「小学館ガガガ文庫」カテゴリーアーカイブ

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)
クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
クリエイティブにオタ活する「創造部」に、オタク知識ゼロの転校生が入部希望者として現れたことから始まる黒歴史生産系青春小説。
クリエイターの悩みと業の深さを感じる作品でした。そもそもオタクという存在自体、業が深いのか。
それにしたってこの主人公は恥が多い人生を生きてる感がすごい。
積み残しがあるのが気になったので続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
衝動だけで突き進め! 漆黒の青春と創作!
小説、イラスト、CG、動画……。クリエイティブに関わる活動なら何でもありの「創造部」。
「俺たちはアマチュアだ!クオリティなど気にするのは百年早い!大切なのは衝動だ!」
湊介をはじめとする部員たちは、ただ好きなものへのあこがれと、情熱と、そして衝動に突き動かされ、純粋な創作活動をめざしていた。
しかし「自称ハイパークリエイトプロデューサー」「真性サブカル女」「クリーチャー好きの3DCGクリエイター」等、こじらせまくっているオタク部員ばかりの創作部は、生み出す作品がことごとく黒歴史に。
そんな中、新入部員募集のために創った自主制作まる出しのドB級ショートムービー「終末怪獣クソフラシツボドリル」が、オタク文化にまったく触れずに育ったお嬢様の転校生・比香里の心を掴んでしまって……。
「感動しました!私に色々教えてください!」キラキラと目を輝かせる比香里に、いい気になって創作論を説く湊介。しかし、いざ比香里との創作活動を始めようとするも、プライドや見栄、自意識が邪魔してドツボに嵌まってしまう。
黒歴史を恐れてはならない――でも、俺には才能がない!?
痛くも恥ずかしい、むき出しの青春群像劇開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲

月とライカと吸血姫3/牧野圭祐

月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
宇宙開発競争の最前線を舞台にした、人間と吸血鬼のボーイ・ミーツ・ガールから始まる青春物語第3弾。
1、2巻では敵国として描かれてきた連合王国に舞台を移し、新たな場所、新たな登場人物をメインにしたストーリーとなっています。
史実をモデルとしているからこその奥行きのある読み応えは変わらず。人種差別問題の過酷さは前巻以上に強く感じました。
その逆境の中で生まれゆく主人公とヒロインの絆は尊く、今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
宙と青春の物語、連合王国編始動!
――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。
人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。
「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」
王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。
新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロンの弟であることを理由に、その人間代表に選ばれてしまう。そして、吸血鬼の末裔である新血種族代表は、アーロンの飛行を成功に導いた才媛カイエ・スカーレット。
研究所での仕事と、宣伝活動の二足の草鞋。不慣れな日々の中、バートはカイエの秘めたる想いを知っていく。
「――私は月なんて、大嫌い」
華々しい宇宙飛行の裏側には、語られることのない数多の人々の情熱が確かに存在した。宇宙を夢見る技術者の青年と新血種族の才媛が紡ぐ、宙と青春の物語がここに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫3/牧野圭祐

妹さえいればいい。9/平坂読

妹さえいればいい。 9【Kindle限定 電子特典付】 (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 9【Kindle限定 電子特典付】 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
ついに・・・!と胸が熱くなる(気がする)展開がやってきたラノベ作家ラノベ第9弾。
相変わらずキレッキレの風刺が楽しいのだけど、今回はラストの展開に繋げるためにあるという印象。ここからが本題ですよね?
次巻はやく!

☆あらすじ☆
「お兄ちゃん!!」
相生初に続き、第15回新人賞受賞者たちの作品が続々と刊行された。那由多に憧れる笠松青葉もどうにかデビューを果たすのだが、待っていたのは酷評の嵐だった。伊月はそんな彼女の姿に自分のデビュー当時のことを思い出し、励ましの言葉をかける。一方、いよいよ放送が近づいてきた『妹のすべて』のアニメ制作ではさらなるトラブルが相次ぎ、京はいよいよ就職活動が始まり、千尋の前にもお掃除ロボットではなくちゃんと人間のライバルが登場する。
大人気青春ラブコメ群像劇、妹がいっぱいの第9弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。9/平坂読

やがて恋するヴィヴィ・レイン3/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン 3 (ガガガ文庫)
やがて恋するヴィヴィ・レイン 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
恋と会戦の物語第3弾。
面白いのだけど、話の進みがものすごく早いような??
ハイペースで進むなか、キャラの魅力が光るところは流石。
それにしても意外と良い人?と思わせてからのアレは・・・w

