「講談社ラノベ文庫」カテゴリーアーカイブ

終わる世界の魔人執事 /景山千博


終わる世界の魔人執事 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作
幼馴染なお嬢様と執事が終末世界で殺し愛、という盛りすぎ!でも好き!と言いたくなる終末もの。
ただ、心理描写がざっくりとして展開が駆け足だし、バトルは盛り上げようとする割に決着があっさりだし、うーん、ところどころ惜しいかなぁ。
でもシリーズ化前提の1巻みたいなので、掘り下げてほしかった部分は続刊に期待なのかもしれません。

☆あらすじ☆
世界が滅びると告げられた一年まで、残り七日。ほぼ全ての生物が消滅していく中で消滅を免れている唯一の場所――『終末の地』と呼ばれる場所で、お嬢様と執事が戦っていた。世界を終わらせる「滅び」を退け、新たな世界を生み出す救世主となってしまったお嬢様――ユズハと、救世主を阻止するべく魔人の力を得た元執事――シュウヤ。想い合う二人は、それぞれの意志を胸に秘め、戦い続ける。相手のために――第8回講談社ラノベ文庫新人賞<佳作>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わる世界の魔人執事 /景山千博

世界は愛を救わない /海老名龍人


世界は愛を救わない (講談社ラノベ文庫 え 1-2-1)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
ある目的のために、ちょっとした能力を使って「世界征服」を目指す幼馴染3人組の物語。
恋愛観のお話ですね。
迷走する少年少女の心の変化と、そのきっかけを与える特殊能力の使い方が面白くて良かったと思います。
ただ、うーん、序盤が一番面白かった感じはある。ネタがバレバレだからかな・・・・・・

☆あらすじ☆
壇上貫地と石野美香、そして僕、阿久津吾郎は、幼なじみで文芸部に所属していて――ちょっと特殊な力を持っている。超能力と呼ぶにはおこがましく、マジックと呼ぶにはつたない、その程度の特殊能力だ。ゲームで言うバグのようなその力を、僕らは“グリッチ”と呼んでいる。その力を使って、僕らは世界征服を目指している。冗談に聞こえるかもしれないが本気だ。僕たちが抱えているそれぞれの事情を考えると、世界を征服しないと救われないのだから――。
新たな愛の形を描いたちょっと不思議な新感覚ラブコメが登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界は愛を救わない /海老名龍人

あなたのことを、嫌いになるから。 /氷高悠


あなたのことを、嫌いになるから。 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
人を好きになったら死ぬ少年と、彼のことが大好きでたまらない少女。
文字通り必死の恋をする高校生二人の青春を描いた恋愛小説です。
好みなカップルなのだけど、テーマを考えると少し描写に物足りなさを感じました。
色んな要素が悪くないのに、全体として見ると勿体なさが気になるんだよなぁ・・・・・・

☆あらすじ☆
感情が昂ぶると、最悪、死に至る病――『感情性自己免疫疾患』。
そう診断されて以来、僕にとって、感情なんて無価値なものだ。
喜び、怒り、哀しみ、楽しみ――どんな感情も、僕を蝕む存在。
だから僕は、感情を持たない。誰のことも、好きにならない。
そんな僕に向かって、クラスメートの奈々川恵実さんが言い放つ。
「――私は、四東くんのことが好きっ!!」
僕が誰かを好きになるなんて、あり得ないはずだったんだ。
だって誰かを好きになったら、僕は命を落としてしまうのだから。
だけど芽生えていく自分の感情を、止めることはできなくて……。
これは、感情を持たない僕と、感情豊かな彼女の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あなたのことを、嫌いになるから。 /氷高悠

スーサイド少女 /衛元藤吾


スーサイド少女 (講談社ラノベ文庫 え 2-1-1)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
たまに無性に読みたくなる講ラノ文庫の暗黒青春小説。
読むと心がざわつくし、気持ち悪さに吐き気がするし、嫌な方の共感もあって嫌悪で死にたくなるんだけど、それでもどこか惹かれる部分があって。
本作もそういう作品。とある美しい先輩の「自殺」にまつわる、悪意と虚無に彩られた青春の物語でした。
色々と感情が剥き出しすぎてゾッとした・・・・・・挿絵もやばい。
そのくせ最後まで読むと気持ちがスッとするんだからタチが悪いのです(褒め言葉)
少し描写的に気になる部分はあったものの、面白かったです。

☆あらすじ☆
立入禁止の校舎の屋上を主な生息地としている捻じくれた高校生・因幡文は、飛び降り自殺をしようとしてやめた先輩の鈴鹿涼子を目撃する。死の間際にあっても何の色も映さない鈴鹿の瞳に興味を覚えた因幡は、いじめられていて球体関節人形と因幡にしか心を開かない捻じくれた後輩・小刑部智世とともに、鈴鹿のストーキングを開始する。鈴鹿の日常はシンプルで、時折死のうとしては無感動にやめる、その繰り返し。尾行、ゴミ漁り、盗聴……。小刑部の類まれなストーキング技術で、因幡は鈴鹿の心の奥底に潜り込んでいく。愚か者と煙の集まる場所で、彼らの捻じくれた青春が風に揺られる。寂しくなったら読んでほしい、奇妙なストーカーと自殺先輩のお話。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スーサイド少女 /衛元藤吾

白翼のポラリス2/阿部藍樹

白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)
白翼のポラリス2 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
空と海とボーイ・ミーツ・ガールの物語第2弾。
1年以上間があいたので少し諦め気味だったのですが、続刊が出てくれて良かった。
更に世界観を掘り下げるストーリーと、緊迫した空戦の駆け引きがとても面白かったです。
この引きは続刊前提かな?刊行ペース遅めでも、続きが読めるならずっと待ってます。

☆あらすじ☆
遠く遠く北の果てから、強力な海流を引き裂いて、戦船がやってくる。この星の真実と、災厄を載せて。ヴェセル・バトー会戦終結の立役者となったスワローのシエルとヴェセル王女のステラは、会戦時に垣間見た自走する船と伝説の大陸国家ボレアスの情報を集めるべく奔走していた。ある日二人の元に依頼が舞い込む。依頼人はボレアス軍人と名乗るシエルの父・アカーシャだった。蒼い空が汚される時、少年は何を想い、何を掴み取る?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白翼のポラリス2/阿部藍樹

10歳になった同級生との不思議な新婚生活――『じゅっさいのおよめさん』/三門鉄狼

じゅっさいのおよめさん (講談社ラノベ文庫)
じゅっさいのおよめさん (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
ある日、突然現れたのは「およめさん」を名乗る不思議な10歳の女の子。
その正体が同級生であることに気づいた主人公は、彼女に何が起こったのか、彼女が何を隠しているのかを探っていくことになります。
しかし当の彼女は主人公の気持ちにお構いなしで「新婚生活」を陽気にエンジョイ。
彼女の秘密を解き明かしつつ、理屈屋の少年と天真爛漫な幼女(仮)のずれた掛け合いを楽しめる新婚生活物語でした。可愛かったですw

☆あらすじ☆
「わたしはせいじのおよめさん!」
僕こと倉敷誠二が終業式を終えて家に帰ると、家の前で待っていた十歳ぐらいの見ず知らずの少女に、いきなりそう言われてしまった。およめさん宣言のもと、一緒に新婚生活を送ろうとしてくる少女。けれどもちろん、僕は十歳の少女と結婚することにした憶えはない。少女に話を聞くと、どうやら彼女はクラスメイトの御殿山みのりで、昨日突然その姿になってしまったらしく……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 10歳になった同級生との不思議な新婚生活――『じゅっさいのおよめさん』/三門鉄狼

公園で高校生達が遊ぶだけ/園生凪

公園で高校生達が遊ぶだけ (講談社ラノベ文庫)
公園で高校生達が遊ぶだけ (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
タイトルそのまま、公園で数人の高校生たちがひたすら遊ぶだけの小説です。
特に大きな事件が起きるわけでもなく、普通の高校生のダラダラとした日常を描いていくだけ。
それだけの話なのに、読み終わったときにはじわ〜っと充実した気持ちが胸に広がりました。なにこれめちゃくちゃ気持ち良い。
興奮する面白さというより、リラックスできる心地よさを得られる感じ。
あと、主人公と幼馴染みの関係が最高なんです。
いつまでもそのままの距離感でいてほしいような、もう一歩先に進む姿を見てみたいような・・・・・・

