「角川書店」カテゴリーアーカイブ

帝都つくもがたり /佐々木匙


帝都つくもがたり (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
WEB小説『夜猫ジュブナイル』が最高に面白かったので(感想記事)、作家買いして読んでみました。
怖がりでアル中の作家と、その悪友で怪談を集める記者が、震災後の帝都で様々な怪奇現象に遭遇する物語。
ホラーな設定・展開ではあるのだけど、恐怖を感じると同時に切なくなるようなお話が多い印象でした。こういうの好き。
悪友二人の関係もとても良かったです。特に人でなしの関くんが好き。関くんはね、ずるい男なんですよ・・・!(後半以降の好感度の上げ方がえげつない)

☆あらすじ☆
第4回角川文庫キャラクター小説大賞〈読者賞〉受賞作!凸凹コンビの怪異譚
舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで怖がりの文士・大久保と、腐れ縁の記者・関が、怪談を集めるべく東奔西走。百物語にはどこか足りない、日常の中に潜む怪異巡りの日々が始まる――凸凹コンビの怪異譚!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 帝都つくもがたり /佐々木匙

次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気 /稲井田そう


次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気(角川書店単行本) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白かったー!

他者の心が聞こえる少女と、彼女への愛情を暴走させる先輩。
元気に狂った先輩の心の声にドン引きしつつも、風紀委員として共に過ごす中で、彼の人間性を知っていく主人公。
異端の能力ゆえに絶望の淵にいた少女は、自分に異常な執着をみせる先輩の姿に何を思うのか。

内向的で心が死んでるヒロインと、変態的で心が元気すぎるヒーローのすれ違いがとても楽しいラブコメでした。
結構シリアスな話なんだけど、先輩の元気な声で闇が吹き飛ばされていくかのよう。こういう救済物語は大好きです。
先輩、変態は変態でも、健全に真面目な変態なんだよなぁ。
この変態は良い変態(良い変態とは)

☆あらすじ☆
ある秘密を抱え、家族と離れて暮らす高校1年生・石崎鏡花は、特待生に選ばれるために入った風紀委員会で、眉目秀麗にして校内一の優等生・深見先輩に衝撃を受ける。なぜなら、鏡花の秘密とは「他人の心の声が聞こえること」。そして深見の心の中では、初対面のはずの鏡花への、異常な愛の叫びが渦巻いていたのだ。全力で接触を回避し続けようとする鏡花と、冷静沈着を装いながら、内心でとんでもない妄想を繰り広げる深見。2人のすれ違いの行方は……。
心の声が聞こえる少女と本音が言えない優等生の恋の行方は——。
出会いに笑い、ラストは号泣!
「小説家になろう」発、異能ラブコメ×青春小説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気 /稲井田そう

雲神様の箱 /円堂豆子


雲神様の箱 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
古代日本を舞台にしたファンタジーというと『勾玉三部作』や『銀の海 金の大地』を思い出す私ですが、それらの作品と並べて語りたくなる魅力的な古代ファンタジーだと思います。

朝廷から生命を狙われる、聡明で可能性に満ちた若き王。
災いの子として忌まれ育った、神秘の一族の孤独な少女。
二人の出会いは、古代世界を揺るがす壮大な物語へと変貌していくことでしょう。そんな予感に高揚する第1巻でした。

だがしかし、面白いけど怖い話だとも思う。
この男を信じてもいいの?と何度も自問する主人公の姿に不安が煽られるんですよね。
悪い男に騙されてる女にしか見えないよ〜〜〜怖いよ〜〜〜その男について行った先に待つ未来が怖いよう!

続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
異能の少女と若き王の反逆の旅路——壮大な古代日本ファンタジー誕生!
薬毒に長け、どの地の支配も受けず霊山を移り住む古の民、土雲の一族。一族の少女・セイレンはある日、『山をおり、雄日子(おひこ)という若王の守り人となれ』と里を追い出される。双子の妹という出自ゆえ「災いの子」とされてきた彼女は、本来求められた姉媛(あねひめ)の身代わりにされたのだ。
怒りと孤独を抱え里を飛び出したセイレン。しかし、類い稀な技を持つ彼女と、大王への叛逆を目論む雄日子の予期せぬ邂逅は、倭国の歴史を大きく変える運命の出会いとなるのだった……!
第4回カクヨムWeb小説コンテスト、キャラクター文芸部門特別賞受賞!
古代日本の美しい風景、豪族たちの渦巻く野望、そして『土雲の一族』というファンタジー要素が融合し、胸躍る壮大な物語が誕生したーー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雲神様の箱 /円堂豆子

ただいま、ふたりの宝石箱 /あさばみゆき

ただいま、ふたりの宝石箱 (角川文庫)
ただいま、ふたりの宝石箱 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
癒やし系恋愛小説でした。こういうのとても好き。
鎧をぎっしりと着込んで心を守り、全てに対して壁を作って生きてきた主人公。
心に深い傷を負った彼女の再生は、ある男性との出会いから始まります。
人との距離感に思い悩み、揺れ動く心を繊細に描く作品でした。
踏み込むのは怖い。踏み込まれるのも怖い。誰かに寄りかかるのはもっと怖い。
1歩進んでは2歩下がるような臆病な彼女にヤキモキしつつ、二人の恋の行方にドキドキと胸が高鳴りました。
こういう小説は定期的に摂取していきたい。面白かったです。

☆あらすじ☆
ホイールを回そう。もう一度、私が輝くために。
仮面をかぶったまま仕事をこなし、<期待の逸材(ホープダイヤ)>と呼ばれていた涼子。
ある日ぷつんと切れてしまった糸に気づき退職してから、譲り受けた古民家で日がな趣味のアクセサリーづくりをして暮らしていた。
そんな家に店子として住むことになったのは、宝飾職人の「希美」さん。
趣味も合うと楽しみにしていた涼子だったが、やってきたのは優しげな雰囲気のきれいな顔をした男性で――?
心を潤す、あたたかな再生の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただいま、ふたりの宝石箱 /あさばみゆき

孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)
昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
北海道・小樽を舞台にした、あやかしのパン屋さんと孤独な少年の物語。
「ホラーミステリ」と銘打たれているだけあって、かなり主人公がひたすら恐ろしい目にあう小説でした。意外と怖かった・・・

☆あらすじ☆
北海道は小樽。母が父を殺した過去を持つ少年、ルカは、頼りの叔母も喪い、高校にも馴染めずにいる。叔母が好きだったパンを買いに、ロシアンベーカリーを訪れたことから、不思議な世界に足を踏み入れ……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

金椛国春秋5 青春は探花を志す / 篠原悠希

青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)
青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
族滅の憂き目にあった少年の波乱万丈な人生を描く中華ファンタジー第5弾。
今回は青春編ということで、遊圭が科挙に挑み、学生生活を送るストーリーでした。
予想を超えるほろ苦い「青春」だったのだけど、ラストの遊圭が妙に爽やかだから一瞬ハピエンかと思ってしまいました。でも、違うんだよなぁ・・・

☆あらすじ☆
想いを寄せるあの子のために、目指せ難関試験突破!大人気中華ファンタジー
現皇帝の甥として、平穏な日常を取り戻した遊圭。しかしほのかに想いを寄せる明々が、国士太学に通う御曹司に嫌がらせを受けていると知り、彼と同等の立場になるため、難関試験の突破を目指すが…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金椛国春秋5 青春は探花を志す / 篠原悠希

後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希

後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)
後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
面白かった!
理不尽な法によって一族を奪われた少年が、生き延びるために女装して後宮に紛れ込むという中華風ファンタジー。
見つかれば殺される命がけの状況のなかでも、人への思いやりを忘れない優しい主人公にとても好感が持てます。
薬膳ものとしても面白いし、敵地のなかで正体がバレるか否かのハラハラ感も最高。
続きがありそうな終わり方だったので、シリーズ化が楽しみです。

☆あらすじ☆
大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希

ノラ猫マリィ/十文字青

ノラ猫マリィ
ノラ猫マリィ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
待望の「薔薇のマリア」再始動!万歳!!
「薔薇のマリア」の面影を残しつつも新しい「ノラ猫マリィ」の物語となっているので、薔薇マリ未読の方でも大丈夫(少し気になる箇所もあるかもしれないけど、ストーリー的には問題ないと思う)。場所も人も変わっていますしね。
しかし薔薇マリ既読なら随所でニヤニヤしまくれる最高の仕様。
薔薇マリって、超最低な世界で誰もが最高に人間くさく生きてるところが好きだったんですよね。
この「ノラ猫マリィ」でも必死に生きようとする輝きが眩しくて、ああ薔薇マリが受け継がれてるって思えて悶え死にそうでした。
もう一度彼らに会えるなんて幸せすぎて昇天する。
色々と切り口(組み合わせ?)も面白かったし、これは是非とも続けてほしいです。
実際、売れたら続刊もあるらしいので、頼む、頼むぞ・・・・・・!

☆あらすじ☆
ボクらは何度でも巡り会う――。「薔薇のマリア」ファン熱望! 最強タッグが送るマリア・ローズの新たな物語!
外縁都市グラムENDの掃き溜め《猥路》。世界と隔絶された超最低なこの場所から、空に焦がれて一匹の溝鼠が外に出た。名はマリア・ローズ。何も持たないマリアは、外の世界で言葉を、友を、仲間を手にしていく――
「僕が連れていく。きみたちを、外へ。死んじゃだめだ。生きよう」
マリアは大切な人たちを守るため、人を喰らい街を破壊する《化物》に立ち向かう……!! 美しく誇り高いマリアと仲間たちの最高な物語、新たなる幕開け。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノラ猫マリィ/十文字青

校閲ガール/宮木あや子

校閲ガール (角川文庫)
校閲ガール (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年8月刊。初出は角川書店2014年3月刊。
面白かったー!
イメージはあるけれど、具体的にはよく知らないお仕事「校閲」さんのお話。
主人公の口の悪さに面食らいつつ、痛快で爽快な彼女の言動に何度笑ってしまったことか。とても楽しかったです。
作家のトラブルに巻き込まれたり、イケメンなアフロに出会ったり、なかなか大変で楽しそうな校閲仕事。お仕事エンタメとしてももちろん面白かったのですが、何よりこの主人公の毒舌ぶりと罵倒語の豊富さがクセになる・・・!
石原さとみさん主演で10月からドラマがスタートするらしいので、そちらも期待しています。

☆あらすじ☆
ファッション誌編集を目指す河野悦子(こうのえつこ)が配属されたのは校閲部。担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり…。読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 校閲ガール/宮木あや子

ここは神楽坂西洋館/三川みり

ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)
ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年2月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさん初の現代小説。
無口で愛想のない大家さんが守る下宿を舞台に、不器用な住人達が頑張ったり支え合ったりする姿にほっこりとする作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたもここで暮らしてみませんか?」 心がほっと温まる下宿物語。
都会の喧騒を忘れられる街、神楽坂。婚約者に裏切られた泉は、 路地裏にひっそりと佇む「神楽坂西洋館」を訪れる。 そこで植物を愛する若き管理人・藤江陽介と出会うが、 彼にはちょっと不思議な特技があって?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ここは神楽坂西洋館/三川みり