「ヒーロー文庫」カテゴリーアーカイブ

神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
ポジティブ少女が幾多の苦難を乗り越える異世界セカンドトリップファンタジー第5弾。
相変わらず語り口は笑えるのに、状況は全く笑えないという。
今回の表紙になっているシーン、めちゃくちゃ切なくて、ものすごく素敵でした・・・!

☆あらすじ☆
ルーナの失われた記憶は戻るのか? もう一人の異世界人の存在!? この世界に持ち込まれた「爆弾」のすべての元凶とは――。
ルーナとアリス、そしてユアンとともにガリザザへ出発したカズキ。
ルーナの記憶は戻らず、ユアンも子供に返ったままだったが、船上ではそれなりに平穏に日々を過ごしていた。
しかし突然の嵐によって船は難破。次に目を覚ましたときには、何故かガリザザの兵士とともに囚われていた。
ガリザザの皇子ディナストは、罠に人間を嵌めて上から見学する遊戯にハマっているとのこと。とんでもなく悪趣味な自体に巻き込まれたカズキ達だったがアリスとルーナの持ち前の運動神経により、一同は何とか試練をクリアしていく。
しかし、同じ闘技場に囚われ、仲間だと思っていたはずの男たちに突如として剣を突きつけられてしまい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)
第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
見た目が幼いことを気にする第六皇女と、見た目が怖すぎることを気にする黒騎士。
政略によって結婚することになった二人が、未来に思いを馳せながらゆっくりと心を交わす物語です。
辺境領地運営モノになっていくのかな? 見た目幼女でも中身はチートな姫さまが大活躍しそうな予感。
この1巻は主役二人の馴れ初め物語として綺麗にまとまっていたけれど、おそらく本題は二人が領地に移動してからなのだと思います。
ラブコメと内政を上手く絡めて描いてくれる作品だけに、今後の期待大です!
2巻も楽しみ!

☆あらすじ☆
天使のような王女が降嫁された相手は強面の騎士!? 恋には年の差も身長差も関係なし? あま~いラブコメディが登場!
リーデルシュタイン帝国は隣国との戦争に勝利し、戦勝の式典のために慌ただしい時を過ごしていた。
そんな中、第六皇女であるヴィクトリアは父である皇帝より、先の戦争で武勲を挙げた第七師団師団長のアレクシス――通称「黒騎士」に降嫁させると告げられる。
ドラゴンすら屠ると言われる剣の腕に加え、その鍛え抜かれた大きな体躯と厳しい風貌は、令嬢なら顔を見ただけで泣いて逃げ出すと恐れられている黒騎士。
対するヴィクトリアは16歳という実年齢に反して、10歳程度の子供にしか見えないほどに、幼くあどけない少女だった。
政略結婚にしても可哀想だと、周囲は結婚に反対するのだが、当のヴィクトリアは何故かアレクシスとの結婚に前向きなようで――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

薬屋のひとりごと7/日向夏

薬屋のひとりごと 7 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 7 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
薬と毒が大好きな(マイルドな表現)薬師・猫猫が様々な謎を解き明かす中華宮廷ミステリー第7弾。
今回もめちゃくちゃ面白かったです。
新しい職場で猫猫の同僚になったツンデレお嬢様とヤンデレ従者のコンビ(表紙のふたり)が可愛くて好きです。
猫猫と壬氏の関係も何やら楽しい動きが????

☆あらすじ☆
里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、猫猫のもとに高順が厄介ごとを持ってやってくる。どんな用事かといえば、猫猫に官女試験を受けさせないかというものだった。猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。新しく医官付の官女となった猫猫の前に現れるのは、面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ官女たちだが―。猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。特に、官女の首領である姚は猫猫に対して突っかかってくるのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと7/日向夏

神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
次々と襲いくる手厳しい運命に対し、ハートフル&コミカルに立ち向かっていく異世界セカンドトリップファンタジー第4弾。
表紙上部の飛行機にギョッとしたのだけど、手前のカズキの内心を知ると渾身のドヤ顔が面白すぎましたw
状況は相変わらずのハードモード。それだけに人の優しさが沁みます・・・

☆あらすじ☆
反乱軍を迎え討つため、かつての敵の砦ウルタで過ごすカズキ。双子の弟であるユアンからは相変わらず嫌われていたが、兄のユリンから、ユアンの女嫌いの理由と二人の過去を聞く。自分達を売った母親を自分はもう捨てたが、ユアンはずっと母親から受けた傷を抱え続けている。そんなユアンの傷を癒してほしいと願うユリンに、カズキは自分にできることは必ずすると約束する。一方、ウルタ砦に姿を現した反乱軍が用意していた兵器に、皆は見慣れぬせいか怪訝な表情をするばかり。だが、カズキは悲鳴を上げてしまう。それは爆弾、そして大砲だったのだ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵

聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)
聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
これ、めちゃくちゃ好きです!!面白かった!!
乙女ゲーム転生モノの様式に沿いつつ、主人公本人は非転生者という設定が絶妙なファンタジーでした。

ゲーム転生モノって、ストーリー進行上の目的がハッキリしているところが好きなんですよね。
その良さを取り入れつつ、非転生主人公の一人称視点で語られる本作はメタ的なノリが最小限に抑えられているのでファンタジーの世界観を壊しすぎないところが個人的には高ポイントでした。ハイファンタジーとゲーム転生モノの長所を両取りした感じかな。

主人公の女騎士は格好いいと可愛いのバランスが素晴らしいし、脇役たちも魅力的に生き生きしていて素敵。
恋愛要素も私好みで大満足です。
主人公と、彼女を振り回す冒険者の関係性には萌え転がった・・・!

内容的にはまだ序章といったところ。続きがすごく楽しみです!

☆あらすじ☆
王国魔法騎士団の女騎士ニア・エウクレストは、その美しさとは裏腹に、女である自分を封じて生きていた。
そんなニアは、立ち寄った魔法具店で男に声をかけられる。「あんた、エルティニアだろ!?」。
それは、五年前に死亡したとされる少女の名前。悲劇の美姫と謳われた伯爵令嬢エルティニアは過去を捨て、今や女騎士ニアとして生きていた。
その男アルンバートは自らを転生者だと主張し、エルティニアこそ前世で見た物語の「ヒロイン」だと告げる。信じがたい話に半信半疑の日々を過ごすのだが、ある日、魔法騎士団に視察に訪れたクレイグ王子が誘拐されてしまう。ニアは独断で王子奪還へ向けて動こうとするのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵

神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
もはやタイトルの「少々」に疑問を覚える異世界セカンドトリップファンタジー第3弾。
カズキの珍妙言語力でもカバーできないほどのシリアス展開に突入です。
カズキの周囲が良い人たちばかりだからこそ、この展開が辛すぎる・・・・・・

☆あらすじ☆
ゼフェカの企みにより、十年の蟠りが噴出したグラース国とブルドゥス国。軍士の大規模な離反が現実となってしまった中、カズキは偽黒スヤマの侍女としてお茶会に付き添っていた。ゼフェカがそばを離れたこの好機に、少しでもスヤマから情報を得ようと、イヴァルとヒューハと共におしゃべりに花を咲かせてスヤマの動揺を誘う。そんな中、会場内に一人の男が現れ、カズキに同行を願い出る。知らない男に警戒するカズキだが、男の正体を知って一気に警戒を解く。男は問う。「異世界人の目から見て、この国はどう見える」と。カズキは、その質問にこう答えた―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界転移してうまく言語習得できなかった平凡少女が色々頑張るセカンドトリップファンタジー第2弾。
今回もひたすら笑ってました。シリアスなシーンなのに笑いすぎてもう何がなんだか・・・・・・あー楽しかった! ほんと外では読めない!
今回は前回よりもカズキが酷い目にあっているけれど、表紙のボロボロな姿の理由がもっと酷すぎて、そんなカズキが私は大好きだと思いました。

☆あらすじ☆
十年ぶりに降り立った異世界で無事にルーナと再会できたカズキ。だが、黒曜という肩書の為に命を狙われてしまう。身の安全を守る為、アリスローク・アードルゲの家にかくまわれ、彼の女家族達と楽しい時間を過ごすことに。だが、娼館を襲ったものと同じ集団がアードルゲを襲う。戦争によって大切な人を失い続けてきたアードルゲにある、故人を偲ぶ唯一の絵を燃やさせるわけにはいかないと、カズキは自ら囮となって屋敷を飛び出した。捕らわれた先で地下室に閉じ込められたカズキは、謎の青年ゼフェカに出会う。彼はカズキの「いつまでここにいればいいのか?」という質問に「時代が終わるまで」と答えるのだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい1/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
ヒーロー文庫発の新レーベル「プライムノベルス」の創刊第一弾。
めっっっちゃ楽しかった!
異世界で苦楽を共にした恋人と強制的に引き離されたと思いきや、10年後の世界に再転移した少女カズキ。
タイトルの通り、少々(?)手厳しい運命に巻き込まれるものの、基本的には明るく楽しい純愛系のラブコメです。
異世界の言語を拙くも一生懸命喋る女の子は可愛いはずなのに、カズキの語学力は愛でるには面白すぎました。腹筋痛い・・・!
人情味溢れるキャラクター陣がとても魅力的だし、メインとなる10年越しの恋も微笑まし・・・いや、ごめんやっぱり爆笑してた。
何はともあれ、元気で宜しい恋せよ乙女!
今後もすごく楽しみな期待の新作です。

☆あらすじ☆
戦時中のグラース国に転移した須山一樹は、年下の少年、ルーナ・ホーネルトと恋に落ちた。しかし、長かった戦争が終わった夜、気がつくと日本に帰っていた。それから十か月後。何の因果か、カズキは再び異世界にいた。だがそこは、敵対関係にあったブルドゥス国の王都。しかも、自分が消えた夜から十年が経過していた。行き場のないカズキは、偶然出会った少女リリィが経営する娼館で下働きとして過ごすことになる。二度目の異世界生活に慣れてきたある日、カズキはこの十年で名が知れ渡った「黒曜」という存在を知る。それは、終戦の夜に消えた異世界人の自分が、終戦の女神だと担ぎ上げられたものだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい1/守野伊音

転生少女の履歴書3/唐澤和希

転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)
転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
元ハイスペック女子高生の異世界転生物語第3弾。
引き続き学園編。元の世界の知識で商売繁盛&領地繁栄を目指す物語として着々と進んでいる感じですね。
面白いけれど、もうちょっとテンポ上げて欲しいかなぁ。

☆あらすじ☆
リョウは王立学校に入学して2年目を迎えていた。魔法使いではない生徒にも魔法に関する書物を閲覧する権利を求めて、デモ活動に力を入れるリョウ。ドッジボールを広め、社交場を作ることで、様々な生徒から署名を得ていた。だが、学園で最も権力のある生徒、ヘンリー王弟と思わぬところで遭遇したことで、魔法使いや王族に対して複雑な思いを抱くようになる。また、嘆願書を通すために、自分の立場向上をはかるリョウは、商人としての名声を得るため活動を始める。しかし、ある日、腐死精霊使いでもあるシャルロットの魔法を見て、とある物の作成を思いつく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生少女の履歴書3/唐澤和希

薬屋のひとりごと6/日向夏

薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
ラブコメモードが暴発してしまった壬氏の安否が気になって仕方なかった第6巻。
猫猫は手強すぎるけど、くじけない壬氏も強いw
そして今回のメインは表紙のふたり。淡い想いの行方にハラハラさせられたけれど、今回も安定の面白さでした。

☆あらすじ☆
猫猫は壬氏からのプロポーズを受けるのか? 花嫁の自殺、人気画家の食中毒、湖の上を歩いて渡る仙女……第六弾も大注目!
西都にて、壬氏に求婚された猫猫。今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると首を縦に振ることはできない。軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと6/日向夏