「ヒーロー文庫」カテゴリーアーカイブ

青雲を駆ける3

『青雲を駆ける3』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

青雲を駆ける 3 (ヒーロー文庫)
青雲を駆ける 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
新弟子が加わってますます賑やかになった鍛冶師ファンタジー第3弾。
今回もとても読み応えある内容でした。着々と発展していく村の様子にワクワクしますw
もし異世界トリップしてもこのシリーズを持っていたら何とかなるような気がするレベル(気のせい)
三角関係な修羅場にドキドキしつつも、仲良し夫婦のいちゃいちゃにニヤニヤ。タニアほんと可愛すぎる(´∀`*)
しかしラストは鬼のような引きでした・・・・・・4巻が早く読みたい!

☆あらすじ☆
ナツィオーニからやってきた三人の新弟子たちは、早速、村人たちから大きな反発を招いてしまう。領主の息子ダンテは歓迎会の席で喧嘩を始める。カタリーナはエイジを誘惑しようとしてタニアの反感を買う。レオは技術にしか興味がない。…果たして、三人をこのまま受け入れるべきなのか。村では新弟子たちの処遇が話し合われ、彼らをどうするかは師匠になるエイジに託されることになった。熟考の末、エイジが出した結論とは―!?愛する妻と、鍛冶場と村の未来を守るため、エイジは奔走することになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける3

ウロボロス・レコード1

『ウロボロス・レコード1』(山下湊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)
ウロボロス・レコード1 (ヒーロー文庫)

2015年11月刊。
これは凄い小説でした。
面白いけど、主人公にドン引きです。でも面白い・・・・・・(;`・ω・)
犯罪小説やノワール小説的なダークすぎるファンタジー。
異世界転生前に経験した「死」を恐れるあまり錬金術に傾倒し、非道で残虐な実験を繰り返す怪物の物語です。
ここまで狂った主人公はなかなかいないのでは。外道すぎてバッドエンドを願うレベルでした。

☆あらすじ☆
伯爵家の次男トゥリウスは、現代日本で死を迎え、剣と魔法が支配するファンタジー世界の子どもに生まれ変わった転生者だった。そんな彼の願いはただ一つ。「もう、二度と死にたくない」。そんな妄執に囚われている彼は、極めれば不老不死をも実現できるという魔法“錬金術”にすがりつく。だが、錬金術は誇大なホラ話として世間から軽んじられている魔法。その上、トゥリウスが行う錬金術研究の内容は、常軌を逸していた。洗脳、改造、人体解剖…繰り返される異常な実験の数々に、周囲から恐れられ忌み嫌われていくが、彼はまるで気にしない。全ては、不老不死の実現の為に。奴隷のメイド・ユニをお供に、トゥリウスは我が道を行く―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ウロボロス・レコード1

薬屋のひとりごと4

『薬屋のひとりごと4』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★★

薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと3 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
1巻からの多くの伏線が一挙に回収されるクライマックスな第4巻。最高に面白かったです!
最終巻的盛り上がりに完結かと焦りましたが、巻末に「薬屋のひとりごと5に続く」の文字があったので安心しました。この調子でまだまだ続いてほしいシリーズです(*^ω^*)せめて彼が報われるまでは・・・・・・

☆あらすじ☆
壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。
猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと4

青雲を駆ける2

『青雲を駆ける2』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

青雲を駆ける 2 (ヒーロー文庫)
青雲を駆ける 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
青雲を駆ける1 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
現代の鍛冶師が召喚された異世界でものつくりをするシリーズの第2弾。
今回も様々な便利グッズがエイジの手によって生み出されていきます。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
ナツィオーニの町から帰ったエイジは、村の開発に力を注ぎ始め、初めて迎える冬の準備を行う。冬ごもりの食料対策や、家の補修を行う中、ナツィオーニからの褒美や、豊穣祭といった実りのある日々。そんな平和な日常が、エイジの元に訪れた一人の男―青銅鍛冶職人レオによって、小さなさざなみを起こす。レオは自信に満ちた表情で言う。「青銅と鉄、どちらが美しさで優れているか、勝負しましょう」。勝負を挑まれたエイジは、持ち込まれた美しいフェニックスの置物を見て、圧倒的不利を感じ取る。だが、職人の誇りにかけて、断ることも出来ないでいた。そして、騒動はそれだけでは終わらなかった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける2

薬屋のひとりごと3

『薬屋のひとりごと3』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★☆

薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと2 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
後宮で大活躍する薬毒マニア猫猫の事件簿第3弾。
今回も安定の面白さでした。ほんとこのシリーズ大好きです。
ラストはニヤニヤが止まりませんでしたーッε٩( ºωº )۶з

☆あらすじ☆
玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫。皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物だった。猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。また、猫猫は避暑地へ行く壬氏に同行することに。そこで待っていたのは―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと3

青雲を駆ける1

『青雲を駆ける』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

2014年11月刊。
とても面白かった!
野鍛冶の青年が知識以外の記憶を失って異世界トリップ。
青銅器メインな村の暮らしを鍛冶師の技術で豊かにしていく物語です。
生活に直結した様々な道具を生み出していく主人公の器用さに驚きました。鍛冶師すごい・・・・・・
鍛冶シーンの読み応えはたっぷり。鍛冶工程の描写が丁寧で読みやすかったです。
異世界ファンタジーというよりは職人モノとして楽しめた作品でした。
キャラも素敵で満足です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
現代日本で希少な野鍛冶の技を持つ男・エイジが異世界に転生。そこは貧しく、技術は未熟な異界だった。エイジは美しい未亡人のタニアと一緒に暮らす。近所に住む猟師や大工などの村人に助けられながら、鍛冶師として働くため、エイジは村の試練を受けることになる。何一つ設備も材料もない状態から、三ヶ月で作品を作り上げ、村の役に立つと認めさせる必要があった。エイジは村の一員として認められ、精力的な活動を続けていく。しかしエイジの技術は領主から目をつけられてしまう。生きて帰ってこられない、と忠告を受けながらも、労役という義務を果たすため、エイジは単身領主の町に向かった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける1

ポーション、わが身を助ける1

『ポーション、わが身を助ける 1』(岩船晶著/ヒーロー文庫)★★★☆☆

ポーション、わが身を助ける 1 (ヒーロー文庫)
ポーション、わが身を助ける 1 (ヒーロー文庫)

異世界召喚ものですが、少年向けレーベルには珍しく女の子が主人公。そしてバトル要素の薄い生産系日常ものです。
ゆるゆると主人公が商売で生計を立てていく姿が描かれていくのですが、そのちょっとのんびりとした雰囲気にホッとする作品でした。
ただ、もうちょっとヤマ場とオチが欲しかったですね。ラストもぶつ切りだったのは書籍化作品としては残念。

☆あらすじ☆
普通の女子高生・カエデは、獣人やエルフ、ドラゴンのいる異世界にスリップしてしまった。カエデは持っていたリュックサックに見覚えのない本があることに気がつく。本に書かれていたのはポーションの作り方だった。しかも「生成」と唱えるだけ。半信半疑だったカエデだが、試してみるとポーションが出来てしまった。異世界に放り出されたカエデにとって、それは生活を支える糧になった。出来たポーションが、結構な値で売れるからだ。いつか元の世界へ帰ることを望みながら、ポーションの支えもあって、異世界での生活を送るカエデ。とある一行との出会いから、生活は変わっていく。ドラゴンに遭遇したり、奴隷を買うことになったり…一人の女子高生の異世界での奮闘は続いていく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ポーション、わが身を助ける1

薬屋のひとりごと2

『薬屋のひとりごと2』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★★

薬屋のひとりごと 2 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと1 | 晴れたら読書を

2015年1月刊。
まさか続編があるとは思わなかったシリーズ第2巻。
名探偵な薬毒マニア猫猫の知性冴え渡る宮廷ミステリーですが、今回は前巻以上に綿密に置かれた伏線と、それが鮮やかに回収されていく様子がとても素晴らしかったです。
中華風な世界観も相変わらず魅力的。猫猫と壬氏のコミカルなやりとりも楽しかった!
そして、猫猫自身の過去にも迫っていきます。泣きました。最高です。

☆あらすじ☆
後宮女官を解雇された猫猫は、花街に戻ってきた。しかし、すぐに超美形の宦官・壬氏のお付として、外廷に出仕することになる。壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不思議な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官・羅漢が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。羅漢の本当の狙いとは一体?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと2

ナイツ&マジック1

『ナイツ&マジック1』(天酒之瓢著/ヒーロー文庫)★★★☆☆

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)
ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

メカオタクの青年が転生したのは剣と魔法とロボットの異世界だった!というファンタジー作品。
魔法とロボットという2つの要素がうまく噛み合った世界観が面白く、さらに元メカオタクの主人公の突き抜けた(暴走した)趣味人っぷりがとても楽しかったです。
今回は世界観や魔法等の説明にページを大きく割いているため、全体としてプロローグな感じでしたが、どんどん面白くなりそうな予感を抱かせる1巻でした。

☆あらすじ☆
とある一人の日本人が事故でこの世を去った。彼の魂は、異世界において『エルネスティ・エチェバルリア』として転生する。しかも、前世である日本人としての記憶を受けついだまま。エルの趣味嗜好も前世に倣ったものだった。彼は前世に続いて極度の『メカオタク』であったのだ。そんな生まれ変わった世界で、実在する巨大人型兵器である幻晶騎士と出会ったエル。彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。この世界での幼なじみを巻き込みつつ、メカオタクとしての暴走は続いていく―。
小説投稿サイト「小説家になろう」で大人気のロボットファンタジーがついに書籍化。
メカオタクだった青年が、転生し、思う存分本物のロボットを操る。

 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ナイツ&マジック1

薬屋のひとりごと1

『薬屋のひとりごと』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★☆

薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)

2014年8月刊。
とても面白かったです。
中華な世界観の後宮を舞台に、薬毒マニアの女の子が探偵役で活躍するライトミステリー。
冷静沈着で知性あふれるものの、かなりの変人という主人公が良いキャラクターでした。そして彼女をこき使っている態の宦官の青年がミイラ取りになっていっている様がとても楽しかったです。
連作短編のように、小さな事件を積み上げて大きな流れを描き出す構成なのですが、ひとつひとつの事件も味があって読み応えがあります。おすすめです。

☆あらすじ☆
大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があったからだ。
そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 薬屋のひとりごと1