう一度ここから。
今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん

ダンジョン・ザ・ステーション /大泉貴


ダンジョン・ザ・ステーション (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
怪物はびこる迷宮と化した新宿駅。
行方不明になった妹を探すため、迷宮へと乗り込んだ少年の冒険を描くファンタジーです。
変質した新宿駅構内の描写が面白かったし、主人公を取り囲むメンバーも個性豊かで魅力的だったと思います。
続刊予定のシリーズらしく、まさに冒険の始まりを描いた第1巻という趣。
今後に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
迷宮と化した新宿駅で繰り広げられるダンジョンファンタジー、ここに開幕!!
迷宮主(イニシエーター)を名乗る謎の人物の宣言により、突如新宿駅は、底の見えない巨大迷宮と化した。
そこには駅員(ガーディアン)と呼ばれる危険な怪物も出現。
国は迷宮駅攻略のために探索員制度を制定するが、どうにも個性的な強者ばかりが集うように。
最強の殺し屋聖女、常に眠い魔法使い幼女、元救世主のステゴロヤクザ、謎多きアイテムコレクター。
そしていま、行方不明になった妹を探す少年が一人、混沌とした物語に足を踏み入れる。
迷宮駅の大いなる秘密をその手に携えて。
新宿駅で繰り広げられる果てしなき冒険譚が––ここに始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョン・ザ・ステーション /大泉貴