「GA文庫/GAノベル」カテゴリーアーカイブ

七代勇者は謝れない /串木野たんぼ


七代勇者は謝れない (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
面白かった!
最強少女と次点少年の、「どっちが勇者にふさわしい!?」を問いまくる人気投票系コメディファンタジー(なんだそれ)
すぐ推し変する神々のせいで、勇者力(なんだそれ)を争うことになった主人公とヒロイン。
魔王の驚異にさらされる世界で、救世主として立つべきはどちらなのか。
勢いで突き進む話なので、勢いで読むべき作品なのだと思います。
でも勢いに乗って読んでいると、意外な落とし穴に何度もハマってギョッとしたりする。そこが楽しい作品でした。
あと拗らせケンカップル好き的にも楽しい。
ヒロインが可愛いんですよね。もうね、ずっと主人公と対立し続けてほしい。

☆あらすじ☆
勇者候補2人の勇者力争奪ファンタジー!
聖剣を抜いたのに、神々に勇者と認められなかった勇者志望の少年ジオ。
横で見ていただけなのに、なぜか七代目勇者にされた天才少女イリア。
一度すれ違った二人の運命は、イリアが魔王に敗北を喫し、戻ってきたことで再び交錯する。
「勇者代われイリアァァァ!!」「だめ、私がもう一度やる」
勃発するは、勇者の資格争奪戦。
代われ代わらぬ喧々囂々。いがみ合つつも、七代目(元)と八代目(仮)の2人の勇者候補はそれぞれの想いを胸に、ともに旅立つことになるのだが――?
真の勇者はどっちだ!?
なんとかやり直したい元勇者と早く勇者になりたい少年による勇者力争奪ファンタジー、出立!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七代勇者は謝れない /串木野たんぼ

エリスの聖杯 /常磐くじら


エリスの聖杯 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
発売前から熱い推薦を度々目にした、人気WEB小説の書籍化作品。

権謀術数が渦をまき、相手がミスをし罠にハマるのをニヤニヤと眺める享楽的な貴族の世界。
そんな魑魅魍魎だらけの貴族社会に挑む、年若き二人の令嬢の物語です。

10年前に処刑された公爵令嬢の亡霊と、彼女を見つけた地味な子爵令嬢。
成り行きでバディを組むことになった二人は、果たして10年前の真実を見つけることができるのか。

どこもかしこも謎だらけのストーリーで、物語への吸引力が抜群に強い作品だと思います。
いや本当に吸い込まれるように読んでしまいました。
ギリギリの綱渡りを繰り広げる主役二人の冒険には胸が高鳴るばかり。とても面白かったです。
これは続きも期待できそう。楽しみです。

☆あらすじ☆
悪役令嬢の亡霊が、地味令嬢な私の相棒!?
陰謀渦巻く貴族社会で二人の逆襲が始まる!
「いいこと、コンスタンス・グレイル。お前のこれからの人生をかけて、わたくしの復讐を成功させなさい!」
誠実だけが取り柄の地味な子爵令嬢コニーは、とある夜会で婚約者を奪われ、窃盗の罪まで着せられる絶対絶命の窮地に陥っていた。
しかしそんな彼女の元に、10年前に処刑された希代の悪女、スカーレット・カスティエルの亡霊が現れる!
かつてその類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われたスカーレットは、コニーに憑依するや瞬く間に形勢を逆転し、危機を救う。だが、その代償としてコニーが要求されたのは、スカーレットの復讐に協力することだった!?
利害関係から始まった二人のコンビは、貴族社会に潜む悪意や陰謀を蹴散らすうちに大切な絆で結ばれた真の相棒へと成長し、やがて過去から続く巨大な陰謀と対峙していく……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エリスの聖杯 /常磐くじら

落第騎士の英雄譚17 /海空りく


落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)17 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
大炎編クライマックス。
意外な人物の再登場にテンションが上がり、共闘展開や覚醒展開に胸が熱くなり、そして気づけば読み終わっていました。
でも待って・・・・・・主人公どこ・・・?

☆あらすじ☆
運命を超越せよ!
若き騎士たちの真価が試される激闘の第17弾!
「――ならば倒すしかないのです! 貴女が! この私を!!」
刀華の魂に輝きを見出した天童は、九州全土を巻き込む災害級の伐刀絶技を発動した。その目的はただ一つ、自分を打倒せざるを得ない状況に刀華を追い込み、彼女を「祝福」――すなわち《覚醒》に導くこと! 大勢の命が人質にとられた状況で、自らの限界を超えるため足掻く刀華。だが、その心は天童の圧倒的な強さに完全に敗北していて――
一方、首都東京では海の向こうから迫る新たな脅威を察知。これに対応すべく、騎士連盟は戦力の総動員を開始する!
かつて《落第騎士》と鎬を削ったものたち、その真価が試される激闘の第17巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚17 /海空りく

天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹


天才王子の赤字国家再生術5~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
空前の好景気にわくナトラ王国と立役者ウェイン。
しかしそこには新たな火種が存在し、それを解決するためにとった一手が新たな戦乱を呼んでしまう第5巻。
安定して面白いです。
計画通りに進むこともあれば、思惑が外れてワタワタと奔走することもある。
貧乏国の望まぬ快進撃から始まった物語は、諸国を巻き込み、一体どこへ向かうのでしょうか。
続きもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
西と同盟して一流国家の仲間入りだ!
『やはり手を組むべきは、グリュエールだな、間違いない!』
ミールタースでの騒動を機に、大いに知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていた。
追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在。
国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び国全体を底上げすることを画策する。
折しもグリュエールからの招待を受け、意気込んで外交に向かうウェインだったが、
そこでは予想外の展開が待ち受けていた! 戦雲垂れ込める、弱小国家運営譚第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹

ゴブリンスレイヤー11 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー11 (GA文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
今回は砂漠にゴブリンが出たので退治しに行くお話。
いつもの内容なのだけど、醜悪さという点ではシリーズ随一だったのでは??

☆あらすじ☆
ゴブリンスレイヤー、砂漠《ゲヘナ》へ。
「ゴブリン退治はもう飽きたっ!」
「なんじゃい、そんなら竜退治にでも行くんか?」
夏、妖精弓手や鉱人道士が騒がしいギルドの酒場に、女商人が訪れた。
「お願いしたい冒険があるのです」
砂漠の広がる東の国境にゴブリンが増えているらしい――。女商人は東国に商談に向かう護衛として、彼ら一党に同行して欲しいという。
「やはりゴブリンか。いつ出発する? 俺も行こう」
文化の異なる砂漠の隣国、そこで待ち受ける残虐な罠、たまさか出会う砂漠の民、交錯する仕掛人。紅砂の先、彼らは邪悪な企みを知る――。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第11弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー11 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー10 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー10 (GA文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
いつもと違う冒険と、いつもと同じゴブリン退治。
いつもと違うことをしようとするゴブスレさんをみると、なんだか無性に感慨深くなります。そんな第10巻でした。

☆あらすじ☆
春、ゴブリン退治の傍ら、葡萄園の警備をすることになったゴブリンスレイヤーの一党。
その葡萄園は、女神官の育った地母神の神殿のものだった。
そんなある時、女神官が姉のように慕う神殿の葡萄尼僧がゴブリンの娘だという噂が広がる――。
周囲の心ない声に胸を痛める女神官、それに対し、迷いを感じるゴブリンスレイヤーはある決断を下す。
「たぶん……今日、明日はゴブリン退治はやれん」
「何をするにしても、頑張ってくださいね! 応援、してますから」
街の影を走る闇の仕掛人が暗躍する中、小鬼殺しに手はあるのか!?
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第10弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー10 /蝸牛くも

りゅうおうのおしごと!11 /白鳥士郎


りゅうおうのおしごと!11 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年8月刊。
姉弟子回。
カタルシス最高すぎて泣いてます。
これまでの銀子を否定しないでくれたのが、どうしようもなく嬉しかった。

☆あらすじ☆
《浪速の白雪姫》最大の秘密が明らかに!!
「私を殺して……」
奨励会三段リーグで三連敗を喫し心が折れた銀子は、八一に懇願する。
「俺が連れて行ってあげますよ。絶対に死ねる場所へ」
こうして二人は将棋から逃げた。それは同時に、なぜ将棋を指すのか問い直す旅でもあり――
なぜ、八一は銀子を『姉弟子』と呼ぶようになったのか?
なぜ、銀子は女流タイトルを求めたのか?
八一と銀子の出会いと修業時代の日々、そして《浪速の白雪姫》に隠された最大の秘密が遂に明かされる告白の第11巻!
将棋の神が定めし残酷な運命は、誰に微笑むのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!11 /白鳥士郎

勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている! /機村械人


勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている! (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
カースト格差がある高校生男女の青春ラブコメに、「異世界との交流」というファンタジー要素を混ぜ込んだ学園もの。
友達がほしいコミュ症勇者に振り回される、普通(?)な主人公の奮闘を描いた物語でした。
キャラは良いし設定も悪くないのだけど、読み味は割と普通かなぁ。
終盤でもう少し盛り上がりがほしいところでした。が、かなり気になる幕引きだったので2巻(刊行決定してるらしい)からがラブコメとして本領発揮な予感。
期待して続きを待ちたいと思います。

☆あらすじ☆
「私、初めてだったんです。ああやって、普通に話し掛けてもらえたの」
まるで、村人Aのように大事ない日々。
そんな人生を愛する僕、村野和人が偶然話しかけた少女は、かつて異世界を救った《勇者》だった!!
彼女は桐条莉央。単身で魔王軍を打倒し、現代に帰還した超絶VIP。全人類から崇拝される孤高の存在だ。
「わ……私と友達になってください」
そんな莉央様が、僕と友達になりたいと言い出した。そんな大役は務まらないと断固拒否するが、彼女のアプローチはどんどん過激になる!?
「私は……村野さんがいいんです!」
これは、平々凡々なモブキャラの僕が、女神の如く崇敬される少女の孤独を癒し、支え続ける学園交友録(ラブコメ)。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている! /機村械人

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 /大森藤ノ


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
外伝1巻から、ずっと【ロキ・ファミリア】が戦い続けてきた「都市の破壊者」。
いよいよ最終決戦です。
これまでの集大成。エピソードてんこ盛りでした。
シリーズ最大規模のバトルは胸熱だったし、とても面白かったです。
一方で、なんかこう「あれ?」と物足りなさを感じる部分もあり・・・・・・その子たちの話がメインだったの?みたいな。
と思ったら外伝最終巻ではないとのこと。なるほど。

☆あらすじ☆
『彼女達』は――冒険者達は最後の決戦に臨む
結論から言えば。
それは語り継がれることのない物語だ。
誰が勝ち、誰が負け、誰が生き、誰が死に、誰が吠え、誰が嗤い、誰が哭いたのか。そこに富と名誉はなく、倒れた者は歴史に名を刻むこともなく。誰の記憶にも残らぬまま、天の葬列に加わるのみ。
けれど、『彼女達』は臨むのだ。
巨大な悪に、邪悪極まる闇に。秩序のため、誇りのため、絆のため、『彼女達』は――冒険者達は最後の決戦に臨むのだ。
「1000年の時を越えて、もう一度冒険者達が下界平和の礎となる! ――ここに新たな神聖譚を記せ!!」
これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 /大森藤ノ

小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 /高町京


小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年7月刊。
第11回GA文庫大賞「奨励賞」受賞作。
これは良い幼馴染カップルですね。ツンデレ青年×甘デレ美少女。うむ、推せる!

舞台は異能の力をもつ突然変異が発生するようになった現代社会。
「特異体」と呼ばれる異能者たちの犯罪に対し、同じく特異体であるハンターたちが立ち向かう物語です。

仇敵を追いつつ繰り広げられるバディアクションと、ウザかわヒロインとツンデレ主人公のラブコメの調和がすごく良かった。
ストーリーもテンポが良くて面白かったし、今後のシリーズ展開も期待できる終わり方なので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
私のチカラでメロメロにしちゃうからね、れー君!
突然変異によって生物に異能力が発現するようになって40年。俺は幼馴染の小泉花音とコンビを組んで、異能犯罪を取り締まるフリーランスの捜査官をしている、のだが……
「さあれー君、一緒にお風呂しよう。大丈夫、なんにもしないから!」
俺はなんでこんな変態とコンビ組んじゃったんだろうなぁ……
発電能力を操る花音は当代随一の能力者。俺たちの元には面倒な事件が次々やってくる。街の平和のため、そして因縁深いとある能力者を捜すため、俺たちは今日も街を駆ける!
「だってれー君、一人じゃ何にもできないんだから!」
ウザヒロイン×異能の現代バディアクション開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 /高町京