「富士見L文庫」カテゴリーアーカイブ

紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 /雪村花菜


紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
じわじわと本編開始時に近づいている前日譚シリーズ第4弾。
文林の厄介者扱い、あまりにも妥当すぎて、しみじみと頷くしかありません。

☆あらすじ☆
彼女は、やがて高き御位にのぼるだろう――
幼き日、老婆から告げられた小玉の未来。それは着実に現実のものになっていると兄嫁は感じていた。しかし、予言には出てこなかった男・周文林の存在が気にかかる。この男が、小玉を不幸にするのではないか――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 /雪村花菜

陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍


陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年10月刊。
男装陰陽師と検非違使がバディを組んで怪異に挑む平安風ファンタジー。
暗い感情に澱む人の心に切り込んでいく二人の活躍を描いた物語です。
主役二人の心情描写が少し粗く感じたかな?
1冊できちんと終わっているけれど、いまひとつ楽しみ方が掴めない作品でした。

☆あらすじ☆
あやかしがはびこる都を守るのは、凄腕の男装の陰陽師——
幼い頃に呪いをかけられた鶴丸は、男と偽り、陰陽師となる。出向先の検非違使庁で、鶴丸は少将の孝行を相棒にあやかしの事件に挑むことに! 女に戻れば死。陰陽師として競り負けても死。平安風陰陽伝記、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍

メイデーア転生物語1 この世界で一番悪い魔女 /友麻碧


メイデーア転生物語 1 この世界で一番悪い魔女 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
『かくりよの宿飯』『浅草鬼嫁日記』の友麻碧さんの新シリーズ開幕。
新作といっても、これはかつて富士見ファンタジア文庫から書籍化された『メイデーア魔王転生記』のリメイク作品です。
しかし改稿によるブラッシュアップがすごい。これは素晴らしいリメイクですよ・・・!

さて、本作は、「世界で一番悪い魔女」の末裔として生まれた少女が、恋しい人にもう一度会うため奮闘する異世界転生ファンタジーです。
運命によって邪魔される恋路を、負けるものかと必死に突き進む少女。
全寮制魔法学園で仲間たちと学業に励みつつ、主人公は自身が立ち向かうべき運命を知ることになるのです。

転生ラブロマンスとしても、魔法学校ものとしても、世界の命運をかけた壮大な御伽噺としても楽しめる1冊。
まだまだ序盤ですが、すでに面白いので今後も更に面白くなるに違いない。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
魔法の息づく世界メイデーアで紡がれる、片想いから始まる転生ファンタジー
悪名高い魔女の末裔とされる貴族令嬢マキア。ともに育ってきた少年トールが、異世界から来た〈救世主の少女〉の騎士に選ばれ、二人は引き離されてしまう。マキアはもう一度トールに会うため魔法学校の首席を目指す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む メイデーア転生物語1 この世界で一番悪い魔女 /友麻碧

神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ


神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
不本意にも女装が似合う可憐な少年料理人が、ひょんなことから公主の厨房を任されることになり、彼女の様々な無茶振りに振り回され後宮内で起こる問題に挑んでいく―― という中華後宮もの。
とにかく元気がいい主人公が魅力的な作品でした。
美味しい料理をつくり出す繊細な味覚を持つわりに、色々と感性が雑なところも好き。
比類なき美しさを持つ豪快甘党公主とのコンビも良かった。最初から最後まで賑やかで楽しかったです。

☆あらすじ☆
公主の菓子担当は可憐なイケメン!? 女装厨師、後宮の暗殺計画を曝く!
とある依頼を受け女装で後宮へ侵入していた天矢は、甘い物に目がない公主に半ば恐喝され、お菓子担当の厨師として雇われる。 開口笑(ドーナツ)、杏仁豆腐、数々の菜を頬張る姫君を横目に、後宮の闇を曝けるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ

浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
最強鬼夫婦の転生ファンタジー第7弾。
馨の里帰り回です。
真紀に馨にしてあげられること、してあげられないこと。その両方を通して「真紀は本当に良い嫁だな・・・」と感動してしまうお話でした。
馨には真紀しかいなくて、真紀にも馨しかいなくて。
でも、それじゃあ、あの人の想いはどこにいくのかな・・・・・・
今後の展開がちょっと怖くなってきました。楽しみです。

☆あらすじ☆
そこは御伽噺の隠れ里。「最強の鬼嫁」夫婦を、幾つもの想いが待ち受ける。
狩人たちとの騒動を退け、無事に新学期を迎えた少し後。馨の祖父の訃報を受けて、真紀は法事へついていくことになる。訪れた九州の実家で、二人は地域にまつわる伝承と、夜毎屋敷をさまよう不穏な存在に遭遇し……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧

龍のいとし子 /戌島百花


龍のいとし子 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
ああ、これ、評価に迷う・・・!
設定も展開も好きだし、異種恋愛譚としての美しさもあったし、序盤からアクセル全開なテンポの良さも大変良かったです。
ただ、あまりにも感情面の進みが早い。
妖怪に命を狙われる逃避行のなか、高い場所から為す術もなく落ちていくように、急速に少年に惹かれていく主人公の恋。
心情描写は丁寧なんだけど、あまりにも変化が早すぎて「えっ、もう!?」という気持ちがあって。
なんかこう、あと100ページほしかった感。
一方で、お相手の想いの方は満点あげたいレベルだし(だから評価に迷う)、物語全体を流れる切なくも優しい雰囲気が素敵な作品でした。

☆あらすじ☆
美しき人外と少女の、禁忌の恋の物語——。
平凡な大学生の柚葉の前に、突然、清冽な美貌の男子高校生が現れる。「貴女を、守りに来ました」そう言って異形に襲われた柚葉を助け、二人の逃避行が始まる——美しき人外と少女の禁断の恋愛ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 龍のいとし子 /戌島百花

おいしいベランダ。7 返事は7日後のランチで聞かせて /竹岡葉月


おいしいベランダ。 返事は7日後のランチで聞かせて (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
まもりの就活スタート。
前巻でフラグが立った亜潟さんの事情も加わり、なんだかやけにハラハラする7巻めでした。
でも、三十過ぎた男がハタチになったばかりのJDに(ひとりで勝手に)翻弄されている姿はとても面白かった・・・笑

☆あらすじ☆
就活に遠距離……2人の未来への転換点!?
まもりとお隣に住む恋人・葉二のベランダ菜園には、華やかなパッションフルーツも加わって、夏が楽しみな季節。
同時に、まもりは就職にむけて心が騒ぐ大学3年目に。教職を目指す湊ちゃんと違って、何をすべきか悩んでしまうけれど……!
就職活動の手がかりに、企業インターンシップに参加したまもりは、自分がどう働きたいかを掴みはじめる。着々と将来を考える彼女の横で、葉二は「神戸に引っ越す」と言い出せないまま焦りばかりつのって——。
二人とベランダの転換点がやってくる第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おいしいベランダ。7 返事は7日後のランチで聞かせて /竹岡葉月

かくりよの宿飯10 あやかしお宿に帰りましょう。 /友麻碧


かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。 (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年8月刊。
見事な最終巻でした。
鬼と人の世界をまたいだ異種婚姻譚。
そして、料理の腕だけで隠世に居場所を作り出した葵の奮闘記。
どちらの結末にも大満足です。とても面白かった。
友麻先生、お疲れさまでした。番外編も楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
「今宵、私は、あやかしお宿に嫁入りします」葵の細腕繁盛記、大団円へ!
ついに始まる八葉夜行会。大旦那の“真実”と自分の気持ちに向き合った葵は、彼を救う協力者を得るため妖都を奔走する。葵が向かったのは、かつて彼女の料理を否定した大湖串製菓の八葉・ザクロのもとだった——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯10 あやかしお宿に帰りましょう。 /友麻碧

おいしいベランダ。6 スミレと6粒のチョコレート /竹岡葉月


おいしいベランダ。 スミレと6粒のチョコレート (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
まもりの親友・湊ちゃんのお話が中心となる第6巻。
亜潟さんの存在感は薄めだったものの、ラストでなにやら爆弾が放り込まれたような・・・?

☆あらすじ☆
バレンタインのベランダ、2つの恋に嵐が訪れる!?
栗坂まもりは、イケメンだけどベランダ菜園マニアの亜潟葉二とお隣さんで恋人どうし。
マンション改装も終わった冬。張り切って新たにスミレをベランダ菜園にお迎えしたまもり。バレンタインにこの花を活躍させる計画でわくわくする一方、友人の湊と周の間には不協和音が!
……湊ちゃん、わたしに何かできることはないかな? 友人のために心を砕くまもり。
一方で、見守る葉二には仕事の転機が訪れ――?
ベランダ菜園に2つの恋の嵐が巻き起こる、大人気シリーズ6巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おいしいベランダ。6 スミレと6粒のチョコレート /竹岡葉月

わたしの幸せな結婚2 /顎木あくみ


わたしの幸せな結婚 二 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年7月刊。
不遇な身の上に育った少女が、少しずつ幸せを手に入れる姿を描く和風ファンタジー第2弾。
前巻で謎のままだったアレコレの真相が明かされました。
主役二人の距離感については、一進一退を繰り返しているように見えて、ちょっとずつ近づいてるな、という感じ。

☆あらすじ☆
ただ居場所が欲しいんじゃない。旦那さまのそばだけがいい——。
清霞の婚約者として勉強もはじめ、穏やかな日常が訪れたかと思った。けれど美世は夜ごと悪夢に襲われ、だんだん衰弱していく。それがきっかけで、美世と清霞はすれ違い、美世は家を出ることに——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わたしの幸せな結婚2 /顎木あくみ