「KADOKAWA」カテゴリーアーカイブ

英国幻想蒸気譚1 レヴェナント・フォークロア /白雨蒼


英国幻想蒸気譚I -レヴェナント・フォークロア- (DENGEKI)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
電撃新文芸スタートアップコンテスト「編集部特別賞」受賞作。
史実とは異なる発展を遂げた19世紀末のロンドンを舞台に、人に仇なす『鋼鉄の怪物』との戦いを描いたスチームパンクです。

不気味な都市伝説の裏で、怪物たちが起こす凄惨な殺人事件。
それに関わるのは、怪物専門の請負屋を営む極東の青年と謎多き錬金術師。
蒸気機関が異常発達したロンドンで、いま、一体何が起こっているのか。

スチパン特有の幻想的な世界観と、血なまぐさいバトルにワクワクできる作品だと思います。
1巻だけだと少し盛り上がりに欠けるのだけど、この先に期待をこめて応援していきたい新作でした。

☆あらすじ☆
高度に発達した蒸気機関が世界を席巻した第二次産業革命、通称『蒸気機関革命』により飛躍的な文明発展が遂げられた19世紀末。
大英帝国首都、ロンドンで請負屋を営む極東人・封神幎(ツカガミ・ドバリ)と錬金術師・ヴィンセントの二人の下に舞い込むのは、いつだって厄介ごとばかり。
混沌に彩られしロンドンに渦巻く都市伝説を追う二人の前に次々と現れる『鋼鉄の怪物《レヴェナント》』の正体とは。
これは、虚実が織り成す鋼鉄と蒸気の幻想譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻想蒸気譚1 レヴェナント・フォークロア /白雨蒼

WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました

書籍版1巻だけは読んでいたのだけど、何となくWEB版をのぞいたらどっぷり浸かり、そのまま掲載分を全て読了。すごかった・・・

1巻の感想はこちらから

WEB版はこちら
Unnamed Memory(小説家になろう)

以下、ネタバレしかない感想。

続きを読む WEB版『Unnamed Memory』(藤村由紀 著)読了しました

Unnamed Memory 1 青き月の魔女と呪われし王 /古宮九時

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)
Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
以前から観測範囲で頻繁に評判を聞いていた人気のWEB小説。
待望の書籍化ということで読んでみたのだけど、これ本ッ当に面白いですね!?

呪われた王子と孤独な魔女の御伽噺であり、最強剣士と最強魔女の痛快活劇であり、結婚しろと迫る男と断固拒否ですと流す女のラブコメ。なにこれ好きが詰まってる。

細部まで作り込まれた設定は読み応えがあり、最強コンビによるアクションは躍動感が素晴らしい。
そして、打てば響くような2人の掛け合いは最高に気持ち良い。
テンポよく軽快に進むからスルスル読めてしまい、「まだ読み終わりたくない!」という葛藤と戦うのが大変でした。

世界観はまだ全貌が見えてこないけれど、そんな段階でもワクワクするポテンシャルに満ちています。
人と魔女の、近いようで遠い距離感にエモみを感じる恋愛要素もすごく良かった・・・・・・これは皆さんが推すのも分かる。

書籍版はもちろん応援するとして、手が空いたらWEB版に飛んでみようと思います。だって続き待てないよ・・・!

☆あらすじ☆
呪われし王と、世界最強の魔女。禁忌の出会いは【運命】を書き換える。
「俺の望みはお前を妻にして、子を産んでもらうことだ」
「受け付けられません!」
永い時を生き、絶大な力で災厄を呼ぶ異端――魔女。強国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた『子孫を残せない呪い』を解呪するため、世界最強と名高い魔女・ティナーシャのもとを訪れる。
“魔女の塔”の試練を乗り越えて契約者となったオスカーだが、彼が望んだのはティナーシャを妻として迎えることで……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Unnamed Memory 1 青き月の魔女と呪われし王 /古宮九時