「富士見ファンタジア文庫」カテゴリーアーカイブ

東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
お久しぶりの新刊。
私にしては珍しく前巻を再読してから臨んだのだけど、ちゃんと準備して読んで本当に良かった。
在りし日の夜光と飛車丸を描いた過去編のクライマックス。中盤以降はボロボロ泣きながら読みました。
やはり東京レイヴンズは最高だった。どれだけの乙種をこの物語に込めていたのか。
そしてあざの先生の幼馴染属性はガチだと思いました。ここに至高の幼馴染が誕生した・・・!

☆あらすじ☆
お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で――
土御門夜光と相馬佐月。陰陽の道を歩む二人の運命的な出会いにより、呪術は黄金時代を迎えた。けれど無情にも『その時』は確実に近づいてくる。敗戦の色濃くなる帝都で、夜光が、そして飛車丸が下す決断は……。

以下、ネタバレありの感想です。興奮してます。ご了承ください。

続きを読む 東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

終わらない戦争を変える運命のボーイ・ミーツ・ガール『名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を』/ミズノアユム

名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を (ファンタジア文庫)
名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
魔法の国と科学の国が長く戦争を続ける世界。
その争いのなかで出会った二人の男女は、やがて世界を揺るがす重大な真実に迫っていくことになるのです。
1冊にぎっしりと詰め込まれた濃厚な物語でした。
途中で明かされる真実が面白かったし、主役2人の交流も楽しくて切なくて良かった。
少し窮屈さが否めないものの、このボリュームの物語を1冊でまとめられたのは凄いと思います。読み応えがあって楽しかったです。

☆あらすじ☆
全てが価値を失う戦場で、少年と少女は戦う。己の証を刻むため。
死を喰らう竜騎兵クロト。最新兵器を操る機械の姫ロア。魔導王国と機械帝国が争い続ける戦場で、戦争を終わらせるため戦う二人の運命が、戦場以外の場所で交差するとき、彼らは己が戦う意味、真の願いと向き合う――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わらない戦争を変える運命のボーイ・ミーツ・ガール『名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を』/ミズノアユム

ロクでなし魔術講師と追想日誌3/羊太郎

ロクでなし魔術講師と追想日誌3 (ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と追想日誌3 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
ロクアカ短編集第3弾。
今回はグレンとセラの過去エピソードが収録されており、とても読み応えがありました。
二人の関係に込められた意味の重さが好きです。

☆あらすじ☆
グレン軍属時代――白犬・セラの足跡。
変態講師陣による××な授業、学院の学生ストライキ、フェジテ・ブラックマーケットオークションなど、理不尽な毎日にグレンが振り回され!? 書き下ろしエピソードは、白犬との思い出が綴られるグレン軍属時代――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロクでなし魔術講師と追想日誌3/羊太郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典12/羊太郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典12 (ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と禁忌教典12 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
北の大地を旅行するセリカ回。
セリカを上げまくる内容に伏線的な不安を感じていたら・・・・・・

☆あらすじ☆
魔術学院前学期休み! 極寒のスノリア旅行!
一面の銀世界。長期休暇を利用して、スノリア地方へやってきたグレン一行は、伝統行事の銀竜祭に参加する。そこで女学院の生徒たちと再会することになるのだが、グレン・デート権を賭けて雪合戦大会をすることに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロクでなし魔術講師と禁忌教典12/羊太郎

忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる/新井輝

忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる (ファンタジア文庫)
忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
困った人だけが辿り着ける探偵事務所。その社長であり、「他者の内面世界に介入できる」異能を持つ探偵の活躍を描いた物語。
「探偵」とあるけれど推理小説というより現代異能ファンタジーとして読んだ方が楽しめる作品だと思います。
異能の使い方は面白かったし、キャラと設定は好みでした。
ただ、この1冊だと色々と消化不良な感じかな。続きに期待します。

☆あらすじ☆
その探偵は記憶を『殺す』。それでも少女は忘れられない恋をする
12階建てのビルの13階にあるという探偵事務所。忘却社。救済を求める者だけが訪れることができるというその場所で、社長代行・岬翼は「他人の世界」に入り込み記憶を『殺す』能力で人助けをしているらしい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる/新井輝