☆あらすじ☆
ルカは皇位継承を巡る闘争へと巻き込まれ…。
ウルキオラ暴動から三年……。神聖リヴァノヴァ帝国においてルカはジェミニらと共に帝国最強の独立混成連隊として勇名を馳せていた。ルカの編み出した新戦術は三次に及ぶ「ドル・ドラム戦役」においてその威力を発揮し、帝国軍総司令官ヴラドレン皇太子はルカに作戦会議への参加を許可する。だが皇帝の血を引くジェミニも皇太子を排除すべく暗躍を開始、ルカは皇位継承を巡る闘争へと巻き込まれる……。
「子どもだった。見た夢が幼すぎた。あの約束は世界を破壊してしまう」
「飛空士シリーズ以上!」との声も上がってきた、魅力的なキャラクター設定で圧倒的話題の一大軍事戦記。さらにさらに加速する恋と会戦の物語、第三巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがて恋するヴィヴィ・レイン3/犬村小六

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12/渡航

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
約2年ぶりの新刊です。
ちょっと前の内容を忘れていたのだけど、そうだった、奉仕部最後の依頼の話だった・・・
いよいよ最終章突入です。

☆あらすじ☆
たとえ、その選択を悔いるとしても。
バレンタインデーのイベント、水族館での雪の日を経て、自分たちが踏み出すべき一歩を定める八幡たち。そんな奉仕部に、ある大きな依頼が持ち込まれる。その依頼に対して、今までとは違ったやり方で取り組むのは、三人にとっては自然な流れのはずだった。
それが、自分たちの求めていることなら――。
たとえ、その選択を悔いるとしても。
時間の流れがいつか自分たちを大人にするのかもしれない、出会いと別れを繰り返して人は成長するのかもしれない。でも、いつだって目の前には「今」しかなくて――。
雪乃、結衣、八幡。それぞれの想いを胸に抱えながら、各々が選択する「答え」とは。
新たなる青春群像小説、物語は最終章へ。シリーズ12巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12/渡航

妹さえいればいい。8/平坂読

【期間限定!特典版】妹さえいればいい。 8 (ガガガ文庫)
【期間限定!特典版】妹さえいればいい。 8 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
リアルと作中で同時にアニメ化企画進行中のラノベ作家ラノベ第8弾。
現実では秋アニメなので、もう間もなく1話がオンエアーされますね。
何かあるとすぐ全裸になるこのラノベを放送できることに驚きしかないけれど、一体どんなアニメになるんだろう・・・!

☆あらすじ☆
土岐健次郎、切腹……!?
年が明け、『妹のすべて』のアニメ化発表が着々と近づいていたある日、なにげなくエゴサーチをした伊月が見たものは「妹すべ、アニメ化決定!」という新刊の画像付きツイートだった。その画像の出所はなんとギフト出版の公式サイトで……。伊月やアニメ関係者からの信用を失ったGF文庫編集部が放つ、起死回生の一手とは……!? 伊月や土岐がアニメに翻弄される一方で、春斗や京、他の新人作家たちの物語も進んでいき、千尋の心にも大きな変化が訪れて――。
動き続ける青春ラブコメ群像劇、第8弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。8/平坂読

忘却のアイズオルガン/宮野美嘉

忘却のアイズオルガン (ガガガ文庫)
忘却のアイズオルガン (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
現在ほぼ休止状態のルルル文庫の人気作家・宮野美嘉さんのガガガ文庫デビュー作。
少女小説作家がライト文芸ではなく少年向けラノベを出すケースは稀に見かけるのだけど(永野水貴さんとか)ルルル文庫作家の受け皿はガガガ文庫になるのでしょうか。
宇津田晴さんもガガガ文庫から刊行予定がありますし(延期してるけれど)

それはさておき、宮野美嘉さんの新作は動く死体となった少女を連れた魔術師の青年の物語。
悪魔を狩る青年の目的は少女を生き返らせること。そのために彼は少女に愛されてはいけないし、彼女に真実を知られてもいけない。
誰よりも愛する少女から憎まれながら悪魔と戦い続ける青年の旅を描いていくゴシックファンタジーです。
「宮野さんが少年向けを書いたらこんな感じだろうなぁ」という、まさにそんな感じのダークな世界観でラブがエゴイスティックな物語でした。
主人公がかなりの変人なのは仕様ですね!w