☆あらすじ☆
「とりあえず吾妻の中で、わたしを可愛さピラミッドの頂点に設定するといいよ。そうすればわたしを通して“可愛い”がわかる」「瀬川を可愛さピラミッドの頂点に設定すると、具体的にどうなるんだ?」「わたしに似てれば似てるものほど、吾妻は可愛いと認識しだすよ」「じゃあ、電卓とかも可愛く見えんのかな」「ちょっと待って。吾妻の中でわたし、電卓なわけ?」そして今日も公園で、高校生の何気ない日常が紡ぎ出される――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公園で高校生達が遊ぶだけ/園生凪

魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女/虎走かける

魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女 (講談社ラノベ文庫)
魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
「ゼロから始める魔法の書」(電撃文庫)の虎走かける先生の新シリーズ。
のじゃロリババアな魔女先生に引率され、ワケあり見習い魔法使いたちが「特別実習」に挑む物語です。
前作読者なら楽しめるポイントが盛りだくさん! というか前作の正統続編だそうです(レーベルが変わった)
ゼロ書の続編としても、新たな魔女と魔法使いたちの冒険と絆を描く新シリーズとしても面白い作品でした。
特に新キャラの魔女先生、子どもっぽい言動と成熟した人生観のギャップが最高。彼女と彼女の「小鳥たち」の関係、正直めちゃめちゃ好き。
「教師もの」としても良いシリーズが出てきたなぁという感じです。今後も楽しみ!

☆あらすじ☆
五百年に及ぶ教会と魔女の対立と、数年前に成立した和平。だがその影で、対立の残滓は、まだ世界の各地に色濃く残っていた――。
ウェニアス王国王立魔法学校に通う、落ちこぼれの生徒セービルは、入学以前の記憶を失っていた。そんな彼は、アルバス学長の命で、反魔女派の勢力が強い王国南部に特別実習として向かうことになり……。
『ゼロから始める魔法の書』の虎走かけるが贈る本格ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女/虎走かける

双子喫茶と悪魔の料理書/望月唯一

双子喫茶と悪魔の料理書 (講談社ラノベ文庫)
双子喫茶と悪魔の料理書 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
双子の姉の方に想いを寄せる主人公が、不思議な力によってなぜか双子の妹の方と縁結びされてしまった!というところから始まる青春ストーリー。
喫茶店を舞台にしていることでちょいちょい飯テロが強烈だったのが予想外でしたw
幼なじみとの恋愛ものとしても素敵。
ただ「なんで好きなのはこっちなの?」という疑問だけがちょっと気になったり。

☆あらすじ☆
「だって、篝はずっと誰かのために料理をしてきたでしょう?」二年前。幼馴染みの少女・葉月から、なにげなくかけられた言葉。きっとあの時、ただの幼馴染みは、初恋の少女に変わった――。そして現在。俺はいまだ葉月に告白できないまま、葉月とその双子の妹・水希とともに、彼女たちの実家の喫茶店でバイトをしていた。そんなある日、水希が持ち出した古本から幼女が出てきて……!? 喫茶店が舞台の感動ストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 双子喫茶と悪魔の料理書/望月唯一

自殺するには向かない季節/海老名龍人

自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)
自殺するには向かない季節 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
第6回講談社ラノベ文庫新人賞「大賞」受賞作。
なんだろう、今の気分的に妙に刺さってくるこの感じ。
自分の不用意な一言で同級生の女の子を自殺に追いやってしまった少年が、タイムスリップして過去に戻る物語。
この展開、過去に戻った主人公はヒロインを助けに行くと思うじゃないですか? そんなことはなかった。
ひたすらダウナーで憂鬱な雰囲気で綴られるのは、繊細すぎてフラっと消えてしまいそうな少年と少女が生と死を見つめ続ける暗い青春の日々。
このテンションの低さと死生観、正直とっても好きですね・・・・・・

☆あらすじ☆
永瀬はある朝、同じクラスの生徒、雨宮翼が列車に飛び込む瞬間を目撃してしまう。なぜ死を選ぶのかその理由を考えるが答えは出ない。そんな永瀬は友人の深井からあるカプセルを渡される。それはとても小さなタイムマシンなのだという。半信半疑ながらその日の夜にカプセルを飲んだ永瀬が目覚めると、二週間以上も過去に戻っていた! そして永瀬は、雨宮と雨の屋上で出会うのだが――青春を鮮烈な筆致で描く<大賞>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自殺するには向かない季節/海老名龍人