「ファミ通文庫」カテゴリーアーカイブ

語り部は悪魔と本を編む/川添枯美

語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)
語り部は悪魔と本を編む (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
ラノベ作家デビューを目指す青年と、彼の恋人である担当編集者の奮闘を描く物語。
これまで読んできたラノベ作家モノでも出版界隈の厳しいお話はたくさんあったけれど、本作はとりわけシビアにエグく感じました。
主人公の扱いは私が読んだなかでは一番酷かった気がする。
夢があるんだかないんだか・・・・・・でもこの作品の心理描写は好きです。リアルなつらみを感じる。

☆あらすじ☆
恋する二人vs悪魔編集長!? 今””一番応援したい””出版業界の恋と戦い!
拾い上げ作家の中村雄一は、ある日理想に限りなく近い女性、絵美瑠と出会い、交際することになる。作家と編集者としても頑張っていこうと誓い合うも、二人の前にはデビューを阻む悪魔のような編集長が立ちはだかる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 語り部は悪魔と本を編む/川添枯美

キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った/比嘉智康

キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った (ファミ通文庫)
キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年8月刊。
多重人格の少年と多重人格の少女が織りなす、3×4の賑やかな「多重人格ごっこ」。そこから始まる楽しい時間が、やがて甘くて切ない恋の物語へと変わっていく青春小説です。
コミカルで軽快な文章と、優しさに胸が苦しくなるストーリーの相性が個人的にはすごく好みでした。
軽すぎず重すぎず。甘いけれどほろ苦い。最後は寂しさを含みながらも賑やかに。
絶妙なバランスで成り立っている物語だと思いました。綺麗に終わってるけれど続刊がほしいなぁ。

☆あらすじ☆
彼女の想いを知った後、きっともう一度読み返したくなる――
明るくて人気者で、時折悲しそうに笑う華の実が気になって仕方なくなった。でも、気づかなかったんだ。一緒にいることが、そんなに彼女を追い詰めていたなんて。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った/比嘉智康

幻獣調査員2/綾里けいし

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)
幻獣調査員2 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
人と幻獣の間に介在する幻獣調査員の少女と、彼女を守る従者たちの旅を描くファンタジー第2弾。
人外×少女が好きなら必読の作品ですが(注・私見)、今回も素晴らしく面白かったです。
可愛いおとぎ話のようなエピソードもあれば、残酷さに胸が痛くなるエピソードもあり、また最後の話ではうるうると涙腺が・・・・・・
ほんとにこういうシリーズ大好きです。
1巻同様、2巻も綺麗に終わっているけれどできれば長く続いてほしいなぁ。

☆あらすじ☆
人外×少女でつむがれる残酷で優しい幻想幻獣譚、第2集!
伝説の悪竜に攫われた村娘。その御伽話にも似た事態の真相とは――。かつて海豹乙女を嫁にもらった老人。だが人と幻獣の結婚の先にあったのは……。第一種危険幻獣の中でも伝説級に該当する生物ヒュドラ。行く手を全て毒に染め、不死の体を持つヒュドラを倒すには幻獣、それも「火の王」の炎が必要だという。フェリ達は王都が保護していた“勇者”を連れて「火の王」の元に赴くことになり――。人と幻獣の関わりが生む残酷で優しい幻想幻獣譚、第二集!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幻獣調査員2/綾里けいし

覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
う、薄い・・・!
話自体は面白いんだけど、あまりにも遅々とした進行具合が物足りなく感じてしまいました
いくらシリーズものでも、1冊の小説なんだから本編で山場を設けてほしい・・・・・・。

☆あらすじ☆
ラトレイユにより謀殺されたと思われていたレジスだったが、帝都に戻り、政治面で暗躍していた。同時にアルティーナが軍を率いて帝都に現れる。緊迫した状況を招きつつ、ついに再会するレジスとアルティーナ――だが、無事を喜ぶ暇もなく、新皇帝の即位を目にすることに。そして、ラトレイユは近隣諸国へ宣戦を布告し、アルティーナたちは劣勢の続く南方戦線へと派兵されることに! 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや

トリア・ルーセントが人間になるまで/三田千恵

トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)
トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
父王を助けるために「ルーセント」と呼ばれる薬を手に入れる極秘任務を担った王子と、「ルーセント」を名乗る少女のボーイ・ミーツ・ガール。
人ではない「薬」として扱われてきた人間味の薄い少女が、主人公との旅の中で少しずつ「人間」へと変わっていく姿が感動的な作品でした。
「ルーセント」という設定は面白かったし、他の要素も悪くはなかったのだけど、なんだろう、設定を凝った割には全体的にこじんまりとまとまったなっていう感じが少しあるかも。

☆あらすじ☆
その身に救済を宿した少女の運命を描く、ドラマチックファンタジー!
病に伏した父を治す秘薬を手に入れるため、兄の特命によりサルバドールとの取引に臨んだジンドランの第二王子ランス。そこに現れたのは、抜けるような白い肌と銀色の髪、深く青い瞳を持つ美しい少女トリア・ルーセントだった。自らを「薬」と名乗る彼女とともに王都マキシムを目指すランスだが、トリアの護衛であるロサに「トリアに恋をさせて欲しい」と懇願され――!?
その身に救済を宿した少女トリアと小国の王子が辿る、ドラマチックファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む トリア・ルーセントが人間になるまで/三田千恵

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?/雪瀬ひうろ

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う? (ファミ通文庫)
愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う? (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
自称魔法少女の放課後アドバイザーとなった男子高校生の不思議な日常(?)を描いた物語。
ヒロインがかなり不思議ちゃんなアホの子で、そんな彼女に愛のあるツッコミを入れまくる主人公との掛け合いが楽しい作品でした。
あばたもえくぼレベルのデレっぷりだね、主人公!
テンプレをメタに外していく構成と、色々と伏線をおいた上でのどんでん返しも面白かったし、ストーリーも綺麗に着地。
あとがき的に2巻を予定しているの??
もし続くなら読みたいと思います。

☆あらすじ☆
「放課後、また相談してもいいかな?」
「時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?」
僕が好意を寄せるクラスメイト、愛原そよぎの“なやみごと”は僕の想像を遥かに超える独特なものだった。本気とも冗談ともつかないその相談に真剣にアドバイスを送り、彼女のなやみはどうやら解決されたようだった。僕たちの関係も進展したかに思えたのだけど、この相談がきっかけで僕は彼女のとんでもない“秘密”に近づいてしまったようで!?
僕と彼女の非日常系おなやみ相談日常ラブコメ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?/雪瀬ひうろ

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!! 1/九曜

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第1回カクヨムWEB小説大賞恋愛ラブコメ部門「特別賞」受賞作。
一人暮らしを予定していた高校生の男女が、不動産屋のミスをきっかけに同居生活を始めることになるという学園ラブコメ。
このヒロイン、素晴らしい小悪魔女子です。ぐいぐい攻める。ぐいぐい押してく。
そんな彼女のあざとい攻撃をゆらりゆらりとかわすクールな主人公。ただし不意打ちに弱すぎるw
色々と引っかかる部分もあるのだけど、二人のジレ甘な距離感を堪能できる作品でした。
エロカワな佐伯さんがめっちゃ可愛かったので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
ちょっとHな女の子と同棲してみませんか?
高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった僕こと弓月恭嗣は、何の冗談か不動産屋の手違いで、ひとつ年下の佐伯貴理華さんなる女の子と同居するはめになってしまった。やたらと距離を縮めてきたがる彼女に、ささやかな抵抗を続ける僕だったが、なんと彼女も同じ高校! 学校でも家でも彼女に振り回される日々が始まって――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、開幕です。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!! 1/九曜

リンドウにさよならを/三田千恵

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)
リンドウにさよならを (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
第18回えんため大賞「優秀賞」受賞作。
とても良かった・・・!
助けようとした少女と共に屋上から転落し、3年後の学校で幽霊として目覚めた少年が主人公の青春小説。
陰惨ないじめを受ける少女との交流を通して、繊細に優しく紡がれていく物語がとても魅力的な作品でした。
誰もいない屋上で過ごす二人きりの時間は甘酸っぱくも温かくて、合間に回想される主人公の過去は切なくも甘酸っぱい。
リンドウの花言葉に絡めて語られる真相にどうしようもない気持ちにさせられるけれど、全てを昇華させるラストシーンはお見事でした。
爽やかすぎて逆に切なさを引き立てる情景描写もまた素晴らしい。
この新人さんの今後はぜひとも注目していきたいです。

☆あらすじ☆
想いを寄せていた少女、襟仁遥人の代わりに死んでしまったらしい神田幸久。三年後、自由かつ退屈な日々を過ごす地縛霊として目覚めた彼は、クラスでいじめに遭う穂積美咲にだけ存在を気づかれ、友達になることに。一緒に過ごす内に美咲の愛らしさを知った幸久は、イメチェンを勧め彼女を孤独から解放しようと試みる。少しずつ変わり始める美咲の境遇。それがやがて、幸久が学校に留まる真実に結びついていく――。必然の出会いが紡ぐ、学園青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リンドウにさよならを/三田千恵

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2/久遠侑

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2 (ファミ通文庫)
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
センチメンタルな思春期の距離感を描いた青春小説第2巻。
前巻よりもしっとりした雰囲気がありつつ、繊細で情緒的な少年の心に惹かれてしまう物語でした。
2巻で完結ですが、綺麗に終わってくれてよかった。次回作も期待しています。

☆あらすじ☆
雨宿りのなか、突然の由梨子からのキス。幼い頃より長い時間を過ごしてきた彼女から、異性としての気持ちを突きつけられた健一だが、ともに暮らし始めてわずか二カ月の里奈への感情も混じり合い、由梨子に返事をすることができないままでいた。夏、秋と、これまでとは違う里奈のいる季節を経て、子供の頃とは確実に変わった自分、そして周囲との関係を受け入れていく、健一の選ぶ答えとは――。多感に揺らめく十七歳を映し出す、恋愛ストーリー第二巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2/久遠侑

覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
なんかすごく久しぶりと思ったら前巻は去年の11月でした。長かったなぁ。
今まで以上に「これまでのあらすじ」が役に立ちましたw
内容的には最終章に突入してもおかしくなさそうだけど、今回はまだ下準備的な1冊。続きがとても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
対立するレジスとラトレイユ! 新皇帝に抗う一手とは――!?
レジスの奇策によりグレボヴァール市奪還は成功し、難敵ハイブリタニア王国との戦いは決着した。戦功を立てたレジスは総督ラトレイユに改めて軍師として請われるも、理想の違いから決別を選ぶ。だがその結果、暗殺の手を差し向けられることに。危険を察知した彼は《吊られた狐》傭兵団と共に帝国第一軍からの脱出を図るのだった。果たしてレジスはアルティーナと再会できるのか!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや