「早川書房」カテゴリーアーカイブ

旧暦屋、始めました 仕立屋・琥珀と着物の迷宮2/春坂咲月

旧暦屋、始めました (ハヤカワ文庫JA)
旧暦屋、始めました (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
天才和裁士の青年・琥珀と着物が苦手な女子大生・八重が、着物にまつわる様々な謎を解き明かしていく連作短編ミステリ第2弾。
今回も着物や日本文化にまつわる様々な薀蓄が語られ、奥が深くてオシャレな和の世界観にワクワクしました。
着物や季節にかけたなぞなぞも、旧暦屋に次々と舞い込むミステリーも相変わらず面白い。この作品は教養と茶目っ気のバランスが最高です。
そして琥珀と八重の恋の行方も気になる本作。
相変わらず琥珀さんの八重への想いは粘着質というかなんというか。着実に囲い込みが進んでる・・・!
それと文体がさらに軽快になった気がします。弾むような語り口が可愛くて癖になります。好きだ〜(*´∀`)

☆あらすじ☆
親元を離れ、奈良で大学生になった八重。それを追うように天才和裁士・琥珀は近くで着物の店“旧暦屋”を開いた。バイトを引き受けた八重と和の知識豊富な琥珀の元には次々と着物を巡る事件が持ち込まれる―人形に隠されたメッセージや模様柄が語る恋の罠、“旧暦屋にない密”の謎…いつも思わせぶりな琥珀に心揺れてしまう八重。古都に恋の花は咲くのか?アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作『花を追え』続篇登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 旧暦屋、始めました 仕立屋・琥珀と着物の迷宮2/春坂咲月

『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)
ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』2013年2月刊、『ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ』2013年12月刊、『ソフロニア嬢、仮面舞踏会を密偵する』2015年4月刊、『ソフロニア嬢、倫敦で恋に陥落する』2017年2月刊。

面白かったーーーー!!
19世紀の英国を舞台に、スパイ少女が大活躍するスチームパンク学園冒険譚です。

主人公である貴族令嬢が放り込まれたのは、とある秘密を隠した花嫁学校。
その校舎は空に浮かぶ巨大飛行船であり、教師陣が教えるのは淑女のためのスパイ術。
そんなスパイ養成花嫁学校でスパイとしての頭角を現していく主人公は、次第に英国を揺るがす大きな事件に首を突っ込むことになるのです。

スチパンギミック満載のスパイアクションであると同時に、思春期の少女を描いた青春小説でもある本作。
少女から大人へと変わっていくセンチメンタルな雰囲気や、友情のきらめき、恋のときめきも味わえる一粒で二度も三度も美味しいシリーズでした。控えめにいってすごく楽しかった!

「英国パラソル奇譚」シリーズの前日譚的な物語ですが、内容的にはほぼ独立しているのでこのシリーズだけ読んでも大丈夫だと思います。
が、吸血鬼や人狼絡みのオリジナル用語を把握するのが少し大変かもしれない(もちろん作中で説明はあります)。
アレクシア女史も最高に頭茹だるくらい面白いし、そちらを読んでからだとラストでニヤッとできる、かも??

☆あらすじ☆
吸血鬼や人狼らと人類が共存するヴィクトリア朝英国。
おてんばなわれらが主人公ソフロニア・テミニック嬢は、上流階級の子女が集まる花嫁学校(フィニシング・スクール)に入れられてしまうことに。ところがそこは、情報収集や毒物の使い方、異界族への対処などといった技術を教える、女スパイ養成所だった!?
さらにソフロニアは、空盗賊がらみの謎解きにも巻きこまれる――
歴史情緒とユーモアにみちたスチームパンク冒険奇譚、新シリーズ開幕!

以下、全4巻まとめてネタバレありの感想です。たぶん致命的なネタバレはないはず。

続きを読む 『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

花を追え 仕立屋・琥珀と着物の迷宮/春坂咲月

花を追え――仕立屋・琥珀と着物の迷宮 (ハヤカワ文庫JA)
花を追え――仕立屋・琥珀と着物の迷宮 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
第6回アガサ・クリスティー賞「優秀賞」受賞作。
着物を愛する青年仕立屋と、「着物には近寄らない」と言う女子高生。
御縁に結ばれた2人が、着物にまつわる様々な謎を解き明かしていく連作短編ミステリです。
謎解きにあたって多くの蘊蓄が語られ、それがとっても楽しい。きもの文化というものは奥が深くてオシャレで粋なものだなぁ・・・と唸ってしまいました。
予想外にロマンチックな主人公2人の関係も素敵。
ちょっとストーカー気味な和服イケメン琥珀さんをはじめ、愛嬌のある登場人物たちが魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
仙台の夏の夕暮れ。篠笛教室に通う着物が苦手な女子高生・八重はふとしたことから着流し姿の美青年・宝紀琥珀と出会った。そして仕立屋という職業柄か着物にやたらと詳しい琥珀とともに、着物にまつわる様々な謎に挑むことに。ドロボウになる祝い着や、端切れのシュシュの呪い、そして幻の古裂「辻が花」……やがて浮かぶ琥珀の過去と、徐々に近づく二人の距離は果たして――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花を追え 仕立屋・琥珀と着物の迷宮/春坂咲月

