「一迅社文庫アイリス」カテゴリーアーカイブ

勇者の娘と猫かぶりの魔王様/柏てん

勇者の娘と猫かぶり魔王様 (一迅社文庫アイリス)
勇者の娘と猫かぶり魔王様 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
勇者の娘に恋した魔王が、なんとか彼女に好きになってもらおうと奮闘するラブファンタジー。
しっかり者で自立心の強いヒロインが、甘えん坊ワンコ系ヒーローのお世話係になるという話です。
規格外な新人に振り回されるヒロインの苦労っぷりは同情するけれど、好きになってもらおうと頑張って空回り→ヒロインに怒られてしゅんとする→諦めずに頑張ってまた空回り、というヒーローはとても可愛くてニヨニヨしました。
終盤が駆け足だったのと、ヒーローの恋の始まりとなるエピソードが物足りなく感じたのが惜しかったかな。

☆あらすじ☆
魔王を倒した勇者の娘であることを隠し、ギルドで鑑定士として働くアデル。ある日、冒険者志望の謎めいた青年ディルの世話係をすることになるのだけど、妙に懐かれてしまい……。実は彼の正体は次代の魔王で、目的はアデルを嫁にすること――なのだけど、アデルはまったく気づいていなくて!?
「そんな、子犬みたいな目で見てもダメなんだから!」
魔王様は勇者の娘を御所望?
静かに暮らしたい勇者の娘と一途な魔物のお仕事×冒険ラブ★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の娘と猫かぶりの魔王様/柏てん

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
誑かそうとする狐の元夫と、誑かされまいとする人の元嫁の攻防を描いた和風ファンタジー。
『花神遊戯伝』を思い出させる、麗しくも残酷な神話的世界観が最高でした。個性とセンスが光りすぎ!
肝心のストーリーは、溺愛人外ラブの皮を被った「人と怪の化かし愛」といったところ。
「嫁に来い」「いやです!」の掛け合いに込められた二人の想いは、物語が進むなかで、くるくると万華鏡のように変化していくのです。特にラストのヒロインのモノローグがとても秀逸。
さて、この恋で一枚上手なのはどちらだろう?
初恋をこじらせたヒロインの想いは届くのか?
この先の展開がぜひ見たいので続編をお願いします!

☆あらすじ☆
「嫁いできてくれ、雪緒。……花の褥の上で、俺を旦那にしてくれ」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元に現れたのは、元夫の八尾の白狐・白月。突然たずねてきた彼は、雪緒に復縁を求めてきて――!? ええ!? 交際期間なしに結婚をして数ヶ月放置した後に、私、離縁されたはずなのですが……。
薬屋の少女と大妖の白狐の青年の異類婚姻ラブファンタジー。 

以下、ネタバレありの感想です。
ちなみにネタバレ注意系作品だと思います。ご了承ください。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

皇帝つき女官は花嫁として望まれ中/佐槻奏多

皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅社文庫アイリス)
皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
帝国の女騎士の生まれ変わりである王宮女官。
皇帝つき女官に選ばれてしまったことで、彼女は予期せぬトラブルに巻き込まれていきます。
前世から持ち越した秘密や人間関係が交錯しつつ、皇帝を巡る陰謀劇を描いていく本作。
状況はシリアスなのに妙にコメディタッチなお話でした。
全部シリアスブレイカーな皇帝のせいですよね???
イケメンが鳴く度にめちゃくちゃ笑いましたw

ちなみに、タイトルからの個人的予想に反して、ラブコメのお相手は皇帝ではなく皇帝の騎士。
こちらは砂糖過剰供給状態で、度々休憩が必要なほどでした。甘すぎるわ・・・!
あとがきには「ヒーローはそっとアピールしつつ迫るような感じ」と書いてあったけれど。
嘘やん・・・・・・「そっと」ではなくない???

ご都合主義が悪目立ちしてる部分は気になったけれど、ラブコメとして楽しく笑える作品でした。
よく分からない部分が残っているのでシリーズ化に期待しています。

☆あらすじ☆
「帝国の人間と婚約していただきましょう」
前世、帝国の女性騎士だった記憶を持つオルウェン王国の男爵令嬢リーゼ。彼女は、死の間際に帝国の重大な秘密を知ってしまった。だからこそ、今世は絶対に帝国とはかかわらないようにしようと誓っていたのに……。とある難題を抱えて、王国へ視察に来た皇帝の女官に指名されたあげく、騎士シディスと婚約することになってしまい!?
その婚約を解消するため、前世仕込みの戦闘能力で、皇帝達の抱える問題を私が解決します!
秘密を抱える女官の転生婚約ラブコメディ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皇帝つき女官は花嫁として望まれ中/佐槻奏多

クラリッサ・オルティスのささやかな願い 没落令嬢と成り上がり商人の恋のレッスン/ナツ

クラリッサ・オルティスのささやかな願い 没落令嬢と成り上がり商人の恋のレッスン (アイリスNEO)
クラリッサ・オルティスのささやかな願い 没落令嬢と成り上がり商人の恋のレッスン (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月刊。
没落しても矜持を忘れない貴族令嬢と、平民の成り上がり商人。
契約結婚の話が出る一方で貴族の礼儀作法を教えることになったヒロインは、そのレッスンを通して彼と心を交わしていくことになるのです。
身分差から生まれるすれ違いや、負い目や引け目などの暗い感情に振り回されることはあるけれど、主要登場人物に嫌味がなく読み心地は爽やか。二人の恋の行方に夢中になって読みきってしまいました。
ナツさんの作品は何作か読んでいるのだけど、丁寧な心情描写についつい引き込まれてしまうんですよね。特に切なさを盛り上げるのが上手い。
メイン2人の恋愛も素敵だったし、家族愛の物語としても良い作品だと思います。
健気に支え合う三姉妹の絆にとても心があたたかくなりました。
あまりにもキャラが好きすぎるからスピンオフ熱望・・・!

☆あらすじ☆
「借金は払ってやる。俺と結婚すればいい」
没落侯爵令嬢であるクラリッサのもとにやってきたのは、立派な身なりの貿易商・リュシアンだった。容姿端麗なリュシアンだが、乱暴な言動でクラリッサを驚かせる。しかも会ったその日に彼がもちかけてきたのは、紹介状目当ての契約結婚!?
当然断ったクラリッサだけれど、なぜかリュシアンにマナーレッスンを行うことになってしまって……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラリッサ・オルティスのささやかな願い 没落令嬢と成り上がり商人の恋のレッスン/ナツ

悪役令嬢の兄になりまして/霜月零

悪役令嬢の兄になりまして (アイリスNEO)
悪役令嬢の兄になりまして (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
悪役令嬢転生モノの変化球な作品で、悪役令嬢の「兄」に転生した少年の物語です。
大まかな方向性は破滅エンド回避という、おなじみのアレ。
この作品のポイントは特色は、破滅回避に向けて頑張るのが肥満のお兄ちゃんだという点にあります。
ただ、その特徴が悪役令嬢テンプレとどのように噛み合い、どんな独自性をだしていくのかは未知数な感じ。
だってプロローグで終わったから・・・・・・これだけでは評価しようがない・・・・・・
それでもキャラと雰囲気は好きなので、続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
ある日、デブでわがままな公爵家の三男ラングリースは、魔力暴走を起こした妹を助けて生死の境をさまよった結果、思いだしてしまった。自分が元日本人だということを。そして――。俺、なんで乙女ゲームのキャラに生まれ変わってるの? それに、こんなに可愛くって優しい妹が、未来では悪役令嬢になって処刑されるなんて!? そんな最悪なルート、思い出したからには、回避したい!! 可愛い妹の悪役阻止を目指す少年の破滅回避コメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢の兄になりまして/霜月零

恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年4月刊。
過酷な運命を背負った少女と乙女な悪魔の冒険と恋を描いたラブファンタジー。その後日談を含めた短編集です。
これで本当に終わりなんですね。ああ、終わってしまった・・・!
後日談以外にも、本編の前日譚、幕間の掌編、そして「起こり得たかもしれない結末」を描いた闇落ちIFルートなど、驚くほど沢山のエピソードが詰め込まれた豪華仕様の1冊でした。すごい満足感。楽しかったです!

☆あらすじ☆
神魔を使役し《名もなき悪魔》の名を書に記す朔使(さくし)。人と獣の姿を持つ美しき神魔アガルと契約したレジナは、彼と恋に落ち共に生きていくことに。平和な地で悪魔の力によって起こった事件、魔となることが決められている少年の物語、優しい天使とのひととき……欠片たちが集まり、旧き物語と新しき物語が描き出されていく――。一途な魔物と乙女が織りなす、大人気悪魔召喚ラブ★ サイドストーリーと本編のその後を描いた物語集登場!!

以下、ネタバレありの感想です

続きを読む 恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録9 恋咲く世界の永遠なる書/糸森環

恋と悪魔と黙示録: 9 恋咲く世界の永遠なる書 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録: 9 恋咲く世界の永遠なる書 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
波乱の運命を背負った少女と一途で乙女思考な魔物の恋と戦いを描いたファンタジーシリーズ最終巻。
ついに完結です・・・・・・私の生きる楽しみがまたひとつ失われてしまった・・・・・・
完結巻に相応しい激動の最終決戦。素晴らしく面白かった!

☆あらすじ☆
「この世界でぼくだけは、レジナの望みを叶えたい」人と獣の姿を持つ神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。人間と悪魔が争う中、《最古の王女》である自分の運命を受け入れたレジナは、魔王マグラシスと対峙する。混沌とした世界で明かされていく真実、レジナとアガルが選んだ未来――そしてその先に待っていたものとは? 一途な魔物と乙女が織りなす大人気悪魔召喚ラブ★第九弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録9 恋咲く世界の永遠なる書/糸森環

指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭/茉雪ゆえ

指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)
指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
刺繍狂いの変人令嬢とコミュ障騎士のラブコメファンタジー第2弾。
前巻で綺麗に終わっていたので続いたことが少し意外だったり。
そして内容の甘いこと甘いこと・・・・・・。
不器用無口だった気がするフェリクスさんが「無口とは?」状態になっているのが楽しかったですw

☆あらすじ☆
“氷の貴公子”と名高い、美貌の近衛騎士・フェリクスが投げた指輪で縁を結ばれた、刺繍好きの伯爵令嬢アウローラ。初めての恋に戸惑いながら、豊穣祭の衣装準備に追わていたある日、彼女を狙う不審な団体がいるとの情報が! 彼女は婚約者であるフェリクスに護衛してもらうため、同じ屋敷に住むことになって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭/茉雪ゆえ

侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)
侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
忠義者な侍女の一人二役ラブコメ第2弾。
今回は色々詰んでる王国の王太子からの求婚を断るために、マリアダが再び公姫のフリをするというストーリー。
板についた悪役っぷりを披露してくれるジルヴィーノは前巻よりもキャラが立っていたと思います。もうちょっと掘り下げてくれたらもっと良かった。
ちなみに出てくると主役二人を食ってしまう勢いでキャラが濃い公妃さまは今回出番控えめでした。妥当かもしれないけど寂しい。

☆あらすじ☆
大切な姫様の幸せを邪魔する者は許さない! 公姫の身代わりを務め、傭兵隊長ジルヴィーノとの政略結婚阻止に成功した侍女マリアダ。ところがマリアダ自身が気に入られ、彼の婚約者として傭兵の住む館に迎えられることに。傭兵隊長の妻なんて無理!――と求婚に抵抗していたある日、姫に新たな婚姻話が。姫のためにマリアダは再び身代わり&今度はジルヴィーノと恋人の演技まですることになって!? 侍女と傭兵隊長の身代わりラブ第2弾★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

伯爵令嬢の婚約状況/山吹ミチル

伯爵令嬢の婚約状況 (アイリスNEO)
伯爵令嬢の婚約状況 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
テンポの良いノリツッコミを楽しめる幼なじみラブコメ。
小さい頃から婚約者として育ち互いを知り尽くしているからこその気安い関係と、そこから一歩踏み出す甘酸っぱさのギャップにニヨニヨしてしまう作品でした。
女のドロドロバトルを率先してやりたがるヒロインの性格は結構クセが強いかなぁ。でもその都度ヒーローがツッコミ入れつつ手綱を握ろうとする関係が好きでした。あとがきの「(ただしリードは長め)」に笑ったw
やや説明不足な点があったり展開の起伏に欠けるところが惜しかったけれど、幼なじみものとしてはすごく楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
伯爵令嬢アイリーンは、社交界にデビューして早々、婚約者のフィリップに愛人候補がいることを知る。確かに彼は公爵家嫡男で将来有望、容姿も女性に騒がれていたけれど、結婚前から愛人の座を狙っている人が居るなんて――。「やったわ、女のドロドロガチバトルなんて大好物です!」「楽しむな、陰険な戦いを!」フィリップのため息もなんのその、愛人候補との対決に燃え上がるアイリーンだけれど…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 伯爵令嬢の婚約状況/山吹ミチル