☆あらすじ☆
悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅。
悪魔が人類の隣人として振る舞っていた時代。魔術師のダヤンと屍人形のアリアは、悪魔退治を生業としながら、旅を続けていた。
ダヤンの目的はただ一つ。己が手をかけ、屍人形にしてしまったアリアを生き返らせること。そのために彼は、生と死を支配する悪魔・ガーガヴルドと契約を交わしたのだ。人理を外れた望みを叶えるには、それ相応の代償を払わなければならない。絶対的な契約の元、かつての記憶を失ったアリアに真実を伝えられず、悪魔退治を担わせなければならない日々。ダヤンは本心を隠して、あくまでもアリアを金稼ぎの道具として扱い、露悪的に振る舞い続ける。
旅の中で訪れた新たな街。その街の住人はどことなく生気を失ったような様子で、病院を訪れる患者が後を絶たないらしい。そして、その病院に勤める医師の家で、瀕死の重傷を負った娘が奇跡的に回復し、その代わりに息子が死んでしまったという奇妙な噂が囁かれていた。そこに悪魔の匂いをかぎつけた二人は、さっそく調査を開始するのだが……。
悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅路。――これなるは忘却の果てに垣間見る、魂と契約の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 忘却のアイズオルガン/宮野美嘉

筺底のエルピス5 迷い子たちの一歩/オキシタケヒコ

筺底のエルピス5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)
筺底のエルピス5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年8月刊。
待ちに待っていたSF鬼退治シリーズ第5弾!
第四話「標なき道」の開幕編ということで内容的にはまさにプロローグ。
これまで疑問を挟む余地(余裕)がなかった前提を直球でガシガシと揺さぶってくる展開、これぞまさにSFって感じですね!たのしい!!
そして前巻ラストの絶望感に心が死んだ私としては今回の話に泣くしかありません。
本当に今回は人間ドラマが最高すぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
癒やせぬ傷を抱え、狩人たちは前を向く。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。
だが、その脅威に立ち向かうべき狩人たちは、断絶を経た長い歴史の結果として、不毛な衝突を続けていた。
白い鬼の出現によって口火が切られた組織間抗争こそ無事終結したものの、未来を切り捨てる戦の果てに、多くの者が傷つき、道を見失う。
背負う重責に震える者。慢心の罠に陥る者。無能さを悔やむ者。自身との軋轢に苦しむ者。欲望へと走る者。救いたい者を救えぬ者。そして地獄から流れ着き、独房でひとり、静かな狂気に沈もうとする者。そんな彼らを立ち上がらせるのは、はたして誰による、いかなる選択なのか。
新たなる鬼の脅威。秘密の開示の先に待つ、太古の闇。
時を超える旅によって増殖し、この世にふたり存在することになった乾叶を渦の中心として、歴史の背後に潜んでいた数多の謎も浮上を始める。
残酷な運命に抗うべく、傷だらけの迷い子たちがそれぞれ踏み出す、新たな一歩とは。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。再起と転換の第5弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス5 迷い子たちの一歩/オキシタケヒコ

ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)
ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
第11回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作。
学生新聞を発行するジャーナリズム研究会の編集長である主人公が、ある美人の先輩と知り合ったことから、日常の様々な謎に遭遇していくという青春ミステリー。
論理的に推理する主人公と、直感的に違和感を訴えるヒロインのコンビがなかなか魅力的で良かったです。
人の秘密を暴くことに対するエゴと、それを押しても真実を知ることの意味を問いかけるような内容だったのかな。
ほろ苦いエピソードが多いなか、なにげに救いだったのは主人公と親友2人の関係性でしたw

☆あらすじ☆
新鋭作家が織りなす日常系ミステリー!
海新高校2年生の工藤啓介は、他人との接触をできるだけ断つために、部員が啓介一人しかいないジャーナリズム研究会に属している。中学時代からの親友である大地と良太郎とだけと親交を保ち、余計なトラブルに巻き込まれないように平穏な学園生活を送ろうとしているのだ。ある日、学内でも評判の美人の先輩白鳥真冬と関わり合ってしまったことによって、少しずつ学内の事件やトラブルに巻き込まれていくことになっていく。
高校生活の中で起きるちょっとした事件を次々と解決していくことになっていく啓介。真冬もまた、その完璧さ故に学内でも疎外感を感じていたのだが、啓介たちと触れあうことで少しずつ本来の自分を取り戻していく……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

妹さえいればいい。7/平坂読

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年5月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
ラノベ作家ラブコメ第7弾。
今回糖度アップしてるんだけど、なんか可愛いというよりエグいものをみた気分w
そして読み終わって表紙を見返すと切なくなりました・・・。

☆あらすじ☆
お付き合いはじめました。
ついに付き合うことになった羽島伊月と可児那由多。恋も仕事も充実して、ますますリア充真っ盛りとなる2人。そんな2人の交際をきっかけに、羽島千尋、白川京、不破春斗、それから何故か大野アシュリーの心境にも変化が訪れるのだった。千尋の前には新たなライバルが出現し、春斗は彼を慕う新人作家(巨乳)・相生初に熱いアプローチを受ける。近づいてくるクリスマスの足音。変わりゆくもの、変わらないもの。大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第7弾! 作家や税理士や女子大生たちの、新たな物語が幕を開ける――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。7/平坂読