「KADOKAWA」カテゴリーアーカイブ

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太


生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻 2017年9月刊、2巻 2017年12月刊。

200年後の世界で目覚めた錬金術師が、錬金術師が存在しない街で「薬屋」として静かに暮らしていく物語。
回復アイテムを必要とする迷宮攻略、回復アイテムが貴重な環境、そして回復アイテムを量産できる主人公。
3つの要素が様々な形で絡みつつ、のんびりとした日常が描かれていく物語です。

細部の設定に凄まじいこだわりを感じる作品でした。
本筋はスローペースだけど設定資料集とかファンタジー事典を読んでるようなワクワク感があります(ただ設定を語りすぎに感じる部分もある)
あとダンジョンの描写がとても良い。アイテム屋を中心に描かれるダンジョン攻略パートすごく楽しいです。

のほほんとした主人公と、彼女を護衛する奴隷の青年の関係性も好き。
信仰みたいな恋情と命がけの打算による執着心という、なんとも言えない生々しさよ・・・・・・

全6巻で完結済みのシリーズで残りも買ってあります。続きを読むのが楽しみです。

☆あらすじ☆
200年後の世界で、自分らしく生きていく。
エンダルジア王国は『魔の森』のスタンピードによって滅亡した。
錬金術師の少女・マリエラは『仮死の魔法陣』の力で難を逃れたものの、
ちょっとした「うっかり」で眠り続けてしまい、目覚めたのは200年後。
――そこは錬金術師が死に絶え、ポーションが高級品と化した別世界だった。
都市で唯一の錬金術師になってしまった少女・マリエラの願い。
それは、のんびり楽しく、街で静かに暮らすこと。
ほのぼのスローライフ・ファンタジー、ここに開幕!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 1・2 /のの原兎太

恋を知らぬまま死んでゆく /捺


恋を知らぬまま死んでゆく【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
カクヨム×魔法のiランドコンテスト「大賞」受賞作。
心を剥き出しにする痛みを描いた青春恋愛小説で、とても面白かったです。

恋を知らない少女が、恋を失い死んだ少女の真実を知るため、「恋」について考える。
あまりにも曖昧で、形が定まらず、けれど時に暴力的なほど激しい感情。
そんな自分には理解できないものを、理解しようとする苦しみを描く物語でした。

恋が分からない彼女へ、何度も恋心を告げる同級生の存在も良かった。
彼女と彼の、「好き」という同じ言葉に込められた温度差が残酷で。
そこから生まれる感情の奔流が、すごく良かったんです・・・・・・

☆あらすじ☆
人を好きになるって、どうしてこんなに 幸せで切ないんだろう?
【カクヨム×魔法のiらんどコンテスト<大賞>受賞作!!】
「失恋した。この気持ちは聖良ちゃんにはわからないよね」
高校三年生の秋、私の携帯に謎めいたメッセージを残して菜々子は海で死んだ。事故だった。——でも、もし本当は自殺したとしたら?
幼なじみの死の真相を探るため、「恋を知らない」私は同級生とつたない恋人ごっこをはじめる。ニセモノの関係、ニセモノの愛情。そんな私を待っていたのは、甘くて切ない真実だった——。
ひとりの少女の死をめぐる、恋と痛みの青春ミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋を知らぬまま死んでゆく /捺

英国幻想蒸気譚1 レヴェナント・フォークロア /白雨蒼


英国幻想蒸気譚I -レヴェナント・フォークロア- (DENGEKI)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
電撃新文芸スタートアップコンテスト「編集部特別賞」受賞作。
史実とは異なる発展を遂げた19世紀末のロンドンを舞台に、人に仇なす『鋼鉄の怪物』との戦いを描いたスチームパンクです。

不気味な都市伝説の裏で、怪物たちが起こす凄惨な殺人事件。
それに関わるのは、怪物専門の請負屋を営む極東の青年と謎多き錬金術師。
蒸気機関が異常発達したロンドンで、いま、一体何が起こっているのか。

スチパン特有の幻想的な世界観と、血なまぐさいバトルにワクワクできる作品だと思います。
1巻だけだと少し盛り上がりに欠けるのだけど、この先に期待をこめて応援していきたい新作でした。

☆あらすじ☆
高度に発達した蒸気機関が世界を席巻した第二次産業革命、通称『蒸気機関革命』により飛躍的な文明発展が遂げられた19世紀末。
大英帝国首都、ロンドンで請負屋を営む極東人・封神幎(ツカガミ・ドバリ)と錬金術師・ヴィンセントの二人の下に舞い込むのは、いつだって厄介ごとばかり。
混沌に彩られしロンドンに渦巻く都市伝説を追う二人の前に次々と現れる『鋼鉄の怪物《レヴェナント》』の正体とは。
これは、虚実が織り成す鋼鉄と蒸気の幻想譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻想蒸気譚1 レヴェナント・フォークロア /白雨蒼

WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました

書籍版1巻だけは読んでいたのだけど、何となくWEB版をのぞいたらどっぷり浸かり、そのまま掲載分を全て読了。すごかった・・・

1巻の感想はこちらから

WEB版はこちら
Unnamed Memory(小説家になろう)

以下、ネタバレしかない感想。

続きを読む WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました