「富士見ファンタジア文庫」カテゴリーアーカイブ

マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?7 マイラブ (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
3巻2006年8月刊。4巻2006年12月刊。5巻2007年7月刊。6巻2008年2月刊。7巻2008年8月刊。

富士見ミステリー文庫版『マルタ・サギーは探偵ですか?』、全て読了しました。
最高でした。最ッッッッッ高だった・・・!

鷺井丸太という日本の少年が異世界でマルタ・サギーとなり、『名探偵』となって助手と共に怪盗に立ち向かい、そして一つの街を救うまでの物語。

全ての謎や問題が綺麗に解決される話ではありません。
それでも、運命とカードに振り回された「マルタ・サギーの物語」として、文句のつけようもなく素晴らしい内容でした。

特に4巻以降は、マルタの内面に深く静かに潜り込むような心情描写が秀逸でした。
マルタが積み重ねてきたもの、選んできたもの。そこから生まれる心の機微に軽やかに触れていく。その触れ方の優しさよ・・・・・・

あれだけの感情をストレスなく読者に受け止めさせるのって凄くないか。
ありったけの言葉を尽くさずとも、シンプルな言葉の裏にたくさんの想いが詰まっているのが伝わるんです。
だから読み口は軽いのに読み応えがある。こういう文章とても好きです。

いやぁ、本当に面白かった。この満足感と喪失感。紛うことなき名作の読後感です。
何度でも言いましょう。最高でした!

☆あらすじ☆
いつでも、愛を返して欲しかった。だから、誰かを嫌いになったりしないようにしてた。でも、もう僕はこどもじゃないから知ってる。自分にとって大事な人は、選べる。自分を軽んじない、無視しない、蔑ろにしない、尊敬できる人―好きなひと。そのひとと一緒に、僕は僕を幸せにしていいんだ。そのために、マルタ・サギーは走っていた。暗い山道を、ぼろぼろになりながら。大好きな家族のリッツを助けるために。親しくなった隣人がいるオスタスを、死の都市にしないために。そして…最愛のバーチを守るために。暗躍していたデアスミスが、ついに動き出す。リッツをさらい、『賢者の石』を手にするために、オスタスでの大量虐殺を計画するのだが!?名探偵マルタ・サギー、最大の事件簿は彼の“愛”をかけた物語―。

4巻以降の展開は絶対にネタバレを踏まずに読んだほうがいいです。
そして以下の感想はネタバレを大量に含みます。ご注意ください。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス』2005年3月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2』2006年4月刊。

少しずつ読み進めています、マルタ・サギー。
この作品の醸し出す空気、最高すぎません?
異世界の街にひとり、馴染みつつあっても、溶け込むまではいかなくて。
楽しくやってるんだけど、どこか寂しそうでもあって。
なんだか胸がしんみりしつつ、ふわっと包まれるような温かさも存在するんですよ。その感覚がとても心地良いんだ・・・・・・

☆あらすじ☆
大人気ファンタジックミステリー、お待たせの長編第二弾!
舞台は異世界、霧の街・オスタス。スレイリー・ドラゴン誘拐事件で一躍その名をあげたはずのマルタだったが相変わらず貧乏だった。そんな折、オスタス市民に愛される、怪盗ドクトル・バーチが突如消息を絶った……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?』2003年12月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s. 』 2004年7月刊。

野梨原花南先生といえば、私にとっては『ちょー美女と野獣』。
愛嬌たっぷりでクセが強いキャラクターと、ほどよい抜け感と優しさのある台詞回しが魅力的で、大好きなシリーズでした。

だから『マルタ・サギーは探偵ですか?』もいつか読みたいとは思っていたんですよね。
でもズルズルと積んでいたので、Twitterでオススメ本を交換する話がなかったら、また後回しにしていたかも。良い機会をもらえました。

でも、でも、もっと早く読んでおけばよかった・・・!

すごく好きです、この設定!
推理はできない『名探偵』が、人間以外にも様々な種族が存在する街で、神出鬼没の怪盗に立ち向かう。
決してミステリーではありません。推理をすっ飛ばして事件を解決するのでロジカルを求めてはいけない。
それでも、独特な語り口が楽しいし、異邦人マルタをはじめとするキャラクター陣の魅力が素晴らしくて。

あとなんだか昔のコバルト文庫っぽいんですよね。個人的に。
初めて読むのに懐かしい気持ちになる。そりゃそうか野梨原花南先生だもの。

ラブコメパートもばっちり好みです。探偵と怪盗の絶妙な距離感が最高!

続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時にまったく探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」

以下、ネタバレありの感想です。本編1巻と短編集1巻の感想をまとめて書きます。

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南

オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁


【合本版】オイレンシュピーゲル 全4巻 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
オイレンシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年5月刊。
スプライトシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年4月刊。

めちゃくちゃ面白かった!
架空の国際都市を舞台に、治安維持組織に所属する少女たちの戦いを描くSFクライム・アクション。
体に障害を持つ子どもに機械の手足をつけてテロリストとの戦いに放り込むという、かなりドギツイ物語ですが、そこで描かれるドラマとアクションは濃厚の一言。
救いがたく反吐が出るような世界だけど、そこで必死に進み続ける少女の慟哭が胸を打つ。
また、現実世界と切り離せない設定・描写が多々あり、そのリアリティが物語への没入感を高めるかのよう。
あとラブコメが予想外に楽しすぎた・・・!笑

色々書きたいことは後ろに回すとして、近未来警察モノとして最高に面白いエンタメ小説でした。

ちなみに『オイレンシュピーゲル』(角川スニーカー文庫)と『スプライトシュピーゲル』(富士見ファンタジア文庫)はワンセットです。
もしもこれから読む方は1巻ずつ交互に読んでくださいね(2巻と4巻で交錯があります)

シリーズ完結作の『テスタメントシュピーゲル』も近日中に読む予定です。

☆あらすじ(オイレンシュピーゲル1巻)☆
「なんか世界とか救いてぇ――」。あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される国際都市ミリオポリスに、「黒犬」「紅犬」「白犬」と呼ばれる3人の少女がいた。彼女たちはこの街の治安を守るケルベルス遊撃小隊。飼い主たる警察組織MPBからの無線通信「全頭出撃!」を合図に、最強武器を呼び込み機械の手足を自由自在に操り、獲物たる凶悪犯罪者に襲いかかる!
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の、衝撃的ライトノベル第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁

さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏


さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
すごく良かった・・・!
滅びかけた異世界。そこで出会い、共に旅をするようになった少年と少女。
たくさんのものを失って、この先に希望があるのかも分からなくて、それでも生きていくことに意味はあるのか。
二人の旅を通して描かれる、孤独と優しさがとても印象に残る物語でした。
他に何もないからこそ、大切なことが鮮やかに浮かび上がるのかもしれません。
本当に良い旅小説だと思う。とても面白かったです。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
旅に出よう、君を助手席に乗せて。この滅びかけた異世界で。
滅びかけた異世界に迷い込んだケースケは、ハーフエルフの少女・ニトと出会う。彼女の母親が遺した手帳に描かれた“黄金の海原”を探し、二人は辛うじて生き残った人々たちとの出会いと別れを重ねてゆくのだが——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏

スパイ教室01 《花園》のリリィ /竹町


スパイ教室01 《花園》のリリィ (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
第32回ファンタジア大賞「大賞」受賞作。
養成学校では落ちこぼれだった7人の少女が、世界最強のスパイのもとで技を磨き、死亡率9割の「不可能任務」に挑むスパイ・アクションです。
めちゃくちゃ面白かった・・・・・・「世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい」という煽り文句に偽りなしだ。
これはぜひネタバレを踏まずに読んでほしいな。
新年早々期待のシリーズが登場したことで私のテンションは爆上がりです。今後も応援せねば!

☆あらすじ☆
世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい!
陽炎パレス・共同生活のルール。一つ 七人で協力して生活すること。一つ 外出時は本気で遊ぶこと。一つ あらゆる手段でもって僕を倒すこと。――各国がスパイによる“影の戦争“を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える『不可能任務』に挑む機関―灯―を創設する。しかし、選出されたメンバーは実践経験のない7人の少女たち。毒殺、トラップ、色仕掛け――任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、クラウスに騙しあいで打ち勝つことだった!? 世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい!
第32回ファンタジア大賞《大賞》受賞の痛快スパイファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スパイ教室01 《花園》のリリィ /竹町

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 8 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
好敵手として戦場で出会い、惹かれ合う最強同士の波乱を描くファンタジー第8弾。
物語が新たな局面へと突入しました。盛り上がってきたなぁ!

☆あらすじ☆
魔女の楽園の崩壊で、新たな始祖の血脈たちが動き出す!
魔女狩りの夜が明け、混乱の責任を問われ政権が大きく揺らぐ中、女王代理であるアリスは、シスベル奪還をイスカに託す。イスカもまた自分たちの目的のため、ヒュドラ家の研究施設『雪と太陽』への潜入を試みる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓

お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? /くろい


お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
一人暮らしの高校生2人の半同棲生活を描いた日常ラブコメ。
家事すら素人の二人が、相手のことを意識しつつ、一緒に少しずつ節約を頑張っていくお話です。
のんびりほのぼの甘酸っぱい。そんな癒やし系。
じりじりと距離を詰めつつ、肝心なところでスルッとすれ違う二人がすごく可愛かった。
個人的に文章の相性がちょっと良くなかったんだけど、続刊があれば読みたいと思います。

☆あらすじ☆
お隣さんと、お家も幸せも半分こ。節約から始まるラブコメディ。
第4回カクヨムWeb小説コンテスト ラブコメ部門〈特別賞〉受賞作!
「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」
一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。
最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。
夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。
二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的(?)な提案が——
「電気代を半分にするなら、一部屋を二人で使えば良いんだよ」
え、確かにそうかもだけど——山野さん、本気ですか?
一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? /くろい

ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 /師走トオル


ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
2年後の魔王再臨を前に、団結を目指して奔走する戦記ファンタジー第4弾。
今回はずっと人類最強切り込み隊長のターン。ほんとめちゃめちゃ良いキャラしてますね、このお兄さん。

☆あらすじ☆
女神の巫女は国の救い手となり得るか——
コルネリウスに届いた縁談のため、内乱中のヴィエレヒト司教領を訪れたカレルたちは、婚約者である少女ヘンリエッテと出会う。わずか十一歳ながら大司教になりたいという彼女は驚くべき秘密を抱えていて……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女 /師走トオル

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦7 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 7 (富士見ファンタジア文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
ますます混乱が深まる皇庁動乱編。
次が最終局面だそうですが、一体どうやって収めるの?ってくらいにはグチャグチャなんですけど・・・!

☆あらすじ☆
黒鋼の後継イスカと氷禍の魔女アリスの二度目の決戦が幕を開ける
帝国の襲撃により火の海と化したネビュリス王宮。使徒聖と純血種による激しい戦闘が続く中起きた最悪の事件が、イスカとアリスの運命を狂わせる——「わたしは帝国を滅ぼさなきゃいけない。それが、キミであっても」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦7 /細音啓