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 4/細音啓

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 4 (富士見ファンタジア文庫)
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 4 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
南国リゾートでのバカンス回(?)
例の魔女も登場して、物語にまた少し動きがあった第4巻でした。
今回は前フリ的な意味合いが強そうな感じだったので、大きく動いていくのは次巻以降かも。

☆あらすじ☆
因縁の少女は嘆き、願う――敵対する剣士へ救いを求めて。
ミスミスの秘密を隠すため、休暇を帝国から遠く離れた地で過ごすイスカ。そこに「わたくしと皇庁に来ていただけませんか」「妹に手を出したら許さないわよ」皇庁の王女姉妹がそれぞれの思惑を抱き訪れて……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 4/細音啓

始まりの魔法使い1 名前の時代/石之宮カント

始まりの魔法使い 1 名前の時代 (富士見ファンタジア文庫)
始まりの魔法使い 1 名前の時代 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
未だ文化も言葉も持たない原始時代の異世界。
そこにドラゴンとして転生した主人公が「魔法学校」を作ろうと奮闘する文明構築系ファンタジーです。
試行錯誤しながら「魔法」を発見していく過程がとても丁寧で面白く、読んでいてすごくワクワクしました・・・!
ちょっと古風な詠唱にやたらロマンを感じてしまったりw
壮大な歴史物語の序章といえる1冊。
ここからどんな文明が育っていくのか、とても楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界の魔法は、名前でできていた――。
“私”が竜として転生を果たしたのは、文化も言葉もまだない原始時代だった――。これは、竜の魔法使い“センセイ”とエルフの少女が、魔法を、国を、歴史さえをも一から作り上げる、ファンタジークロニクル。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 始まりの魔法使い1 名前の時代/石之宮カント

ゲーマーズ!DLC/葵せきな

ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)
ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
ゲーマーズ!の外伝。
外伝ヒロインとして新キャラの大学生たちを交えての連作短編的な構成でした。
安定したテンポの良さで楽しく読めたけど、これ、続くの!?

☆あらすじ☆
雨野景太、実況者デビュー!? 「ゲーマーズ!」追加コンテンツ!
ゲーム同好会メンバーにはナイショな雨野景太の裏の顔――ゲーム実況者『ジライヤ』。大学生ゲーマー・霧夜歩と過ごす、天道さんには見せられない過激でアダルト(かもしれない)な錯綜ゲーマーライフを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゲーマーズ!DLC/葵せきな

ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック/葵せきな

ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (富士見ファンタジア文庫)
ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
すれ違いと空回りで暴走するドタバタ多角関係ラブコメ第8弾。
もぉー!!
なんでそういう方向に進んじゃうの!!
今回も面白かったです!(怒)

☆あらすじ☆
「やっと誰もが、一切の分け隔てなく堂々と『恋』ができるわね」
お互いの関係を白紙に戻した雨野&天道。そんな隙を突かんと、ここぞとばかりに雨野へ卑猥行為を続けるエロゲマニアだが……「折角だから、そのエロい慰め方とやらをして貰おうかな、コノハさん」雨野ついに陥落!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゲーマーズ!8 星ノ守心春と逆転バックアタック/葵せきな

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
待望の東京レイヴンズ最新刊。
14巻(2015年12月刊)から数えると約2年ぶりの本編です。長かった(T_T)
そして今回から過去編がスタート。
夜光や飛車丸がメインのお話に入ったことで、キャラや時代背景がガラリと変わりました。新鮮で面白かったです。
この巻では話が終わらないのだけど、次巻で現代に話が戻るだろうとのこと。
その次巻はいつ出してくれるのでしょうか・・・・・・ずっと待ってるけどね!
ちなみに今回の表紙は10巻表紙と対になっているとのこと。なるほど!

☆あらすじ☆
時を超え、いま語られる――土御門夜光が辿った激動の運命
やがて呪術界に変革をもたらす伝説の陰陽師・土御門夜光。没落してゆく宗家の当主になった彼の前に、呪術復権の野心を抱く青年・相馬佐月が現れて――。これは転生した夏目の魂が体験する、過ぎ去りし日々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平