クシエルの啓示 全3巻(クシエルの遺産シリーズ3)/ジャクリーン・ケアリー

クシエルの啓示〈1〉流浪の王子 (ハヤカワ文庫FT)
クシエルの啓示〈1〉流浪の王子 (ハヤカワ文庫FT)

前巻の感想はこちらから


総評:★★★★★
「クシエルの矢」から始まった神娼フェードルの物語、三部作の最終章。
宮廷陰謀劇が繰り広げられた前二作から一転し、この第三部では神話を紐解いていく壮大で神秘的な世界観に魅了されました。
ファンタジーって素晴らしい!と改めて強く実感。恍惚とするくらい満足しました。
様々な形の愛の物語としても堪能。フェードルとジョスランが大好きすぎて胸が苦しいのですが・・・!
このシリーズ、今まで読んだファンタジーの中でも1、2を争う面白さでした。これから何度でも読み返していきたい作品です。

☆「クシエルの啓示1 流浪の王子」あらすじ☆
フェードルが二度にわたり国家転覆の陰謀を防いでから、はや十年。女伯爵として栄える彼女だが、旧友ヒアシンスを救えずにいることだけが心残りだった。そして、かつて神託が告げた平和な十年間が過ぎた日、フェードルのもとに幽閉中のメリザンドから便りが届く。それは最愛の友とひとりの高貴な少年を救いだすための、想像をはるかに超えた長い旅のはじまりであった…絢爛たる歴史絵巻の掉尾を飾る第三部、いよいよ開幕。

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む クシエルの啓示 全3巻(クシエルの遺産シリーズ3)/ジャクリーン・ケアリー

クシエルの使徒 全3巻(クシエルの遺産シリーズ2)/ジャクリーン・ケアリー

クシエルの使徒〈1〉深紅の衣 (ハヤカワ文庫FT)
クシエルの使徒〈1〉深紅の衣 (ハヤカワ文庫FT)

前巻の感想はこちらから


総評:★★★★★
めちゃくちゃ面白かったー!!
神と女王に仕える高級娼婦フェードルの謀略と冒険と愛を描く歴史ファンタジー第2部。
敬愛する女王の玉座を守るため、再び宿敵に立ち向かうことを決めたフェードル。
1部の苦難を乗り越えて一回り大きく成長した彼女の、したたかで蠱惑的な娼婦としての顔と、ままならない愛に苦しむ女の顔がどちらもすごく魅力的でした。
肉体的にも精神的にもボロボロになりつつ、それにすら甘美な悦びを感じちゃうフェードのドMっぷりは健在。
陰謀劇&冒険活劇としても安定の高水準。特に2巻以降の急転直下な展開の連続には読む手を休める暇がありませんでした。

☆1巻「深紅の衣」あらすじ☆
列国が激突したトロワイエ・ルモンの戦いは幕を閉じ、若き女王イサンドルのもとテールダンジュに一時の平和が訪れた。だが、女伯爵として所領で穏やかに日々を送るフェードルの心からは、処刑前夜に逃亡した謀反人メリザンドと、彼女がよこした血糊墨のマントのことが消えなかった―悲劇と権謀術数の渦をしなやかに乗り越えるヒロインの新たな旅が始まる。壮大な歴史を描きローカス賞を受賞した傑作シリーズ、新章開幕。

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む クシエルの使徒 全3巻(クシエルの遺産シリーズ2)/ジャクリーン・ケアリー

血と霧2 無名の英雄/多崎礼

血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)
血と霧 2 無名の英雄 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
吸血鬼×スチームパンク×探偵譚の第2巻。
まさかこんな結末を迎えるなんて・・・・・・。
読後しばらく立ち直れないほど落ち込みました。でも面白かったです。すごく面白かったけれど辛い。

☆あらすじ☆
ロイスが救った少年ルークはオルタナ王家の王子だった。彼に、4年前に行方不明になった娘ミリアムの面影を見るロイス。一方ルークもまた血の分析官になるという夢を抱きはじめる。そうして穏やかな日々を取り戻したふたりだったが、女王シルヴィアと反勢力の対立に巻き込まれたことで状況は一変する。ロイスとルークの過去に秘められた、残酷な真実とは? 血に支配された国で葛藤する者たちを描く、贖罪と祈りの完結篇。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血と霧2 無名の英雄/多崎礼

子どもたちは狼のように吠える1/地本草子

子どもたちは狼のように吠える (ハヤカワ文庫JA)
子どもたちは狼のように吠える (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
これは凄かった・・・・・・。
ボーイ・ミーツ・ボーイな復讐譚。
暴力と死で塗り固められた物語はとことん救いがなく、どこまでも堕ちていく少年の運命に思わず眼を背けたくなりました。
最初から最後まで不条理の連続で、何度読むのをやめようと思ったことか。展開のひとつひとつが全力で心を折りにきてる。
そういう物語なので読み終わった後の疲弊感と虚無感は半端ないのですが、正直、めちゃくちゃ面白かったです。

☆あらすじ☆
不法移民の大量流入のため、世界最悪級の犯罪地帯となった日本領サハリン。裕福な日本人家庭に生まれた14歳のセナは、突然父母を惨殺され、ヤクザが子どもたちを玩具にする「学校」に売り飛ばされる。絶望に沈む彼は、そんな逆境を嘲笑う同い年のロシア人移民のニカと出会った―。全ての理不尽な運命と身勝手な大人たちに復讐するため、ふたりは銃を手に立ち上がる!硝煙弾雨のティーンエイジ・ノワール『少年篇』。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 子どもたちは狼のように吠える1/地本草子

『君を愛したひとりの僕へ』『僕が愛したすべての君へ』/乙野四方字

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2016年6月刊。
並行世界の存在が認められていく世界を舞台に、2つの世界でそれぞれ生きる少年の恋を描く2冊1組の物語。
同時刊行でどちらから読んでも問題ないのですが、おすすめは『君を愛したひとりの僕へ』の切なさを存分に味わったあとに『僕が愛したすべての君へ』を読むこと。「君を」で感じる様々な想いが、「僕が」のラストにおける感動をより引き立てるのです。これが本当に泣ける。
「任意に並行世界を行き来できるようになる」というSF設定から、儚い恋と誠実な愛の物語を見事に描き出した傑作だと思います。とても素晴らしかった!

☆あらすじ(「僕が愛したすべての君へ」)☆
人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界――両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦(たかさき・こよみ)は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音(たきがわ・かずね)に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが……

以下、ネタバレありの感想です。2冊まとめての感想なのでご注意を。

続きを読む 『君を愛したひとりの僕へ』『僕が愛したすべての君へ』/乙野四方字

血と霧1 常闇の王子/多崎礼

血と霧1 常闇の王子 (ハヤカワ文庫JA)
血と霧1 常闇の王子 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
吸血鬼×スチームパンク×ハードボイルドなダークファンタジー。
捜し物が得意な探索者の主人公が、様々な捜索依頼を受けたことから大きな事件に関わっていくことになる物語です。
煙草と硝煙が似合う主人公の渋さがめちゃくちゃ格好いい。過去の因縁から生まれる彼の後悔と葛藤は切ないのですが、うっかり溢れる父性が可愛いかったりもして、情に厚いキャラクターがとても魅力的でした。
吸血鬼が支配する世界観は細部がユニークで面白く、血液を操る異能者たちの駆け引きやアクションも読み応え抜群。
物語はまだ始まったばかりでストーリー的に少し中途半端なところで終わっているのですが、2巻は7月に出るとのこと。とても楽しみです。

☆あらすじ☆
血の価値を決める三属性――明度(バリュー)、彩度(クロマ)、色相(ヒュー)――による階級制度に支配された巻き貝状の都市国家ライコス。その最下層にある唯一の酒場『霧笛(むてき)』で血液専門の探索業を営むロイスのもとに、少年ルークの捜索依頼が持ち込まれた。だが両親だと偽る男女は、事件の核心部分を語ろうとしない。価値ある血を持つと思われる少年に自らの過去の因縁を重ねたロイスは調査を始めるが、それは国家を揺るがす陰謀の序章に過ぎなかった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血と霧1 常闇の王子/多崎礼

クシエルの矢 全3巻(クシエルの遺産シリーズ1)

『クシエルの矢 1〜3』(ジャクリーン・ケアリー著/和爾桃子訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)
クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)

中世ヨーロッパをモチーフにした壮大な歴史ファンタジー。
天使の末裔が築いた王国を舞台に、神に仕える娼婦フェードルの波乱に満ちた運命を描く物語です。
かなり設定が作り込まれており、登場人物も国内外の勢力図も複雑すぎて一読で理解するのは本当に大変でした。特に1巻は完全な理解を放棄してひたすら文字を追っかけていたレベル。
しかし話が進むにつれて、その細部まで練られた世界観が読み応えにつながっていくのです。2巻3巻は夢中になって読んでしまいました。
苦痛に快感を覚える性癖を神から与えられ、逆境を切り抜ける才覚を養父から与えられた主人公。彼女のその才能は、彼女にどんな運命をもたらすのか。
主人公のマゾヒズムに最後までハラハラさせられましたが、とても面白かったです!

☆第1巻あらすじ☆
天使の血をひく人々の国、テールダンジュ。ここでは、愛の営みは神への捧げ物である。少女フェードルは“クシエルの矢”と呼ばれる印をもって生まれ、それゆえに数奇な運命をたどる。謎めいた貴族デローネイに引きとられ、陰謀渦巻く貴族社会で暗躍するためにあらゆる知識と技術を授けられたのだ…一国の存亡を賭けた裏切りと忠誠が交錯する中、しなやかに生きぬく主人公を描くローカス賞受賞の華麗な歴史絵巻、開幕。

以下、シリーズ第1弾「クシエルの矢」全3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む クシエルの矢 全3巻(クシエルの遺産シリーズ1)