「講談社文庫他」カテゴリーアーカイブ

ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの


ただし少女はレベル99 出屋敷市子シリーズ (講談社ノベルス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年2月刊。
『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫刊)が面白かったので他の作品も読んでみようということで、読んでみました「れべきゅー」シリーズ第1作。
不思議な能力と存在感を持つ女子中学生・出屋敷市子を中心に、彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いていく連作短編。
実在の人物・作品名が怒涛の如く垂れ流される天狗の早口オタトークに思わず笑い、サブカル薀蓄で殴られつつも異様に分かりやすい例え話に思わず身体が前のめり。夢中になって一気読みしました。
てかこの妙ちきりんな中毒性、まんま五位鷺の読み味じゃん!すごい!同じ作者だ!(当たり前の感動)
これは他のシリーズも追いたくなりますね。とりあえず「れべきゅー」を読破しよう。

☆あらすじ☆
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。だからカッパー、デビッド・カッパー・フィールド。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐ほかも登場するオカルティックファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの

medium 霊媒探偵 城塚翡翠 /相沢沙胡


medium 霊媒探偵城塚翡翠【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
美しい霊媒と推理作家の青年が、様々な殺人事件の謎を解き明かす連作ミステリー。
証拠能力皆無のオカルトパワーで弾きだされた犯人を、誰もが納得できるよう論理的に追い詰めることができるのか。
黒い帯に金の文字で「すべてが、伏線。」と書かれたシンプルな帯に惹かれて買ってみたのだけど、なるほど確かにその通りでした。
特に最終話の面白さがピカイチだと思います。

☆あらすじ☆
「死者の提示する謎を、先生が解き明かしてください――」
推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

以下、ネタバレありの感想です。
本作は特にネタバレ要注意作品です。未読の方は踏まないように気をつけてくださいね。

続きを読む medium 霊媒探偵 城塚翡翠 /相沢沙胡

Cocoon 修羅の目覚め /夏原エヰジ


Cocoon 修羅の目覚め【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
吉原一の花魁にして、江戸の街に現れる「鬼」を討伐する組織の長。
男たちを惑わす美しさと、鬼に対抗できる強さを両立させた、とても格好いい女主人公でした。
華やかでありながら男女の愛憎が渦巻く吉原の世界も耽美的。
表紙にピンときた和風FT好きの方なら、読んで損はないと思います。
しかもシリーズ化決定済みで第5巻まで出るらしい。今後も期待できそうな新作です。

☆あらすじ☆
戦う花魁。シリーズ、開幕! 第13回小説現代長編新人賞奨励賞受賞。
天明期の江戸・吉原。大見世である「黒羽屋」の最高級遊女・花魁として名を馳せる主人公の瑠璃は、江戸に跋扈する鬼を滅する闇組織・黒雲の頭領という裏の顔を持っていた。彼女は妖刀・飛雷を操り、恨みを強く抱いて死んだ者がなる「鬼」を退治するのを任務としていたのだ。
遊女の身でありながら自由な立場と権力を有するその強い力に惹かれ、様々な妖が瑠璃の下に集まることもしばしば。
黒羽屋で若い衆として働きながら瑠璃を支える黒雲のメンバーに裕福な太客たち、仲の良い朋輩にも恵まれている瑠璃だが、己が持つ尋常ならざる力と鬼に対する嗜虐的な思考に苦悩もしていた。
そんなある時、親友でもある朋輩が失踪した。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Cocoon 修羅の目覚め /夏原エヰジ

ルパンの帰還 /横関大


ルパンの帰還 (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
ドラマ放送中の「ルパンの娘」シリーズの最新作。
まさか2巻が出ると思っていなかったので驚きました。ドラマ化のおかげかな。ドラマは原作を粉砕する勢い別モノだけど(でもバカ騒ぎ方向に振り切ってて割と好き)
さて、その第2巻。新章開幕ということなのか1冊で終わりませんでした。
3巻は9月に発売予定なので楽しみに待とうと思います。

☆あらすじ☆
泥棒の娘と刑事の息子に、探偵の娘が?
恋と復讐の物語が、新たにはじまる!
和馬が新人の女性新人刑事の教育係に指名された。北条美雲、23歳。京都の老舗探偵事務所に生まれ、祖父は「昭和のホームズ」、父は「平成のホームズ」と称された探偵一家のひとり娘である。
泥棒一家、警察一家、探偵一家の運命が交差する。
連続ドラマ化で話題沸騰のシリーズ第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ルパンの帰還 /横関大

綺羅の皇女1/宮乃崎桜子

綺羅の皇女(1) (講談社文庫)
綺羅の皇女(1) (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
「斎姫異聞」シリーズの宮乃崎桜子さんによる新作和風ファンタジー。
お名前を見た瞬間に懐かしさでテンションが上がりました。斎姫異聞、いつか再読したいなぁ。

さて、本作は平安京を思わせる架空の国を舞台に、予知夢を見る皇女の数奇な運命を描いていく物語です。
親の愛に恵まれず、不遇な人生を流されるまま生きてきた皇女。
しかし、恐ろしい予知夢を見たことで彼女は自分の意思で運命に立ち向かうことを決意するのです。

和風を意識して読むと10頁あたりで面食らうかもしれません。
さらに中盤あたりでもう一度ギョッとするはず・・・・・・
私にはなかなか説明が難しい世界観でした。
1巻を読んだだけでは全体像が全く把握できないんですよね。
そのため1冊だけでは評価しづらい作品ですが、箱入り皇女の奮闘劇は面白かったし今後の展開に期待します。

☆あらすじ☆
皇族ながら、両親の愛を知らずに修道尼院で育った皇女・咲耶(さや)。真秀皇国(まほらこうこく)の皇帝しか見るはずのない予知夢を見る咲耶は、それを他言することを厳しく禁じられていた。隣国に嫁ぐため渡海したある日、夢で故国の惨状を知るも、咲耶は知らせる術がない。しかし――。権謀渦巻く皇国で、特異な生を受けた少女の運命は!?

以下、ネタバレありの感想です。
おそらくネタバレを踏まない方が良いタイプの作品なので、未読の方はご注意ください。

続きを読む 綺羅の皇女1/宮乃崎桜子

ルパンの娘/横関大

ルパンの娘 (講談社文庫)
ルパンの娘 (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年8月刊。初出は講談社単行本2015年8月刊。
互いの素性を知らないまま恋に落ちた、泥棒一家の娘と警察一家の息子。
ロミジュリな恋の行方を描く一方で、ヒロインの祖父が殺害される事件の謎を追っていく物語です。
ラブストーリーの筋で進みつつ、濃すぎる二家族がわちゃわちゃするホームドラマなミステリーでした。
両家族共に実に生き生きしています。家族みんなが入り乱れるクライマックスのドタバタ感はすごく楽しかった!
謎も二転三転して面白いのだけど、ラストは「お前らいい加減にせぇよ」と思わずにいられませんw
そのくせ憎めないところがタイトル負けしてなくて良し!

☆あらすじ☆
三雲華は恋人の桜庭和馬の家に挨拶に行くこととなった。ついに桜庭家に到着した華は、玄関の家族写真を見て唖然とする。全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしている。華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だ。その数日後、荒川の河川敷で男の焼死体が見つかり、和馬は現場に急行した。その被害者は華の祖父、三雲巌だった。次々と出てくる新たな謎に1ページも目が話せない!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ルパンの娘/横関大

カーリー3 孵化する恋と帝国の終焉/高殿円

カーリー <3.孵化する恋と帝国の終焉> (講談社文庫)
カーリー <3.孵化する恋と帝国の終焉> (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2014年10月刊。
この3巻から書き下ろしということですが、だからなのか、ラノベっぽい雰囲気が急激に薄れてがっつりとした歴史小説の趣を感じました。もちろん少女小説的なラブロマンスも根底にはあるのだけど。
様々な伏線を回収しつつも物語は終わらず。こんなラストで2年以上待たせているとか・・・・・・そろそろ4巻出ますよね・・・・・・?(震)

☆あらすじ☆
第二次世界大戦によりオルガ女学院が閉鎖されてから四年。大学進学したシャーロットは英国からインドへ想いを募らせていた。行方不明のカーリーとの再会を求める彼女に、美しき王子ル・パオンは驚くべき提案をする。「インドに行きたいなら僕と婚約すればいい」。少女小説の最高峰、待望のシリーズ第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーリー3 孵化する恋と帝国の終焉/高殿円

カーリー2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日/高殿円

カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)
カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2013年3月刊。初出はファミ通文庫2006年10月刊。
第二次世界大戦前夜、英国統治下にあるインドを舞台とした女学校物語第2弾。
今回はインドのお姫様が転入してきたことから始まる騒動が描かれていくのだけど、彼女の恋が本当に切なくて素敵。
大人たちの都合で世界が大きく変動するなか、無力な存在でいたくない少女達の青春と恋の輝きが目もくらむほどにまぶしい1冊でした。

☆あらすじ☆
オルガ女学院に転校生・パティがやってきた。パティは大国バローダの第一王女、つまり、本物のプリンセス。転校初日からわがまま放題な彼女は、ヴェロニカから特別室を奪い取り、カーリーを自分の召使いにしてしまう。そんなパティが心に秘めた、切ない恋とは――。シリーズ第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーリー2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日/高殿円

カーリー1 黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿円

カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2012年10月刊。初出はファミ通文庫2006年4月刊。
以前から気になっていた「カーリー」シリーズ。
いざ読んでみると、本当に素敵な少女小説として最高でした。
第二次世界大戦という波乱の時代を生きる少女達の、繊細で輝かしい青春を描いた作品。
英国文化とインド社会が混ざり合う不思議な異国情緒に心惹かれつつ、運命と出会った少女の恋と友情から目が離せません。
そして不意打ちで突っ込まれたスパイ&怪盗要素が堪らない・・・!

☆あらすじ☆
第二次世界大戦前夜、故郷ロンドンを離れ、英国統治下のインドへと渡った14歳のシャーロット。駐在英国人の子女が通うオルガ女学院の寄宿舎で出会ったのは、神秘的な美少女・カーリーガードと個性豊かな仲間たちだった。時代に翻弄されながらも懸命に生きる少女たちの姿を描き、熱狂的なファンを生んだシリーズ第一作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーリー1 黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿円

黒猫邸の晩餐会/嬉野君

黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)
黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
老婦人と謎の和服青年が新婚夫婦のように暮らす家に、奇妙な謎が持ち込まれていく物語。
あらすじで押すほどの「おいしさ」や「ほっこり」はあんまりなかったような・・・・・・。
ただ、探偵役の青年が解き明かす数々の謎めいたエピソードはとても面白かったです。
ラストでちょっと奇妙な世界に迷い込んだような不思議なオチがついたりして、そこも結構お気に入り。

☆あらすじ☆
地味リケジョの律を夕食に迎えたのは、和服イケメンの竜弥とほんわか老女の文絵。謎めいた話を聞き出す竜弥と、五十年前から時が止まっている文絵が交わす会話はまるで夫婦!?見つめるだけで料理をおいしくする不思議な黒猫・フミエも怪しい。おいしさと切なさに溢れるほっこり系ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫邸の晩餐会/嬉野君